FXの取引・注文手法:スキャル・デイ・スイング、プログラムの売買も

(公開日:

FXの取引手法──投資期間別(スキャル・デイ・スイング)

FX取引の手法はさまざまだが、投資期間別に「スキャルピング」「デイトレード」「スウィング」の3つに大きく分かれる。それぞれに厳密な定義はないが、大まかに解説しよう。

FX取引手法① スキャルピング

「スキャルピング」は最も短期的な取引を行うスタイルだ。数秒から数分でポジションを決済する。少額の利益を日に何度も稼ぐことが主な戦略だ。小さな値幅で取引するので、比較的高いレバレッジを効かせやすいスタイルでもあるだろう。

スキャルピングは1回あたりの利益幅が小さい。したがってスプレッドやスリッページはほとんど許容できない。スキャルピングする場合、どのFX会社を使うかはシビアに選択すべきだろう。

FX取引手法② デイトレード

「デイトレード」は1日で取引を終了させるスタイルだ。新規ポジションを1日の内に決済させてしまう。「スキャルピング」ほどではないが、比較的短期の取引といえよう。

なお、スワップポイントは日をまたがないと反映されないため、デイトレードではスワップポイントを受け取ることができない。

FX取引手法③ スウィング

「スウィング」はポジションを数日~数週間で決済する取引スタイルだ。日をまたぐポジションを保有するためスワップポイントを受け取ることができるが、夜間など市場を見ていない間に大きな値動きが起こる可能性がある。

スキャルピングやデイトレードより取引回数は減る。1回の取引あたりの値幅も大きく取れるので、さまざまな戦略を取れるだろう。

各取引スタイルは一長一短があり、どれが優れているとは一概には言えない。スウィング以上に長いスパンで取引する方もいるだろう。取引スタイルに捉われず、シチュエーションごとに使い分けられるのが望ましい。

FXの注文方法──自動売買も

FX(外国為替)チャート分析と発注画面

FX取引ではさまざまな注文方法が用意されている。FX会社ごとに利用できる注文方法は異なるが、ここでは基本的な9つを一覧で紹介する。また自動で売買を行う「システムトレード」についても触れる。

①成行(なりゆき)注文

「成行注文」は、取引のレートを指定せずに注文を出す方法だ。注文を出したタイミングのレートで取引が成立する。

レートを指定しないので、注文は基本的に失敗することなく成立する。取引価格より注文の成立を優先させたい場合におすすめできる注文方法だ。

②指値(さしね)注文

「指値注文」は取引のレートを指定する注文方法だ。指定するレートを「指値」という。

指値注文では、指値か指値より有利なレートで取引を成立させる。例えばFXトレーダーが“米ドル=105円で買い”の指値注文を入れた場合、105円以下のレートで取引が成立する。105円でも成立するし、104.99円でも成立する。105円を超えるレートでは成立しない。

取引が成立するレートを指定できるので、稼ぎや損失をコントロールしやすいメリットがある。注文が成立しない(または注文数量の一部だけ成立する)可能性とスリッページには注意をおすすめしたい。

③ドテン注文

「ドテン注文」は、保有ポジションの決済と同時に、反対の新規注文を入れる注文方法だ。

たとえば現在買いポジションを保有している際に「今後は下落しそうだ」という読みがあるとする。ここでドテン注文を入れると、買いポジションの決済と同時に売りポジションを新たに建てられる。

それぞれ個別に注文を出してもよいが、ドテン注文のように複数の注文がセットになった注文だと手間を1つ減らせる。スキャルピングなど、取引回数が多いスタイルのFXトレーダーにおすすめの注文方法だ。

④ストリーミング注文(2WAY注文)

「ストリーミング注文」は「成行注文」と「指値注文」両方の要素を持つ注文方法だ。FX会社はすぐに取引が成立するレートをリアルタイムで掲示し続け、FXトレーダーは気に入ったレートが表示されたタイミングで注文を出す。このとき、表示されたレートを「指値注文」として出している。

注文自体は「指値注文」なので、注文数量のすべてが成立しない可能性はある。また許容スリッページ設定によっては注文が成立しない場合もある。ストリーミング注文は「成行注文」のリアルタイム性と「指値注文」の価格コントロールを兼ね備えた注文方法だ。

⑤逆指値注文

一般的な指値注文の場合は、指定するレートより不利な価格では取引を成立させない。不利な注文とは、買い注文なら指値より高いレート、売り注文なら指値より安いレートだ。これをあえて成立させるのが「逆指値注文」だ。

逆指値注文は「モメンタム取引」で活用できる。モメンタムとは「勢い」のことで、「価格は一定期間同じ方向に進む」という考えが前提になっている。たとえば「現在は105円だが、108円を超えたらさらに上昇するだろう」という読みをした場合、“108円を超えたら買い”という注文が逆指値では可能だ。

また「ストップロス(損切り)」の注文も、逆指値を入れておけば事前に設定できる。FXトレーダーが105円で買いポジションを建て「100円を下回る場合は損切りしたい」という読みがある場合、“100円で決済(売り)”の注文ができる。

⑥トレール注文

「トレール注文」は「逆指値注文」を派生させた注文方法だ。逆指値注文に「トレール幅」を設定し、現在のレートに合わせて指値を変動させる。FXトレーダーはトレンドに合わせて利益を追うことが可能だ。

たとえばFXトレーダーが現在買いポジションを持っており、「上昇トレンドが終了したら売りたい」という意図があるとする。「上昇トレンドの終了=高値からの50銭下落」とすれば、「トレール幅」を50銭と指定し、逆指値で売りを入れる。50銭以上下落することなくレートが上昇を続ければ、逆指値も自動的に引き上がる。トレンドの終了を確認しなくても高値近辺での決済が可能だ。

⑦OCO(オーシーオー)注文

「OCO注文」は「One Cancels the Other」の略で、内容の異なる2つの注文を同時に出し、片方が成立したら残りを自動的にキャンセルする注文方法だ。

「OCO注文」ならFXトレーダーは保有ポジションの「利益確定」と「損切り」の決済を同時に出せる。例えば105円の買いポジションを保有している場合、“110円で利益確定の売り(指値注文)”と“100円で損切りの売り(逆指値注文)”と出しておき、片方が成立すれば残りは自動的にキャンセルされる。

⑧IFD(イフダン)注文

「IFD注文」は「If Done」の略で、新規注文とそのポジションの決済の注文を同時に出しておく注文だ。新規注文が成立して初めて決済分の注文が出される。例えばFXトレーダーに「105円で買えたら110円で売りたい」という意図がある場合におすすめできる。

「IFD注文」なら決済分の注文を新規注文と同時に出せるので、相場を監視しておく必要がない。

⑨IFO(イフダン、オーシーオー)注文

「IFD注文」と「OCO注文」を組み合わせたのが「IFO注文」だ。新規注文が成立した後の決済注文を同時に出すまでは「IFD注文」と同じだが、その決済注文を「OCO注文」にできる。

例えばFXトレーダーに「105円で買えたら110円で利益確定したい。ただし、100円を下回るようなら損切りしたい」という意図がある場合に「IFO注文」は有効な方法としておすすめできる。

2つの自動売買 「リピート系」と「システムトレード」

FX(外国為替)の自動売買で米ドルとユーロを取引

FXトレーダーが自分の任意に取引を行う取引を「裁量取引」というが、事前に設定した条件で自動的に売買を繰り返す「自動取引」を提供しているFX会社もある。

自動取引には大きく2種類ある。これまで紹介した基本的な注文方法を繰り返す「リピート系」と、より複雑な条件で売買を繰り返す「システムトレード」だ。

システムトレードは、FXトレーダーが自分で売買条件を設定する「構築系」と、すでにいくつか用意された売買条件プログラムを選択する「選択系」に分かれる。自分で構築する場合はプログラミングの知識が求められるが、選択系なら知識がなくても簡単に始められるので、FX初心者の方向けにはまず後者がおすすめできる。

FXを始めるには――口座開設

FX(外国為替)トレーダーとFXチャート

初心者の方がFXを始めるには、まずFX会社に口座を開設する必要がある。なお、FX口座は複数のFX会社に開設しても全く問題なく、基本的に無料で行える。

FX各社によってセミナー、マーケット・レポートや海外ニュースといった情報提供、取引ツール、スプレッドや最低取引数量、お客様サポート対応、口座開設から取引スタートまでの最短時間やログインのしやすさ、キャッシュバックといったキャンペーンなど様々な差別化がなされている。

業界でどれか1つのFX会社を選ぶのではなく、複数のFX会社に口座を開設して、実際にサービスを利用してみるのが手っ取り早いだろう。資産運用や外国為替の考え方や失敗パターン、株などの金融商品との違いや元本割れ、円安や為替リスク、スワップポイントなど各種用語や経済指標、テクニカル分析や情勢の読み方など、初心者を想定した学習コンテンツや無料講座ページが理解しやすく、実際には入金せずに本番の取引環境でデモトレードを体験できるFX会社も多い。

そのようにして、FX初心者の方はFXチャートや各種画面の使い方などの勉強や実践と同時並行で、複数種類の口座をチェックしながら自分の重要視する基本方針や自分にあった魅力的なFX会社を見つけていくのが重要だ。初心者の方は講座や本も参照しながら、まず少額からトレードをスタートさせるのをおすすめする。

【注目】有力FX会社の早見表(スタイル&ニーズ別)

短期で取引したい(デイトレ&スキャルピング)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか約定スピードドル円 スプレッド通貨ペア数最小取引単位シストレ対応
JFXスキャルピング公認。高速取引専用ツールが魅力数秒単位のスキャルピングに対応。
MT4に対応
4社で唯一数秒単位のスキャルピング「秒スキャ」に言及
超短期トレーダーはJFX推奨
最速:0.001秒 平均:0.005秒 (2020年7月実績)0.2銭2610,000通貨×
LION FX(ヒロセ通商)スキャルピング公認。取扱通貨ペアは業界最多水準大口ならキャッシュバックキャンペーン手厚い
通貨ペア数が多く、スキャルピングの選択肢が広い
数十万円キャッシュバックの取引キャンペーンが定番
大口トレーダーに推奨
最速:0.001秒 平均:0.003~0.005秒 (2020年7月実績)0.2銭501,000通貨×
セントラル短資FXスキャルピング向けに「1クリック注文」用意4社で最もドル円スプレッド安いドル円メインのトレーダーに向く0.1銭251,000通貨
OANDA スキャルピング公認。95%以上の注文が0.001秒で処理口座開設者に世界7拠点からマーケット情報提供口座開設者は「OANDAラボ」から情報提供受けられる
情報も重視したい方はOANDA
新規注文の99%が0.001秒で処理 (2021年5月3週実績)0.3~0.4銭4010,000通貨
※OANDAは「東京サーバー」コース(その他コースでは1通貨単位、69通貨ペアも)

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

②スプレッド重視(とにかく取引コストを低く)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか米ドル円ユーロ円ポンド円豪ドル円NZドル円
ネオモバFXドル円スプレッドが最低0銭「Tポイント」で取引可能TポイントでFXと株式の取引可能
ポイントで疑似体験したい方に向く
0~0.3銭0.4~0.6銭0.9~1.1銭0.6~1.1銭1.2~2.5銭
ゴールデンウェイ・ジャパン大口取引も低スプレッド 1万通貨超なら3社で最も低い(ドル円)1万通貨超なら3社で最低
取引金額が大きい方に推奨される
0.1銭0.3銭0.6銭0.4銭1.0銭
SBI FXトレード1,000通貨以下なら低スプレッドで原則固定3社で最も通貨ペアが多い3社で最も通貨ペアが多いが、1,000通貨超のスプレッドは変動制
少額トレーダーに向く
0~0.1銭0.3銭0.69銭0.4銭0.9銭

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

③中長期で取引したい(スワップ=金利収入重視)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか米ドル円ポンド円ランド円メキシコ円トルコ円最小取引単位通貨ペア数スプレッド(米ドル/円)シストレ対応
みんなのFX高水準スワップが魅力「オプション」取引も可能(LIGHT FXはFXのみ)「オプション」のほか「自動売買」に対応(LIGHT FXはFXのみ)
FX以外の選択肢も持ちたい方に推奨
32円259円50.7円35.7円292円1,000通貨270.2銭
LIGHT FX新興国通貨スワップに強み新興国通貨スワップが「みんなのFX」より高い傾向新興国通貨スワップが「みんなのFX」より高い傾向
高金利通貨のスワップを獲得したい方に向く
31円259円63.7円49.7円292円1,000通貨270.2銭×
表中のスワップポイント(米ドル円~トルコリラ円)は「2021年5月24~28日の累計 1万通貨の買い」の数値

※トルコリラ/円に特化した図表は、下記の記事内を参照されたい。

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

④少額取引(数円~数千円で始めたい初心者&取引金額を細かく調整したい方)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか
SBI FXトレード全34通貨ペアで1通貨単位取引OK唯一マイナー通貨の少額取引可能「ブラジルレアル」などのマイナー通貨も取り扱う
さまざまな通貨で少額FXを行いたい方に推奨される
ネオモバFX最低取引単位1通貨スプレッド0はネオモバだけ(ドル円、1,000通貨以下)1,000通貨以下のドル円スプレッド0
少額かつドル円トレーダーに推奨
LINE FX1,000通貨単位取引。いつもの「LINE」で取引可能3社で唯一米国株取引可能「国内株」「米国株」「投資信託」を取り扱い、いずれも少額取引可能。3社で最も選択肢が多い
FX以外の少額取引を行いたいならLINE FX

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑤自動売買(時間が無い方向け。プログラムによる取引)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか種類
アイネットFXリピート系「ループイフダン」平均利益率127%(2020年度)デモ口座あり。ループイフダンのオンラインセミナーもループイフダンはデモ口座対応。自動運用を仮想の資金で試せる
使用感を事前に試したい方に推奨
リピート系
FXブロードネット自動売買ツール「トラッキングトレード」。利益実績84.8%(2014年10月15日~2021年3月31日)9つの取引コースを用意。複数コースの保有OKルールが異なる取引コース9種。複数のコースを持てるため取引の目的ごとに使い分けられる
取引管理を重視したい方に向く
リピート系
インヴァスト証券プログラムをリストから選ぶ選択型システムトレード「トライオートFX」ETF(上場投信)の自動売買も可能売買プログラムを選ぶほか、自分で設定もできる。またETF(上場投信)も同じツールで自動売買できる
より発展的な自動売買を行いたい方にはインヴァスト証券が推奨される
選択型
アヴァトレード「MT4(世界的な取引ツール)」対応の本格システムトレード4社で唯一MT4対応。独自売買プログラムも提供4社でMT4に対応しているのは同社だけ。「AMMA」または「DUPLI TRADE」に申し込むと独自の売買プログラムを利用できる。
MT4で本格的な自動売買を行いたい方に向く
選択型

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑥サポート重視(初心者&夜間取引が多い人向け)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くかその他の問い合わせ窓口
外為どっとコム24時間電話受付。為替のプロが対応税金やマーケット情勢についても回答オペレーターは為替のプロ。オンラインFXセミナーも頻繁に行われる
初心者のエントリー口座として特に推奨
メール
外為ジャパン電話&LINEで24時間対応。LINEも24時間対応高機能FXツール「プレミアチャート」を無料提供。値動きを詳細に分析できる
本格的な取引も行いたい方に向く
メール、LINE
DMM FXコールセンターは24時間受付。メールやLINE、AIチャットも3社で唯一株式取引可能(株式も24時間サポート対応)「株式」「CFD」を取り扱い、いずれも24時間サポートの対象。独自の競走馬ファンドサービス「BANUSY」はユニーク。
サポートのほか選択肢も重視したいならDMM FXが推奨される
メール、LINE、AIチャット

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑦取引ツール重視(MT4など)

 ポイント最小取引単位通貨ペア数ドル円 スプレッドシストレ対応
FXTFFXTF情報局ではFXに関する情報を提供、コストが低い10,000通貨300.1銭×
JFXスキャルピング可能で短期売買がしやすい10,000通貨260.2銭×
アヴァトレードシストレ可能であり、MT4の次世代ツールMT5にも対応1,000通貨501.1銭
OANDA 対応通貨ペアの種類が多い1通貨690.3銭~0.8銭×

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑧デモ口座のあるFX会社

 最小取引単位通貨ペア数ドル円 スプレッドシストレ対応
DMM FX10,000通貨210.2銭×
アイネットFX10,000通貨240.7銭~1.8銭
FXTF10,000通貨300.1銭×
JFX1,000通貨260.2銭×
LION FX1,000通貨500.2銭×
FXブロードネット1,000通貨240.2銭
アヴァトレード1,000通貨551.1銭
セントラル短資FX1,000通貨250.1銭
OANDA1通貨690.3銭~0.8銭×
外為どっとコム10,000通貨300.2銭×
みんなのFX1,000通貨270.2銭
2021年6月1日現在

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑨「提供情報の多さ」重視(知識をつけたい・戦略を練りたい)

FX会社概要
LIGHT FX金融情報サービス「FXi24」を通じて為替ニュースを閲覧できるほか、重要度がひと目で分かる経済指標カレンダーも公表
インヴァスト証券自動売買ができるトライオートFXでは、自動売買に関する知識が丁寧に紹介されており、初心者でも無理なく自動売買に挑戦できるようになっている
LINE FX何よりの強みと言えるのが、LINEで為替や相場に関するニュースを受け取ることができることだ。経済指標の発表に合わせて通知がすぐに送られてくるため、チャンスやピンチに素早く反応することができる

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

FX会社名 ポイント
DMM FX 口座開設数は国内最大級
SBI FXトレード 最小1通貨から取引可能、積立FXも対応
LIGHT FX スワップポイントに定評、実践的な情報コンテンツ
外為ジャパン 1,000通貨単位、クイック入金や24時間サポート体制
楽天FX 楽天ポイント・グループのシナジーで若者が流入
マネックス証券 リスク管理しやすい仕様、外貨出金が可能
LINE FX シンプル設計や通知機能がライトユーザーに便利
ゴールデンウェイジャパン スプレッド業界最狭水準、MT4利用可
FXブロードネット 豊富な取引コースや自動売買が好評
LION FX(ヒロセ通商) 最高水準の取扱通貨ペア数、多様なキャンペーン
ネオモバFX Tポイント利用可、少額からの投資にも強み
トライオートFX 自分で自由度高く作成可能な「設定型」の自動売買
JFX 約定力に定評、スキャルピングも
セントラル短資FX 値動きを予測する「みらいチャート」が好評
OANDA Japan 豊富なテクニカル指標・描画オブジェクト標準装備
アヴァトレード・ジャパン 日本初MT5に対応
アイネットFX 裁量取引も、自動売買取引も可能
更新日:2021/01/25

人気のFX会社ピックアップ

SBI FXトレード

「SBI FXトレード」は2011年設立、取り扱い通貨ペアは34種あり、うち33種の通貨ペアで1通貨単位の取引が可能だ。最大1,000万通貨の取引ができ、少額から大口まで幅広い取引に対応している。取引コストは業界内で最低水準だ。「米ドル/円」の取引コストは0.09銭(1,000通貨以下の取引)で、比較的低いコストで取引ができる。

「取引高」「口座数」「預かり残高」の市場シェアはトップクラス。

通貨ペア数 34(対円は19)
スプレッド(1000通貨まで) 米ドル/円(0.28~0.30銭)/ユーロ/円(0.5銭)/豪ドル/円(0.4銭)
ツール・アプリ
  • 【PC版】Rich Client NEXT
  • 【スマホアプリ】SBI FX TRADE(新・旧あり)
みんなのFX(トレイダーズ証券)

みんなのFXは「トレイダーズ証券」が提供するFXサービスだ。27通貨ペアを小口の1,000通貨から取引でき、取引コストは高シェアを獲得しているFX会社と同水準に低い。また、自動売買ツール「みんなのシストレ」を提供している。

通貨ペア数 27(対円は16)
スプレッド 米ドル/円(0.2銭)/ユーロ/円(0.4銭)/豪ドル/円(0.6銭)
ツール・アプリ
  • 【PC版】FXトレーダー
  • 【スマホアプリ】FX トレーダー アプリ版
LIGHT FX(トレイダーズ証券)

「LIGHT FX」は、「みんなのFX」を手掛ける「トレイダーズ証券」が2018年から提供するFXサービスだ。スワップポイントに定評があり、業界最低水準の取引コストも評価が高い。2020年中に口座を開設すると最大5万円のキャッシュバックを受け取れるキャンペーンを行っている。

通貨ペア数 27(対円は16)
スプレッド 米ドル/円(0.2銭)/ユーロ/円(0.4銭)/豪ドル/円(0.6銭)
ツール・アプリ
  • 【PC版】アドバンスドトレーダー、シンプルトレーダー
  • 【スマホアプリ】LIGHT FXアプリ
マネックスFX

マネックスFXはネット証券「マネックス証券」が手がけるFX専用口座だ。レバレッジの上限を5つのコースから選択でき、リスク管理しやすい仕様になっている。取引通貨は少ないが、対円通貨ペアは比較的多い。1万通貨以下の取引コストは他社と比較しても低水準で、初心者が取引しやすい環境を提供している。

通貨ペア数 16(対円は13)
スプレッド(1万通貨以下) 米ドル/円(0.2銭)/ユーロ/円(0.4銭)/豪ドル/円(0.5銭)
ツール・アプリ
  • 【PC版】MonexFX ブラウザツール、MonexFX SPEED Lite、MonexFX SPEED
  • 【スマホアプリ】Menex SPEED スマートフォン
GMOクリック証券(FXネオ)

GMOクリック証券は2005年に創業した、GMOインターネット株式会社のグループ企業だ。インターネット専業証券会社として、FX取引サービス「FXネオ」を提供している。「取引高」「口座数」「預かり残高」の市場シェアはトップクラス。

通貨ペア数 20(対円は10)
スプレッド 米ドル/円(0.2銭)/ユーロ/円(0.5銭)/豪ドル/円(0.7銭)
ツール・アプリ
  • 【PC版】はっちゅう君FXプラス
  • 【スマホアプリ】GMOクリックFX
  • 【ブラウザ版】ブラウザ取引画面、FXツールバー(要インストール
セントラル短資FX

セントラル短資FXは創業100年超の「セントラル短資グループ」が展開するFX会社だ。25通貨ペアの裁量トレードができる「FXダイレクトプラス」のほか、22通貨ペアで自動売買ができる「セントラルミラートレード」口座が用意されている。

取引コストは市場シェアの高いFX各社と同水準であり、比較的低コストで取引できる。また新規口座開設で最大50万円キャッシュバックのキャンペーンを行っている。

通貨ペア数 25(対円は11)
スプレッド 米ドル/円(0.2銭)/ユーロ/円(0.4銭)/豪ドル/円(0.5銭)
ツール・アプリ
  • 【PC版】PC web取引システム、プログレッシブチャート、クイックチャート・トレードプラス
  • 【スマホアプリ】スマホアプリ(FXダイレクトプラス)、クイックトレードプラスfor iPad(タブレット)

動画でもFXを勉強(松井証券によるFX動画の例)

たとえば「MATSUI FX」(通貨ペアの追加や主要ネット証券初の1通貨単位取引導入など、2021年2月にサービス内容がリニューアルされた)を運営する松井証券は以下のように動画でFXについて解説するシリーズを用意している。

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする