みんなのFXの評判・口コミ|口座開設方法・キャンペーン

(公開日:

 

【結論】みんなのFXはどのような人におすすめなのか

みんなのFXは、LIGHT FXも運営するトレイダーズ証券のFX事業である。トレーダーにとっては取引コストであるスプレッド(※1)、そして建玉(※2)を保有するだけで利益として受け取ることができるスワップポイント(※3)は業界内でも高水準となっている。

また、FXの基礎知識に関するオンラインセミナーも開催していることに加えて、最小取引単位も1,000通貨と低く設定されているため、取引経験のない初心者でも学びながら、安全に取引できるFX会社と言えるだろう。

一方、マーケットニュースの情報ソースが少ないため、他の情報サイトなどを併用してカバーする必要がある。

しかし、代表的な取引ツールの「FXトレーダー」は1画面に必要な情報が集約されており、画面レイアウトを自由にカスタマイズできる機能もトレーダーにとって有用性が高いことから、全体的なサービスは他社と比較しても良質である。

※1:スプレッドとは、FX会社が設定している売値と買値の差額であり、トレーダーにとっての実質的な取引コストである。
※2:建玉とは、注文してから決済していない取引のことであり、ポジションとも呼ばれる
※3:スワップポイントとは、2つの通貨における金利の差額であり、トレーダーは毎日利益として受け取ることができる。

みんなのFXを実際に利用している人の評判・口コミ

みんなのFXを実際に利用しているトレーダーの良い評判と悪い評判を見ていこう。

良い評判・口コミ

まずはみんなのFXを使っている人の良い評判・口コミを紹介する。

スワップポイントが高いのでかなり稼ぎやすい

スワップポイントが非常に優れているので利益を出しやすい点が気に入っています。デザインが見やすく、サポートもいい。

★★★☆☆3.8点
(40代・女性)

スワップが狭く利益を生みやすい仕組みが出来ている。損が少なく作業できて良い。

★★★★☆4.2点
(30代・男性)

スワップポイントは2つの通貨間における金利差を利益として毎日得られる仕組みであり、FX会社によって設定値が変動する特徴がある。

みんなのFXは業界でも最高水準のスワップポイントを提供しており、トレーダーからの良い評判に繋がっている。

ちなみにFXで最もスワップポイントが高いトルコリラ/日本円は、1万通貨あたり44円に設定されており、5~10円程度に設定しているFX会社もあることを考慮すれば、十分に高水準といえるだろう。

スプレッドが狭く気軽にFXを始められる

スプレッドが狭くて取引のコストが低いところが良いと思います。電話サポートが丁寧で助かりました。

★★★★☆4.0点
(40代・男性)

とにかくスプレッドが狭いためにとても稼ぎやすくていいなと感じました。

★★★☆☆4.0点
(20代・男性)

みんなのFXのスプレッドは業界内でも大変狭い水準となっており、トレーダーから良い評判を獲得している。

ちなみにスプレッドとはFX取引における売値と買値の差額を指しており、実質的な取引コストにあたる。

具体的には、スプレッドが0.5円に設定されている米ドル/日本円を100円で買った場合は、0.5円分の損失が発生している状態から始まることになり、100.5円以上に上昇するまでは利益が得られないのである。

そして、みんなのFXは米ドル/日本円やユーロ/日本円といった主要通貨ペアはもちろん、トルコリラ/日本円といった比較的取引量の少ない通貨ペアに関してもバランス良く狭い設定となっている。

画面が見やすく最新の状況を把握しやすい

画面が見やすく、1画面で確認できるため、最新の状況を把握しやすいです。

★★★☆☆3.7点
(40代・男性)

中上級者はもちろん、とくに初心者にとって取引ツールの使いやすさは、利益を上げるために重要なポイントといえるだろう。

たとえば、注文ボタンがわかりにくければ売りと買いの発注ミスに繋がり、搭載されている機能を利用するためにこまかく画面を切り替えていては、取引に時間がかかってしまう。

一方、みんなのFXの取引ツールは画面が見やすく、必要な情報を1画面で確認できるという良い評判を得ていることから、そういったリスクを削減できる期待が持てる。

そして、みんなのFXのメイン取引ツールである「FXトレーダー」は、チャート画面、注文画面、マーケットニュース、口座の資金状況といった情報が1画面に集約されている。

注文パネルも大きく配置されているため初心者にもわかりやすい。

また、画面レイアウトもトレーダーの好みにカスタマイズ可能であることから、自身にとってより使いやすい仕様にすることも可能だ。

悪い評判・口コミ

続いてみんなのFXの悪い声を見ていこう。

取引ツールのテクニカル指標が少ない

取引ツールのテクニカル指標が少ない。ツールが使いづらく取引に時間がかかってしまった

★★★☆☆3.6点
(30代・女性)

テクニカル指標はチャートの形状から将来的な値動きを予測するツールであり、FXの分析においては必要不可欠といえるだろう。

そして、みんなのFXの取引ツールに搭載されているテクニカル指標は10種類となっており、トレーダーから少ないという声があがっている。

実際のところ、豊富なFX会社では30~50種類を搭載していることを考慮すれば確かに低水準となっている。

一方、値動きが反転するポイントや、上昇、あるいは下落トレンドかを判断できる移動平均線、そして同じく反発ポイントと価格変動の勢いが目で見て判断できるボリンジャーバンドといった代表的なテクニカル指標は提供していることから、基本的な分析を行う上では問題ないといえるだろう。

スプレッドが広がる時間帯がある

スプレッドが広がる時間帯がある。初心者向けとうたわれていますが、初心者には少し難しいのではないかと感じています。

★★★☆☆3.5点
(20代・男性)

みんなのFXが提供しているスプレッドは業界最狭水準となっているが、時間帯によってはスプレッドが広がる点が悪い評判につながっている。

ここではまず、スプレッドの幅が変動する仕組みについて触れておきたい。

基本的にみんなのFXのスプレッドは幅が固定されているが、相場の値動きが大きくなる可能性の高い重要経済指標発表(※4)前後や、参加しているトレーダーの少ない日本時間の早朝などは流動性が低下することから、スプレッドが拡大することがある。

一方、この特徴はどのFX会社でも共通して起こり得る問題であり、先ほどあげた流動性の低下する時間帯はトレードを行わないのが一般的であるため、トレーダー自身の心がけ次第で回避できる問題点といえるだろう。

※4:重要経済指標発表とは、経済状況の数値の中でも特に重要とされるものであり、雇用統計や政策金利などがあげられる。

他と比べると情報量が少ない

ツールが少ないので、情報を集めるためには、他の情報サイトを使う必要があります。

★★★☆☆3.7点
(40代・男性)

取引をするのに情報が少ないので他のサイトで情報収集をしないといけないところはデメリットに感じた。

★★★☆☆3.8点
(30代・男性)

FXの取引ツールではマーケットニュースがチェックできる一方、みんなのFXにおいてはその情報量が少ないというトレーダーの声がある。

これはFX会社が契約している情報ベンダー(※5)の数が影響しているため、そのポイントを押さえておく必要があるだろう。

たとえば、みんなのFXが契約しているのは「FXi24」という情報ベンダー1社だが、さらに多くの種類、あるいは異なる会社と契約しているFX会社も存在している。

当然そちらの方がより多くの情報を得ることが可能である。

したがって、相場の動向や各国の経済情勢を把握することが重要なFXにおいて、情報量の少なさはトレーダーにとって不利なポイントであり、他の情報サイトなどを組み合わせて運用するなどの対策が必要となるだろう。

※5:情報ベンダーとは、株式やFXといった金融市場の情報を専門に取り扱う配信元である。

みんなのFXのメリット・デメリットまとめ

ここからは、みんなのFXのメリットとデメリットについて見ていこう。自身にマッチするFX会社かどうかを判断するため、ぜひ両方の側面を把握してほしい。

メリット

  • 1,000通貨から取引できるため少額取引が可能
  • オンラインセミナーが充実している
  • システムトレードが無料で利用できる

みんなのFXは最小取引単位を1,000通貨に設定しているため、米ドル/日本円が110円と仮定すると4,400円程度から取引が可能である。

実際のところ、10倍にあたる10,000通貨に設定しているFX会社も多いことを考慮すれば、少額資金で安全にFXが始められるポイントは大きなメリットといえるだろう。

また、みんなのFXはオンラインセミナーも充実しており、初心者向けの基礎講座、より専門的なスキルアップ、そしてマンツーマンのプライベートコースを選べる上に、YouTubeでも無料動画セミナーを配信している。

そして、みんなのFXは「みんなのシストレ」というシステムトレード(※6)も無料提供しており、実際に取引をしている成績上位のトレーダーの手法を基に構築されたプログラムを選択することで、初心者でも自動で利益が得られるだろう。

以上のことから、みんなのFXは中上級者はもちろん、特にFXの知識やスキルに自信のない初心者にとって大きなメリットのあるFX会社となっている。

※6:システムトレードとは、設定された売買ルールに基づいて自動で取引を行うシステムである。

デメリット

  • マーケットニュースが少ない
  • テクニカル指標が少ない
  • メンテナンス中は取引できない

悪い評判でも解説した通り、みんなのFXは一つの情報ベンダーしか契約していないため、相場における十分な情報を入手することは難しいだろう。

テクニカル指標が10種類しか利用できないことも、トレーダーの分析手法を限定してしまうデメリットである。

また、みんなのFXでは以下の時間帯で毎日メンテナンスを実施しており、その間は取引を行うことができない。

米国冬時間
(11月第1日曜日~)
月曜日:
午前6:00~午前6:25
火曜日~日曜:
午前6:50~午前7:10
米国夏時間
(3月第2日曜日~)
月曜日 午前:
6:00~午前6:25
火曜日~日曜日:
午前5:50~午前6:10

ちなみに上記の時間帯でも為替相場自体は通常通り動いている。

たとえば直前に新規注文を行い、万が一予想に反した急激な値動きが発生した場合は、メンテナンスが明けたと同時にロスカット(※7)になってしまう可能性もゼロではないため、みんなのFXを利用する上では注意してほしい。

※7:ロスカットとは、口座に入金されている資金に対して一定以上の損失が発生した場合に、FX会社によって強制的に決済されるシステムである。

デメリットを補うには

ここまでは、みんなのFXにて想定されるデメリットを解説したが、次はそれらを補うことができるFX会社の解説を行う。

今回は「外為オンライン」「GMOクリック証券」「DMM FX」の3社をおすすめしたい。

FX会社 情報ベンダー テクニカルチャートの種類 メンテナンス時間
外為オンライン ・FXi24
・Market Win24
・ロイター
26種類 火曜~金曜:
5:55~6:05
土曜:
5:55~12:00
GMOクリック証券 ・Market Win24
・ダウジョーンズ
38種類 土曜:
8:00~9:00
DMM FX ・FXi24 29種類 土曜:
12:00~18:00

みんなのFXの詳細まとめ

出典:みんなのFX

自身にマッチしたFX会社を選定するには、より詳細なサービスや機能を把握する必要があるだろう。そこでここからは、みんなのFXのスプレッドやスワップポイントなどをより詳しく解説していく。

スプレッド

みんなのFXは29種類の通貨ペアを取り扱っており、業界最狭水準のスプレッドを提供している。

以下は主要通貨のスプレッドであるため、ぜひ参考にしてほしい。

通貨ペア スプレッド
米ドル/日本円 0.2銭
AM8:00~翌日AM5:00
原則固定(例外あり)
ユーロ/日本円 0.4銭
AM8:00~翌日AM5:00
原則固定(例外あり)
英ポンド/日本円 0.8銭
AM8:00~翌日AM5:00
原則固定(例外あり)
豪ドル/日本円 0.6銭
AM8:00~翌日AM5:00
原則固定(例外あり)
トルコリラ/日本円 1.6銭
AM8:00~翌日AM5:00
原則固定(例外あり)
南アフリカランド/日本円 0.9銭
AM8:00~翌日AM5:00
原則固定(例外あり)

スワップポイント

みんなのFXの高金利通貨ペアにおける、1万通貨あたりのスワップポイントは以下の通りとなっているため、取引の際はぜひ参考にしてほしい。

通貨ペア スワップポイント
トルコリラ/日本円 44円/1日
南アフリカランド/日本円 10円/1日
メキシコペソ/日本円 5円/1日
ロシアルーブル/日本円 20円/1日

また、通貨発行国が金利を変更した際は、スワップポイントについても変動する可能性があるため、経済指標発表やマーケットニュースをこまめに確認する必要があるだろう。

みんなのFXスワップカレンダー

取引ツール

みんなのFXでは「FXトレーダー」の他にも2種類の取引ツールを提供しているため、以下を参考に自身にマッチするものを選んでほしい。

webトレーダー

ブラウザ版の取引ツールであり、複数通貨の注文パネルを同時に表示可能。マーケットニュースも一つの画面で確認できる使いやすさを備えている。

また、全体的な文字やレイアウトが大きくて見やすいポイントも初心者にとってはメリットといえるだろう。

FXトレーダー【アプリ版】

スマホアプリ版のFXトレーダーはiPhoneとアンドロイドに対応しており、チャートやマーケットニュース、注文操作を直感的に行うことができる。

そして、PCと遜色ないテクニカル指標も搭載しており、出先であっても精度の高い取引が可能である。

カスタマーサポート

みんなのFXのカスタマーサポートは2種類の窓口を設けており、メールの問合せは24時間対応している一方、回答に時間がかかる点には注意が必要である。

また、電話対応は以下の時間に対応しているため、目的に応じて使い分けるようにしてほしい。

問い合わせ内容 対応時間
取引に関する問合せ 平日午前7時~午後10時
口座開設に関する問合せ 平日午前9時~午後6時

みんなのFXの口座開設方法

「みんなのFX」で取引をするには、はじめに口座の開設が必要だ。口座を開設するには、本人確認書類とマイナンバーが確認できる書類を用意する必要があり、提出方法は3つの中から選ぶことができる。

口座開設の流れ

必要書類の提出には「スマホで本人認証」、「Webアップロード」、「郵送」という3つの方法があるが、すべてに共通する口座開設の流れは、次の通りである。

  1. メールアドレスの登録
  2. お客様情報の入力
  3. 顔写真と必要書類の提出
  4. 審査完了後、入金して取引開始

メールアドレスでアカウントを仮登録し、届いた確認メールから本登録を完了させた後、口座申し込みフォームより必要事項を入力し、本人確認書類を提出する。

この書類の提出方法によって取引開始までにかかる時間が異なり、「スマホで本人認証」の場合、最短で申し込みの約1時間後に取引開始となる。

本人確認書類の提出

「スマホで本人認証」とは、スマホのカメラで写真付き本人確認書類と顔写真を撮影するだけで、本人確認が完了するサービスだ。

ネット上ですべての手続きが完結するため、金曜日の21時までに「スマホで本人認証」をして必要書類に不備がなかった場合、即日で審査が完了する。

最短では口座開設申し込みをした1時間後に取引が可能となる。

「スマホで本人認証」を利用しない場合は、「Webアップロード」または「郵送」で本人確認書類を提出する。この場合は審査完了後、「本人確認コード」を記載した書類が、転送不要の簡易書留郵便にて送られてくる。

このとき、登録メールアドレス宛に口座開設完了のメールが届くので、そこに記載されているログインボタンからログインをおこない、郵送で届いた書類に記載されている「本人確認コード」を入力すれば、手続きは完了だ。

最後に、ダイレクト入金または振込で資金を入金後、取引開始となる。

みんなのFXキャンペーン

現在、みんなのFXでは「新規口座開設キャンペーン」と「ロシアルーブル/円取扱記念キャンペーン」の2つのキャンペーンが開催中だ。

新規口座開設キャンペーン

出典:みんなのFX

「FX口座開設キャンペーン」は、キャンペーン期間中に口座を開設して次の条件をそれぞれ達成すると、最大50,000円がプレゼントされるキャンペーンである。

FX口座の取引量(新規注文のみ) キャッシュバック金額
30Lot~100Lot未満 1,000円
100Lot~500Lot未満 3,000円
500Lot~1,000Lot未満 10,000円
1,000Lot~2,500Lot未満 15,000円
2,500Lot~5,000Lot未満 30,000円
5,000Lot以上 50,000円

新規口座申し込み月の翌々月末の、最終営業日マーケットクローズまでにこれらの条件を達成すると、新規口座申し込み月の3ヶ月後の中旬に、口座へキャッシュバックされる仕組みだ。

  • 開催期間(新規口座申込期間):2021年7月1日(木)5:50から2021年10月1日(金)5:50まで

なお、このキャンペーンは申し込み制のため、参加するには「キャンペーン専用申し込みフォーム」からの申込みが必要である。

ロシアルーブル/円取扱記念キャンペーン

出典:みんなのFX

「ロシアルーブル/円取扱記念キャンペーン」は、期間中、 ロシアルーブル/円のスワップポイントが、買スワップ100万通貨あたり200円という高水準で提供されるキャンペーンだ。

  • 開催期間:2021/8/16(月)~2021/9/30(木)

加えて、ロシアルーブル/円を新規1Lot(10万通貨)以上取引した人の中から抽選で100名に、銀座にあるロシア料理の名店「ロゴスキー」の味を自宅で食べられるロシア料理セット(いなか風ボルシチ5食分とビーフストロガノフ5食分)が当たる。

さらに、抽選で外れた人の中から540名にAmazonギフト券500円分がプレゼントされるWチャンスもあり、新規10Lot(100万通貨)以上取引した場合は、抽選口数が2倍となる。

このキャンペーンも申し込みが必要なため、「キャンペーン専用申込フォーム」から忘れずに申し込んでおこう。

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする