みんなのFX(トレイダーズ証券)の評判:短所や注意点、口コミも

(公開日:

みんなのFXは「トレイダーズ証券」が提供するFXサービスだ。27通貨ペアを小口の1,000通貨から取引でき、スプレッド(取引コスト)は高シェアを獲得しているFX会社と同水準に低い。また、自動売買ツール「みんなのシストレ」を提供している。

みんなのFXを端的にまとめると、スワップポイント(金利収入)重視の方に推奨される。口座開設の際は、同じくスワップポイントに強みがあるLIGHT FXと比較検討してほしい。

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか米ドル円ポンド円ランド円メキシコ円トルコ円最小取引単位通貨ペア数スプレッド(米ドル/円)シストレ対応
みんなのFX高水準スワップが魅力「オプション」取引も可能(LIGHT FXはFXのみ)「オプション」のほか「自動売買」に対応(LIGHT FXはFXのみ)
FX以外の選択肢も持ちたい方に推奨
32円259円50.7円35.7円292円1,000通貨270.2銭
LIGHT FX新興国通貨スワップに強み新興国通貨スワップが「みんなのFX」より高い傾向新興国通貨スワップが「みんなのFX」より高い傾向
高金利通貨のスワップを獲得したい方に向く
31円259円63.7円49.7円292円1,000通貨270.2銭×
表中のスワップポイント(米ドル円~トルコリラ円)は「2021年5月24~28日の累計 1万通貨の買い」の数値

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

みんなのFXを簡潔にまとめると?スワップトレードに向く

みんなのFXはスワップポイントが高い。スワップポイントを目的としたトレードに向くだろう。スプレッド(取引コスト)の低さも魅力的だ。

情報収集面については、ある程度FXをしている人には物足りないサービスかもしれないが、初心者向けのセミナーが充実していることを考えると初めてFXをする人には向いている。

FX初心者は値幅重視で取引するのか、スワップを利用した長期で金利を得る取引をするのか明確な方針を決めたうえで検討すれば、最適なFXサービスが見えてくるはずだ。

みんなのFXのメリット──トルコリラを扱っているのでスワップポイントが優秀

みんなのFXのメリットは以下の2つが挙げられる。

  • スワップポイントが魅力的
  • レベル別セミナーを定期的に開催

スワップポイントが魅力的

スワップポイントとは2つの通貨を交換する際の差額の金利であり、低金利の通貨を売って高金利の通貨を買うポジションを形成することで得られる金利収入のことだ。

みんなのFXでは決済をせずポジションを継続するだけで利益を毎日得られる。株の配当収入や投資信託の分配金よりも頻繁に得られる利益といえるだろう。

スワップポイントで利益を得るなら政策金利の高い通貨を選ぶのがおすすめだ。2020年9月時点の政策金利はトルコリラが10.25%、中国人民元が4.35%、メキシコペソが4.25%だ。

高い政策金利の通貨をあげたがすべてみんなのFXでは取り扱いがある。特にトルコリラは政策金利が2番目に高い中国人民元の2倍以上となっている。

トルコリラ/円でポジションを構築した場合、日本円の政策金利が-0.1%なので実質11.25%の金利を受け取ることができるようになる仕組みだ。

スワップポイントは課税の対象となる点には注意が必要だが、スワップポイントを重視して取引するなら金利の高い通貨を扱っているみんなのFXは魅力的といえるだろう。

レベル別セミナーを定期的に開催

みんなのFXで口座を開設しようと考えている人の中には、初心者でFXを1から勉強したいと考えている人もいるだろう。FXの取引は知識を身につけることが重要なので、勉強する機会が必要になる。

みんなのFXでは参加型のセミナーから動画配信セミナー、基礎知識のない人やある程度基礎知識のある人まで受講の形式と受講者のレベルに合わせたセミナーを開催している。

FXをまったく知らない人には初心者コース、より深く知識を身につけたい人にはマンツーマンコース、有名トレーダーやアナリストの意見を参考にしたい人はスキルアップコースだ。

また、動画配信したオンラインセミナーはすべてYouTubeで公開しているので、自分のペースに合わせて受講、復習が可能となっている。

みんなのFXのデメリット──情報収集面

一方で、みんなのFXのデメリットを挙げるとすれば、以下の2点であろう。

  • 情報源となるのが、「FX WAVE」と「GI24」のみ
  • 早朝の取引はスプレッドが開く恐れあり

情報収集用に他社でも口座開設する

みんなのFXでは「FX WAVE」と「GI24」の為替ニュース以外の配信はない。情報源が2つしかないので情報収集するためには少し物足りないといえるだろう。

FXは口座開設先によって得られる情報が異なるので、より広く情報を収集するのであれば情報収集用に他の口座を開設するという手段も取れる。

みんなのFXの利用だけではアクティブな投資家にとって十分な情報を得られるとは限らないので、情報収集の手段を確保する工夫が必要だ。

早朝の取引はスプレッドが開く恐れあり

みんなのFXの提示するスプレッドは主要の6通貨において8:00~翌日の5:00となっており、2020年10月時点で業界最狭水準のスプレッドだ。

しかし、早朝の5時から8時までに取引をしたい場合はスプレッドが開きやすい状態となる。

スプレッドが開きやすい状態となるとレートが大きく変動しやすくなるので、早朝での取引は一般的にリスクが高いと言われている。そのため、みんなのFXでは早朝のトレードを避けるのが無難だが、早朝に取引をしたい場合はスプレッドが開く恐れがあることに気をつけよう。

みんなのFXのデメリットを補完できるFX会社

みんなのFXは情報収集面にデメリットがある。併せてLINE FXでも口座開設しておくとデメリットを補完できるだろう。

LINE FXはFXに関するニュースを「LINE」で受け取れる。重要なニュースをすぐに受け取れるので情報収集に役立つだろう。

FXは口座開設先によって得られる情報が異なるので、より広く情報を収集するのであれば情報収集用に他の口座を開設するという手段も取れる。候補としてはLINE FXを含む以下が代表的だろう。

FX会社概要
LIGHT FX金融情報サービス「FXi24」を通じて為替ニュースを閲覧できるほか、重要度がひと目で分かる経済指標カレンダーも公表
インヴァスト証券自動売買ができるトライオートFXでは、自動売買に関する知識が丁寧に紹介されており、初心者でも無理なく自動売買に挑戦できるようになっている
LINE FX何よりの強みと言えるのが、LINEで為替や相場に関するニュースを受け取ることができることだ。経済指標の発表に合わせて通知がすぐに送られてくるため、チャンスやピンチに素早く反応することができる

みんなのFXの会社概要 とサービス概要

みんなのFXの会社概要とサービス概要は以下の通りだ。

会社名トレイダーズ証券株式会社
会社名トレイダーズ証券株式会社
設立年月1999年11月
通貨ペア数29種類
最小取引単位1,000通貨(0.1Lot)
取引手数料無料
口座維持費無料
入出金手数料ダイレクト入金は無料、出金無料
出金にかかる日数3営業日以内
レバレッジ25倍
取引時間米国標準時間:月曜7:00~土曜6:40
米国夏時間:月曜7:00~土曜5:40
日次メンテナンス米国標準時間:6:40~7:00(月6:00~6:25)
米国夏時間:5:40~6:00(月6:00~6:25)
週次メンテナンス土曜12:00~18:00
ワンクリック注文可能
決算ポジション指定可能
両建可能

入金手数料はダイレクト入金のみ無料で、振込入金では自己負担となる。取引時間と日時メンテナンスは米国夏時間に依存するので注意が必要だ。

通貨ペアは29種──最小取引単位は1,000通貨

みんなのFXは、29種の通貨ペアで取引可能で、うち対円ペアは18種が揃っている。最小取引単位として1,000通貨単位で取引ができる。

みんなのFX 取り扱い通貨ペア

米ドル/円トルコリラ/円スウェーデンクローナ/円豪ドル/NZドル
ユーロ/円メキシコペソ/円ユーロ/米ドル米ドル/スイスフラン
英ポンド/円ロシアルーブル/円英ポンド/米ドルユーロ/スイスフラン
豪ドル/円中国人民元/円豪ドル/米ドル英ポンド/スイスフラン
NZドル/円香港ドル/円NZドル/米ドル米ドル/円(ラージ)
スイスフラン/円シンガポールドル/円ユーロ/英ポンド
カナダドル/円ポーランドズロチ/円ユーロ/豪ドル
南アフリカランド/円ノルウェークローネ/円英ポンド/豪ドル

みんなのFXのスプレッド(取引コスト)──高シェアFX会社と同水準

みんなのFXの対円通貨ペアのスプレッドは以下の通りだ。

米ドル/円0.2銭ノルウェークローネ /円1.9銭
ユーロ/円0.4銭ポーランドズロチ/円2.8銭
豪ドル/円0.6銭香港ドル/円1.8銭
英ポンド/円0.8銭シンガポールドル/円2.8銭
NZドル/円1.0銭人民元/円0.9銭
カナダドル/円1.6銭南アフリカランド/円0.9銭
スイスフラン/円1.7銭メキシコペソ/円0.3銭
スウェーデンクローナ /円1.9銭トルコリラ/円1.6銭

みんなのFXのスプレッドを、矢野経済研究所「外為有力FX企業17社 月間データランキング(2020年1月公表)でシェア上位のFX会社4社と比較してみよう。比較する通貨はメジャーな「米ドル/円」「ユーロ/円」「豪ドル/円」の3通貨とする。

いずれの通貨でも、みんなのFXより低いスプレッドで取引できる会社は存在するが、ほぼ同水準で、同社のスプレッドは確かに業界最低水準といえるだろう。

みんなのFXは、2018年に下記6通貨ペアのスプレッドを業界最低水準にする旨の宣言を公表した。

  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • 豪ドル/円
  • 英ポンド/円
  • NZドル/円
  • ユーロ/米ドル

2020年9月現在でも宣言は続いており、今後も業界最低水準のスプレッドが期待できるだろう。

みんなのFXの取引ツール──無料取引ツール 取引成績の分析やデモ取引ツールも

みんなのFXが提供する無料取引ツール「FXトレーダー」は、レイアウトを自在に変更できる本格的なツールと言える。各項目が1つのパネルになっており、パネルを任意に配置することで1画面に必要情報をまとめることができる。

「Myパフォーマンス」は、みんなのFXでの取引成績を分析できるツールだ。期間ごとの収益率や勝率など20項目の分析が可能で、みんなのFX内の成績ランキングに参加することもできる。

みんなのFXデモ取引」は、100万円の仮想資金でFX取引を体験できるツールだ。実際のレートで、実際の取引ツール(WEBブラウザ版)を使って売買する体験が可能なため、自己資金で始める前に様々な面を試すことができる。

みんなのFX「FX トレーダー アプリ版」はAndroid、iPhoneに両対応

「FXトレーダー アプリ版」ではスマートフォンでのFX取引が可能だ。端末はiPhone、Androidの両方に対応している。

初めて使用する人にもレートやチャートが分かりやすいシンプルな画面が特徴だ。FXに関するニュースも閲覧することができる。

スピード注文、クイック決済に対応しているので、売買したいタイミングですぐに発注が可能となっている。パソコンを持ち歩く習慣がない人でもスマートフォンからすぐに売買ができるのは便利だ。

チャート分析に関してもパソコンと同じようにできる。移動平均線、一目均衡表も見やすくテクニカル分析が可能だ。

ランキングから自動売買プログラムを選ぶ「みんなのシストレ」

トレイダーズ証券の「みんなのシストレ」は、すでに売買条件をプログラムされた「ストラテジー」を選ぶ選択型の自動売買取引だ。

ストラテジーは、ストラテジーの実績ランキングのほか、ストラテジーで実際に取引しているユーザーの実績ランキングからも選べる。

通貨ペア、取引単位については上記と同様だ。27通貨ペアを1,000通貨単位で取引できるようになっている。

みんなのFXの評判──低い取引コストが好評

みんなのFXは「みんかぶFX 口座比較ランキング」「価格.com FX口座人気ランキング」「ZAI FX!ザイ読者が選んだFX会社総合ランキング」といった各種調査で上位にランクインしている。同社の低い取引コストが評価のポイントになっているようだ。口コミでも、取引コストについて概ね好評を得ており、全体的に好感されている。

みんなのFXのクチコミ(口コミ)・評判は?

LINEで気軽に問い合わせできるのは助かる

みんなのシストレ(「みんなのFX」で実際に取引をしているリアルなトレーダーの取引をもとに、24時間自動売買を行うサービス)が利用できるので、自分自身に特別な知識がなくてもFX投資することができるところがとても良いです。気になったトレーダーやもしくはロボット運用によるストラテジーを選ぶだけで、そのトレーダーやストラテジーがエントリーした時に、自動的に自分の口座でも同じ取引を行ってくれています。なので、自分自身に特別な知識がなくてもよく、FX投資が初めのトレーダーにはおすすめのFX業者だと感じています。各トレーダーやストラテジーごとにパフォーマンスを確認することもできるので、自分の投資スタイルに合った相手を選ぶことができるのも良いところだと感じています。

★★★★★5点
(30代・男性)

サポートも優秀、問い合わせには毎回当日中に返信があった

サブ口座として使用しています。スプレッドは他の証券会社と比較しても狭いので非常にありがたいです。また、指標時でもスプレッドはあまり広がりません。特によく取引するドル円が狭くてトレードしやすい。サポートも優秀で、何度か問い合わせをしたが全て当日中に返信がありました。チャートについては、他社と大きな差はないため何とも言えません。 スマホアプリについても同様です。最小枚数が1000通貨からなので、初心者や資金の少ない人に向いているかと思います。

★★★★★3点
(30代・男性)

複数のFX会社を使用、みんなのFXはサービスも良く満足度高め

複数のFX会社を使っていますが、みんなのFXはサービスも良く満足度は高めです。成行注文時に損切り注文を出すことができ、さらに損切りする際の設定幅にも制限がないので好印象を持っています。注文を変更するときにLotの変更もでき、注文画面が見やすくポジションの把握がしやすいです。スプレッドは優秀で、スワップの水準も比較的高く1000通貨からスタートできるので初心者にも紹介しています。サポートは担当者にもよりますが、ほとんどの人が親切で丁寧な対応でした。速度や安定性は問題なく、トレードツールは並みのレベルです。

★★★★4点
(50代・女性)

みんなのFXの口座開設方法──必要書類にはマイナンバーも

みんなのFXの口座開設方法は以下の3つの手順で可能だ。

  1. メールアドレスの登録と必要事項の記入
  2. 必要書類をアップロードする
  3. 本人確認後にログインをして取引が可能に

メールアドレスの登録と必要事項の記入

まずメールアドレス、パスワード、生年月日を入力し仮登録をおこなう。仮登録後に本登録用のメールアドレスが送られてくるので開く。

口座申込フォームから必要事項を記入しよう。このとき「みんなのFX」と「みんなのシストレ」を同時に申込むことになる。

必要書類をアップロードする

次に、必要書類をアップロードしよう。アップロードフォームからインターネットでアップロードできるが、FAXや郵送での必要書類の送信も可能だ。

必要書類は本人確認書類とマイナンバー書類が必要になる。
本人確認書類は顔写真付きの運転免許証、パスポート、マイナンバーカードの表面、顔写真のない健康保険証も認められる。

マイナンバー書類はマイナンバーカードの裏面、通知カード、マイナンバーを含む住民票の写しが必要になる。
マイナンバーカードがあれば必要書類は1つで済むので、用意できるなら用意しておきたい。

本人確認後にログインをして取引が可能に

必要書類のアップロードが終わると口座開設の審査がおこなわれ、審査は最短で当日中に完了する。

審査に問題がなければ本人確認コードが郵送されるので、ログインをして入力しよう。入金後に取引が可能となる。

入金方法はダイレクト入金と振込入金の2種類から選択可能で、入金手数料が無料になるダイレクト入金がお得だ。

ダイレクト入金は提携銀行の口座を持っていればリアルタイムで入金が可能になるサービスで、ゆうちょ銀行、みずほ銀行、楽天銀行などが対象だ。
地方銀行にも対象となる銀行が多く存在している。

みんなのFXのキャンペーン

お友達紹介プログラム──双方に3,000円キャッシュバック 常設キャンペーン

知人を紹介し、口座開設後に一定以上の取引がされることで、3,000円が紹介者、被紹介者双方にキャッシュバックされる。

条件と手順は以下の通りだ。

  1. 紹介者が、みんなのFXのHPにて専用の紹介メールを送信する
  2. 被紹介者は、紹介メールより口座を開設する
  3. 被紹介者が口座を開設した月の翌々月末までに、双方ともに30万通貨以上の取引を行う

これは常設のキャンペーンだが、みんなのFXの判断で終了する可能性もあることに留意したい。

みんなのFXにログインできない場合の対処方法

みんなのFXに口座を開設してログインできない場合、まずはログインIDとパスワードを確認しよう。

確認してもログインできない場合はみんなのFXのお問い合わせフォームからログインIDとパスワードを再送信してもらうことでログインができるようになる。

ログインIDを忘れやすい人はログインIDを保存してパスワードだけを入力するようにしよう。

また、アプリ版を利用している場合は機種によっては対応していない場合があるので、アプリ版を利用するときは対応機種であるかどうか確認が必要だ。

【注目】有力FX会社の早見表(スタイル&ニーズ別)

短期で取引したい(デイトレ&スキャルピング)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか約定スピードドル円 スプレッド通貨ペア数最小取引単位シストレ対応
JFXスキャルピング公認。高速取引専用ツールが魅力数秒単位のスキャルピングに対応。
MT4に対応
4社で唯一数秒単位のスキャルピング「秒スキャ」に言及
超短期トレーダーはJFX推奨
最速:0.001秒 平均:0.005秒 (2020年7月実績)0.2銭2610,000通貨×
LION FX(ヒロセ通商)スキャルピング公認。取扱通貨ペアは業界最多水準大口ならキャッシュバックキャンペーン手厚い
通貨ペア数が多く、スキャルピングの選択肢が広い
数十万円キャッシュバックの取引キャンペーンが定番
大口トレーダーに推奨
最速:0.001秒 平均:0.003~0.005秒 (2020年7月実績)0.2銭501,000通貨×
セントラル短資FXスキャルピング向けに「1クリック注文」用意4社で最もドル円スプレッド安いドル円メインのトレーダーに向く0.1銭251,000通貨
OANDA スキャルピング公認。95%以上の注文が0.001秒で処理口座開設者に世界7拠点からマーケット情報提供口座開設者は「OANDAラボ」から情報提供受けられる
情報も重視したい方はOANDA
新規注文の99%が0.001秒で処理 (2021年5月3週実績)0.3~0.4銭4010,000通貨
※OANDAは「東京サーバー」コース(その他コースでは1通貨単位、69通貨ペアも)

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

②スプレッド重視(とにかく取引コストを低く)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか米ドル円ユーロ円ポンド円豪ドル円NZドル円
ネオモバFXドル円スプレッドが最低0銭「Tポイント」で取引可能TポイントでFXと株式の取引可能
ポイントで疑似体験したい方に向く
0~0.3銭0.4~0.6銭0.9~1.1銭0.6~1.1銭1.2~2.5銭
ゴールデンウェイ・ジャパン大口取引も低スプレッド 1万通貨超なら3社で最も低い(ドル円)1万通貨超なら3社で最低
取引金額が大きい方に推奨される
0.1銭0.3銭0.6銭0.4銭1.0銭
SBI FXトレード1,000通貨以下なら低スプレッドで原則固定3社で最も通貨ペアが多い3社で最も通貨ペアが多いが、1,000通貨超のスプレッドは変動制
少額トレーダーに向く
0~0.1銭0.3銭0.69銭0.4銭0.9銭

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

③中長期で取引したい(スワップ=金利収入重視)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか米ドル円ポンド円ランド円メキシコ円トルコ円最小取引単位通貨ペア数スプレッド(米ドル/円)シストレ対応
みんなのFX高水準スワップが魅力「オプション」取引も可能(LIGHT FXはFXのみ)「オプション」のほか「自動売買」に対応(LIGHT FXはFXのみ)
FX以外の選択肢も持ちたい方に推奨
32円259円50.7円35.7円292円1,000通貨270.2銭
LIGHT FX新興国通貨スワップに強み新興国通貨スワップが「みんなのFX」より高い傾向新興国通貨スワップが「みんなのFX」より高い傾向
高金利通貨のスワップを獲得したい方に向く
31円259円63.7円49.7円292円1,000通貨270.2銭×
表中のスワップポイント(米ドル円~トルコリラ円)は「2021年5月24~28日の累計 1万通貨の買い」の数値

※トルコリラ/円に特化した図表は、下記の記事内を参照されたい。

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

④少額取引(数円~数千円で始めたい初心者&取引金額を細かく調整したい方)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか
SBI FXトレード全34通貨ペアで1通貨単位取引OK唯一マイナー通貨の少額取引可能「ブラジルレアル」などのマイナー通貨も取り扱う
さまざまな通貨で少額FXを行いたい方に推奨される
ネオモバFX最低取引単位1通貨スプレッド0はネオモバだけ(ドル円、1,000通貨以下)1,000通貨以下のドル円スプレッド0
少額かつドル円トレーダーに推奨
LINE FX1,000通貨単位取引。いつもの「LINE」で取引可能3社で唯一米国株取引可能「国内株」「米国株」「投資信託」を取り扱い、いずれも少額取引可能。3社で最も選択肢が多い
FX以外の少額取引を行いたいならLINE FX

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑤自動売買(時間が無い方向け。プログラムによる取引)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか種類
アイネットFXリピート系「ループイフダン」平均利益率127%(2020年度)デモ口座あり。ループイフダンのオンラインセミナーもループイフダンはデモ口座対応。自動運用を仮想の資金で試せる
使用感を事前に試したい方に推奨
リピート系
FXブロードネット自動売買ツール「トラッキングトレード」。利益実績84.8%(2014年10月15日~2021年3月31日)9つの取引コースを用意。複数コースの保有OKルールが異なる取引コース9種。複数のコースを持てるため取引の目的ごとに使い分けられる
取引管理を重視したい方に向く
リピート系
インヴァスト証券プログラムをリストから選ぶ選択型システムトレード「トライオートFX」ETF(上場投信)の自動売買も可能売買プログラムを選ぶほか、自分で設定もできる。またETF(上場投信)も同じツールで自動売買できる
より発展的な自動売買を行いたい方にはインヴァスト証券が推奨される
選択型
アヴァトレード「MT4(世界的な取引ツール)」対応の本格システムトレード4社で唯一MT4対応。独自売買プログラムも提供4社でMT4に対応しているのは同社だけ。「AMMA」または「DUPLI TRADE」に申し込むと独自の売買プログラムを利用できる。
MT4で本格的な自動売買を行いたい方に向く
選択型

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑥サポート重視(初心者&夜間取引が多い人向け)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くかその他の問い合わせ窓口
外為どっとコム24時間電話受付。為替のプロが対応税金やマーケット情勢についても回答オペレーターは為替のプロ。オンラインFXセミナーも頻繁に行われる
初心者のエントリー口座として特に推奨
メール
外為ジャパン電話&LINEで24時間対応。LINEも24時間対応高機能FXツール「プレミアチャート」を無料提供。値動きを詳細に分析できる
本格的な取引も行いたい方に向く
メール、LINE
DMM FXコールセンターは24時間受付。メールやLINE、AIチャットも3社で唯一株式取引可能(株式も24時間サポート対応)「株式」「CFD」を取り扱い、いずれも24時間サポートの対象。独自の競走馬ファンドサービス「BANUSY」はユニーク。
サポートのほか選択肢も重視したいならDMM FXが推奨される
メール、LINE、AIチャット

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑦取引ツール重視(MT4など)

 ポイント最小取引単位通貨ペア数ドル円 スプレッドシストレ対応
FXTFFXTF情報局ではFXに関する情報を提供、コストが低い10,000通貨300.1銭×
JFXスキャルピング可能で短期売買がしやすい10,000通貨260.2銭×
アヴァトレードシストレ可能であり、MT4の次世代ツールMT5にも対応1,000通貨501.1銭
OANDA 対応通貨ペアの種類が多い1通貨690.3銭~0.8銭×

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑧デモ口座のあるFX会社

 最小取引単位通貨ペア数ドル円 スプレッドシストレ対応
DMM FX10,000通貨210.2銭×
アイネットFX10,000通貨240.7銭~1.8銭
FXTF10,000通貨300.1銭×
JFX1,000通貨260.2銭×
LION FX1,000通貨500.2銭×
FXブロードネット1,000通貨240.2銭
アヴァトレード1,000通貨551.1銭
セントラル短資FX1,000通貨250.1銭
OANDA1通貨690.3銭~0.8銭×
外為どっとコム10,000通貨300.2銭×
みんなのFX1,000通貨270.2銭
2021年6月1日現在

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑨「提供情報の多さ」重視(知識をつけたい・戦略を練りたい)

FX会社概要
LIGHT FX金融情報サービス「FXi24」を通じて為替ニュースを閲覧できるほか、重要度がひと目で分かる経済指標カレンダーも公表
インヴァスト証券自動売買ができるトライオートFXでは、自動売買に関する知識が丁寧に紹介されており、初心者でも無理なく自動売買に挑戦できるようになっている
LINE FX何よりの強みと言えるのが、LINEで為替や相場に関するニュースを受け取ることができることだ。経済指標の発表に合わせて通知がすぐに送られてくるため、チャンスやピンチに素早く反応することができる

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

FX会社名 ポイント
DMM FX 口座開設数は国内最大級
SBI FXトレード 最小1通貨から取引可能、積立FXも対応
LIGHT FX スワップポイントに定評、実践的な情報コンテンツ
外為ジャパン 1,000通貨単位、クイック入金や24時間サポート体制
楽天FX 楽天ポイント・グループのシナジーで若者が流入
マネックス証券 リスク管理しやすい仕様、外貨出金が可能
LINE FX シンプル設計や通知機能がライトユーザーに便利
ゴールデンウェイジャパン スプレッド業界最狭水準、MT4利用可
FXブロードネット 豊富な取引コースや自動売買が好評
LION FX(ヒロセ通商) 最高水準の取扱通貨ペア数、多様なキャンペーン
ネオモバFX Tポイント利用可、少額からの投資にも強み
トライオートFX 自分で自由度高く作成可能な「設定型」の自動売買
JFX 約定力に定評、スキャルピングも
セントラル短資FX 値動きを予測する「みらいチャート」が好評
OANDA Japan 豊富なテクニカル指標・描画オブジェクト標準装備
アヴァトレード・ジャパン 日本初MT5に対応
アイネットFX 裁量取引も、自動売買取引も可能
更新日:2021/01/25

動画でもFXを勉強(松井証券によるFX動画の例)

たとえば「MATSUI FX」(通貨ペアの追加や主要ネット証券初の1通貨単位取引導入など、2021年2月にサービス内容がリニューアルされた)を運営する松井証券は以下のように動画でFXについて解説するシリーズを用意している。

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする