【FX】中国・人民元(CNY/CNH)の特徴:推移予想の為に

(公開日:

人民元(CNY/CNH)基本情報

特徴新興国ながら、世界2位の経済規模を持つ中国の法定通貨。
良好な経済と比較的高い金利が設定されている。
取引のシェアは高くない。
使用国中国
通貨記号中国本土取引:CNY(オンショア人民元)
中国本土外取引:CNH(オフショア人民元)
開始日1949年
中央銀行中国人民銀行
中央銀行総裁易 綱
供給量217.2兆人民元(M2)
※2020年11月末
政策金利3.85%(1年物ローンプライムレート)
※2020年5月~
10年国債金利3.17%
※2020年12月31日
物価上昇率+2.7%
※2021年IMF予測
GDP成長率+8.2%
※2021年IMF予測
公式サイトURLhttp://www.pbc.gov.cn/en/3688006/index.html
公式Twitter URLhttps://twitter.com/pboc_official

「オンショア人民元(CNY)」と「オフショア人民元(CNH)」の違い

中国人民元には市場が2種ある。中国本土の居住者が取引する「国内市場(オンショア市場)」と、中国本土以外の居住者が取引する「国外市場(オフショア市場)」だ。それぞれの市場で取引される人民元を「オンショア人民元」「オフショア人民元」と区別する。

オンショア人民元は、オフショア人民元より規制が強い傾向にある。主な違いは以下の通り。

オンショア人民元 (CNY)オフショア人民元 (CNH)
取引の参加者中国本土の居住者中国本土以外の居住者
レートの制限毎朝公表される基準値の±2%以内なし
※影響を受ける可能性はある
規制当局中国人民銀行香港金融管理局

オンショア人民元(CNY)ではスワップポイントが発生しない

FXでオンショア人民元(CNY)を取り引きする場合、「スワップポイント」は受け取れない点に注意が必要だ。

スワップポイントとは通貨間の金利差に相当し、日割りで計算される。一般に、「金利が高い通貨/金利が低い通貨」ペアを買う場合、スワップポイントが受け取れ、逆に売る場合はスワップポイントを支払う必要がある。

中国は比較的金利が高い通貨である為、人民元はスワップポイントが発生しやすい。スワップポイントを狙って取引する場合、オフショア人民元(CNH)を選択するよう注意したい。

人民元(CNY/CNH):定期イベント


人民元の価格に影響を与える定期的なイベントは主に以下の6つがある。

  • GDP
  • 国家統計局PMI
  • 新財(Caixin)社/マークイット社PMI
  • 固定資産投資
  • 新築住宅価格指数
  • 貿易収支

GDP 1、4、7、10月中旬に公表

中国国家統計局が四半期ごとに公表する。数値が大きいほど景気拡大を表し、一般的に、人民元高の要因となる。

国家統計局PMI 原則毎月末に公表

中国国家統計局が毎月公表する、中国企業の景況感を表す指数。企業の購買担当者に実施するアンケートから指数化し、50を上回ると景気の好調を示す。

新財(Caixin)社/マークイット社PMI 原則毎月初旬に公表

中国のメディアグループ「新財(Caixin)」と国際的な調査会社「IHSマークイット」社が共同で算出する指数。上述の「国家統計局PMI」と同じく、企業の購買担当者へのアンケートから景況感を指数化し、50を上回ると景気の拡大を表す。

固定資産投資 原則毎月中旬に公表

中国国家統計局が毎月公表する、非農村部における工場や道路、電力網などの設備投資額を現す指数。前年比で公表され、一般にプラスなら景気の拡大を表す。

新築住宅価格指数 原則毎月中旬に公表

中国国家統計局が毎月公表する、主要70都市における平均的な販売用新築住宅価格を指数化した指標。なお「中古住宅価格」も同時に公表される。中国の不動産市況を反映する指数で、上昇は一般的に景気拡大を表す。

貿易収支 原則毎月初旬

中国の通関当局(中国海関総署)が原則毎月公表する指数。輸出から輸入を引いた金額を公表する。貿易黒字が大きいと一般的に通貨の上昇要因となる。なお、中国は恒常的な貿易黒字国だ。

人民元(CNY/CNH):代表的通貨ペア


人民元の代表的な通貨ペアは以下の5種だ。

  • オフショア人民元/日本円
  • 米ドル/オフショア人民元
  • ユーロ/オフショア人民元
  • 英ポンド/オフショア人民元
  • 豪ドル/オフショア人民元

オフショア人民元/日本円

「オフショア人民元」と、世界で3番目に取引の多い「日本円」を組み合わせた通貨ペアだ。この通貨ペアを買う場合、「日本円売り‐オフショア人民元買い」、売る場合「オフショア人民元売り‐日本円買い」の取引となる。

中国は日本より金利が高いため、この通貨ペアを買う場合は「スワップポイント」を受け取れる場合が多い。逆に売る場合は、スワップポイントを支払わねばならないケースが多いだろう。

オフショア人民元の他通貨ペアと比較すると、値動きは小さめだ。スワップポイント狙いのトレードに向くだろう。もちろん、値上がり(値下がり)益を狙うトレードも可能だ。

米ドル/オフショア人民元

オフショア人民元と、世界で最も取引の多い「米ドル」を組み合わせた通貨ペアだ。この通貨ペアを買うと「オフショア人民元売り‐米ドル買い」となり、売りでは「米ドル売り‐オフショア人民元買い」の取引となる。

米ドルと人民元は対照的な通貨だ。米国は恒常的に貿易赤字の一方、中国は恒常的な貿易黒字国だ。金利においても、米国が物価上昇率を金利が下回る「実質マイナス金利」になっているが、中国の金利は他の先進国と比較して高い。これらの事実は、一般的に人民元の上昇圧力として働く。

人民元は地政学リスクが高まりやすい通貨ともいえる。特に米国との貿易摩擦はたびたび激化してきた。「米ドル/オフショア人民元」は、地政学リスクの影響を受けやすい通貨ペアといえるだろう。

ユーロ/オフショア人民元

オフショア人民元と、世界で2番目に取引の多い「ユーロ」を組み合わせた通貨ペアだ。この通貨ペアの買いは「オフショア人民元売り‐ユーロ買い」、売りは「ユーロ売り‐オフショア人民元買い」となる。

「ユーロ/オフショア人民元」レートは、2014年に大きく下落したが、2015年からは概ね上昇してきた。長期的な上昇トレンドを形成しているため、短期的な下落局面では買いを入れるトレンドフォロー型の取引が有効そうだ。

英ポンド/オフショア人民元

オフショア人民元と、世界で4番目に取引の多い「英ポンド」を組み合わせた通貨ペアだ。この通貨ペアの買いは「オフショア人民元売り‐英ポンド買い」、売りは「英ポンド売り‐オフショア人民元買い」の取引となる。

「英ポンド/オフショア人民元」は2016年後半からレンジ相場を形成している。レンジ上限付近では売りを、下限付近では買いを入れるのが一般的な戦略だろう。

豪ドル/オフショア人民元

オフショア人民元と、世界で5番目に取引の多い「豪ドル」を組み合わせた通貨ペアだ。この通貨ペアの買いは「オフショア人民元売り‐豪ドル買い」、売りは「豪ドル売り‐オフショア人民元買い」の取引となる。

「豪ドル/オフショア人民元」レートは方向感に乏しい。2020年1~3月に大きく下落する場面があったが、比較的早くレートを戻した。短期的に見れば上昇トレンドに見えるが、2017年の高値までは戻していない。

人民元(CNY/CNH):価格予想の論点

高い経済成長

中国は世界第2位の経済規模を持ち、なお経済成長率が高い。新型コロナウイルス感染拡大においても、強力なロックダウンと大規模な経済刺激策などにより、比較的早い回復が期待されている。2021年のGDP成長率の予想は8%を超える。

中国が高い経済成長を維持できる場合、人民元の上昇圧力は高まるだろう。

日米欧に逆行する金融政策

日米欧の中央銀行は、景気を刺激するため政策金利を引き下げ、国債などの資産を買い入れ市場に資金を供給してきた。一方、中国の中央銀行は、金利を比較的高い水準に維持し、中央銀行の資産を縮小させてきた。日米欧と中国の中央銀行は、一見して真逆の金融政策を行っている。

中国の中央銀行が、日米欧のような金融政策を取らないでいられる理由は、国内景気が比較的良好なためだ。金利の引き下げや資産の買い入れを行わずとも、中国国内景気が維持されると自信を持っているのだろう。

金利面から考えれば、人民元の投資妙味は相対的に上昇している。新型コロナウイルス感染拡大の当初は人民元が各通貨に対し下落する場面もあったが、2020年後半からは概ね上昇に転じている。

日米欧の中央銀行は金利の引き上げ時期を見極められていない。米FRBは2023年までゼロ金利を維持する見通しで、EUのECBは2020年12月にむしろ追加の緩和を実施した。一方、中国の中央銀行は「人民銀行第3四半期貨幣政策執行報告(2020年)」において、大規模な刺激策は行わない方針を表明した。人民元が相対的に選考されやすい環境は続きそうだ。

人民元の国際化

中国は人民元の国際化を推し進めている。世界の貿易決済や各国の外貨準備の大部分が米ドルで行われている現状を変え、人民元を国際的な通貨に位置づける戦略だ。

2009年7月から一部の地域でクロスボーダー貿易の決済に人民元を認め、2011年8月には地域制限を撤廃した。また2015年11月にはIMFの「SDR(特別引き出し権)」の構成通貨に採用された。

人民元の国際化は進んでいるが、主要通貨と比較すると依然シェアは低い。人民元が国際化を果たすには、中国や人民元が国際市場からさらなる信認を得る必要があるだろう。

人民元の国際化が進むと、人民元の需要が増える。一般に、人民元高の要因となるだろう。

デジタル人民元

中国は「デジタル人民元」の発行を計画している。銀行を介さず決済できる通貨で、利便性が高い。実現すれば人民元の国際化を推し進める可能性がある。

ただし、デジタル人民元が既存の人民元にどのような影響を与えるか、現時点では不明瞭だ。デジタル人民元は、2022年2月を目処に地域限定的な試験利用が見込まれる。

地政学リスクの高まり

中国は周辺国との衝突が少なくない。対インドでは2020年6月に国境付近で軍事衝突が起こり、ASEAN諸国やオーストラリアとは南シナ海領有権問題で衝突している。

有事の際は国際的な信認が厚い米ドルや安全資産とされる日本円が選好される傾向があり、新興国通貨でもある人民元の価格は下落する可能性があるだろう。

また、2020年6月に成立した「香港国家安全維持法」では、米国やEUなど、先進国などからも批判が集まった。中国に対し経済制裁が課されれば人民元の価値にネガティブな影響があるだろう。事実、米国では2020年7月に「香港自治法」が成立し、香港の自治侵害に関与した中国を含む金融機関への制裁が可能になった。

【注目】有力FX会社の早見表(スタイル&ニーズ別)

短期で取引したい(デイトレ&スキャルピング)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか約定スピードドル円 スプレッド通貨ペア数最小取引単位シストレ対応
JFXスキャルピング公認。高速取引専用ツールが魅力数秒単位のスキャルピングに対応。
MT4に対応
4社で唯一数秒単位のスキャルピング「秒スキャ」に言及
超短期トレーダーはJFX推奨
最速:0.001秒 平均:0.005秒 (2020年7月実績)0.2銭2610,000通貨×
LION FX(ヒロセ通商)スキャルピング公認。取扱通貨ペアは業界最多水準大口ならキャッシュバックキャンペーン手厚い
通貨ペア数が多く、スキャルピングの選択肢が広い
数十万円キャッシュバックの取引キャンペーンが定番
大口トレーダーに推奨
最速:0.001秒 平均:0.003~0.005秒 (2020年7月実績)0.2銭501,000通貨×
セントラル短資FXスキャルピング向けに「1クリック注文」用意4社で最もドル円スプレッド安いドル円メインのトレーダーに向く0.1銭251,000通貨
OANDA スキャルピング公認。95%以上の注文が0.001秒で処理口座開設者に世界7拠点からマーケット情報提供口座開設者は「OANDAラボ」から情報提供受けられる
情報も重視したい方はOANDA
新規注文の99%が0.001秒で処理 (2021年5月3週実績)0.3~0.4銭4010,000通貨
※OANDAは「東京サーバー」コース(その他コースでは1通貨単位、69通貨ペアも)

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

②スプレッド重視(とにかく取引コストを低く)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか米ドル円ユーロ円ポンド円豪ドル円NZドル円
ネオモバFXドル円スプレッドが最低0銭「Tポイント」で取引可能TポイントでFXと株式の取引可能
ポイントで疑似体験したい方に向く
0~0.3銭0.4~0.6銭0.9~1.1銭0.6~1.1銭1.2~2.5銭
ゴールデンウェイ・ジャパン大口取引も低スプレッド 1万通貨超なら3社で最も低い(ドル円)1万通貨超なら3社で最低
取引金額が大きい方に推奨される
0.1銭0.3銭0.6銭0.4銭1.0銭
SBI FXトレード1,000通貨以下なら低スプレッドで原則固定3社で最も通貨ペアが多い3社で最も通貨ペアが多いが、1,000通貨超のスプレッドは変動制
少額トレーダーに向く
0~0.1銭0.3銭0.69銭0.4銭0.9銭

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

③中長期で取引したい(スワップ=金利収入重視)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか米ドル円ポンド円ランド円メキシコ円トルコ円最小取引単位通貨ペア数スプレッド(米ドル/円)シストレ対応
みんなのFX高水準スワップが魅力「オプション」取引も可能(LIGHT FXはFXのみ)「オプション」のほか「自動売買」に対応(LIGHT FXはFXのみ)
FX以外の選択肢も持ちたい方に推奨
32円259円50.7円35.7円292円1,000通貨270.2銭
LIGHT FX新興国通貨スワップに強み新興国通貨スワップが「みんなのFX」より高い傾向新興国通貨スワップが「みんなのFX」より高い傾向
高金利通貨のスワップを獲得したい方に向く
31円259円63.7円49.7円292円1,000通貨270.2銭×
表中のスワップポイント(米ドル円~トルコリラ円)は「2021年5月24~28日の累計 1万通貨の買い」の数値

※トルコリラ/円に特化した図表は、下記の記事内を参照されたい。

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

④少額取引(数円~数千円で始めたい初心者&取引金額を細かく調整したい方)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか
SBI FXトレード全34通貨ペアで1通貨単位取引OK唯一マイナー通貨の少額取引可能「ブラジルレアル」などのマイナー通貨も取り扱う
さまざまな通貨で少額FXを行いたい方に推奨される
ネオモバFX最低取引単位1通貨スプレッド0はネオモバだけ(ドル円、1,000通貨以下)1,000通貨以下のドル円スプレッド0
少額かつドル円トレーダーに推奨
LINE FX1,000通貨単位取引。いつもの「LINE」で取引可能3社で唯一米国株取引可能「国内株」「米国株」「投資信託」を取り扱い、いずれも少額取引可能。3社で最も選択肢が多い
FX以外の少額取引を行いたいならLINE FX

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑤自動売買(時間が無い方向け。プログラムによる取引)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか種類
アイネットFXリピート系「ループイフダン」平均利益率127%(2020年度)デモ口座あり。ループイフダンのオンラインセミナーもループイフダンはデモ口座対応。自動運用を仮想の資金で試せる
使用感を事前に試したい方に推奨
リピート系
FXブロードネット自動売買ツール「トラッキングトレード」。利益実績84.8%(2014年10月15日~2021年3月31日)9つの取引コースを用意。複数コースの保有OKルールが異なる取引コース9種。複数のコースを持てるため取引の目的ごとに使い分けられる
取引管理を重視したい方に向く
リピート系
インヴァスト証券プログラムをリストから選ぶ選択型システムトレード「トライオートFX」ETF(上場投信)の自動売買も可能売買プログラムを選ぶほか、自分で設定もできる。またETF(上場投信)も同じツールで自動売買できる
より発展的な自動売買を行いたい方にはインヴァスト証券が推奨される
選択型
アヴァトレード「MT4(世界的な取引ツール)」対応の本格システムトレード4社で唯一MT4対応。独自売買プログラムも提供4社でMT4に対応しているのは同社だけ。「AMMA」または「DUPLI TRADE」に申し込むと独自の売買プログラムを利用できる。
MT4で本格的な自動売買を行いたい方に向く
選択型

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑥サポート重視(初心者&夜間取引が多い人向け)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くかその他の問い合わせ窓口
外為どっとコム24時間電話受付。為替のプロが対応税金やマーケット情勢についても回答オペレーターは為替のプロ。オンラインFXセミナーも頻繁に行われる
初心者のエントリー口座として特に推奨
メール
外為ジャパン電話&LINEで24時間対応。LINEも24時間対応高機能FXツール「プレミアチャート」を無料提供。値動きを詳細に分析できる
本格的な取引も行いたい方に向く
メール、LINE
DMM FXコールセンターは24時間受付。メールやLINE、AIチャットも3社で唯一株式取引可能(株式も24時間サポート対応)「株式」「CFD」を取り扱い、いずれも24時間サポートの対象。独自の競走馬ファンドサービス「BANUSY」はユニーク。
サポートのほか選択肢も重視したいならDMM FXが推奨される
メール、LINE、AIチャット

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑦取引ツール重視(MT4など)

 ポイント最小取引単位通貨ペア数ドル円 スプレッドシストレ対応
FXTFFXTF情報局ではFXに関する情報を提供、コストが低い10,000通貨300.1銭×
JFXスキャルピング可能で短期売買がしやすい10,000通貨260.2銭×
アヴァトレードシストレ可能であり、MT4の次世代ツールMT5にも対応1,000通貨501.1銭
OANDA 対応通貨ペアの種類が多い1通貨690.3銭~0.8銭×

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑧デモ口座のあるFX会社

 最小取引単位通貨ペア数ドル円 スプレッドシストレ対応
DMM FX10,000通貨210.2銭×
アイネットFX10,000通貨240.7銭~1.8銭
FXTF10,000通貨300.1銭×
JFX1,000通貨260.2銭×
LION FX1,000通貨500.2銭×
FXブロードネット1,000通貨240.2銭
アヴァトレード1,000通貨551.1銭
セントラル短資FX1,000通貨250.1銭
OANDA1通貨690.3銭~0.8銭×
外為どっとコム10,000通貨300.2銭×
みんなのFX1,000通貨270.2銭
2021年6月1日現在

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑨「提供情報の多さ」重視(知識をつけたい・戦略を練りたい)

FX会社概要
LIGHT FX金融情報サービス「FXi24」を通じて為替ニュースを閲覧できるほか、重要度がひと目で分かる経済指標カレンダーも公表
インヴァスト証券自動売買ができるトライオートFXでは、自動売買に関する知識が丁寧に紹介されており、初心者でも無理なく自動売買に挑戦できるようになっている
LINE FX何よりの強みと言えるのが、LINEで為替や相場に関するニュースを受け取ることができることだ。経済指標の発表に合わせて通知がすぐに送られてくるため、チャンスやピンチに素早く反応することができる

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

FX会社名 ポイント
DMM FX 口座開設数は国内最大級
SBI FXトレード 最小1通貨から取引可能、積立FXも対応
LIGHT FX スワップポイントに定評、実践的な情報コンテンツ
外為ジャパン 1,000通貨単位、クイック入金や24時間サポート体制
楽天FX 楽天ポイント・グループのシナジーで若者が流入
マネックス証券 リスク管理しやすい仕様、外貨出金が可能
LINE FX シンプル設計や通知機能がライトユーザーに便利
ゴールデンウェイジャパン スプレッド業界最狭水準、MT4利用可
FXブロードネット 豊富な取引コースや自動売買が好評
LION FX(ヒロセ通商) 最高水準の取扱通貨ペア数、多様なキャンペーン
ネオモバFX Tポイント利用可、少額からの投資にも強み
トライオートFX 自分で自由度高く作成可能な「設定型」の自動売買
JFX 約定力に定評、スキャルピングも
セントラル短資FX 値動きを予測する「みらいチャート」が好評
OANDA Japan 豊富なテクニカル指標・描画オブジェクト標準装備
アヴァトレード・ジャパン 日本初MT5に対応
アイネットFX 裁量取引も、自動売買取引も可能
更新日:2021/01/25

動画でもFXを勉強(松井証券によるFX動画の例)

たとえば「MATSUI FX」(通貨ペアの追加や主要ネット証券初の1通貨単位取引導入など、2021年2月にサービス内容がリニューアルされた)を運営する松井証券は以下のように動画でFXについて解説するシリーズを用意している。

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする