FXプライムby GMOの概要や評判、取引コストを解説

FXプライムby GMOは「GMOフィナンシャルホールディングス」傘下のFX会社だ。高い約定力に定評があり、国内のFX会社で唯一、システム管理やセキュリティ対策に関する国際規格の認証を取得するなどサーバーが安定している。

「選べる外貨」と「ちょいトレFX」の2つのFXサービスを提供しており、「ちょいトレFX」では自動売買取引を行うことができる。

FXプライム by GMOの概要――大手金融グループ「GMO」の一角

FXプライムby GMOは、「GMOクリック証券」を中核とする「GMOフィナンシャルホールディングス」傘下のFX会社だ。

FXプライムby GMOはFX業界でも十傑に入る存在だ。親会社のGMOクリック証券には及ばないとはいえ、矢野経済研究所「有力FX企業17社の月間データランキング」(2019年11月調査)における「取引高」「口座数」「預かり残高」の実績にもそのシェアが表れている。

 取引高(月間)口座数預かり残高
全体159兆円550万口座1.12兆円
FXプライム by GMO1.9兆円(9位)20万口座(10位)174億円(11位)
GMOクリック証券44.5兆円(1位)65万口座(3位)1762億円(2位)
2社合計のシェア29.2%15.5%17.3%

任意で取引する「選べる外貨」 自動売買できる「ちょいトレFX」

FXプライムby GMOが提供するFXは2つある。任意で売買する「選べる外貨」と、自動売買取引が可能な「ちょいトレFX」だ。

「ちょいトレFX」では、あらかじめ売買条件がプログラムされた「ストラテジー」(「戦略」という意味)を選び、すぐに自動売買を始めることができる。自分でストラテジーを作成することも可能だ。プログラムの知識がなくても、テクニカル指標を選ぶだけで売買条件を指定することができる。

「選べる外貨」で取引できる通貨ペアは20種で、その内の対円通貨ペアは13種ある。通貨ペアの一覧は以下の通りだ。

「ちょいトレFX」の取引可能通貨ペアは14種で、その内10種が対円通貨ペアだ。一覧は以下の通り。

「選べる外貨」「ちょいトレFX」ともに、最小取引単位は1,000通貨となっているので、他社との比較では、相対的に少額の資金しかなくても取引を始めやすい会社と言えるだろう。

選べる外貨ちょいトレFXGMOクリック証券
取り扱い
通貨ペアの数
201428
最小取引単位1,000通貨1,000通貨1,000通貨

FXプライム by GMOの評判――約定力に高い評価

FXプライムby GMOは「みんかぶFX 総合ランキング(調査日:2020年9月29日)」で10位、「価格.com FX口座人気ランキング(2020年8月末時点)」で9位にランクインした。両ランキングとも、FXプライムby GMOの高い約定力が評価につながったようだ。

約定力の弱いFX会社では、相場の急変などが原因で取引が成立しない(約定拒否)、また注文どおり約定しないことがある(スリッページ)。同社はこれらの事象が少ない点が強みだ。

またFXプライムby GMOは、国内のFX会社で唯一、システム管理やセキュリティ対策に関する国際規格の認証を取得している(同社HPより)。サーバーダウンしにくい強靭なサーバーを備え、安心して取引できる環境を提供している。

口コミでも同社の約定力の高さにポジティブな意見が集まった。

FXプライムby GMOの取引コスト――市場シェアが高いFX各社に対しては見劣り

FXプライムby GMOの「選べる外貨」における、対円通貨ペアの取引コストは以下の通りだ。

米ドル/円0.3銭
※50万ドル超0.6銭
香港ドル/円2.0銭 
ユーロ/円0.6銭シンガポールドル/円5.0銭
豪ドル/円0.9銭ポーランドズロチ/円5.9銭
英ポンド/円1.1銭南アフリカランド/円0.9銭
NZドル/円1.6銭トルコリラ/円4.8銭
カナダドル/円1.7銭メキシコペソ/円0.9銭
スイスフラン/円1.8銭 

「ちょいトレFX」はコストを公開していないが、「投資助言報酬」として1,000通貨ごとに1円が上乗せされる。

FXプライムby GMOの対円通貨ペアのうち、「米ドル/円」「ユーロ/円」「豪ドル/円」の取引コストを他社と比較すると、すべての通貨ペアで最もコストが高くなった。この点だけに着目すると、他のサービスや総合力よりもとにかく提示されるコストの安さを絶対視するトレーダーにとっては魅力度が落ちてしまうかもしれない。

ただし、FXのレートはスリッページなどで急変動することがあるので、実質的なコストは上の結果と異なる可能性がある。特にFXプライムby GMOは高い約定力でレートが安定しているため、この差がそのまま当てはまるわけではない点に注意が必要だ。

FXプライムby GMOの取引ツール――「プライムチャート」54種のテクニカル分析が可能

FXプライムby GMOの取引ツール「プライムチャート」は、業界最高水準となる54種ものテクニカル指標で表示させることができる(同社HPより)。描画ツールも27種あり、高度なチャート分析が可能だ。

画面は最大9分割することが可能なので、複数のチャートを1画面に表示させまとめて監視することができる。

テクニカル分析54種
描画ツール27種
画面の分割最大9分割

1クリックで注文できる「ハイスピード注文」

FXプライムby GMOには「ハイスピード注文」機能があり、1クリックで新規注文、決済が可能だ。買いと売りを反転させる「ドテン注文」にも対応している。

「ハイスピード注文」は取引ツール「プライムチャート」からログインせずに起動させることができる。両画面を並べておけば、チャートを見ながら即座に注文を入れることも可能だ。

FXプライムby GMOのキャンペーン――最大50.5万円キャッシュバック 

2020年11月30日までに新たに口座を開いた方を対象に、その後の取引に応じて最大50.5万円をキャッシュバックするキャンペーンを行っている。条件は以下の通りとなっている。

 キャッシュバックの額累計
①:30万通貨の取引1,000円1,000円
②:100万通貨の取引1,500円2,500円
③:スマホアプリ「PRIMEアプリS」から1回以上の取引1,000円3,500円
④:③達成後、300万~5,000万通貨の取引1,500円~50.15万円5,000円~50.5万円

※ 本サイトは情報提供を目的としており、証券/FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。本サイトに記載の各証券会社や各サービスの評価は、投資家向けアンケート調査結果や独自評価軸に基づいて作成していますが、各サービスの内容の正確性、信頼性等を保証するものではなく、必ず利用者ご自身で各取引所やサービスの内容をご確認ください。
※ 投資を行う際は、 証券/FX投資におけるリスクを了承の上、利用者ご自身の判断で行ってください。万が一、これらの情報に基づいて利用者が損害を被ったとしても、当社は一切の責任を負いません。
※ 本サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、当該証券/FX 取引業者の説明に基づき、各サービスの公式サイト等に記載されている特定時点の情報を記載したものです。最新情報は各サービスの公式サイトにてご確認ください。また、キャンペーン・特典等は、広告主により実施されるものであり、利用の際は各広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
※ 本記事内のリンクから口座開設を行うと、CoinDesk Japanは対価として収入を得ることがあります。
※ 本サイトを利用されると、CoinDesk Japanの利用規約に同意したものとみなされます。以上の注意事項とともに利用規約についてもご了承ください。