外為どっとコム(外貨ネクストネオ)評判:短所、キャンペーンやデモ

(公開日:

外為どっとコム は、2008年にFX業界で初めて30万口座を達成するなど、業界をけん引してきた有力FX会社の一つ。2013年より現サービス「外貨ネクストネオ」を展開している。

FX会社の各種比較ランキングで上位に位置し、豊富な情報提供に定評がある。2021年2月からは新規口座開設者に最大10.3万円のキャッシュバックを行うキャンペーンを行っている。

端的にいうと、外為どっとコム(外貨ネクストネオ)はサポート重視の方に推奨されるFX会社だ。24時間電話で問い合わせを受け付けているため、初心者や夜間取引が多い方に向くだろう。24時間電話を受け付けているFX会社を以下にまとめたので、比較して口座開設の参考にしてほしい。

 ポイント各社のメリット特に誰に向くかその他の問い合わせ窓口
外為どっとコム24時間電話受付。為替のプロが対応税金やマーケット情勢についても回答オペレーターは為替のプロ。オンラインFXセミナーも頻繁に行われる
初心者のエントリー口座として特に推奨
メール
外為ジャパン電話&LINEで24時間対応。LINEも24時間対応高機能FXツール「プレミアチャート」を無料提供。値動きを詳細に分析できる
本格的な取引も行いたい方に向く
メール、LINE
DMM FXコールセンターは24時間受付。メールやLINE、AIチャットも3社で唯一株式取引可能(株式も24時間サポート対応)「株式」「CFD」を取り扱い、いずれも24時間サポートの対象。独自の競走馬ファンドサービス「BANUSY」はユニーク。
サポートのほか選択肢も重視したいならDMM FXが推奨される
メール、LINE、AIチャット

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

この記事の目次

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)を簡潔にまとめると?:特にFX初心者向き

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)は以下の3点から、特に初心者に向いているFX会社といえる。

初心者に向く3つの理由

  • 問い合わせが24時間可能
  • マネ育FXスクールなど充実した教育コンテンツ
  • デモトレードに対応

上述の通り、外為どっとコム(外貨ネクストネオ)は土日を除き、電話問い合わせを24時間受け付けている。FXは夜間も取引が活況なため、24時間サポートを受けられるメリットは大きい。特に取引に不慣れな初心者には心強いだろう。

また「マネ育FXスクール」などのコンテンツが充実しており、基本からFX取引を学ぶことが可能だ。デモトレードなら現実の資金を使わず、取引に慣れるまで経験を積むこともできる。
外為どっとコム(外貨ネクストネオ)は、初心者のエントリー口座として推奨されるべきFX会社といえよう。

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)のメリット 情報力やサポート、豊富な注文方法

業界トップクラスの情報力

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)の最大の特徴は、業界トップクラスの情報力だ。シンクタンク「外為どっとコム研究所」を運営し、質の高い情報を提供している。井上義教氏や川合美智子など、プロのFXトレーダーがほぼ毎週為替レポートを配信しているほか、毎日為替ニュースが配信される。

豊富なコンテンツで、初心者でもFXを理解しやすい解説が多数。また、取引の判断材料となる1時間ごとの売買比率や営業日ごとのポジション比率、外為注文情報など、さまざまな情報を提供している。

なお、外為どっとコム(外貨ネクストネオ)は「みんかぶFX 2021年情報部門ランキング」で1位を獲得している。

安心の24時間サポート

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)では、24時間体制で為替のプロがメールや電話に対応している。同社のオペレーターは、電話対応技術や金融知識などの社内研修を受講し、さまざまな質問に答えられるという。HDI格付け調査でも、「Webサポート/問い合わせ窓口(電話)部門」で2年連続(2019─2020)最高評価を獲得している。

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)で提供している商品・サービスをはじめ、他の金融商品とFXの違いや税金、現在のマーケット情勢まで、わかりやすく答える。充実したサポート体制だからこそ、初心者から安心してトレードを始められるだろう。

豊富な注文方法

成行・指値・逆指値・IFDなどの基本的な注文方法をはじめ、外為どっとコム(外貨ネクストネオ)では「トレール注文」も利用可能だ。

トレール注文とは、トレンドに乗ることができた場合、トレンドに応じて決済のタイミングを自動的に動かし、利益を伸ばす注文方法のこと。指定した値幅以上に不利な方向に進んでしまった場合は、自動的に注文がストップする。

他にも、指定した時間に成行注文が自動的に行われる「時間指定成行」や指定した日時までにレートが達した場合は指値あるいはストップ注文が行われ、達しなかった場合には時間指定した日時に成行注文が行われる「時間指定指値・時間指定ストップ」などもある。

初心者向けコンテンツ「マネ育FXスクール」

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)はFX取引のノウハウを伝えるオンライン講座「マネ育FXスクール」を提供している。動画とPDF資料、またデモトレードツールを使い、FXの入門から実践編までひと通り学ぶことができる。

マネ育FXスクール以外にもさまざまなオンラインセミナーを実施している。これからFX取引に取り組む初心者にはメリットが大きいだろう。

外為どっとコムのデメリット

スマホで頻繁に取引する人は要注意

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)のスマートフォンアプリ「外貨ネクストネオ」ではチャート画面の分割表示などの機能がない。

そのため、「外貨ネクストネオ」では複数の通貨ペアを同時に確認できないことを不便に感じるようなトレーダーもいるかもしれない。

主要通貨のスワップポイントが若干低め

中長期保有の場合は、スプレッドよりもスワップポイントを重視する方もいるだろう。外為どっとコム(外貨ネクストネオ)の主要通貨のスワップポイントは、他社と比較すると2~3番手に位置し、若干低めとなる。これが気になるトレーダーもいるので、書き添える。

値動きが大きいときは約定しづらいことも

外国為替市場は常に変動しており、瞬時の約定が明暗を分ける。特に値動きが大きいときは、大きな利益を生むチャンスだ。とはいえ、希望の価格で約定できないことがある。FX業界では、この現象を「スリッページ」と呼ぶ。

スリッページは主にシステム上のタイムラグが原因で起こる。不利なレートで約定されることもあるが、有利なレートで約定されることもある。

FX会社全体の傾向ではあるが、外為どっとコム(外貨ネクストネオ)も、値動きが大きい際にスリッページが起こりやすいといわれることがある。タイミングによっては約定できない可能性もあるので、トレードの際には注意したい。

なお、外為どっとコム(外貨ネクストネオ)はスリッページの許容範囲を設定できる。許容範囲以上のスリッページが起こるときに約定しないようにできる設定だ。許容範囲以上のスリッページが起こるときでも、有利なレートの場合は約定させる。

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)のデメリットを補完できるFX会社

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)のデメリットにスワップポイントの低さがあった。このデメリットはスワップポイントが高いFX会社にも同時に口座を設け、取引に応じて使い分ければ解決できる。

スワップポイントが高い代表的なFX会社がトレイダーズ証券だ。運営の「LIGHT FX」は「みんかぶFX FX会社ランキング」のスワップ部門において、2020年と2021年の連続で1位を獲得している。

LIGHT FXは2年連続の受賞を記念し、2021年1月から通貨ペア「南アフリカランド/円」「メキシコペソ/円」において業界最高水準のスワップポイントを目指すキャンペーンを実施している。どちらも高いスワップポイントを受け取れる代表的な通貨ペアだ。

参考に、当該2通貨ペアと、同じく高いスワップポイントが期待できる「トルコリラ/円」のスワップポイント実績について、両者を比較した。結果は以下の通りで、3通貨すべてでLIGHT FXの方が大きいスワップポイントを受け取れたようだ。

2021年4月12~16日のスワップポイント比較(1万通貨の買い)

外為どっとコムLIGHT FX
南アフリカランド/円59円70.7円
メキシコペソ/円42円49.7円
トルコリラ/円243円265円

スワップポイントは日によっても異なるため、今後も常にLIGHT FXの方が高くなる保証はない。だが実績を鑑みると、スワップポイントについてはLIGHT FXに優位性がありそうだ。

スワップポイント目的の取引を行いたい場合、同時にLIGHT FXに口座開設しておくとよいだろう。

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)の注意点

デメリットとまではいえないが、外為どっとコム(外貨ネクストネオ)の注意点も3つ押さえておきたい。

1 証拠金維持率が100%未満になると強制ロスカット
2 年間損益報告書の出力にはパソコンとプリンターが必要
3 海外移住する際は口座解約が必要

1 証拠金維持率100%未満でロスカット

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)では、証拠金維持率が100%未満になるとロスカットされる。ロスカットとは、全てのポジションが強制的に決済される処置だ。

証拠金維持率100%のロスカットは比較的高めだ。FX会社によっては証拠金維持率が100%を割り込んでもロスカットが行使されない。損失を早めに確定できるメリットはあるが、余裕をもってトレードしたい。

2 年間損益報告書の出力にはパソコンとプリンターが必要

「年間損益報告書」の出力には、パソコンとプリンターが必要なので、注意したい。

3 海外移住時には口座解約が必要

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)の口座開設条件に、「日本国内に居住する20歳以上80歳未満であること」とあり、条件を満たせなくなった時点で解約対象となる。海外移住の基準としては、「1年の半分以上日本国外に居住」の場合や海外留学・海外転勤など。

口座解約は、サポートセンターに電話で問い合わせると手続きできる。なお、外為どっとコム(外貨ネクストネオ)の口座開設基準については、後ほど詳しく解説を行う。

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)の概要は?──国内有力FX会社の一角

国内で高いシェア

2020年1月に発表された矢野経済研究所の調査では、「取引高」で6位、「口座数」と「預かり残高」で4位と、いずれの項目でも比較的高い業界シェアを獲得している。

取引高(月間)口座数預かり残高
全体159兆円550万口座1.12兆円
外為どっとコムシェア6.98%(6位)9.13%(4位)10.18%(4位)

2021年3月時点の口座数は約53万口座まで拡大しており、外為どっとコム(外貨ネクストネオ)は多くのFXトレーダーに選ばれているFX会社の一角といえるだろう。

通貨ペア数は30 最小取引単位は1,000通貨

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)の取引通貨ペアは30種で、うち対円ペアは16通貨だ。一部の通貨ペアを除き、最小取引単位は1,000通貨となっている。通貨ペア「米ドル/円」の場合、約4,000円から取引できる。

取引通貨単位が1万通貨単位だと約4万円からの取引となる。取引金額も大きくなりやすいため、利益が大きくなりやすい反面、損失も大きくなりやすい。

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)なら比較的小さい金額から取引できる。もちろん1万通貨単位の取引もできるため、一般的に最小取引単位は小さい方が有利だ。

上述の矢野研究所レポートで上位のFX会社と比較してみても、通貨ペア数および最小取引単位は他社に遜色ない水準といえよう。

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)のスプレッド(取引コスト)は?──主要27通貨で業界最低水準

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)は、業界最低水準のスプレッドを主要27通貨で提供しており、対円通貨ペア全16種のスプレッドについては以下の通りとなっている。なお、「トルコリラ/円」ペアに関してはコストが固定されていない点に留意が必要だ。

取引コスト取引コスト
米ドル/円0.2銭ノルウェークローネ /円2.1銭
ユーロ/円0.5銭スウェーデンクローネ /円1.9銭
豪ドル/円0.7銭人民元/円0.9銭
英ポンド/円1.0銭シンガポールドル/円2.8銭
NZドル/円1.2銭南アフリカランド/円1.0銭
カナダドル/円1.7銭トルコリラ/円※変動
スイスフラン/円1.8銭ロシアルーブル/円0.5銭
香港ドル/円2.0銭メキシコペソ/円0.3銭
原則固定※例外あり (2020年10月20日現在)

これら対円通貨ペアのうち「米ドル/円」「ユーロ/円」「豪ドル/円」の3通貨ペアを対象に、主要FX各社とスプレッドを比較すると、改めて最低水準にあることが分かるだろう。

原則固定※例外あり (2020年10月20日現在)

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)のスワップポイントは?

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)のスワップポイントはどうだろうか。

スワップポイントとは、通貨間の金利差分のこと。一般的に、金利の低い通貨を売り、金利の高い通貨を買えば、2通貨間の金利差からその差額を受け取ることができる。通貨間の金利差が小さいとスワップポイントの額も小さくなる。価格が不安定なときに金利差が反映されないケースもあるので、注意が必要だ。

スワップポイントはFX会社、通貨ペア、日にちによって異なる。参考に、外為どっとコム(外貨ネクストネオ)の「米ドル/円」「南アフリカランド/円」「トルコリラ/円」のスワップポイント実績を以下にまとめる。

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)スワップポイントの例

2021年4月12~16日のスワップポイント累計
(1万通貨の買い)
米ドル/円36円
南アフリカランド/円59円
トルコリラ/円243円

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)では、「スワップ振替機能」を提供している。ポジションを決済せずに、3,000円貯まるごとにFX口座へ振替できる機能だ。ポジションを維持したままスワップポイントだけ受け取りたい場合に便利だろう。

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)のアプリは?

対応機種iPhone・iPad・Apple Watch・Android
OSiOS 10.0以上・Android OS 4.4以上
デモトレード対応
チャート分割機能3
プッシュ通知機能なし
為替情報の提供フィスコライブ、フィスコ朝刊・夕刊、GI24、ロイター、酒匂レポート、外為トゥディ、外為マンスリー、G.com、週刊予測カレンダー、政策金利

外為どっとコムの外貨ネクストネオはFXの情報収集に特化した取引アプリだ。株式会社フィスコが提供するニュース・レポートを始めとする様々な情報がまとめられており、経済指標データや、各国の政策金利まで確認できる。また、Apple Watchにも対応しており、レート・チャート・経済指標の3つの情報を閲覧できる機能を搭載している。

情報収集だけでなく、16種類のテクニカル指標を搭載し、1タップで決済できるスピード注文機能も搭載されているので実用的だ。仮に実際に取引に利用しなくても情報収集用のアプリとして利用する価値は十分にある。

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)の取引ツールは?

高機能を集約した無料ツール「外貨NEXT neo」

外為どっとコムが提供する無料取引ツールはいくつかあるが、中でもPCにインストールして使用する「外貨NEXT neo(リッチアプリ版)」は高品質の取引ツールだ。主な特徴を以下にまとめる。

  • スピード注文:トレードに必要な機能を1画面に集約
  • 高速の約定スピード:最速0.009秒、平均0.021秒の高速約定
  • 高機能チャート:最大20のチャートを1画面に表示し、ポジションの有無も表示可能
  • チャート注文:注文をチャート上から行うことができる。変更、取り消しも可能
  • スワップポイント振替:決済せずにスワップポイントをすぐに出金できる

ほかにブラウザ版のツールやスマホアプリ版(iPhone、Android対応)、iPad版の用意がある。いずれも取引に使える機能が集約されており、使用するデバイスに応じて使い分けが可能となっている。

分かりやすい売買シグナル「ぴたんこテクニカル」

外為どっとコムは補助ツールとして「ぴたんこテクニカル」を提供している。同ツールには「お天気シグナル」と「みらい予測チャート」の2つの機能があり、各取引ツールから呼び出して利用できる。

お天気シグナルは、指定の通貨ペア・足種に対して移動平均線など複数のテクニカル分析を行い、結果を「買いシグナル」か「売りシグナル」で一覧表示させる機能だ。1つの画面で各通貨ペアのトレンド傾向がつかめる。

みらい予測チャートは、過去のチャートから現在のチャートと近似したものを見つけ出し、予測される未来のチャートを画面に表示させる機能だ。現在のチャートと同じ画面で過去のチャートと比較できる。

ぴたんこテクニカルは専用スマホアプリ「ぴたテク」からでも利用できる。売買シグナルの通知をあらかじめ設定しておけばプッシュ通知も受けられる。

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)の口座開設の手順

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)の口座開設の手順を確認しておこう。口座開設の手順は次の通りだ。

  1. Web上で口座開設の申し込み
  2. ログインして取引開始

1 Web上で口座開設の申し込み

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)のサイトから、必要事項の記入や本人確認書類の提出を終えると、申し込みは完了。なお、外為どっとコム(外貨ネクストネオ)では、郵送やFAXでの申し込みは受け付けていない。

2 ログイン後に取引開始

審査後、ログインIDとパスワードが送付される。最短で申し込み当日に開設可能。最短での口座開設を希望する方は、「スマホで本人確認」を行う。それ以外の本人確認の場合、口座開設まで3営業日ほど要する。

デモトレードが無料で可能

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)では、デモトレードを無料で提供している。口座開設を申し込む前に、まずはデモトレードでFX取引サービスとしての機能性をチェックするのもいいだろう。デモアカウントの有効期限は90日間だが、期限が切れたら再登録できため、何度も利用可能だ。

デモトレードでは、パソコン・スマートフォン版ともに本番と同様の機能でトレードができる。デモトレードを活用し、システムに慣らすのも良いだろう。また、デモトレードとは別で「バーチャルFX」というサービスもある。

バーチャルFXとは、外為どっとコム(外貨ネクストネオ)が運営しており、本番さながらのFX体験ができるバーチャルサービスだ。仮想資産500万円を3ヶ月の期間中にいくら増やせるか競うコンテストとなる。無料でエントリーでき、気軽に参加可能。

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)の審査に落ちないために

一定の条件を満たしていない場合、外為どっとコム(外貨ネクストネオ)の審査に落ちる可能性がある。外為どっとコム(外貨ネクストネオ)の口座開設の条件は次の通りだ。

  • 18歳以上、80歳未満
  • 居住地が日本
  • 資産に余裕のあること

またこれらの条件を満たしていても、審査に落ちるケースある。

審査に落ちる主な原因は、資産不足

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)の口座開設の審査に落ちる主な原因が資産不足だ。

口座開設時には金融資産の申告を行うが、あまりに金融資産が不足していると審査に落ちるケースがある。外為どっとコム(外貨ネクストネオ)の口座開設の条件に「余裕資金にてお取引いただけること」とあるためだ。金融資産が極端に少ない場合、当該条件から審査に落ちる可能性は否定できない。

審査に落ちないよう、金融資産の過少申告は避けた方がよいだろう。

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)の入金方法

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)の入金方法は「クイック入金」と「振込入金」の2通りある。

24時間いつでも可能な「クイック入金」

クイック入金は、24時間いつでもインターネットで入金できる方法だ。外為どっとコム(外貨ネクストネオ)指定の金融機関で利用できる。金融機関では別途インターネットバンキング契約が必要だ。

クイック入金は、操作直後に入金が反映されるため、スムーズな取引に便利。振込手数料は無料で、最低入金額は1,000円からとなる。

外為どっとコムでクイック入金できる金融機関は以下の10行。

  • ゆうちょ銀行
  • 楽天銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • セブン銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • みずほ銀行
  • するが銀行
  • PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)
  • auじぶん銀行

専用の振込口座に入金する「振込入金」

振込入金は、外為どっとコム指定の口座へ振り込む方法だ。クイック入金と異なり手数料がかかるため、注意が必要だ。

出金についても確認

出金は取引ツールから行う。

出金額が200万円以下の場合、午前中の出金申請で当日の午後に、正午を過ぎた場合は翌営業日の午後に出金される。

200万円を超える出金の場合、午前中の出金申請で翌営業日の午後に、正午を過ぎた場合は翌々営業日の午後に出金される。

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)の評判は?──ニュース会社3社による情報提供に定評

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)は、世界最大級の情報プロバイダー企業である「トムソン・ロイター社」を筆頭に「フィスコ社」「DZHファイナンシャルリサーチ」の3社によるニュースをマーケット情報として提供している。売り買い情報などのオリジナルコンテンツも豊富だ。

この充実した情報提供力が特に「オリコン顧客満足度調査」や「みんかぶFX FX総合口座ランキング」では高評価につながっており、FX会社の各種比較ランキングで同社は概ね高い地位を占めている。

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)のクチコミ(口コミ)・評判は?

取り扱い通貨ペアが多く1000通貨単位から取引できる

外為どっとコムは、他のFX業者よりも取り扱い通貨ペアが多いので利用しています。LIONFX(ヒロセ通商)の50種類には負けるのですが、それでも30種類もあり、米ドル対日本円やユーロ対日本円の動きが悪い時は、他の通貨ペアで取引できるのはとても良いです。最低取引単位も1000通貨なので、少額で投資することができますし、外為どっとコムなら1000通貨で取引しても手数料が無料なのもとても良いと感じています。

★★★★★5点
(30代・男性)

15年以上使っているがさらに使いやすくなってきている

15年以上利用していますが、取り扱い通貨が増えてさらに使いやすくなっています。特に新興国通貨のペアが充実しているのが一番の強みであり、高金利のメリットを生かしてスワップポイントが受け取れる点にも魅力を感じています。そしてパソコンやスマホに加えてタブレットにも対応したツールがあり、自宅でも外出先でも良いタイミングで取引が行えます。またスピード配信されるニュースがあり、世界の中央銀行の動向や経済指標を参考にして有利な条件で取引できます。一方で相場が大きく変動するときには新興国通貨のスプレッドが拡大するために、思ったように利益を確保できない点に不満を持っています。

★★★★4点
(50代・男性)

スイングトレード向き?約定力は今ひとつ

サブ口座として開設しましたが、たまに使う程度です。スプレッドは他の証券会社と比較しても大きく変わりません。チャートのレート速度も速くて見やすいです。スワップに関しては他社と比較しても良いと思うので、ポジションを持ち越す方やスイングトレードに向いているかもしれません。
ただし、約定力は他社機比較するとあまり良くないと思います。成り行きで注文をだすとよく滑ってしまい、狙ったレートでの決済ができていない印象です。

★★★★★3点
(30代・男性)

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)のキャンペーンは?

新規開設で最大10.3万円分キャッシュバック

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)は2021年2月1日から「口座開設キャッシュバックキャンペーン」を行っている。キャッシュバックの内容は大きく2段階だ。

  •  口座開設後に初心者向けコンテンツを受講してアンケートに回答すると3,000円
  •  口座開設月から翌々月までの取引で最大10万円
条件キャッシュバック金額累計
1 口座開設
2 エントリー
3 スマホアプリで1回以上のログイン1,000円1,000円
4 合計10万円以上の入金1,000円2,000円
5 マネ育スクール受給、理解度テストの合格、アンケートへの回答1,000円3,000円
6 口座開設月の翌々月までに 20万通貨以上の取引(A〜Eのいずれか)
(A) 20万通貨以上の取引1,000円4,000円
(B) 100万通貨以上の取引3,000円6,000円
(C) 500万通貨以上の取引1万円1.3万円
(D)1,000万通貨以上の取引100万通貨ごとに 1,000円1.3~10.2万円
(E)1億通貨以上の取引10万円10.3万円

初心者から上級者まで幅広く利用されている外為どっとコム(外貨ネクストネオ)

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)は、初心者から上級者まで幅広いユーザーのいるFX取引サービスである。業界トップクラスの情報力が最大の魅力で、初心者でもスムーズに取引できるコンテンツが満載。

1,000単位から取引できるため、少額で小さく取引をスタートできる。ただし、スマホで取引したい人にとっては、スマホアプリの機能性が低く、使いづらいので注意したい。外為どっとコム(外貨ネクストネオ)に興味をもった人は口座開設を検討してみてはいかがだろうか。

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)は業界トップクラスの情報力と、24時間対応のサポート体制が充実しているメリットがある。特にサポート体制の充実は初心者にはメリットが大きい。オペレーターはFXのプロであるため、FX取引のトラブルの解決だけでなく、FXに関する質問や、確定申告のやり方まで質問できる体制が整っているので初心者も安心して取引ができるだろう。

【注目】有力FX会社の早見表(スタイル&ニーズ別)

短期で取引したい(デイトレ&スキャルピング)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか約定スピードドル円 スプレッド通貨ペア数最小取引単位シストレ対応
JFXスキャルピング公認。高速取引専用ツールが魅力数秒単位のスキャルピングに対応。
MT4に対応
4社で唯一数秒単位のスキャルピング「秒スキャ」に言及
超短期トレーダーはJFX推奨
最速:0.001秒 平均:0.005秒 (2020年7月実績)0.2銭2610,000通貨×
LION FX(ヒロセ通商)スキャルピング公認。取扱通貨ペアは業界最多水準大口ならキャッシュバックキャンペーン手厚い
通貨ペア数が多く、スキャルピングの選択肢が広い
数十万円キャッシュバックの取引キャンペーンが定番
大口トレーダーに推奨
最速:0.001秒 平均:0.003~0.005秒 (2020年7月実績)0.2銭501,000通貨×
セントラル短資FXスキャルピング向けに「1クリック注文」用意4社で最もドル円スプレッド安いドル円メインのトレーダーに向く0.1銭251,000通貨
OANDA スキャルピング公認。95%以上の注文が0.001秒で処理口座開設者に世界7拠点からマーケット情報提供口座開設者は「OANDAラボ」から情報提供受けられる
情報も重視したい方はOANDA
新規注文の99%が0.001秒で処理 (2021年5月3週実績)0.3~0.4銭4010,000通貨
※OANDAは「東京サーバー」コース(その他コースでは1通貨単位、69通貨ペアも)

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

②スプレッド重視(とにかく取引コストを低く)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか米ドル円ユーロ円ポンド円豪ドル円NZドル円
ネオモバFXドル円スプレッドが最低0銭「Tポイント」で取引可能TポイントでFXと株式の取引可能
ポイントで疑似体験したい方に向く
0~0.3銭0.4~0.6銭0.9~1.1銭0.6~1.1銭1.2~2.5銭
ゴールデンウェイ・ジャパン大口取引も低スプレッド 1万通貨超なら3社で最も低い(ドル円)1万通貨超なら3社で最低
取引金額が大きい方に推奨される
0.1銭0.3銭0.6銭0.4銭1.0銭
SBI FXトレード1,000通貨以下なら低スプレッドで原則固定3社で最も通貨ペアが多い3社で最も通貨ペアが多いが、1,000通貨超のスプレッドは変動制
少額トレーダーに向く
0~0.1銭0.3銭0.69銭0.4銭0.9銭

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

③中長期で取引したい(スワップ=金利収入重視)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか米ドル円ポンド円ランド円メキシコ円トルコ円最小取引単位通貨ペア数スプレッド(米ドル/円)シストレ対応
みんなのFX高水準スワップが魅力「オプション」取引も可能(LIGHT FXはFXのみ)「オプション」のほか「自動売買」に対応(LIGHT FXはFXのみ)
FX以外の選択肢も持ちたい方に推奨
32円259円50.7円35.7円292円1,000通貨270.2銭
LIGHT FX新興国通貨スワップに強み新興国通貨スワップが「みんなのFX」より高い傾向新興国通貨スワップが「みんなのFX」より高い傾向
高金利通貨のスワップを獲得したい方に向く
31円259円63.7円49.7円292円1,000通貨270.2銭×
表中のスワップポイント(米ドル円~トルコリラ円)は「2021年5月24~28日の累計 1万通貨の買い」の数値

※トルコリラ/円に特化した図表は、下記の記事内を参照されたい。

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

④少額取引(数円~数千円で始めたい初心者&取引金額を細かく調整したい方)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか
SBI FXトレード全34通貨ペアで1通貨単位取引OK唯一マイナー通貨の少額取引可能「ブラジルレアル」などのマイナー通貨も取り扱う
さまざまな通貨で少額FXを行いたい方に推奨される
ネオモバFX最低取引単位1通貨スプレッド0はネオモバだけ(ドル円、1,000通貨以下)1,000通貨以下のドル円スプレッド0
少額かつドル円トレーダーに推奨
LINE FX1,000通貨単位取引。いつもの「LINE」で取引可能3社で唯一米国株取引可能「国内株」「米国株」「投資信託」を取り扱い、いずれも少額取引可能。3社で最も選択肢が多い
FX以外の少額取引を行いたいならLINE FX

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑤自動売買(時間が無い方向け。プログラムによる取引)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか種類
アイネットFXリピート系「ループイフダン」平均利益率127%(2020年度)デモ口座あり。ループイフダンのオンラインセミナーもループイフダンはデモ口座対応。自動運用を仮想の資金で試せる
使用感を事前に試したい方に推奨
リピート系
FXブロードネット自動売買ツール「トラッキングトレード」。利益実績84.8%(2014年10月15日~2021年3月31日)9つの取引コースを用意。複数コースの保有OKルールが異なる取引コース9種。複数のコースを持てるため取引の目的ごとに使い分けられる
取引管理を重視したい方に向く
リピート系
インヴァスト証券プログラムをリストから選ぶ選択型システムトレード「トライオートFX」ETF(上場投信)の自動売買も可能売買プログラムを選ぶほか、自分で設定もできる。またETF(上場投信)も同じツールで自動売買できる
より発展的な自動売買を行いたい方にはインヴァスト証券が推奨される
選択型
アヴァトレード「MT4(世界的な取引ツール)」対応の本格システムトレード4社で唯一MT4対応。独自売買プログラムも提供4社でMT4に対応しているのは同社だけ。「AMMA」または「DUPLI TRADE」に申し込むと独自の売買プログラムを利用できる。
MT4で本格的な自動売買を行いたい方に向く
選択型

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑥サポート重視(初心者&夜間取引が多い人向け)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くかその他の問い合わせ窓口
外為どっとコム24時間電話受付。為替のプロが対応税金やマーケット情勢についても回答オペレーターは為替のプロ。オンラインFXセミナーも頻繁に行われる
初心者のエントリー口座として特に推奨
メール
外為ジャパン電話&LINEで24時間対応。LINEも24時間対応高機能FXツール「プレミアチャート」を無料提供。値動きを詳細に分析できる
本格的な取引も行いたい方に向く
メール、LINE
DMM FXコールセンターは24時間受付。メールやLINE、AIチャットも3社で唯一株式取引可能(株式も24時間サポート対応)「株式」「CFD」を取り扱い、いずれも24時間サポートの対象。独自の競走馬ファンドサービス「BANUSY」はユニーク。
サポートのほか選択肢も重視したいならDMM FXが推奨される
メール、LINE、AIチャット

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑦取引ツール重視(MT4など)

 ポイント最小取引単位通貨ペア数ドル円 スプレッドシストレ対応
FXTFFXTF情報局ではFXに関する情報を提供、コストが低い10,000通貨300.1銭×
JFXスキャルピング可能で短期売買がしやすい10,000通貨260.2銭×
アヴァトレードシストレ可能であり、MT4の次世代ツールMT5にも対応1,000通貨501.1銭
OANDA 対応通貨ペアの種類が多い1通貨690.3銭~0.8銭×

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑧デモ口座のあるFX会社

 最小取引単位通貨ペア数ドル円 スプレッドシストレ対応
DMM FX10,000通貨210.2銭×
アイネットFX10,000通貨240.7銭~1.8銭
FXTF10,000通貨300.1銭×
JFX1,000通貨260.2銭×
LION FX1,000通貨500.2銭×
FXブロードネット1,000通貨240.2銭
アヴァトレード1,000通貨551.1銭
セントラル短資FX1,000通貨250.1銭
OANDA1通貨690.3銭~0.8銭×
外為どっとコム10,000通貨300.2銭×
みんなのFX1,000通貨270.2銭
2021年6月1日現在

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑨「提供情報の多さ」重視(知識をつけたい・戦略を練りたい)

FX会社概要
LIGHT FX金融情報サービス「FXi24」を通じて為替ニュースを閲覧できるほか、重要度がひと目で分かる経済指標カレンダーも公表
インヴァスト証券自動売買ができるトライオートFXでは、自動売買に関する知識が丁寧に紹介されており、初心者でも無理なく自動売買に挑戦できるようになっている
LINE FX何よりの強みと言えるのが、LINEで為替や相場に関するニュースを受け取ることができることだ。経済指標の発表に合わせて通知がすぐに送られてくるため、チャンスやピンチに素早く反応することができる

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

FX会社名 ポイント
DMM FX 口座開設数は国内最大級
SBI FXトレード 最小1通貨から取引可能、積立FXも対応
LIGHT FX スワップポイントに定評、実践的な情報コンテンツ
外為ジャパン 1,000通貨単位、クイック入金や24時間サポート体制
楽天FX 楽天ポイント・グループのシナジーで若者が流入
マネックス証券 リスク管理しやすい仕様、外貨出金が可能
LINE FX シンプル設計や通知機能がライトユーザーに便利
ゴールデンウェイジャパン スプレッド業界最狭水準、MT4利用可
FXブロードネット 豊富な取引コースや自動売買が好評
LION FX(ヒロセ通商) 最高水準の取扱通貨ペア数、多様なキャンペーン
ネオモバFX Tポイント利用可、少額からの投資にも強み
トライオートFX 自分で自由度高く作成可能な「設定型」の自動売買
JFX 約定力に定評、スキャルピングも
セントラル短資FX 値動きを予測する「みらいチャート」が好評
OANDA Japan 豊富なテクニカル指標・描画オブジェクト標準装備
アヴァトレード・ジャパン 日本初MT5に対応
アイネットFX 裁量取引も、自動売買取引も可能
更新日:2021/01/25

動画でもFXを勉強(松井証券によるFX動画の例)

たとえば「MATSUI FX」(通貨ペアの追加や主要ネット証券初の1通貨単位取引導入など、2021年2月にサービス内容がリニューアルされた)を運営する松井証券は以下のように動画でFXについて解説するシリーズを用意している。

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする