マネックスFX(マネックス証券)の概要や評判、取引コストを解説

マネックスFXはネット証券「マネックス証券」が手がけるFX専用口座だ。レバレッジの上限を5つのコースから選択でき、リスク管理しやすい仕様になっている。

取引通貨は少ないが、対円通貨ペアは比較的多い。1万通貨以下の取引コストは他社と比較しても低水準で、初心者が取引しやすい環境を提供している。

マネックスFXの概要――5つのレバレッジコースを選択できる

マネックスFXを手掛けるマネックス証券は「FX PLUS」も展開するが、「FX PLUS」は株式などの総合証券口座の一部という扱いで、マネックスFXはFX専用口座という立ち位置だ。

マネックス証券のFX口座数は約26万口座(2020年9月末)で、自己資本比率は327.6%(2020年6月末)となっている。

1,000通貨単位の取引――レバレッジは5つのコースから選択 

マネックスFXでは1,000通貨単位で取引を行う。「レバレッジ」の上限は5つのコースから選択が可能だ。

FXでは入金した自己資金以上の金額の取引が可能で、自己資金に対してどれくらいの金額まで取引できるかを表したのが「レバレッジ」だ。マネックスFXではレバレッジについて「1倍」「2倍」「5倍」「10倍」「25倍」のコースから選択することができ、レバレッジに上限を設けることができる(金融庁の定めではレバレッジは25倍まで認められている)。

一般にレバレッジが高いほどリスクが高い取引になる。たとえば自己資金100万円であれば最大でレバレッジ25倍の2,500万円の取引が可能だが、一方で4%の損失が記録された時点で、入金した自己資金のすべてを失うことになる。

マネックスFXの場合、自己資金のすべてを失う前に「自動ロスカット」が入る。自己資金が、ポジションの必要証拠金を一定以上割り込んだ場合に発動するが、以下のように設定できる。

レバレッジコース設定できるロスカット基準額
1~10倍コース30%、40%、50%、60%、70%、100%
25倍コース50%、60%、70%、100%

たとえば自己資金100万円で2,500万円分のポジションを持っている場合、必要証拠金は100万円だ。ロスカット基準額を50%に設定した場合、自己資金が50万円を下回った際に自動ロスカットがなされる。

取り扱い通貨は16 対円通貨は13種

マネックスFXの取り扱い通貨ペアは以下の16種だ。

16種の取り扱い通貨ペアは、FX会社としては決して多い方ではない。ただ、対円通貨が13種というのは高シェアFX会社と比較しても遜色がないレベルだ。

マネックスFXの通貨ペアの数を他のFX会社と比較してみよう。比較対象は、矢野経済研究所公表「有力FX会社17社の月間データランキング(2019年11月)」の、「口座数」「預かり資産」項目において上位5位までにランクインするFX会社とした。

マネックスFXの取り扱い通貨ペアは決して多くないが、対円通貨ペアに限れば他社に遜色ない程度の選択肢が確保されている。対円通貨ペアの取引をメインに行う場合は困ることもないだろう。

外貨のまま出金が可能――両替の手段に

マネックスFXでは「米ドル」「ユーロ」の外貨出金が可能だ。別途手数料が掛かるが、銀行や空港で両替するより比較的低いコストで外貨を取得することができる。手数料については以下の通りとなっている。

手数料
米ドル/円の取引コスト1万ドル以下:0.2銭
100万ドル以下:0.3銭
ユーロ/円の取引コスト 1万ユーロ以下:0.4銭
100万ユーロ以下:0.5銭
両替取引:コンバージョン一律20銭
両替取引:デリバリー1,000通貨ごとに200円
外貨出金手数料2,000円

マネックスFXの評判――取引ツールに好評、コスト変動にネガティブな意見

マネックスFXの口コミでは概ね良好な意見が見られた。取引ツールの操作性が良い点などが評価されている一方、相場の急変動時にコストが拡大する点を指摘する意見もあった。

一般に、FXでは相場の変動時に取引コストが変動することがある。また、注文が成立しない「約定拒否」や、注文した価格と異なる価格で取引が成立する「スリッページ」などの事象も起こりえるので留意しておきたい。これは、株式などの証券市場と違い、FXは当事者同士で価格を決める「相対取引」で行われるためだ。

こうした事態の起きることが少ないFX会社が「約定力が高い」と評されることもあるが、各社とも提示されたレートが完全に約束されているわけではないので注意したい。

マネックスFXの取引コスト――1万通貨以下では比較的低い取引コスト

マネックスFXでは取引単位に応じてコストが設定されており、取引数量が多くなるほどコストが高くなる。対円通貨ペアの取引コストは以下の通りだ。

 1万通貨以下100万通貨以下200万通貨以下
米ドル/円0.2銭0.3銭0.5銭
ユーロ/円0.4銭0.5銭1.0銭
豪ドル/円0.5銭0.6銭1.0銭
英ポンド/円0.9銭1.3銭2.0銭
NZドル/円1.0銭1.5銭4.0銭
カナダドル/円1.7銭2.0銭5.0銭
スイスフラン/円1.8銭2.5銭5.0銭
香港ドル/円1.9銭2.8銭2.8銭
シンガポールドル/円1.0銭2.0銭5.8銭
南アフリカランド/円1.0銭2.0銭4.0銭
トルコリラ/円1.9銭2.7銭2.9銭
人民元1.6銭1.7銭1.8銭
メキシコペソ/円0.4銭0.6銭0.9銭

1万通貨以下の取引なら比較的低いコストといえる。主要3通貨ペアの取引コストを、市場シェアの高いFX会社と以下の通り比較したところ、3通貨すべてで2位を占めた。

マネックスFXの取引ツール――PC版はすべてインストール不要 スマホアプリ版も

マネックスFXのPC向け取引ツールはシンプル版から本格向けまで、すべてインストールが不要だ。スマホアプリ版の用意もあり、デバイス環境を選ばず自由な取引が可能となっている。

PC向けMonexFX ブラウザツール
PC向けMopnexFX SPEED Lite
PC向けMonexFX SPEED
スマホアプリMenex SPEED スマートフォン

※ 本サイトは情報提供を目的としており、証券/FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。本サイトに記載の各証券会社や各サービスの評価は、投資家向けアンケート調査結果や独自評価軸に基づいて作成していますが、各サービスの内容の正確性、信頼性等を保証するものではなく、必ず利用者ご自身で各取引所やサービスの内容をご確認ください。
※ 投資を行う際は、 証券/FX投資におけるリスクを了承の上、利用者ご自身の判断で行ってください。万が一、これらの情報に基づいて利用者が損害を被ったとしても、当社は一切の責任を負いません。
※ 本サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、当該証券/FX 取引業者の説明に基づき、各サービスの公式サイト等に記載されている特定時点の情報を記載したものです。最新情報は各サービスの公式サイトにてご確認ください。また、キャンペーン・特典等は、広告主により実施されるものであり、利用の際は各広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
※ 本記事内のリンクから口座開設を行うと、CoinDesk Japanは対価として収入を得ることがあります。
※ 本サイトを利用されると、CoinDesk Japanの利用規約に同意したものとみなされます。以上の注意事項とともに利用規約についてもご了承ください。