インヴァスト証券(トライオートFX)の評判|スプレッドやスワップポイントも徹底解説

(公開日:

【結論】インヴァスト証券(トライオートFX)はどのような人におすすめなのか

トライオートFXのスプレッドは業界最狭水準であることから、取引コストを抑えて運用することが可能であり、最小取引単位も1,000通貨と低いため少額資金での取引ができる。

また、自動売買プログラムでは、成績優秀な売買ルールをランキングから選択できる「セレクト機能」、そして自分の好みでプログラミングできる「ビルダー機能」が利用できるため、中上級者はもちろん相場知識に自信のない初心者にもおすすめのFX会社といえるだろう。

ただし、トライオートFXは日本時間早朝の時間帯にメンテナンスを実施しているため、その時間は取引ができないことに注意が必要だ。自動売買プログラムも、手数料が発生することを覚えておこう。

インヴァスト証券(トライオートFX)を実際に利用している人の評判・口コミ

FX会社を選ぶ上では、実際に利用しているトレーダーの評判や口コミを参考にするのがおすすめだ。ここからではトライオートFXの良い評判と悪い評判を見ていこう。

良い評判・口コミ

まずは、トライオートFXの良い評判について見ていこう。

取引ツール・スマホアプリが使いやすい

画面が見やすくわかりやすく、使い方もネット検索でいろいろ出てくるのであまり困ることがありません。

★★★☆☆3.9点
(40代・女性)

アプリの使い方がわかりやすく、簡易的な内容もきちんと説明へ飛べるようになっていていいと思いました。

★★★★☆4.0点
(20代・男性)

トライオートFXのブラウザ版取引ツール「トライオートFX」は、口座残高の状況や保有している通貨ペアなどの情報がホーム画面に集約されていてコンパクトな設計だ。

また、トレード画面でも発注パネルやチャート、複数通貨ペアのレートが一目で確認できるようになっており、トレーダーから見やすくてわかりやすいと評判になっている。

テクニカルチャート(※1)も表示させやすく、高精度な分析が可能でありながら、自動売買プログラム(※2)にも簡単に移行できる点も、初心者にとって利便性が高いといえるだろう。

また、iPhoneとアンドロイドに対応したスマホツールも、表示が大きくわかりやすい仕様であることに加えてPCと同じく自動売買設定もできることから、出先でも効率的な取引が可能である。

※1:テクニカルチャートとは、チャートにセットして将来的な値動きを予測する分析ツールである。ボリンジャーバンドやフィボナッチなどが代表的だ。
※2:自動売買プログラムとは、プログラミングされた売買ルールの通りに自動で取引できるシステムである。

主要通貨ペアのスプレッドが狭いのはとても良かったです。

スプレッドが狭くて、レンジ相場にも強いところが魅力です。将来性を考えた投資がしやすいところもいいです。

★★★☆☆3.7点
(30代・男性)

トライオートFXの主要通貨ペアは、業界最狭水準のスプレッドとなっており、トレーダーから良い評判としてあがっている。

スプレッドとは、FX会社が設定している買値と売値の価格差のことで、取引における実質的な手数料である。

たとえば、スプレッドが0.3円の米ドル/日本円を100円で売ると、0.3円分の損失がある状態からスタートすることになり、99.7円に下落しなければ利益に転換しない。

そのため、トレーダーにとってはスプレッド幅が狭いほど有利であることから、トライオートFXはコストを抑えて取引できるFX会社といえるだろう。

自動売買システムが使いやすくて優秀

自動売買機能がとても優れていて、簡単に使える。機能が分かりやすく取引までスムーズに進めた点が良かったです。

★★★☆☆3.6点
(30代・男性)

自動売買システムにビルダー機能があるので、自分好みのプログラムをカスタムでき、様々な売買パターンの検証ができる。

★★★★☆3.8点
(40代・男性)

トライオートFXの自動売買プログラムには2種類の機能が備わっており、そのうちの1つである「セレクト機能」は、利益を上げている売買ルールをランキングの中から選ぶことができる機能だ。

そのため、相場の分析や取引ツールの操作に自信のない初心者でも簡単に資産を運用できる、非常に利便性の高いサービスといえるだろう。

また、もう一つの「ビルダー機能」は、次の項目を設定するだけで自分好みの売買ルールを作ることができる。

  • 取引通貨ペアの選択
  • 買い、売りの選択
  • 取引数量
  • 注文する価格
  • 利益の幅など

そして、シミュレーションを利用すれば簡単に売買ルールの成績が確認できるだけでなく、スマホツールでシーンを選ばずに作成できるのも大きな魅力だ。

悪い評判・口コミ

次に、悪い評判についても把握しておこう。

メンテナンスが多い

強いて言えば他のFX会社よりもメンテナンスが多いがします。

★★★☆☆3.6点
(40代・女性)

トライオートFXのメンテナンス時間は次の通りであり、その間はチャートが更新されず、取引もできない。

【米国冬時間(11月第1日曜日~)】

  • 火曜~金曜日:午前6時40分~午前7時10分、土曜日:午前6時~午前7時10分~)

【米国夏時間(3月第2日曜日)】

  • 火曜~金曜日:午前5時40分~午前6時10分、土曜日:午前5時~午前6時10分

メンテナンス中でも米ドル/日本円などの相場は通常通り稼働している。

そのため、直前のタイミングで入れた注文に対して、万が一反対方向に急激な価格変動が生じた場合は、そのままロスカット※3になってしまう可能性がある点は注意しよう。

※3:ロスカットとは、口座残高に対してある一定の損失が発生した場合に、FX会社によって強制的に決済されるシステムである。

自動売買は手数料がかかる

自動売買システムを使用すると、取引手数料がかかってしまう点

★★★☆☆3.7点
(30代・男性)

自動売買プログラムの手数料は思ったよりも高いと感じました。

★★★☆☆3.5点
(20代・男性)

トライオートFXの自動売買プログラムは、取引量に応じて次のような手数料が設定されており、トレーダーからの悪い評判に繋がっている。

取引数量 1,000通貨あたり
1万通貨未満 40円
1万通貨以上10万通貨未満 20円
10万通貨以上50万通貨未満 10円
50万通貨以上 無料

たとえば、5,000通貨で取引がおこなわれた場合、1回あたり200円が徴収されることになり、10回になれば1,000円まで膨らんでしまうことから、トレーダーにとっては決して小さくない負担といえる。

ちなみに、無料となる50万通貨を取引するには、どの程度の資金が必要となるのかも触れておきたい。

【レバレッジ25倍 米ドル/日本円110円と仮定】

110円×50万通貨=5,500万円

5,500万円÷25(FX会社のレバレッジ)=220万円

以上の計算から、50万通貨を取引するには最低でも220万円もの資金が必要となるため、初心者にとっては難易度が高いといえるだろう。

したがって、トライオートFXの自動売買プログラムを利用する際は、ある程度手数料が割安となる1万通貨以上からチャレンジすることをおすすめする。

デモ口座がない

デモ口座がないので、いきなり本番で取引する必要がある。

★★★☆☆3.6点
(40代・男性)

FX会社の中には、仮想の資金を用いて取引ができるデモ口座を提供している場合があり、実際に資金を利用するわけではないため初心者の練習には便利なサービスだ。

しかし、トライオートFXにはデモ口座がないため、最初から現金を投入して取引を始めるほかにない点が悪い評判として挙げられている。

ただし、トライオートFXの最小取引単位は1,000通貨に設定されており、次の計算から最低限必要な資金は4,400円と少額であることがわかる。

【米ドル/日本円110円 レバレッジ25倍の場合】

110円×1,000通貨=11万円

11万円÷25(レバレッジ)=4,400円

したがって、まずお試しでチャレンジしたい場合は1万円~2万円ほど入金して、1,000通貨から始めてみるとよいだろう。

インヴァスト証券(トライオートFX)のメリット・デメリットまとめ

FX会社のメリットとデメリットを把握しておくことは、効率的な運用に欠かせない。ここからは、トライオートFXのメリット・デメリットについてまとめて見ていこう。

メリット

  • 自動売買が利用できる
  • 業界最狭水準のスプレッド
  • 少額で取引できる

トライオートFXの自動売買は初心者でも簡単に運用可能であり、自分好みの売買ルールが作りだせるのが大きなメリットといえるだろう。

また、米ドル/日本円0.3円、英ポンド/日本円1.0銭と、業界内でも大変狭い水準のスプレッドに設定されていることから、コストを抑えて取引できる利便性も備えている。

通貨ペアによっては、不定期で取引量に応じた現金キャッシュバックキャンペーンを開催しているため、実質的な取引コストは更に安くなる場合がある。

最小取引単位が1,000通貨に設定されていることから、1万円程度の少額投資をしたい人にとっても魅力的なFX会社である。

デメリット

  • メンテナンスの頻度が多い
  • 自動売買には手数料が発生する
  • スプレッドが拡大することがある

FX会社によっては平日のメンテナンスを実施していないところもあるため、トライオートFXのメンテナンスの多さは、トレーダーにとってデメリットといえるだろう。

また、チャートをチェックする時間が確保できない場合に便利な自動売買も、取引量に応じて手数料が発生することには注意してほしい。

トライオートFXは業界最狭水準のスプレッドを提供しているが、それはあくまでも通常の相場における数値であり、タイミングによっては次のように拡大する可能性がある。

通貨ペア 通常時 拡大時
米ドル/日本円 0.3銭 15.0銭
ユーロ/日本円 0.5銭 20.0銭
英ポンド/日本円 1.0銭 30.0銭
豪ドル/日本円 0.6銭 20.0銭

2021年9月13日時点

スプレッドは通貨ペアの流動性に大きく影響する。

たとえば参加しているトレーダーが減少する日本時間早朝の時間帯、あるいは急激な価格変動に備えて取引を控えることの多い経済指標発表前後は、拡大しやすくなるのが一般的である。

デメリットを補うには

トライオートFXには3つのデメリットが存在するが、FX会社の中にはそれらを補えるサービスを提供しているところもある。

自動売買の手数料、メンテナンス時間に注目して厳選した2社である「GMOクリック証券」「みんなのFX」を紹介しよう。

FX会社 メンテナンス時間 自動売買手数料
GMOクリック証券 土曜8:00~9:00 取扱いなし
みんなのFX 【米国冬時間】
月曜日 AM6:00~AM6:25
火曜~日曜日 AM6:50~AM7:10
【米国夏時間】
月曜日 AM6:00~AM6:25
火曜~日曜日 AM5:50~AM6:10
無料

GMOクリック証券は取引自体がおこなわれていない土曜日にしかメンテナンスを実施していないため、トライオートFXのデメリットをカバーできるだろう。

また、みんなのFXが提供している「みんなのシストレ」は、通貨量に応じた手数料などを徴収していないことから、コストを抑えたい人はぜひ検討してみてほしい。

一方、スプレッドの拡大に関してはほとんどのFX会社に共通するデメリットでもあるため、流動性の低下する時間帯は取引を控えるなどの対策を講じるのがおすすめだ。

インヴァスト証券(トライオートFX)の詳細まとめ

出典:トライオートFX

ここからは、トライオートFXの詳細を項目ごとに解説していくため、自分の投資目的や取引スタイルに適した条件が整っているかどうかをチェックしてほしい。

スプレッド

通貨ペア
AM9:00~翌AM5:00
スプレッド
米ドル/日本円 0.3銭
原則固定
※例外あり
ユーロ/日本円 0.5銭
原則固定
※例外あり
英ポンド/日本円 1.0銭
原則固定
※例外あり
豪ドル/日本円 0.6銭
原則固定
※例外あり
トルコリラ/日本円 1.5銭
原則固定
※例外あり

2021年9月13日時点

先ほど解説した通り、流動性が低下する日本時間の早朝などはスプレッドの幅が広がる可能性があるため、その点には注意しよう。

情報コンテンツ

トライオートFXでは、投資に役立つ情報コンテンツを提供している。

スタートガイド

スタートガイドでは、口座開設手順や取引ツールの操作マニュアル、そして利益を獲得した場合の税金に関しても学べるため、初心者におすすめのコンテンツといえるだろう。

全12通貨ペアの相場見通し

米ドル/日本円や英ポンド/日本円、南アフリカランド/日本円を始めとする12通貨ペアの年間の相場見通しを解説しており、長期的な戦略構築に役立つコンテンツとなっている。

ブログ

トライオートFX認定トレーダーによる自動売買ルール作成のレクチャー、そして実際の運用レポートなどを高頻度で配信している。

ちなみにブログの著者は業界的にも有名な専門家ばかりであるため、レベルの高い相場知識が習得できるだろう。

運用攻略

運用攻略では、スワップポイントの投資方法を初心者向けにわかりやすく解説しており、自動売買を利用する際の注意点についても学ぶことができる。

サポート対応時間

トライオートFXは、3種類の問合せ窓口を設けている。

窓口 対応時間
メール 返信まで数日かかるケースがある
電話サポート 平日9時~午後5時
リモートサポート 平日9時~午後5時

サポートスタッフが同じ画面を見ながら遠隔で操作方法を説明する「リモートサポート」は、他社ではあまり見られないサービスであるため、ぜひ活用してほしい。

トライオートFXの口座開設の流れ

「トライオートFX」で取引をするためには、まず口座の開設が必要だ。新規口座を開設するには、専用申込みフォームから必要事項を入力し、本人確認書類とマイナンバー確認書類を提出する必要がある。

口座開設の流れ

口座開設に必要な書類の提出方法には、「スマホでオンライン本人確認」と「オンライン本人確認を利用しない場合」の2通りがある。どちらの方法にも共通する新規口座開設の流れは、次の通りである。

  1. 口座開設専用申込みフォームより申込み
  2. 本人確認書類・マイナンバー確認書類をアップロード
  3. ID・パスワード受け取り
  4. ログインして取引開始

「スマホでオンライン本人確認」の場合は最短即日で取引可能となり、オンライン本人確認を利用しない場合は2〜3営業日で開設が完了する。

なお、口座開設の申込みはオンライン受付のみであり、書面郵送での申込み受付には対応していない。

スマホでオンライン本人確認

「スマホでオンライン本人確認」とは、生体認証技術を用いたオンライン完結の本人確認手続きのことだ。スマホでオンライン本人確認を利用する場合の流れは、次の通りである。

  1. 口座開設申込みフォームより申込み
  2. マイナンバー確認書類をアップロード
  3. 「オンライン本人確認専用サイト」へアクセス
  4. 本人確認書類画像および顔の動画を撮影
  5. 最短即日で口座開設審査結果のメールが届く
  6. メールでIDを受け取り取引開始

スマホのみで本人確認が完結し、最短即日で利用開始できるため、早く取引を始めたい場合におすすめの方法だ。

スマホでオンライン本人確認を利用しない場合

「スマホでオンライン本人確認」を利用しない場合は、本人確認書類をアップロードした後、審査結果がメールで送られてくるのを待つ必要がある。なお、審査は原則1〜2営業日で完了する。

その後、MyページログインIDと初期パスワードを記載した「口座開設完了のご案内」が、簡易書留・転送不要郵便にて送られてくる。受け取り次第、取引開始できるが、ここまでに2〜3営業日かかる。

トライオートFXのキャンペーン

出典:トライオートFX

現在、トライオートFXでは「新規口座開設キャンペーン」が開催中だ。キャンペーン期間中に新規口座開設と条件をそれぞれ達成することで、最大50,000円を受け取ることができる。

  • 開催期間:2021月8月2日(月)〜2021年10月29日(金)

対象となるのは、2021月8月2日(月)から2021年9月30日(木)までに新規口座開設を完了し、口座開設月の翌月末までに、次の条件を達成した場合である。

【自動売買の場合】

入金条件 取引条件(新規約定) プレゼント金額
500万円以上 50万通貨以上 30,000円
300万円以上 30万通貨以上 20,000円
100万円以上 5万通貨以上 10,000円

【マニュアル(手動)売買の場合】

取引条件(新規約定) プレゼント金額
1,000万通貨以上 20,000円
250万通貨以上 5,000円
25万通貨以上 1,000円

自動売買、マニュアル(手動)売買、どちらも新規注文による取引のみがカウント対象となる。なお、キャンペーンの応募には専用応募フォームからの申込みが必要である。

なお、キャッシュバックは口座開設月の翌々月末を予定している。

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする