JFXの評判や注意:MATRIX TRADER/マトリックストレーダー

(公開日:

JFXは、FXサービス「MATRIX TRADER」(マトリックストレーダー)を提供するFX会社だ。トレーダーの注文を成立させる約定力に定評があり、短期的な取引を繰り返し少額の利益を積み重ねるスキャルピングを公認している。

結論としては、特に短期で取引したい(デイトレード・スキャルピング)トレーダーに向くので、口座開設を検討するなら比較対象は以下が主要候補だろう。

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか約定スピードドル円 スプレッド通貨ペア数最小取引単位シストレ対応
JFXスキャルピング公認。高速取引専用ツールが魅力数秒単位のスキャルピングに対応。
MT4に対応
4社で唯一数秒単位のスキャルピング「秒スキャ」に言及
超短期トレーダーはJFX推奨
最速:0.001秒 平均:0.005秒 (2020年7月実績)0.2銭2610,000通貨×
LION FX(ヒロセ通商)スキャルピング公認。取扱通貨ペアは業界最多水準大口ならキャッシュバックキャンペーン手厚い
通貨ペア数が多く、スキャルピングの選択肢が広い
数十万円キャッシュバックの取引キャンペーンが定番
大口トレーダーに推奨
最速:0.001秒 平均:0.003~0.005秒 (2020年7月実績)0.2銭501,000通貨×
セントラル短資FXスキャルピング向けに「1クリック注文」用意4社で最もドル円スプレッド安いドル円メインのトレーダーに向く0.1銭251,000通貨
OANDA スキャルピング公認。95%以上の注文が0.001秒で処理口座開設者に世界7拠点からマーケット情報提供口座開設者は「OANDAラボ」から情報提供受けられる
情報も重視したい方はOANDA
新規注文の99%が0.001秒で処理 (2021年5月3週実績)0.3~0.4銭4010,000通貨
OANDAは「東京サーバー」コース(その他コースでは1通貨単位、69通貨ペアも)

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

JFX(MATRIX TRADER)を簡潔にまとめると?:短期で取引するトレーダーに向く

JFX株式会社は、「オリコン顧客満足度FXランキング」で1位を獲得しているヒロセ通商の100%子会社だ。

自己資本規制比率は、金商法で定められている120%を大きく上回る900%以上となっており、安定した経営体制といえる。

多彩なキャンペーンを開催しており、新規口座開設と取引で最大10万1,000円のキャッシュバックを受けられる。

取引口座への入金はクイック入金で即時反映されるためスムーズに取引を開始できる。提携金融機関は約380あるので、多くの人が利用可能だ。

JFXはスキャルピングやデイトレードなど、短期での取引を中心とするトレーダーに向いているFX会社だ。取引ツールも充実しており、後述のMT4によるカスタマイズ性も優れている。

一方で、スワップポイント獲得などの長期での取引はしにくい。アクティブに取引をするトレーダーであれば、JFXはメインで利用する口座になる可能性が高いので、まずは口座を開設して取引を実際に始めてみよう。

JFX(MATRIX TRADER)のメリット――スキャルピングに向くFX会社

FXでスキャルピングのような短期取引に興味あるなら、公認しているFX会社を選ぶべきだ。スキャルピングのように短時間で注文を繰り返す行為を取引ルールで禁止しているFX会社は多い。取引ルールを破るとFX会社から警告、悪質と判断されると口座の強制解約も考えられる。

JFXは「スキャルOK」「連打注文OK」「約定スピードが速い」 ことを売りにしているので、スキャルピング公認で、短時間での連続取引に適切な会社であるとアピールしている。スプレッドも後述の解説通り、一部の通貨以外は狭い水準なため、なおさら取引頻度が高い場合に有利と言える。

スキャルピングに興味があるが、現在のFX会社がスキャルピングを禁止している場合や、公認していない場合は、JFXに口座を開設すれば短時間での連続取引を気兼ねなくおこなえるだろう。

JFX(MATRIX TRADER)のデメリット――スワップポイントを得るのに向かない

JFXのスワップポイントは含み損益扱いとなり、ポジション決済時に損益が確定するのが特徴だ。取引口座に蓄積される形で付与されないので、ポジションを取り続けることで毎日スワップポイントを獲得できない。

また、JFXの具体的なスワップポイントの例は下記の通り。スワップポイントは金利の動向によって変動するので、詳しく知りたい人は最新のスワップポイントも確認しよう。

【2021年4月29日のスワップポイント】

通貨ペア買いポジション売りポジション
米ドル/円0.2円▲8.3円
ユーロ/円▲6円0円
英ポンド/円0.1円▲9円
スイスフラン/円▲3.5円1.5円
トルコリラ/円3.9円▲6.9円
※上記は1Lot(1万通貨)かつ1日分のスワップポイント

上記で1番高いスワップポイントでも得られる金額はトルコリラ/円の買いの3.9円だ。一方で、LIGHT FXのトルコリラ/円のスワップポイントは買いで40円となっている。JFXはスキャルピングなどの短期取引に向いても、スワップポイント獲得を目指す場合は難がある。

JFX(MATRIX TRADER)のデメリットを補えるFX会社

JFXは短期での取引に強いFX会社であるため、中期から長期でポジションを取るなら別のFX会社も検討したい。特にスワップポイントでFX会社を選ぶなら上記でも解説したLIGHT FXがいいだろう。

LIGHT FXJFXと比較して狭いスプレッドに加えて、高いスワップポイントが獲得できるFX会社だ。スキャルピングなど短期取引の時はJFX、長くポジションを取るならLIGHT FXと使い分け・組み合わせればデメリットを補い、特徴を活かし合える。

LION FX(ヒロセ通商)とJFXの違い

親会社であるヒロセ通商にはLION FXというFXサービスが存在するが、JFXとの違いは以下の通りだ。

  • JFXではMT4が使える
  • 取り扱い通貨ペアの数

JFXは海外のトレーダーにも人気のMT4が使える点がLION FXにない魅力である。一方で取り扱い通貨ペアの数はJFXが26種類に対して、LION FXが50種類だ。

LION FXの方が様々な通貨ペアを取引できる反面、取引ツールの充実度はMT4が利用できるJFXのほうが勝っているといえるだろう。

JFXの評判――PC取引ツール「MATRIX TRADER」に高評価

「オリコン顧客満足度ランキング FX デバイス別PC部門」で1位を獲得するなど、PC取引ツール「MATRIX TRADER」の評判が良い。

またPC取引ツールの使いやすさに加え、スマホアプリの使いやすさもJFXの評価を上げている。加えて、スキャルピング可能なFX会社として、約定力の高さも好評だ。

約定力とはFX会社の注文を成立させる能力で、約定力が高いと取引希望価格で注文が成立しやすい。細かい取引で小さな利益を稼ぐスキャルピングでは、取引コストと並んで約定力も重要だ。

一方取引コストは業界最低水準を謳っているが、時間限定の提示となっており、時間外の取引コストがかさみやすいという口コミも散見された。

JFX(MATRIX TRADER)のスプレッド

JFXで取り扱っている対円通貨ペアの取引コストは以下の通りだ。

米ドル/円0.2銭ノルウェークローネ/円3.0銭
ユーロ/円0.4銭スウェーデンクローナ/円2.0銭
豪ドル/円0.6銭南アフリカランド/円0.8銭
英ポンド/円1.0銭トルコリラ/円1.6銭
NZドル/円0.8銭メキシコペソ/円0.3銭
カナダドル/円1.5銭スイスフラン/円1.6銭

「オリコン顧客満足度ランキング」5年連続1位のマネーパートナーズ、「みんかぶFXスプレッド比較ランキング」1位のLIGHT FXと比較しても遜色はない。ただし、ポンド円のスプレッドはやや広く、コスト高と言えよう。

通貨ペアJFXマネーパートナーズLIGHT FX
米ドル/円0.2銭0.3銭0.2銭
ユーロ/円0.4銭0.4銭0.4銭
ポンド/円1.0銭0.7銭0.9銭

なお流動性の低い時間帯や経済指標発表時、さらに天変地異等の突発的な事象によっては、スプレッドが大きく広がり、大きな取引コストがかかる可能性がある点には十分留意したい。

取り扱い通貨ペアは26種類 少額取引も可能

JFXで取引できる通貨ペアは26種類あり、そのうち対円通貨ペアは12種類ある。取り扱い通貨ペアは以下の通りだ。

対円通貨ペア

米ドル/円豪ドル/円南アフリカランド/円スイスフラ/円
ユーロ/円NZドル/円トルコリラ/円スウェーデンクローナ/円
ポンド/円カナダドル/円メキシコペソ/円ノルウェークローネ/円

対円以外の通貨ペア

ユーロ/米ドル米ドル/スイスユーロ/豪ドル
ポンド/米ドルユーロ/スイスポンド/豪ドル
豪ドル/米ドルポンド/スイス米ドル/カナダドル
NZドル/米ドル豪ドル/スイス豪ドル/NZドル
ユーロ/ポンドNZドル/スイス 

JFXの最低取引単位は1,000通貨なので、少額の取引から始めたい方にもおすすめできる会社の一つと言えよう。

JFXの取引ツール――約定力が評判の「MATRIX TRADER」

JFXの取引ツール「MATRIX TRADER」はPC用とスマホ用があり、使用感に定評がある。異なるデバイスから同時にログインして使用できるため、分析用や発注用にデバイスを使い分けても良いだろう。

PC用の「MATRIX TRADER」には、Windows向けインストール版として「.NET版」とMac向けインストール版の「Mac版」、Java対応の「Java版」があり、取引環境に合わせて選択できる。

MATRIX TRADER」は連続注文が可能で、スキャルピングに必要な発注機能を搭載している。

また「MATRIX TRADER」から閲覧できる「経済指標速報」からは、各国の経済指標の発表スケジュールを確認できるうえに、経済指標の結果がほぼリアルタイムで更新される。

取引に必要な資金の入金や利益の出金も取引画面から行えるので、スムーズだ。

JFXには、無料デモ口座もあるため、まずはデモ口座を開設して「MATRIX TRADER」での取引を試してみても良いだろう。

JFXはMT4も使用可能――インジケーターでカスタマイズ性も優秀

JFXでは、世界中のトレーダーが愛用する取引ツール「MT4」を利用できる。「MT4」はカスタマイズ性に優れており、オリジナルのテクニカル指標であるインジケーターをインストールして高度なチャート分析が可能だ。

なおJFXの「MT4」は分析専用で、発注機能を有していない。そのため、取引の際は「MATRIX TRADER」を同時に起動させておく必要がある。

JFX(MATRIX TRADER)のキャンペーン――新規口座開設で最大101,000円キャッシュバック 

JFXでは新規口座開設で1,000円のキャッシュバックに加えて、取引期間内に対象通貨ペアの取引で条件を達成した方にキャッシュバックするキャンペーンを定期的に開催している。条件は対象通貨ペアごとに2つの条件に分かれており、最大で101,000円がキャッシュバックされる。

条件① 米ドル/円、ユーロ/米ドル、ユーロ/円

約定の合計通貨数キャッシュバック額
5,000万通貨以上100,000円
2,500万通貨以上50,000円
500万通貨以上10,000円
250万通貨以上5,000円
150万通貨以上3,000円

条件② ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円

約定の合計通貨数キャッシュバック額
2,000万通貨以上100,000円
1,000万通貨以上50,000円
200万通貨以上10,000円
100万通貨以上5,000円
60万通貨以上3,000円

2つの条件をどちらも満たしている場合はキャッシュバック額が多い方の条件が適応される。また、上記の約定通貨数の対象は決済約定を含まない新規約定である。

上記のキャンペーンは定期的に開催しているが、対象となる口座の開設期間、キャンペーンの申込期間と取引期間がそれぞれ設定されているので確認しよう。また、必ずしも今後同様のキャンペーンが開催されない可能性があることも留意しておきたい。

 条件特典期間概要
高級和牛ステーキ&食卓彩るイタリアングルメプレゼントキャンペーン!取引食品進呈6/1~7/1所定の通貨ペア新規10万通貨以上取引で食品進呈(和牛など)
MATRIX TRADERではじめよう新規口座開設キャンペーン!口座開設+取引キャッシュバック6/1~6/30口座開設で1,000円+8/2までに所定の通貨ペア新規60万通貨以上取引で最大10万円
小林芳彦あられプレゼントキャンペーン!取引食品進呈6/1~7/1新規1万通貨以上取引で食品進呈(あられ)
全通貨対象!取引高キャンペーン!取引キャッシュバック6/1~7/1全通貨ペアで、新規取引高に応じてキャッシュバック(上限なし)

JFXの上記キャンペーンのうち、条件が最も緩いのは「あられプレゼントキャンペーン」だろう。通貨ペアを問わず、新規1万通貨以上の取引でもれなくあられ(米菓)が進呈される。

JFX(MATRIX TRADER)のクチコミ(口コミ)・評判は?

新アプリが使いやすい

主にスマホアプリで利用しています。最近新アプリになり、1画面から4画面まで分割に切り替えられるようになりました。小さいながらも以前より環境認識しやすくなったことのが良い点です。
資産情報もホーム画面に設定ができ、またプライスボード画面からすぐに証拠金やスワップポイントを閲覧できるので、ストレスなくとても楽に操作ができるようになりました。
通貨ペアにもよりますが、スプレッドに関しては、私が利用している限りでは、平均的に大きく開くことはないと思います。
定期的に取引キャンペーンも行っており、YahooJapanID連携でPayPayポイントがもらえたりと、他社にはあまりない面白いサービスもあるので、これから始められる方にお勧めです。少額取引もできるので、安心して利用できる口座のひとつではないかなと思います。

★★★★4点
(50代・女性)

トレーダー・小林氏のトレードを見られるのがありがたい

FXトレード初心者のため、あまり自分のトレードに自信がないのですが、こちらのサービスを利用すれば、小林芳彦さんのトレードをリアルタイムで見ながら、自分もトレードすることができるので、安心感が全然違います。ほかの取引所と比較しても、配信されるトレード情報のクオリティが全然違うと思います。しかも、それらの情報が無料で手に入るというのは本当に魅力的に感じますし、お得な気持ちになります。FX商材を買い込むよりもずっと経済的です。

★★★★4点
(40代・女性)

ツールや機能、スプレッドはいいがサポート対応時間が短いのが残念

業界最狭水準のスプレッドや、多機能な取引ツールなど、使える機能も数多くありますが、サポートは平日24時間対応のFX業者が増えてきている中で、JFXでは平日の8時から20時の間のみの間だけなので不親切に感じました。
また、有効比率が100%を下るとリアルタイムで強制ロスカットが作動しすべてのポジションが強制的に損切り決済されてしまい損をしてしまうので注意が必要です。
すべてにおいてのバランスは良いところなので、バランス重視のメイントレード用口座として使っていくのもいいでしょう。

★★★★★3点
(30代・男性)

JFX(MATRIX TRADER)の口座開設方法――ログインまでの流れ

JFXの口座開設からログインの流れは下記の通りだ。

  1. 書面の確認と必要事項の記入
  2. 本人確認書類とマイナンバー確認書類を送付
  3. 審査後、ユーザーIDとパスワードの受取
  4. 公式サイトからログインして取引開始

JFXの公式サイトから口座開設の申込をしよう。本人確認書類とマイナンバー確認書類はスマホでかんたん本人確認を利用すれば、最短で当日中に審査が完了する。

ログインIDとパスワードはメールまたは郵便で届くので、公式サイトからログインして入金すれば最短で当日から取引可能だ。

JFX(MATRIX TRADER)は短期の取引をするトレーダーに向く

JFXは特にスキャルピングやデイトレードなど、短期での取引を中心とするトレーダーに向くFX会社だ。取引ツールも充実しており、MT4によるカスタマイズ性も優れている。

一方で、スワップポイント獲得などの長期での取引はしにくい。アクティブに取引をするトレーダーであれば、JFXはメインで利用する口座になる可能性が高いので、まずは口座を開設して取引を実際に始めてみよう。

【注目】有力FX会社の早見表(スタイル&ニーズ別)

短期で取引したい(デイトレ&スキャルピング)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか約定スピードドル円 スプレッド通貨ペア数最小取引単位シストレ対応
JFXスキャルピング公認。高速取引専用ツールが魅力数秒単位のスキャルピングに対応。
MT4に対応
4社で唯一数秒単位のスキャルピング「秒スキャ」に言及
超短期トレーダーはJFX推奨
最速:0.001秒 平均:0.005秒 (2020年7月実績)0.2銭2610,000通貨×
LION FX(ヒロセ通商)スキャルピング公認。取扱通貨ペアは業界最多水準大口ならキャッシュバックキャンペーン手厚い
通貨ペア数が多く、スキャルピングの選択肢が広い
数十万円キャッシュバックの取引キャンペーンが定番
大口トレーダーに推奨
最速:0.001秒 平均:0.003~0.005秒 (2020年7月実績)0.2銭501,000通貨×
セントラル短資FXスキャルピング向けに「1クリック注文」用意4社で最もドル円スプレッド安いドル円メインのトレーダーに向く0.1銭251,000通貨
OANDA スキャルピング公認。95%以上の注文が0.001秒で処理口座開設者に世界7拠点からマーケット情報提供口座開設者は「OANDAラボ」から情報提供受けられる
情報も重視したい方はOANDA
新規注文の99%が0.001秒で処理 (2021年5月3週実績)0.3~0.4銭4010,000通貨
※OANDAは「東京サーバー」コース(その他コースでは1通貨単位、69通貨ペアも)

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

②スプレッド重視(とにかく取引コストを低く)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか米ドル円ユーロ円ポンド円豪ドル円NZドル円
ネオモバFXドル円スプレッドが最低0銭「Tポイント」で取引可能TポイントでFXと株式の取引可能
ポイントで疑似体験したい方に向く
0~0.3銭0.4~0.6銭0.9~1.1銭0.6~1.1銭1.2~2.5銭
ゴールデンウェイ・ジャパン大口取引も低スプレッド 1万通貨超なら3社で最も低い(ドル円)1万通貨超なら3社で最低
取引金額が大きい方に推奨される
0.1銭0.3銭0.6銭0.4銭1.0銭
SBI FXトレード1,000通貨以下なら低スプレッドで原則固定3社で最も通貨ペアが多い3社で最も通貨ペアが多いが、1,000通貨超のスプレッドは変動制
少額トレーダーに向く
0~0.1銭0.3銭0.69銭0.4銭0.9銭

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

③中長期で取引したい(スワップ=金利収入重視)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか米ドル円ポンド円ランド円メキシコ円トルコ円最小取引単位通貨ペア数スプレッド(米ドル/円)シストレ対応
みんなのFX高水準スワップが魅力「オプション」取引も可能(LIGHT FXはFXのみ)「オプション」のほか「自動売買」に対応(LIGHT FXはFXのみ)
FX以外の選択肢も持ちたい方に推奨
32円259円50.7円35.7円292円1,000通貨270.2銭
LIGHT FX新興国通貨スワップに強み新興国通貨スワップが「みんなのFX」より高い傾向新興国通貨スワップが「みんなのFX」より高い傾向
高金利通貨のスワップを獲得したい方に向く
31円259円63.7円49.7円292円1,000通貨270.2銭×
表中のスワップポイント(米ドル円~トルコリラ円)は「2021年5月24~28日の累計 1万通貨の買い」の数値

※トルコリラ/円に特化した図表は、下記の記事内を参照されたい。

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

④少額取引(数円~数千円で始めたい初心者&取引金額を細かく調整したい方)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか
SBI FXトレード全34通貨ペアで1通貨単位取引OK唯一マイナー通貨の少額取引可能「ブラジルレアル」などのマイナー通貨も取り扱う
さまざまな通貨で少額FXを行いたい方に推奨される
ネオモバFX最低取引単位1通貨スプレッド0はネオモバだけ(ドル円、1,000通貨以下)1,000通貨以下のドル円スプレッド0
少額かつドル円トレーダーに推奨
LINE FX1,000通貨単位取引。いつもの「LINE」で取引可能3社で唯一米国株取引可能「国内株」「米国株」「投資信託」を取り扱い、いずれも少額取引可能。3社で最も選択肢が多い
FX以外の少額取引を行いたいならLINE FX

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑤自動売買(時間が無い方向け。プログラムによる取引)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか種類
アイネットFXリピート系「ループイフダン」平均利益率127%(2020年度)デモ口座あり。ループイフダンのオンラインセミナーもループイフダンはデモ口座対応。自動運用を仮想の資金で試せる
使用感を事前に試したい方に推奨
リピート系
FXブロードネット自動売買ツール「トラッキングトレード」。利益実績84.8%(2014年10月15日~2021年3月31日)9つの取引コースを用意。複数コースの保有OKルールが異なる取引コース9種。複数のコースを持てるため取引の目的ごとに使い分けられる
取引管理を重視したい方に向く
リピート系
インヴァスト証券プログラムをリストから選ぶ選択型システムトレード「トライオートFX」ETF(上場投信)の自動売買も可能売買プログラムを選ぶほか、自分で設定もできる。またETF(上場投信)も同じツールで自動売買できる
より発展的な自動売買を行いたい方にはインヴァスト証券が推奨される
選択型
アヴァトレード「MT4(世界的な取引ツール)」対応の本格システムトレード4社で唯一MT4対応。独自売買プログラムも提供4社でMT4に対応しているのは同社だけ。「AMMA」または「DUPLI TRADE」に申し込むと独自の売買プログラムを利用できる。
MT4で本格的な自動売買を行いたい方に向く
選択型

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑥サポート重視(初心者&夜間取引が多い人向け)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くかその他の問い合わせ窓口
外為どっとコム24時間電話受付。為替のプロが対応税金やマーケット情勢についても回答オペレーターは為替のプロ。オンラインFXセミナーも頻繁に行われる
初心者のエントリー口座として特に推奨
メール
外為ジャパン電話&LINEで24時間対応。LINEも24時間対応高機能FXツール「プレミアチャート」を無料提供。値動きを詳細に分析できる
本格的な取引も行いたい方に向く
メール、LINE
DMM FXコールセンターは24時間受付。メールやLINE、AIチャットも3社で唯一株式取引可能(株式も24時間サポート対応)「株式」「CFD」を取り扱い、いずれも24時間サポートの対象。独自の競走馬ファンドサービス「BANUSY」はユニーク。
サポートのほか選択肢も重視したいならDMM FXが推奨される
メール、LINE、AIチャット

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑦取引ツール重視(MT4など)

 ポイント最小取引単位通貨ペア数ドル円 スプレッドシストレ対応
FXTFFXTF情報局ではFXに関する情報を提供、コストが低い10,000通貨300.1銭×
JFXスキャルピング可能で短期売買がしやすい10,000通貨260.2銭×
アヴァトレードシストレ可能であり、MT4の次世代ツールMT5にも対応1,000通貨501.1銭
OANDA 対応通貨ペアの種類が多い1通貨690.3銭~0.8銭×

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑧デモ口座のあるFX会社

 最小取引単位通貨ペア数ドル円 スプレッドシストレ対応
DMM FX10,000通貨210.2銭×
アイネットFX10,000通貨240.7銭~1.8銭
FXTF10,000通貨300.1銭×
JFX1,000通貨260.2銭×
LION FX1,000通貨500.2銭×
FXブロードネット1,000通貨240.2銭
アヴァトレード1,000通貨551.1銭
セントラル短資FX1,000通貨250.1銭
OANDA1通貨690.3銭~0.8銭×
外為どっとコム10,000通貨300.2銭×
みんなのFX1,000通貨270.2銭
2021年6月1日現在

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑨「提供情報の多さ」重視(知識をつけたい・戦略を練りたい)

FX会社概要
LIGHT FX金融情報サービス「FXi24」を通じて為替ニュースを閲覧できるほか、重要度がひと目で分かる経済指標カレンダーも公表
インヴァスト証券自動売買ができるトライオートFXでは、自動売買に関する知識が丁寧に紹介されており、初心者でも無理なく自動売買に挑戦できるようになっている
LINE FX何よりの強みと言えるのが、LINEで為替や相場に関するニュースを受け取ることができることだ。経済指標の発表に合わせて通知がすぐに送られてくるため、チャンスやピンチに素早く反応することができる

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

FX会社名 ポイント
DMM FX 口座開設数は国内最大級
SBI FXトレード 最小1通貨から取引可能、積立FXも対応
LIGHT FX スワップポイントに定評、実践的な情報コンテンツ
外為ジャパン 1,000通貨単位、クイック入金や24時間サポート体制
楽天FX 楽天ポイント・グループのシナジーで若者が流入
マネックス証券 リスク管理しやすい仕様、外貨出金が可能
LINE FX シンプル設計や通知機能がライトユーザーに便利
ゴールデンウェイジャパン スプレッド業界最狭水準、MT4利用可
FXブロードネット 豊富な取引コースや自動売買が好評
LION FX(ヒロセ通商) 最高水準の取扱通貨ペア数、多様なキャンペーン
ネオモバFX Tポイント利用可、少額からの投資にも強み
トライオートFX 自分で自由度高く作成可能な「設定型」の自動売買
JFX 約定力に定評、スキャルピングも
セントラル短資FX 値動きを予測する「みらいチャート」が好評
OANDA Japan 豊富なテクニカル指標・描画オブジェクト標準装備
アヴァトレード・ジャパン 日本初MT5に対応
アイネットFX 裁量取引も、自動売買取引も可能
更新日:2021/01/25

動画でもFXを勉強(松井証券によるFX動画の例)

たとえば「MATSUI FX」(通貨ペアの追加や主要ネット証券初の1通貨単位取引導入など、2021年2月にサービス内容がリニューアルされた)を運営する松井証券は以下のように動画でFXについて解説するシリーズを用意している。

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする