FX各社のキャンペーンを一挙紹介

(公開日:

トレーダーに魅力的なキャンペーンを展開するFX会社は多い。口座開設キャンペーンが最たる例で、FXの口座開設によってボーナスを受け取れる。ボーナス内容は各社で異なり、現金のキャッシュバックが発生するものから、ポイントや書籍のプレゼントなど様々なので、口座開設前に確認しておこう。

また、口座開設時だけでなく、主に入金額や取引量に応じてボーナスの量が増えたり、FXの取引コストとなるスプレッドを縮小してくれる会社もあるので有効活用したい。

FX口座開設キャンペーンとは

取引コストランキング:スプレッド

FX口座開設キャンペーンは新規口座開設者が対象だ。現金のキャッシュバックを提示するFX会社が多く、高額な例では外為どっとコムの最大103,000円が挙げられる。

ただし、FX口座開設後に入金して実際にFX取引を行うのが条件となっていることが多い。往々にして、定められた期限内に一定の取引量をクリアすればキャッシュバックを受け取れるという仕組みで、取引量が増えるにつれ、キャッシュバック額も増える。

キャッシュバックの条件は「○○万通貨以上の取引」と表示されることが多いが、1万通貨とは通貨ペアの分子にあたる通貨のことだ。例えば「米ドル/円」の1万通貨は1万米ドル、「ユーロ/米ドル」の1万通貨は1万ユーロだ。

FX(外国為替)の米ドルとユーロ

条件の取引数量は1度のFX取引ではなく、累積の取引量で判定される。100万通貨以上という条件なら、10万通貨の取引を10回繰り返してもいい。多くのFX会社で新規注文のみを対象にしており、決済(建てたポジションを解消すること)の数量は対象外だ。また、レートが低い通貨ペアでは、取引数量の条件が引き上げられる場合もある。

FXではレバレッジの仕組みにより自己資金の25倍までの取引ができるため、キャッシュバック条件を自己資金だけで満たす必要はない。例えば1米ドル=100円のとき、1万米ドルは100万円だが、自己資金は4万円でよい。40万円あれば10万米ドルの取引が可能だ。

自己資金以上の取引が可能な点がFXのメリットだが、当然リスクも存在する。無理のないFX取引を心がけたい。

外為どっとコムのFX口座開設キャンペーン 最大10.3万円キャッシュバック

外為どっとコム FX会社
画像:公式ホームページ

FX口座開設の期間:常設のキャンペーン
条件の対象期間:FX口座を開設した月の翌々月まで

キャッシュバック条件キャッシュバックの額
①スマホアプリでログイン1,000円
②10万円以上の入金1,000円
③「マネ育FXスクール」の入門口座受講  理解度テストの合格、アンケート回答1,000円
④取引に応じたキャッシュバック 
  10万通貨以上1,000円
  100万通貨以上3,000円
  500万通貨以上10,000円
  1,000万通貨以上100万通貨ごとに1,000円
  1億通貨以上100,000円

取引に応じたキャッシュバックは新規注文数量のみが対象だ。保有ポジションを決済する際の数量はカウントされない。また「ロシアルーブル/円」通貨ペアに限っては、上記の10倍の取引数量が必要。

みんなのFXの口座開設キャンペーン 最大5万円キャッシュバック

みんなのFX
画像:公式ホームページ

FX口座開設の期間:2020年10月1日5時40分~2021年1月1日5時40分
条件の対象期間:FX口座を開設した月の翌々月まで

キャッシュバック条件キャッシュバックの額
30万通貨以上のFX取引1,000円
100万通貨以上のFX取引3,000円
500万通貨以上のFX取引10,000円
1,000万通貨以上のFX取引15,000円
2,500万通貨以上のFX取引30,000円
5,000万通貨以上のFX取引50,000円

対象になるFX取引は新規注文のみで、FX口座を開設した月の翌々月までに上記の取引条件を他精する必要がある。「みんなのシストレ」「みんなのオプション」のFX取引は対象外だ。

上記キャンペーンは、対象期間中に申し込み手続きが必要だ。手続きしないと取引条件を満たしてもキャンペーン対象外となってしまうので、FX口座開設したらすぐに手続きした方がよいだろう。

SBI FXトレードの口座開設キャンペーン

SBI FXトレード
画像:公式ホームページ

FX口座開設の期間:2020年10月15日5時30分~2020年12月1日6時30分
条件の対象期間:同上

キャッシュバック条件キャッシュバックの額
①初回ログイン500円
②取引に応じたキャッシュバック (新規+決済) 
  100万通貨以上3,000円
  500万通貨以上12,000円
  1,000万通貨以上20,000円
  1,500万通貨以上30,000円

SBI FXトレードはFX口座を開設するだけで500円キャッシュバックが受け取れる。その後は100万通貨以上のFX取引でキャッシュバックの対象となり、1,500万通貨以上のFX取引で3万円が受け取れる。

SBI FXトレードの場合、キャンペーン対象となる取引数量には決済分も含まれる。上限の3万円を受け取るには1,500万通貨のFX取引が必要だが、実質的には半量の750万通貨で達成が可能だ。

通貨ペアの制限もないので、レートが低い通貨ペアを狙えば条件達成しやすいだろう。ただし、レートが低い通貨ペアはスプレッド(取引コスト)が高い場合もあるので、注意が必要だ。スプレッドについては後述する。

レート 2020年10月末時点 (売りと買いの仲値)1万通貨取引に 必要な自己資金750万通貨取引に 必要な自己資金 (累計)
ロシアルーブル/円1.32円約500円37.5万円
メキシコペソ/円4.94円約2,000円150万円
南アフリカランド/円6.45円約2,600円195万円
(参考)米ドル/円104.68円約42,000円3,150万円

注意点は対象期間だ。多くのFX会社では口座開設月を基準に取引の対象期間が決まるが、SBI FXトレードは口座開設の日に関わらず2020年12月1日までだ。FX口座開設が後ろにずれるほど条件達成は難しくなるだろう。「積立FX」と「オプションFX」は対象外という点にも注意が必要だ。

キャッシュバックを受けるには別途キャンペーンに申し込む必要がある。忘れずに手続きしておきたい。

SBIネオモバイル証券のFX口座開設キャンペーン

SBIネオモバイル証券のFX
画像:公式ホームページ

口座開設の期間:2020年11月2日~2020年12月31日
条件の対象期間:①11月のFX口座開設者:2021年1月1日6時半まで
        ②12月のFX口座開設者:2021年1月31日6時半まで

キャッシュバック条件キャッシュバックの額
10万通貨以上のFX取引150円
50万通貨以上のFX取引750円
100万通貨以上のFX取引1,500円
500万通貨以上のFX取引7,500円
1,000万通貨以上のFX取引15,000円
5,000万通貨以上のFX取引75,000円
1億通貨以上のFX取引150,000円

SBIネオモバイル証券で新たにFX口座を開設し、10万通貨以上のFX取引でキャッシュバックが受けられる。1億通貨以上のFX取引で15万円のキャッシュバックだ。SBI FXトレードと同様、決済分も取引数量にカウントされる。実質的に半分の数量で条件を達成できる。

注意点は「米ドル/円」が対象外という点だ。キャンペーンに参加するには別の通貨ペアでFX取引する必要がある。また、「韓国ウォン/円」は上記の100倍の取引数量が必要という点にも留意したい。

月額のサービス利用料が最低220円(税込)掛かる点にも注意が必要だ。サービス利用料は株式の取引金額に応じて上昇するが、FX取引しかしない場合は220円のままだ。

月の株式取引金額SBIネオモバイル証券のサービス利用料 (月額)
50万円以下220円
50万円超1,100円
300万円超3,300円
500万円超5,500円
1,000万円超100万円ごとに1,100円が上記に加算

対象の期間は、11月中にFX口座開設をした方は2021年1月1日まで、12月中にFX口座開設をした方は1月31日までだ。11月か12月の、できるだけ上旬にFX口座開設をした方が達成しやすいだろう。

取引しなくてもキャッシュバック

そろばんとコイン

そうした中で、口座開設後に取引せずにキャッシュバックを受け取れるのは、外為どっとコムSBI FX トレードだ。

外為どっとコムでは、口座開設後、スマホアプリへのログインで1,000円、10万円の入金で1,000円のキャッシュバック、さらにマネ育FXスクール受講と理解度テストの合格、アンケートへの回答で1,000円のキャッシュバックが受け取れる。マネ育FXスクールは、公式サイト内で無料視聴できる初心者向けの動画講義だ。FXの基礎から注文の仕方やテクニカル分析などを学べる。

SBI FX トレードでは、口座開設の翌月10日午前6時までにログインすれば、500円のキャッシュバックを受け取れる。SBI FX トレードは1通貨から取引できるため、500円のキャッシュバックで実際にトレードすることが可能だ。

FX取引応援キャンペーン

海外在住の日本人FXトレーダー

口座開設キャンペーンとは別に、取引量に応じたキャッシュバックを行っているFX会社もある。

DMM FXの取引応援ポイントサービス(1ポイント1円で換金)

DMM FX
画像:公式ホームページ

DMM FXの取引応援ポイントサービスでは、ポイントによるキャッシュバックを受けられ、獲得ポイントは最低1,000ポイントから1ポイント1円で換金できる。

なおDMM FXの取引応援ポイントサービスは、取引実績に応じて3つのポイントランク「ゴールドランク」、「シルバーランク」、「ブロンズランク」が設定されており、ランクごとに取引応援ポイントの付与数が変わる。「ゴールドランク」は最大3倍の取引応援ポイントが付与されるので、取引するほどポイントが貯まりやすくなる仕組みだ。

ヒロセ通商(LION FX)の通貨別取引高キャンペーン

LION FX ヒロセ通商
画像:公式ホームページ

ヒロセ通商(LION FX)では、指定された通貨ペアの取引高に応じて、現金をキャッシュバックするキャンペーンを開催している。

2020年10月1日~2020年11月2日で開催の、ユーロ米ドル取引高キャンペーンは、ユーロ米ドルの取引高に応じて最大10万円のキャッシュバックを受けられる。対象となる通貨ペアには、豪ドル円、ユーロ円などもあるので、取引しやすい通貨ペアを選んで、キャンペーンに申し込もう。なお、対象となる通貨ペアごとに申し込みフォームが異なる点に注意したい。

スプレッド縮小キャンペーン

FX(外国為替)のスプレッド(取引コスト)

期間限定で、FXにおける取引コストである「スプレッド」(売りレートと買いレートの差)を縮小するキャンペーンを開催する会社もある。

例えばスプレッドが2銭(0.02円)の場合、買いレートが100円なら売りレートは99.98円だ。買いより売りが安くなるため、レートの変動がない限り必ず損失となる。売りから入っても同様だ。

スプレッドでどれくらいのコストを払うかは、スプレッドに取引数量を掛けると算出できる。1万通貨を取引する場合、スプレッド2銭なら200円だ。スプレッドが安いほど低コストで取引できる。

スプレッド縮小キャンペーンは、取引時間にも注意が必要だ。キャンペーンスプレッドで取引できる時間帯が限定されている場合がある。

スプレッドは対円通貨の場合「銭」で表示されるが、外貨同士の通貨ペアだと「pips(ピップス)」で表示される。概ねレートの少数第2位の数字を示しており、「米ドル/円」をpipsで表す場合は1pips=0.01円(1銭)、「ユーロ/米ドル」だと1pips=0.01セント(0.0001米ドル)となる。

ここでは、各社ごとに詳細を一覧で紹介する。

外為どっとコム

外為どっとコム FX会社
画像:公式ホームページ

期間:2021年5月3日(月)午後4時~2021年5月29日(土)午前1時
対象通貨ペア:全10種類

ヒロセ通商(LION FX)

LION FX ヒロセ通商
画像:公式ホームページ

①期間:2020年9月1日午前9時~2020年10月31日午前2時
対象通貨ペア:米ドル円

②期間:2020年10月7日午前9時~2020年11月7日午前2時
対象通貨ペア:14通貨ペア

通貨ペア通常スプレッド縮小スプレッド時間帯の制限
米ドル/円0.2銭なし
NZドル/円1.0銭0.9銭なし
カナダドル/円1.7銭1.5銭なし
スイスフラン/円3.0銭1.6銭なし
南アフリカランド/円0.9銭0.8銭なし
ユーロ/米ドル0.4pips0.3pipsなし
豪ドル/米ドル0.8pips0.4pipsなし
ポンド/米ドル0.8pips0.6pipsなし
NZドル/米ドル1.6pips1.4pipsなし
ユーロ/豪ドル1.5pips1.4pipsなし
ポンド/豪ドル1.6pips1.4pipsなし
ユーロ/ポンド1.0pips0.8pipsなし
米ドル/スイスフラン3.0pips1.5pipsなし
ユーロ/スイスフラン3.0pips1.6pipsなし
ポンド/スイスフラン5.0pips2.6pipsなし

SBI FXトレード

SBI FXトレード
画像:公式ホームページ

期間:2020年10月26日午前8時半~2020年12月22日午前2時
対象通貨ペア:12通貨ペア

通貨ペア通常スプレッド縮小スプレッド時間帯の制限
米ドル/円 (1,000通貨以下の取引)0.09銭0銭8時半~26時
米ドル/円 (1,001通貨以上の取引)0.17銭0.1銭8時半~26時
ユーロ/円0.49銭0.28銭8時半~26時
豪ドル/円0.69銭0.38銭8時半~26時
ポンド/円0.99銭0.50銭8時半~26時
NZドル/円1.19銭0.88銭8時半~26時
南アフリカランド/円0.99銭0.78銭8時半~26時
トルコリラ/円1.89銭1.48銭8時半~26時
メキシコペソ/円0.30銭0.18銭8時半~26時
人民元/円1.69銭0.90銭8時半~26時
豪ドル/米ドル0.89pips0.38pips8時半~26時
ポンド/米ドル0.89pips0.50pips8時半~26時
米ドル/人民元4.60pips2.30pips8時半~26時
※通常スプレッドは2020年9月中の最頻値

DMM FX

DMM FX
画像:公式ホームページ

期間:2020年10月12日午前9時~2020年12月19日午前3時
対象通貨ペア:全20種類の通貨ペア

通貨ペア通常スプレッド通貨ペア通常スプレッド縮小スプレッド時間帯の制限
米ドル/円0.2銭0.1銭9~27時
ユーロ/円0.5銭0.3銭9~27時
ポンド/円1.0銭0.6銭9~27時
豪ドル/円0.7銭0.4銭9~27時
ニュージーランドドル/円1.2銭0.9銭9~27時
スイスフラン/円1.8銭1.6銭9~27時
カナダドル/円1.7銭1.5銭9~27時
南アフリカランド/円1.0銭0.8銭9~27時
ユーロ/米ドル0.4pips0.3pips9~27時
ポンド/米ドル1.0pips0.6pips9~27時
豪ドル/米ドル0.9pips0.4pips9~27時
ニュージーランドドル/米ドル1.6pips1.4pips9~27時
米ドル/スイスフラン1.6pips1.5pips9~27時
米ドル/カナダドル1.8pips1.6pips9~27時
ユーロ/ポンド1.0pips0.8pips9~27時
ユーロ/豪ドル1.5pips1.4pips9~27時
ユーロ/ニュージーランドドル3.5pips2.9pips9~27時
ユーロ/スイスフラン1.8pips1.6pips9~27時
ポンド/豪ドル1.6pips1.4pips9~27時
ポンド/スイスフラン2.8pips2.6pips9~27時

みんなのFX

みんなのFX
画像:公式ホームページ

期間:2020年11月2日~2020年12月22日
対象通貨ペア:5通貨ペア

通貨ペア通常スプレッド縮小スプレッド時間帯の制限
ポンド/円0.8銭0.5銭18~22時
豪ドル/円0.6銭0.3銭18~22時
南アフリカランド/円0.9銭0.3銭18~22時
トルコリラ/円1.6銭0.9銭18~22時
メキシコペソ/円0.3銭0.2銭18~22時

LIGHT FX

期間:2020年10月12日午前9時~2020年12月23日午前3時
対象通貨ペア:12通貨ペア

通貨ペア通常スプレッド縮小スプレッド時間帯の制限
ユーロ/円0.4銭0.3銭9~27時
豪ドル/円0.6銭0.3銭9~27時
ポンド/円0.9銭0.5銭9~27時
NZドル/円1.0銭0.9銭9~27時
カナダドル/円1.6銭1.5銭9~27時
スイスフラン/円1.7銭1.6銭9~27時
南アフリカランド/円0.8銭9~27時
豪ドル/米ドル0.8pips0.4pips9~27時
ポンド/米ドル0.8pips0.6pips9~27時
NZドル/米ドル1.6pips1.4pips9~27時
ユーロ/豪ドル1.5pips1.4pips9~27時
ポンド/豪ドル1.5pips1.4pips9~27時
ユーロ/ポンド0.9pips0.8pips9~27時
ユーロ/スイスフラン1.7pips1.6pips9~27時
ポンド/スイスフラン2.7pips2.6pips9~27時

キャンペーン利用時の注意点

FX口座開設の審査イメージ

キャンペーンは、取引をするだけでキャッシュバックを受け取れたり、スプレッドが縮小されたりと、トレーダーにとってメリットが大きい。しかしキャンペーンのために取引することで方針と異なる無理なトレードやレバレッジ・証拠金の管理に繋がらないよう十分に注意したい。

まずはキャッシュバックの提供を受けやすそうなFX会社に申込んで口座開設し、慣れてきたら高額のキャッシュバックを狙っても良いだろう。キャンペーンによっては申込みが必要なものもあるので、しっかり確認しておこう。

またここで紹介した各社のスプレッドは原則固定となっている。スプレッド縮小キャンペーン中であっても、米国雇用統計のような重要な経済指標の発表時などは、マーケットが荒れてスプレッドが大きく広がる可能性がある。相場変動の激しいタイミングでは、利益どころか思わぬ損失に繋がることのないよう、十分に注意したい。

【注目】有力FX会社の早見表(スタイル&ニーズ別)

短期で取引したい(デイトレ&スキャルピング)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか約定スピードドル円 スプレッド通貨ペア数最小取引単位シストレ対応
JFXスキャルピング公認。高速取引専用ツールが魅力数秒単位のスキャルピングに対応。
MT4に対応
4社で唯一数秒単位のスキャルピング「秒スキャ」に言及
超短期トレーダーはJFX推奨
最速:0.001秒 平均:0.005秒 (2020年7月実績)0.2銭2610,000通貨×
LION FX(ヒロセ通商)スキャルピング公認。取扱通貨ペアは業界最多水準大口ならキャッシュバックキャンペーン手厚い
通貨ペア数が多く、スキャルピングの選択肢が広い
数十万円キャッシュバックの取引キャンペーンが定番
大口トレーダーに推奨
最速:0.001秒 平均:0.003~0.005秒 (2020年7月実績)0.2銭501,000通貨×
セントラル短資FXスキャルピング向けに「1クリック注文」用意4社で最もドル円スプレッド安いドル円メインのトレーダーに向く0.1銭251,000通貨
OANDA スキャルピング公認。95%以上の注文が0.001秒で処理口座開設者に世界7拠点からマーケット情報提供口座開設者は「OANDAラボ」から情報提供受けられる
情報も重視したい方はOANDA
新規注文の99%が0.001秒で処理 (2021年5月3週実績)0.3~0.4銭4010,000通貨
※OANDAは「東京サーバー」コース(その他コースでは1通貨単位、69通貨ペアも)

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

②スプレッド重視(とにかく取引コストを低く)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか米ドル円ユーロ円ポンド円豪ドル円NZドル円
ネオモバFXドル円スプレッドが最低0銭「Tポイント」で取引可能TポイントでFXと株式の取引可能
ポイントで疑似体験したい方に向く
0~0.3銭0.4~0.6銭0.9~1.1銭0.6~1.1銭1.2~2.5銭
ゴールデンウェイ・ジャパン大口取引も低スプレッド 1万通貨超なら3社で最も低い(ドル円)1万通貨超なら3社で最低
取引金額が大きい方に推奨される
0.1銭0.3銭0.6銭0.4銭1.0銭
SBI FXトレード1,000通貨以下なら低スプレッドで原則固定3社で最も通貨ペアが多い3社で最も通貨ペアが多いが、1,000通貨超のスプレッドは変動制
少額トレーダーに向く
0~0.1銭0.3銭0.69銭0.4銭0.9銭

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

③中長期で取引したい(スワップ=金利収入重視)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか米ドル円ポンド円ランド円メキシコ円トルコ円最小取引単位通貨ペア数スプレッド(米ドル/円)シストレ対応
みんなのFX高水準スワップが魅力「オプション」取引も可能(LIGHT FXはFXのみ)「オプション」のほか「自動売買」に対応(LIGHT FXはFXのみ)
FX以外の選択肢も持ちたい方に推奨
32円259円50.7円35.7円292円1,000通貨270.2銭
LIGHT FX新興国通貨スワップに強み新興国通貨スワップが「みんなのFX」より高い傾向新興国通貨スワップが「みんなのFX」より高い傾向
高金利通貨のスワップを獲得したい方に向く
31円259円63.7円49.7円292円1,000通貨270.2銭×
表中のスワップポイント(米ドル円~トルコリラ円)は「2021年5月24~28日の累計 1万通貨の買い」の数値

※トルコリラ/円に特化した図表は、下記の記事内を参照されたい。

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

④少額取引(数円~数千円で始めたい初心者&取引金額を細かく調整したい方)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか
SBI FXトレード全34通貨ペアで1通貨単位取引OK唯一マイナー通貨の少額取引可能「ブラジルレアル」などのマイナー通貨も取り扱う
さまざまな通貨で少額FXを行いたい方に推奨される
ネオモバFX最低取引単位1通貨スプレッド0はネオモバだけ(ドル円、1,000通貨以下)1,000通貨以下のドル円スプレッド0
少額かつドル円トレーダーに推奨
LINE FX1,000通貨単位取引。いつもの「LINE」で取引可能3社で唯一米国株取引可能「国内株」「米国株」「投資信託」を取り扱い、いずれも少額取引可能。3社で最も選択肢が多い
FX以外の少額取引を行いたいならLINE FX

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑤自動売買(時間が無い方向け。プログラムによる取引)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか種類
アイネットFXリピート系「ループイフダン」平均利益率127%(2020年度)デモ口座あり。ループイフダンのオンラインセミナーもループイフダンはデモ口座対応。自動運用を仮想の資金で試せる
使用感を事前に試したい方に推奨
リピート系
FXブロードネット自動売買ツール「トラッキングトレード」。利益実績84.8%(2014年10月15日~2021年3月31日)9つの取引コースを用意。複数コースの保有OKルールが異なる取引コース9種。複数のコースを持てるため取引の目的ごとに使い分けられる
取引管理を重視したい方に向く
リピート系
インヴァスト証券プログラムをリストから選ぶ選択型システムトレード「トライオートFX」ETF(上場投信)の自動売買も可能売買プログラムを選ぶほか、自分で設定もできる。またETF(上場投信)も同じツールで自動売買できる
より発展的な自動売買を行いたい方にはインヴァスト証券が推奨される
選択型
アヴァトレード「MT4(世界的な取引ツール)」対応の本格システムトレード4社で唯一MT4対応。独自売買プログラムも提供4社でMT4に対応しているのは同社だけ。「AMMA」または「DUPLI TRADE」に申し込むと独自の売買プログラムを利用できる。
MT4で本格的な自動売買を行いたい方に向く
選択型

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑥サポート重視(初心者&夜間取引が多い人向け)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くかその他の問い合わせ窓口
外為どっとコム24時間電話受付。為替のプロが対応税金やマーケット情勢についても回答オペレーターは為替のプロ。オンラインFXセミナーも頻繁に行われる
初心者のエントリー口座として特に推奨
メール
外為ジャパン電話&LINEで24時間対応。LINEも24時間対応高機能FXツール「プレミアチャート」を無料提供。値動きを詳細に分析できる
本格的な取引も行いたい方に向く
メール、LINE
DMM FXコールセンターは24時間受付。メールやLINE、AIチャットも3社で唯一株式取引可能(株式も24時間サポート対応)「株式」「CFD」を取り扱い、いずれも24時間サポートの対象。独自の競走馬ファンドサービス「BANUSY」はユニーク。
サポートのほか選択肢も重視したいならDMM FXが推奨される
メール、LINE、AIチャット

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑦取引ツール重視(MT4など)

 ポイント最小取引単位通貨ペア数ドル円 スプレッドシストレ対応
FXTFFXTF情報局ではFXに関する情報を提供、コストが低い10,000通貨300.1銭×
JFXスキャルピング可能で短期売買がしやすい10,000通貨260.2銭×
アヴァトレードシストレ可能であり、MT4の次世代ツールMT5にも対応1,000通貨501.1銭
OANDA 対応通貨ペアの種類が多い1通貨690.3銭~0.8銭×

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑧デモ口座のあるFX会社

 最小取引単位通貨ペア数ドル円 スプレッドシストレ対応
DMM FX10,000通貨210.2銭×
アイネットFX10,000通貨240.7銭~1.8銭
FXTF10,000通貨300.1銭×
JFX1,000通貨260.2銭×
LION FX1,000通貨500.2銭×
FXブロードネット1,000通貨240.2銭
アヴァトレード1,000通貨551.1銭
セントラル短資FX1,000通貨250.1銭
OANDA1通貨690.3銭~0.8銭×
外為どっとコム10,000通貨300.2銭×
みんなのFX1,000通貨270.2銭
2021年6月1日現在

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑨「提供情報の多さ」重視(知識をつけたい・戦略を練りたい)

FX会社概要
LIGHT FX金融情報サービス「FXi24」を通じて為替ニュースを閲覧できるほか、重要度がひと目で分かる経済指標カレンダーも公表
インヴァスト証券自動売買ができるトライオートFXでは、自動売買に関する知識が丁寧に紹介されており、初心者でも無理なく自動売買に挑戦できるようになっている
LINE FX何よりの強みと言えるのが、LINEで為替や相場に関するニュースを受け取ることができることだ。経済指標の発表に合わせて通知がすぐに送られてくるため、チャンスやピンチに素早く反応することができる

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

FX会社名 ポイント
DMM FX 口座開設数は国内最大級
SBI FXトレード 最小1通貨から取引可能、積立FXも対応
LIGHT FX スワップポイントに定評、実践的な情報コンテンツ
外為ジャパン 1,000通貨単位、クイック入金や24時間サポート体制
楽天FX 楽天ポイント・グループのシナジーで若者が流入
マネックス証券 リスク管理しやすい仕様、外貨出金が可能
LINE FX シンプル設計や通知機能がライトユーザーに便利
ゴールデンウェイジャパン スプレッド業界最狭水準、MT4利用可
FXブロードネット 豊富な取引コースや自動売買が好評
LION FX(ヒロセ通商) 最高水準の取扱通貨ペア数、多様なキャンペーン
ネオモバFX Tポイント利用可、少額からの投資にも強み
トライオートFX 自分で自由度高く作成可能な「設定型」の自動売買
JFX 約定力に定評、スキャルピングも
セントラル短資FX 値動きを予測する「みらいチャート」が好評
OANDA Japan 豊富なテクニカル指標・描画オブジェクト標準装備
アヴァトレード・ジャパン 日本初MT5に対応
アイネットFX 裁量取引も、自動売買取引も可能
更新日:2021/01/25

動画でもFXを勉強(松井証券によるFX動画の例)

たとえば「MATSUI FX」(通貨ペアの追加や主要ネット証券初の1通貨単位取引導入など、2021年2月にサービス内容がリニューアルされた)を運営する松井証券は以下のように動画でFXについて解説するシリーズを用意している。

FX初心者が見るべき情報一覧

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする