LINE FXの評判・口コミから見るメリット・デメリット|口座開設・キャンペーン情報も紹介

(公開日:

LINE FXは、LINE証券が運営しているFXサービスである。

LINEグループの金融事業の一つであるLINE証券は、これまで株や国内ETF、投資信託を取り扱ってきたが、その第3弾サービスとして外国為替証拠金取引(FX)サービスである「LINE FX」を2020年3月に提供開始した。

自社のサービスと組み合わせた通知システムや、高機能取引ツール、そして業界最狭水準のスプレッドを提供していることから、大変良質なサービスといえるだろう。

ただし、LINE FXを利用するにあたって押さえておいてほしいデメリットも存在する。

この記事では、LINE FXの口コミやメリット・デメリットをもとに、どのような人におすすめできるサービスなのかを解説し、口座開設の方法やキャンペーンもあわせて紹介する。

【結論】LINE FX はどのような人におすすめなのか

LINE FXは、実質的な取引コストとなるスプレッドが狭く設定されており、スワップポイントも業界最良水準である。

また、最小取引単位も1,000通貨であることから、1万円程度の少額資金で運用することが可能であり、相場知識に自信のない人でも資金を失ってしまうリスクを軽減して取引できる。

そして、コミュニケーションツールのLINEと連携しているため、経済指標や大きな価格変動の通知を受け取れるのも魅力的だ。

そのため、チャートをチェックする時間が確保できない人にもおすすめのシステムとなっている。

一方、「明け方の時間帯はスプレッドが拡大する」デモ口座を提供していない」点には注意が必要である。

ただし、LINE FXの取引ツールである「LIN FXアプリ」と「LINE FX pro」はいずれも高機能で、口座開設も簡単におこなえることから、トータルのサービスは高水準なFX会社といえるだろう。

LINE FXのおすすめポイント
  • 最小取引1,000通貨単位から取引可能
  • 業界最良水準のスワップポイント
  • 口座開設が簡単

LINE FX を利用している人の評判・口コミ

ここからは、LINE FXをの口コミを解説していく。

FX会社を選定するには、実際に利用しているトレーダーの良い評判と悪い評判が効果的な判断材料となるため、現在口座開設を検討している人はぜひ参考にしてほしい。

良い評判・口コミ

まずはLINE FXの良い評判を解説する。

口座申し込みが簡単

最短3分間で口座申し込みができる。取引コストが低いのもいい。

★★★☆☆3.7点
(30代・男性)

申し込みから口座の開設までがとてもスムーズ。FXの口座開設は初めてでしたがとても簡単でした。

★★★☆☆3.9点
(30代・女性)

LINE FXの口座開設はLINEアプリのアカウントを利用するため、スマホはもちろんパソコンからすぐに申し込みが可能だ。

運転免許証とマイナンバーカードを事前に準備しておけば、最短当日中に取引開始できるのがトレーダーからの良い評判に繋がっている。

そして、株式取引などに対応しているLINE証券の口座を持っていれば、最短3分程度でLINE FXが利用できることから、グループ内のサービスを組み合わせればより利便性が向上するだろう。

価格が大きく変動したら通知するところ

大事な情報等がLINEで通知してくれるので見逃してしまうことがないため非常に助かっています。

★★★☆☆3.8点
(20代・男性)

価格が急騰・急落したらお知らせしてくれるなど、通知が充実している。

★★★☆☆3.7点
(20代・男性)

LINE FXでは経済指標発表(※1)や価格が大きく変動した際、タイムリーにLINEで通知を受け取れるため、簡単に相場の情報収集ができるだけでなく、取引するチャンスも細かく掴めるだろう。

常にチャート画面がチェックできない人にとっては利便性の高いサービスであり、仕事や家事で忙しくても効率的にFXが運用できる。

※1:経済指標発表とは、各国の経済状況に関する数値を発表するイベントであり、失業率や貿易収支などがあげられる。

少ない金額から取引できるところ

取引単位は1000通貨ですし、スプレッドも狭いので良かったです。

★★★☆☆3.9点
(30代・女性)

小額投資ができる点、スマホだけで取引できる点が便利です。

★★★★☆4.1点
(30代・男性)

LINE FXの最小取引単位は1,000通貨に設定されているため、4,000円程度の少額資金から取引が可能である。

具体的に米ドル/日本円110円、レバレッジ25倍と仮定した場合は以下のようになる。

  • 110円×1,000通貨=110,000円
  • 110,000円÷25(レバレッジ)=4,400円

いきなりレバレッジ25倍で取引することは、リスクの観点からおすすめしないが、それでも資金が1万円~2万円程度あれば十分運用できる。

これからFXを始める人や、まだ取引に慣れない人は1,000通貨から試しにチャレンジしてみるとよいだろう。

マイナスの評判・口コミ

次にLINE FXの悪い評判を見ていこう。

デモトレードができない

デモトレードが無いので、練習する事なく最初から本格的に取引するため最初は不安でした。

★★★☆☆3.6点
(30代・男性)

デモトレードが提供されていないのが残念でした。

★★★☆☆3.7点
(30代・男性)

デモトレードとは、実際に現金を利用せず仮想の通貨で取引がおこなえるサービスであり、現実的な損失も発生しない。

そのため、初心者が練習するには最適な環境だが、LINE FXではデモトレードを提供していない。

ただし、LINE FXの最小取引単位は1,000通貨と低く設定されているため、1万通貨単位のFX会社よりもリスクの少ない少額からスタートできる。

スマホ操作に慣れていないと少し難しい

スマホ操作に慣れていないと少し難しいと思われる。アプリが少し使い勝手が悪い気がします。

★★★☆☆3.5点
(20代・男性)

LINE FXのサービスはスマホがメインであることから、操作自体に慣れていないと少し難しく感じるかもしれない。

口座開設から通知サービスといった機能はスマホを中心としているが、LINE FXはパソコンでも運用が可能である。

パソコンで使える「LINE FX pro」という取引ツールは、注文パネルや通貨ペアのレートといった情報がわかりやすく、テクニカルチャート(※2)は21種類、最大12のチャートを同時表示できるなどの高水準な機能を備えている。

そのため、スマホ操作に自信のない人は利用環境をパソコンに切り替えればカバーできるだろう。

※2:テクニカルチャートとは、チャート画面に表示させて将来的な値動きを予測するためのツールである。

LINEのメッセージがたくさんくる

LINEのメッセージがたくさんくる。中にはあまり必要のない情報もある。

★★★☆☆3.6点
(40代・男性)

経済指標発表や価格変動の通知機能は良い評判としてもあがっていたが、逆に必要性のない人にとっては煩わしく感じてしまう可能性もあるだろう。

しかし、これは設定で通知をOFFにできる。また、トレーダーが欲しい情報だけをピックアップして通知させることも可能だ。

LINE FXのメリット・デメリットまとめ

FX会社を選ぶ際には、自分が利用しているFX会社のメリットだけでなく、デメリットにも注目してほしい。

ここからは、LINE FXの特徴や評判から見たメリット・デメリットを紹介する。

メリット

  • 業界最狭水準のスプレッド
  • 取引ツールが直感的で分かりやすい
  • スワップポイントが高い

LINE FXは売値と買値の差額であるスプレッドが狭い水準となっている。

簡単に説明すると、スプレッド0.5円、米ドル/日本円100円で買い注文を入れると、0.5円の損失を抱えている状態で始まることとなり、100.5円まで価格が上昇しなければ利益が得られない。

そのため、米ドル/日本円0.2銭、ユーロ/日本円0.3銭に設定されているLINE FXなら、トレーダーは取引コストを抑えて運用できる。

また、スマホ取引ツールである「LINE FXアプリ」は、大きな発注パネルに加えてワンタップで注文できることから、スピーディーな取引が可能であり、先ほど解説したパソコン取引ツール「LINE FX pro」も多彩な機能を備えている。

そして、LINE FXは2つの通貨における金利差が利益として得られるスワップポイントも高水準である。

たとえば、為替相場の中でもスワップポイントが高いトルコリラ/日本円は、1万通貨あたり45円(9月14日時点)であり、数円程度に設定している低水準な他社よりもメリットは大きいといえるだろう。

デメリット

  • スプレッドが拡大する時間帯がある
  • 平日はメンテナンス時間がある
  • デモ口座が利用できない

LINE FXのスプレッドは全体的に狭くなっているが、次の時間帯は「通常スプレッド」という幅の広い種類が適用されてしまうため、事前に把握しておこう。

スプレッドの種類 時間帯
広告スプレッド
(公式サイトで公示されている数値)
午前9時~翌日午前3時
通常スプレッド 午前3時~午前9時

また、LINE FXはメンテナンスを平日に実施しており、その間はチャートも更新されず、取引もできない。

米国冬時間
(11月第1日曜日~)
月曜日:午前6:50~午前7時
火曜~金曜日:午前6:50~午前7:10
米国夏時間
(3月第2日曜日~)
月曜日:午前5:50~午前6時
火曜~金曜日:午前5:50~午前6:10

そして、上記の時間帯においても相場自体は稼働しているため、たとえば新規注文を入れてメンテナンス時間中に建玉(※3)と反対方向に価格が大きく変動した場合は、損失が発生してしまうリスクは押さえておいてほしい。

加えて、最小取引単位が低いとはいえ、デモ口座が提供されていないため、どうしても利用したい人は他社を検討することになるだろう。

※3:建玉とは、決済をしていない注文を指しており、ポジションと呼ばれることもある。

デメリットを補うには

ここからは、LINE FXのデメリットが補えるサービスを提供しているFX会社を解説していく。

デモ口座とメンテナンス時間、スプレッドの3つをカバーできる「GMOクリック証券」「DMM FX」をおすすめしたい。

FX会社 デモ口座の有無 メンテナンス時間 スプレッドが広がる時間帯
GMOクリック証券 デモ口座有 土曜:8:00~9:00 日本時間早朝や経済指標発表前後
DMM FX デモ口座有 土曜:12:00~18:00 日本時間早朝や経済指標発表前後

上記の2社は、いずれもデモ口座を提供していることに加えて、メンテナンス時間も相場が稼働していない土曜日であるため、取引の影響はほぼないだろう。

また、LINE FXのようにスプレッドの種類を設けているFX会社は少なく、基本的には相場参加者が減少する日本時間早朝や、大きな価格変動が発生しやすく様子見の傾向が強まる経済指標発表前後に拡大することから、ほとんどのFX会社でカバーできるデメリットである。

LINE FXの詳細

出典:LINE FX

ここからは、LINE FXのスプレッドやスワップポイントをより詳しく解説していく。今後、口座開設を検討している人はぜひ参考にしてほしい。

スプレッド

LINE FXで取り扱っている通貨ペアは23種類となっており、全体的に狭いスプレッドに設定されている。

主要通貨ペアのスプレッド一覧は次の通りだ。

通貨ペア 広告スプレッド
午前9:00~翌日午前3:00
通常スプレッド
米ドル/日本円 0.2銭
原則固定
※例外あり
0.2~3.6銭
※例外あり
ユーロ/日本円 0.3銭
原則固定
※例外あり
0.5~10銭
※例外あり
英ポンド/日本円 0.5銭
原則固定
※例外あり
1.0~12銭
※例外あり
豪ドル/日本円 0.3銭
原則固定
※例外あり
0.7~12銭
※例外あり
南アフリカランド/日本円 1.0銭
原則固定
※例外あり
1.0~4.5銭
※例外あり

※2021年9月14日時点のスプレッド

ちなみに先ほど解説した通り、明け方の時間帯は通常スプレッドが適用されるため、注意して取引してほしい。

スワップポイント

LINE FXはスワップポイントに関しても高水準に設定されている。主要通貨ペアのスワップポイントは次の通りだ。

通貨ペア スワップポイント
米ドル/日本円 買い:4円
英ポンド/日本円 買い:8円
南アフリカランド/日本円 買い:9円
メキシコペソ/日本円 買い:28円
トルコリラ/日本円 買い:45円

※2021年9月14日時点

一方、スワップポイントは通貨発行国が金利を変更した場合、上下すため、その点にも注意してほしい経済指標発表やマーケットニュースは欠かさず確認しておこう。

LINE FXのスワップポイントカレンダー

カスタマーサポート

LINE FXは、AIによるLINEのチャット窓口とメールの問合せに24時間対応しているが、電話サポートはおこなっていない。

一方、いずれの方法でも営業日であれば最短即日で返答が得られるため、操作方法や手続きでわからない場合は活用してほしい。

LINE FXの口座開設の流れ

「LINE FX」で取引するためには、まず口座の開設が必要だ。新規口座はスマホで簡単に開設でき、最短翌営業日から取引可能となる。

口座開設の流れ

新規口座開設の流れは、次の通りである。

  1. お客様情報の入力
  2. 携帯電話の認証
  3. 本人確認書類の登録
  4. 暗証番号設定
  5. 審査後に届くアンケートに回答
  6. 入金後、取引開始

スマホで口座開設ページから情報を入力し、携帯電話番号を登録するとSMSで認証番号が送信される。届いたSMS認証番号を入力して本人確認書類を登録、暗証番号を設定すれば申込み手続きは完了だ。

その後は審査を経て、LINEもしくはハガキで届く通知から取引開始のアンケートに回答すると、入金操作が可能となり、取引が開始できる。

なお、すでにLINE証券の口座を開設済みの場合は、アカウントを連携するだけで手続きができる。

本人確認方法は2種類

本人確認書類の登録時には、次のうち好きな方法を選ぶことができる。

  • かんたん本人確認:最短翌営業日から取引可能
  • 郵送ハガキの受取で確認:最短4営業日程度から取引可能

「かんたん本人確認」は、スマホを使ったオンライン完結の本人確認方法で、運転免許証かマイナンバーカードと顔写真の撮影が必要だ。最短翌営業日から取引可能なので、急ぐ場合におすすめの方法である。

審査結果の通知や取引開始手続きは、すべてLINE上で行われる。

「郵送ハガキのお受け取り」は、顔写真を撮影したくない場合や、マイナンバーカードまたは運転免許証を持っていない場合の本人確認方法だ。

届いた郵送ハガキに記載されているQRコードからログインし、取引開始手続きに進む。ハガキの郵送と同時にLINEでも通知が届き、最短4営業日程度で取引可能となる。

LINE FXのキャンペーン

現在、LINE FXでは「最大計55,000円お得キャンペーン」と「スプレッド縮小キャンペーン」が開催中だ。

最大計55,000円お得キャンペーン

出典:LINE FX

「最大計55,000円お得キャンペーン」とは、期間中に新規口座開設と新規1取引をすることで、最大5,000円のプレゼントを受け取れる「通常キャンペーン」と、新規口座を開設して取引量の条件を達成すれば、最大で50,000円キャッシュバックがもらえる「1周年記念キャンペーン」を合わせたキャンペーンだ。

  • 開催期間:2020年10月3日(土)0:00から終了日未定(終了時は14日前にホームページで告知)

なお、「通常キャンペーン」の取引量とプレゼント金額は次の通りである。

取引量(通貨ペア問わず) プレゼント金額
1,000通貨~1万通貨未満 1,000円
1万通貨以上 5,000円

すべての通貨ペアが対象で、新規口座申込の翌月末までに上記の取引をおこなうと、口座申込の翌々月末に入金される仕組みだ。

次に、最大50,000円がもらえる「1周年記念キャンペーン」の取引量とキャッシュバック金額は次の通りである。

取引量 キャッシュバック金額
50万通貨以上100万通貨未満 1,000円
100万通貨以上500万通貨未満 2,000円
500万通貨以上1,000万通貨未満 10,000円
1,000万通貨以上2,500万通貨未満 20,000円
2,500万通貨以上5,000万通貨未満 30,000円
5,000万通貨以上 50,000円

こちらは米ドル/円の通貨ペアが対象外となり、対象取引期間は新規口座申込の翌々月末までとなる。キャッシュバックは、口座申込の3ヶ月後に入金される。

スプレッド縮小キャンペーン

出典:LINE FX

「スプレッド縮小キャンペーン」では、期間中、人気の6通貨ペアのスプレッドが縮小される。

  • キャンペーン期間:2021年7月7日(水)AM9:00から9月30日(木)AM3:00

対象通貨ペアとスプレッドの詳細は、次の通りである。

対象通貨ペア 通常SP 期間中SP
ユーロ/円 0.5銭 0.3銭
英ポンド/円 1.0銭 0.5銭
豪ドル/円 0.7銭 0.3銭
ユーロ/英ドル 0.4pips 0.3pips
英ポンド/米ドル 1.0pips 0.6pips
豪ドル/米ドル 0.9pips 0.4pips

原則固定となり、期間中スプレッドの提供時間は、AM9:00から翌日AM3:00までである。

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする