楽天FXの評判・口コミ|メリット・デメリットから見たおすすめできる人を紹介

(公開日:

「楽天FX」は楽天グループの楽天証券株式会社が運営しているFX会社である。

FX取引で楽天ポイントを貯められたり、MT4を利用した自動売買ができたり、1,000通貨から取引可能、業界最狭水準のスプレッドで取引コストが安いなどの魅力がある。

この記事では、次のポイントを中心に楽天FXの特徴をわかりやすく解説する。

楽天FXに興味があるけれど詳細がよくわからないという人や利用を迷っている人は、楽天FXの強みや特徴を知り自分に合っているか確かめてみよう。

【結論】楽天FXはどのような人におすすめなのか

  • 高機能取引ツールやMT4を利用できる
  • 業界最狭水準スプレッド・取引コストが安い
  • 取引で楽天ポイントが貯まる

楽天FXは初心者から中上級者まで活用していける情報コンテンツや、機能性に富んだ取引ツールを提供しており、サポート体制に関しても高評価を得ている。

また、通貨ペアのスプレッドも業界最狭水準であり、デモ取引もできることから、中上級者はもちろん、初めてFX口座を開設する初心者にもおすすめのFX会社といえるだろう。

そして、普段から楽天クレジットカードを利用している人は、楽天スーパーポイントプログラムを最大限に活用できるため、資産運用だけでなくポイ活を目指す方にもマッチしたサービスである。

楽天FXを実際に利用している人の評判・口コミ

まずは楽天FXを実際に利用しているトレーダーの良い評判と悪い評判を見ていこう。FX会社を選ぶ上では重要な指針となるため、楽天FXを検討している人はぜひ参考にしてほしい。

良い評判・口コミ

まずは楽天Xに関する良い声を紹介する。

取引で楽天ポイントが貯まり、楽天の各サービスとも相性が良いことや、情報発信の多さと充実のサポート体制に満足しているという声が多く、取引ツールの使いやすさや画面の見やすさにも高評価が見られた。

取引で楽天ポイントが貯まることや情報発信の多さやサポート体制の良さに満足

使用により楽天スーパーポイントがたまり、それを後日使うことができます。現金の収益だけでなく、こういった副産物も特典としてつくのは、他のサービスには見ない強みです。

★★★★☆4.1点
(30代・男性)

取引で楽天ポイントが貯まる。画面の見やすさや情報発信の多さ、サポート体制の良さに満足しています。

★★★★☆4.3点
(30代・女性)

楽天の各種サービスとの相性がよくポイント還元がある点が魅力です。

★★★★☆3.7点
(40代・女性)

楽天FXでは、10万通貨の取引毎に1ポイントが貯まる楽天スーパーポイントプログラムを実施しており、トレーダーからの良い評判に繋がっている。

また、公式サイトには初心者向け入門講座が設けられていることに加えて、母体である楽天証券独自の情報コンテンツ「トウシル」には、為替情報や専門家のレポートが掲載されている。

そのため、初心者のみならずトレーダー全般にとって利便性の高い内容に仕上がっている。

サポート体制に関してもHDI-Japanがおこなった「問い合わせ窓口格付け」「Webサポート格付け」の2部門において最高評価である三ツ星を受賞していることから、他社とは一線を画した良質なサービスといえるだろう。

取引ツールがシンプルで使いやすい

デモトレードの取引ができたり、ツールも分かりやすくて良い。

★★★☆☆3.8点
(40代・男性)

グッドデザイン賞を取った取引ツールがシンプルでスマート、使い勝手もよく満足しています。

★★★☆☆3.9点
(20代・男性)

使えるチャートの種類が豊富でツールのレイアウトが見やすく使いやすいことが良い点です。

★★★☆☆3.6点
(40代・男性)

楽天FXの独自開発ツール「マーケットスピードFX」は、公益財団法人日本デザイン振興会が開催した2012年度グッドデザイン賞を受賞した実績がある。

そして、40種類のテクニカルチャートで高精度な分析が可能でありながら、チャート画面を直接クリックして注文できる機能など、初心者でも直感的に操作できるシンプルさも備えている。

また、他にもブラウザ版とスマホツール、MT4も無料で利用できるため、スキルのレベルやトレードスタイルにあわせて、柔軟に取引ツールを切り替えることが可能である。

用語解説

<テクニカルチャート>
FXにおける代表的な分析ツールであり、移動平均線やボリンジャーバンドなどが代表的なものとしてあげられる。
<MT4>
MetaTrader4の略称であり、主に海外トレーダーに広く活用されている人気取引ツール

その他の評判・口コミ

スプレッドが狭い上に、あらゆる取引で手数料0円なので、コストパフォーマンスがいい。

★★★☆☆3.7点
(20代・男性)

初心者でもわかりやすいようにイラスト解説などがあって始めやすかった。

★★★☆☆3.6点
(30代・女性)

楽天銀行、楽天証券を利用しており、資産を一元管理できる点が良いです。

★★★☆☆3.7点
(30代・男性)

悪い評判・口コミ

次に楽天FXの悪い声を見ていこう。

ややスプレッドが開きやすいことが若干不満

スプレッドは狭いものの、広がりやすいので注意が必要。

★★★☆☆3.6点
(20代・男性)

スプレッドに関しては広がりやすかったので少し残念でした。

★★★☆☆3.7点
(30代・男性)

スプレッドが広く、取引するたびに損する気がしました。

★★★☆☆3.4点
(30代・男性)

楽天FXのスプレッドは業界でも最狭水準となっているが、タイミングによってはややスプレッドが拡大しやすいことが悪い評判としてあがっている。

スプレッドの幅は相場の流動性に影響されるため、トレーダーが取引を控えることの多い重要経済指標発表、あるいは日本時間早朝やクリスマスなどの世界的な休日などは、他社においても拡大しやすい傾向にある。

基本的にそういった場面のトレードは控えるようにするとよいだろう。

重要経済指標発表とは
  • 世界各国の経済状況を表すデータの中でもとくに重要なもの
  • 雇用統計や政策金利などがあげられる

システム障害が度々ある

システム障害の不安がある。あと週末に長時間のメンテナンスが入るので、タイミング悪く使えない時が多い。

★★★☆☆3.4点
(30代・女性)

システム障害が度々発生する。

★★★☆☆3.6点
(20代・男性)

楽天FXは、過去何度かシステム障害によって取引ができない状態になっていることから、トレーダーにとっては不安要素であり、デメリットともいえるだろう。

最近ではないが、2005年から2009年にかけては合計3度のシステム障害が発生したことによって、金融庁による行政処分の対象になっている。

キャンペーン・ポイントのためについつい取引量を増やしてしまいがち

キャンペーン、ポイントが魅力的なのでついつい取引量を増やしてしまうことがある。

★★★☆☆3.4点
(40代・女性)

楽天FXは、キャッシュバックや楽天ポイントキャンペーンを不定期で実施しており、つい獲得を意識しすぎて取引量が増えてしまうという声も見られた。

キャンペーンは非常に魅力的な点であるが、取引量の増加が招くリスクについても知っておいてほしい。

たとえば、ロスカット水準となる証拠金維持率が100%、レバレッジが25倍の一般的なFX口座において、10万円の資金に対し取引量を1,000通貨に設定したと仮定する。

するとロスカットまでは約9,500pipsもの余裕があり、米ドル/日本円の1日における平均変動幅が90pips程度ということを考慮すれば、大きな損失が発生するリスクは低いといえるだろう。

一方、キャンペーンを狙って取引量を20,000通貨に増やした場合、たったの61pips分の逆行しただけでロスカットとなってしまい、もし相場が予想に反した値動きとなれば多くの資金を失ってしまうのである。

キャンペーン自体は魅力的だが、損失のリスクを踏まえれば、相場状況や資金額に応じて適切な取引量を設定し、通常の売買で利益を狙った方が堅実かつ安全といえるだろう。

証拠金維持率とは
  • 必要証拠金に対する口座資金(純資産)の割合
  • 口座資金÷必要証拠金×100で算出される
  • たとえば口座資金が100,000円で、必要証拠金が20,000円の場合は、100,000÷20,000円×100=500%が証拠金維持率となる

その他の評判・口コミ

取引ツールがどちらかというと使いづらいと感じました。特に注文と同時に決済注文を出すのがやりにくかったです。でも慣れてしまえば問題はないかなと思います。

★★★☆☆3.7点
(20代・女性)

サポート対応時間が短い気がする。

★★★☆☆3.6点
(30代・男性)

楽天FXのメリット・デメリットまとめ

効率的な運用をするためには、利用するFX会社のメリットを最大限に活かしつつ、デメリットを把握してカバーすることが大切だ。

ここからは、楽天FXのメリット・デメリットについて見ていこう。

メリット

楽天FXのメリット
  • 取引量に応じて楽天スーパーポイントが貯まる
  • 機能性に富んだ取引ツールが利用できる
  • 情報力が豊富

楽天グループの強みを生かした楽天スーパーポイントプログラムは、他社にはないメリットであり、普段から楽天カードなどを利用している人はとくに利便性が高いといえるだろう。

そして、グッドデザイン賞を受賞した「マーケットスピードFX」は豊富なテクニカル指標とチャート上で直接クリック注文できるなど、初心者でも使いやすい仕様になっている。

また、チャートの4画面同時表示やマーケット情報のリアルタイム配信が利用できるスマホアプリの「iSPEED FX」、50種類を超えるテクニカルチャートや自動売買プログラムが運用できる「MT4」など取引ツールが豊富なことも楽天FXの魅力だ。

そして、楽天FXの初心者入門講座でFXの基礎知識を学ぶことができる。

金融業界の専門家や、プロトレーダーによるレポートなどを無料配信しているトウシルを活用すれば、相場の状況をより詳細に把握することができるだろう。

デメリット

楽天FXのデメリット
  • マイナー通貨ペアのスプレッドが広い傾向がある
  • スワップポイントの水準が低い

楽天FXのスプレッドは、「米ドル/日本円」や「ユーロ/日本円」といった主要通貨ペアに関してはトップクラスに狭い水準であるものの、スプレッドが広い通貨ペアも存在する。

たとえば、トルコリラ/円のスプレッドは6.8銭となっているが、これはトルコリラを取り扱うみんなのFX(1.6銭)、LIGHT FX(1.6銭)と比較してもかなり広い水準となっている。

他にも香港ドル/円やシンガポール/ドル、ノルウェークローネ/円などの通貨ペアも比較的広いスプレッドになっている。

また、スワップポイントについても、代表的な高金利通貨ペアとして知られる「トルコリラ/日本円」は買い:20円となっており、高水準なFX会社が50円程度であることを考慮すれば低水準といえるだろう。

楽天FXの詳細まとめ

出典:楽天FX

ここでは、楽天FXの詳細を項目ごとに解説していく。

より利益を重ねるためには、自分の取引スタイルや投資目的に合った条件が揃っていることが重要であるため、実際に利用することを想定しながら確認していってほしい。

社名 楽天証券株式会社
所在地 〒107-0062 東京都港区南青山2-6-21
代表者 代表取締役社長 楠 雄治
設立 1999年3月24日
資本金 74億9,500万円
通貨ペア数 26(そのうち対日本円通貨ペア14)
最低取引単位 1,000通貨単位
デモトレード あり
手数料 取引手数料:0円
入金手数料:【振込入金】各銀行により異なる【即時入金】0円
出金手数料:0円

スプレッド

楽天FXのスプレッドは、主要通貨ペアである「米ドル/日本円」や「ユーロ/日本円」においては業界最狭水準といえる。

各種手数料0円であることも含めて、主要通貨ペアの取引においてはコストを抑えた取引ができるだろう。

ただし、「トルコリラ/日本円」では他社が1.6銭から1.89銭程度であるところ6.8銭と大幅に広いため、通貨ペアによってはスプレッドが広い場合もあることに注意が必要だ。

通貨ペア 楽天FX DMM FX 外為どっとコム GMOクリック証券 みんなのFX ※2 LIGHT FX※2 セントラル短資FX ※3 LION FX
米ドル/円 0.2銭 0.2銭 0.2銭
原則固定
※例外あり
0.2銭 0.2銭 0.2銭 0.2銭 0.2銭
ユーロ/円 0.5銭 0.5銭 0.4銭※1
原則固定
※例外あり
0.5銭 0.4銭 0.4銭 0.4銭 0.4~1.6銭
ポンド/円 1.0銭 1.0銭 0.7銭※1
原則固定
※例外あり
1.0銭 0.8銭 0.9銭 0.9銭 1.0銭
豪ドル/円 0.7銭 0.7銭 0.5銭※1
原則固定
※例外あり
0.7銭 0.6銭 0.6銭 0.4銭 0.6銭
メキシコペソ/円 0.2銭 0.2銭 0.2銭
原則固定
※例外あり
0.2銭 0.3銭 0.3銭 0.1銭 0.2銭
南アフリカランド/円 0.9銭 1.0銭 0.3銭※1
原則固定
※例外あり
0.9銭 0.9銭 0.9銭 0.9銭 0.8銭
トルコリラ/円 6.8銭 原則固定対象外 1.6銭 6銭 1.6~17.3銭

2022年1月7日時点
※1:注文数量1,001~100万までの最頻値
※1:スプレッド縮小キャンペーン」スプレッド(対象期間:2022年1月4日(火)午前9時00分~2022年2月5日(土)午前3時00分、提示時間帯:対象期間中の各営業日午前9時~翌午前3時)
※2:午前8時~翌午前5時
※3:午後4時 ~ 翌午前1時

また、流動性が低下する重要経済指標発表前後や、日本時間の早朝などはスプレッドの幅が拡大する可能性があるため、その点には注意して取引してほしい。

スワップポイント

楽天FXのスワップポイントは、全体的には低めの設定になっている。

このため、楽天FXは「米ドル/円」以外の通貨ペアではスワップポイントによる利益を狙ったトレードに向かないといえるだろう。

通貨ペア
(1万通貨)
楽天FX みんなのFX DMM FX GMOクリック証券 SBI FXトレード LION FX 外為どっとコム MATSUI FX
ドル/円 0円 15円 11円 6円 12円 2円 10円 2円
ユーロ/円 0円 -8円 -14円 -15円 -15円 -60円 -30円 -39円
英ポンド/円 0円 27円 14円 15円 13円 1円 12円 0円
豪ドル/円 0円 1円 1円 1円 1円 1円 0円 0円
トルコリラ/円 0円 25円 23円 25円 25円 23円 25円
南アフリカランド/円 0円 9.1円 8円 100円
(10万通貨)
8円 9円 9円 8円
メキシコペソ/円 0円 7.1円 6円 60円
(10万通貨)
6円 7円 7円 6円

※2022年1月7日時点(一部6日時点のスワップを含む)

楽天FXのスプレッド・スワップポイント一覧

情報コンテンツ

楽天FXでは多彩な情報コンテンツを提供しており、それぞれがトレーダーにとって有益なものとなっている。

今回はその中から代表的なものをピックアップして紹介していこう。

入門講座

公式サイトで提供している入門講座では、FXで利益が出る仕組みや、スワップポイントといった基本的な内容をほぼ網羅して解説している。

また、楽天FXの取引ツールの使い方、そして取引の始め方を詳しく学べる点も魅力だ。

毎ヨミ!為替walker

出典:毎ヨミ!為替walker

トウシルで配信されている「毎ヨミ!為替walker」は、最新の為替相場状況や米ドル/日本円の動向を予測する「為替天気」といった情報が得られるデイリーレポートである。

ハッサクのなるほど為替超入門

出典:ハッサクのなるほど為替超入門

同じくトウシルで毎週水曜日に更新されている「ハッサクのなるほど為替超入門」は、外国為替に関する基本的な知識から、マーケット全体の分析方法を学ぶことができる。

また、直近で注目度の高いトピックスを中心に取り上げて、相場に与える影響予測もおこなっている。

どのような仕組みで為替に影響するのか、どういったタイミングで値動きが激しくなるのかという知識を身につけるにも役立つだろう。

今月の米雇用統計

トウシルのマンスリーレポートである「今月の米雇用統計」は、毎月第1金曜日に発表される米雇用統計に特化しており、米ドルが含まれる通貨ペアを取引しているトレーダーには必見の内容といえる。

サポート体制

楽天証券のカスタマーサービスセンターは、サポートサービス業界のメンバーシップ団体HDI-Japan実施の「問合せ窓口格付け」部門、「Webサポート格付け」部門で最高位の三つ星評価を過去4年連続受賞した実績を持つ。

楽天FXのサポート体制は次の通りである。

サポート 問い合わせ先 対応時間
AIチャット 楽天証券公式ページより 24時間365日
有人チャット(オペレーター対応) 楽天証券公式ページより 平日9:00~18:00
電話 【固定電話から】
0120-41-1004(通話料無料)
【携帯電話から】
0570-07-1004(通話料有料)
03-6739-3333(通話料有料)
平日8:30~17:00(土日祝・年末年始を除く)
メール お問い合わせフォームより 24時間365日受付/回答は内容により異なる

24時間365日対応のAIチャットはもちろん、平日9時~18時は有人チャットでオペレーターに直接質問できるため、電話やメールよりもスピーディーに問題解決できるだろう。

回答を急がない場合はお問い合わせフォームによるメールサポートもあり、平日8:30~17:00は電話窓口も対応している。

Webサポートでは、「Webサポート格付け」にて三ツ星受賞時、調べたい情報を見つけやすい画面で分かりやすく知りたい情報に素早くたどり着くことができると高評価を得ている。

また、楽天証券ならではの「楽らくサポート」では、Zoomを用いて楽天証券カスタマーサービスセンターのオペレーターが遠隔で画面操作を手伝ってくれる。

オペレーターがパソコンの同じ画面を見ながら操作方法などを説明してくれるため、パソコンや画面操作に不慣れな人には嬉しいサポートだ。

5つの取引条件コース

楽天FXではレバレッジやロスカット水準の異なる5つのコースを用意しているため、取引する際は以下を参考にしてほしい。

楽天FX口座開設時は「スタンダード25倍コース」「ロスカット水準50%」の基本設定になっているが、希望に合わせて「レバレッジ10倍コース」「レバレッジ5倍コース」「レバレッジ2倍コース」「レバレッジ1倍コース」を選択できる。

ロスカット水準もそれぞれのコースに設定された範囲内で、5%刻みの指定ができて随時変更可能だ。

レバレッジコースの変更方法は、取引ツールの「各種設定」画面から「レバレッジ設定」で変更したいコースとロスカット率をプルダウンで選択するだけである。

確認画面で「変更後のアラート率」「変更後のプレアラート率」もあわせて表示されるので変更内容に間違いがないか確認し、「設定」ボタンを押せば反映される仕組みだ。

コース ロスカット水準
レバレッジ1倍コース 20~95%
レバレッジ2倍コース 20~95%
レバレッジ5倍コース 20~95%
レバレッジ10倍コース 40~95%
スタンダード25倍コース 50~95%

取引ツール

楽天FXの取引ツールは次の3つである。中でも「グッドデザイン賞」を受賞した経歴を持つ「マーケットスピードFX」は操作性の良さで多くのトレーダーから人気を集めている高機能ツールだ。

デバイス 取引ツール
PC ダウンロード版 マーケットスピードFX
Webブラウザ版 楽天FX-WEB
スマートフォン iSPEED FX

また、楽天FXでは世界的にメジャーな取引ツールである「MT4(MetaTrader 4)」が利用できるが、MT4を利用するためには、楽天FX口座を開設後に「楽天MT4口座」も開設する必要がある。この際、2つの口座のスプレッドが異なる点には注意が必要だ。

MT4は50種類以上の多彩なチャート分析機能を搭載し「Expert Advisors(EA)」というプログラムで自動売買取引ができる、プロの専業トレーダーにも人気の高性能ツールである。

MT4を使える国内FX会社は少なく、大手証券会社でMT4を利用できるのは楽天FXのみであるため、興味がある人は楽天FX口座開設後に「楽天MT4」の専用口座も開設してみよう。

ここでは「楽天FX口座」で利用できる3つのツールを詳しく紹介する。

マーケットスピードFX

出典:マーケットスピードFX

PCダウンロード版の「マーケットスピードFX」は、情報量と高速性、操作性、信頼性にこだわり、初心者でも戸惑うことなく使い始められて、上級者は取引効率を上げるための自在なカスタマイズができる高機能ツールだ。

2012年に「グッドデザイン賞」を受賞した実績を誇るデザイン性の良さは、情報や操作を画面上で視覚的に捉えやすく、多機能でありながら直感的に簡単な操作で使えると多くのトレーダーから高評価を集めている。

視認性の高いデザインでスムーズな取引をサポートしてくれるツールである。

チャートにはMACDやボリンジャーバンドなど全40種類のテクニカル指標と9種類の描画機能、16種類の時間軸を搭載し、注文や建玉、ニュースもチャート上に表示可能だ。もちろんチャート画面からのダイレクト発注もできる。

「ストリーミング注文」や発注時に新規・決済を指定しない「ASストリーミング注文」によるワンクリックのスピード注文機能、複数の建玉を一度に決済する「全決済注文」など8種類の注文方法があり、発注から約定までスピーディーにおこなえる。

また、多彩な取引スタイルに合わせた高カスタマイズ性も特徴で、ほぼ全ての情報の表示有無や順序、画面レイアウトを簡単な操作でスムーズに編集できる。

限られた表示スペースを有効活用できるレイアウト編集機能では、テンプレートに加え2つの編集モードで自在にレイアウトが可能だ。

楽天FX-WEB

Webブラウザ版の「楽天FX-WEB」は、インストール不要なためPC容量を圧迫せず、ブラウザさえあれば場所を選ばず手軽に使えるツールだ。

楽天FX-WEBのテクニカル指標はトレンド系18種類、オシレーター系17種類の全35種類を搭載しており、多彩で本格的な分析が可能である。

10種類の描画ツールとスタンプが使えて、「ロウソク足」「折れ線」「平均足」「新値足」など全11種類の表示が選択できる。

チャートの拡大・縮小やトレンドライン・メジャーラインなどの編集も可能だ。画面は1画面、2画面縦、2画面横、4画面の表示設定が選べる。

また、テクニカル指標分析を自動的に表示する「テクナビ」のサービスでは、楽天証券提供コンテンツ「マーケットスピードFXテクニカル教室」の山中康司氏が監修した判定ロジックで、誰でも簡単に分析ができる。

「マーケットスピードFX」と同様にワンクリックスピード注文の「ストリーミング注文」「ASストリーミング注文」をはじめ、OCO注文、IFD注文など6種類の注文機能を搭載している。

iSPEED FX

出典:iSPEED FX

スマホアプリ版の「iSPEED FX」は「サークルメーター」という楽天独自開発のiSPEED FX専用取引画面を搭載し、一日の値動き・現在値のレベル・トレンドが集約された一画面でわかるため、相場状況をより直観的に把握できる。

iOS・Android両方に対応し、タブレットでも利用可能だ。

4画面同時表示で通貨間の値動きの比較やトレンド把握がスムーズにでき、各テクニカル指標のパラメーター設定などPC並みの画面でチャート分析ができる。

テクニカル指標はトレンド系が6種類、オシレーター系が6種類の全12種類を搭載し、それぞれ最大2つを同時に表示可能だ。描画機能も8種類と充実している。

チャートは「12チャート」「リストチャート」「1画面チャート」「チャートの形状」を切り替え可能で、FX業界初となる「チャートの形状」機能では、全通貨ペアおよび全足種の形状を独自の計算方法で25種類のトレンドに分類し、そのリアルタイムデータを一覧確認できる。

さらに、「ASスピード発注」という機能を搭載し、リアルタイムチャートを見ながら「ASストリーミング注文」や「全決済注文」ができる。決済時の対象ポジションも自動的に選択されるため、狙ったチャンスを逃さずスピーディーに注文が出せて便利だ。注文方法はこの「ASスピード発注」を含む全8種類である。

また、リアルタイム為替レートやスワップポイント、証拠金額確認はもちろん、情報ベンダー3社がニュースを配信しており、いつでもどこでも豊富なマーケット情報を収集できる。

楽天FXのキャンペーン

楽天FXでは現在、口座開設キャンペーン・取引キャッシュバック・お友達紹介プログラムを実施している。

口座開設キャンペーン

出典:楽天FX

「口座開設キャンペーン」は、期間中に新規口座開設して取引をおこなうと最大30万円がキャッシュバックされるキャンペーンだ。

  • 開催期間:2021年11月1日(月)~2022年1月31日(月)

キャンペーンの条件は、はじめに新規口座を開設すること。次にキャンペーンへのエントリー、そして新規取引で100万通貨以上をおこなうことだ。

取引数量に応じてキャッシュバックされる金額の詳細は次の通りである。

合計取引数量 キャッシュバック金額
100万〜500万通貨未満 1,000円
500万〜1,000万通貨未満 5,000円
1,000万〜2,000万通貨未満 10,000円
2,000万〜5,000万通貨未満 20,000円
5,000万〜20,000万通貨未満 50,000円
20,000万〜30,000万通貨未満 100,000円
30,000万〜40,000万通貨未満 150,000円
40,000万〜50,000万通貨未満 200,000円
50,000万通貨以上 300,000円

楽天FXで取引可能なすべての通貨ペアが対象だ。対象期間は、口座開設月の翌々月末の最終営業日ニューヨーククローズまでである。

キャッシュバックは口座開設した月の3ヶ月後を予定している。

FX取引高キャッシュバックキャンペーン

出典:楽天FX

キャンペーンにエントリーして、期間中に楽天FX・楽天MT4で対象の5通貨ペアの取引をすると1万通貨毎に1円がキャッシュバックされるキャンペーンだ。

さらに、商品CFD取引を期間中に1回でもした人は、1万通貨毎のキャッシュバックが2円になる。

  • エントリー期間:2022年1月4日(火)0:00~3月31日(木)23:59
  • 取引期間:2022年1月4日(火)7:10~4月1日(金)6:55

楽天FX口座を持っていない人は口座開設をおこない、キャンペーンにエントリーしよう。

そして楽天FX・楽天MT4で1万通貨以上の取引をする。対象の通貨ペアは「ドル/円」「ユーロ/円」「ポンド/円」「豪ドル/円」「ユーロ/ドル」の5ペアだ。

キャッシュバック額の詳細は次の通り。

対象 キャッシュバック額
楽天FX・楽天MT4で取引した人 1万通貨毎に1円
期間中に商品CFD取引を1回でもした人 1万通貨毎に2円

商品CFDは金(XAUUSD)、銀(XAGUSD)、原油(USOIL)が対象となっている。

なお、1万通貨未満の取引は切り捨てとなるので注意しよう。

キャッシュバックは、2022年4月下旬を予定している。

ご家族・お友達紹介プログラム

出典:楽天FX

「ご家族・お友達紹介プログラム」は、紹介プログラム経由で「総合取引口座」を開設し、1,000円以上を入金した場合、紹介者と被紹介者ともに200ポイントがもらえるキャンペーンだ。

さらに、被紹介者が総合取引口座開設から5ヶ月以内に「楽天FX口座」を開設し、1,000円以上を楽天FX口座に入金すれば、プラス200ポイントがもらえる。

  • 「総合口座開設&入金で200ポイントプレゼント」開催期間:2020年5月31日〜終了日未定
  • 「楽天FX口座開設&楽天FX口座入金で200ポイントプレゼント」開催期間:2021年9月1日〜終了日未定

家族、友人を紹介する人数に上限はなく、「総合口座開設&入金」のプレゼント詳細は次の通りである。

総合口座開設&入金で200ポイントプレゼント
対象者 2020年5月31日以降に「ご家族・お友達紹介プログラム」経由で「総合取引口座」を開設した被紹介者とその紹介者
特典 紹介者、被紹介者ともに、それぞれ200ポイント付与
適用条件 紹介状配信日から5ヶ月以内に、紹介を受けた人が所定のサイトから総合口座開設かつ1,000円以上入金
特典付与日 総合口座開設かつ1,000円以上の入金が確認できたその翌日

続いて、「楽天FX口座開設&楽天FX口座入金」のプレゼントを紹介する。「FXらくらく入金」、「FXリアルタイム入金」、「FX証拠金振替」による入金が対象となり、FX専用口座開設は対象外となるため注意しよう。

楽天FX口座開設&楽天FX口座に入金で200ポイントプレゼント
対象者 2021年9月1日以降に「ご家族・お友達紹介プログラム」経由で「総合取引口座」を開設した被紹介者とその紹介者
特典 紹介者、被紹介者ともに、それぞれ200ポイント付与
適用条件 被紹介者が総合取引口座開設日から5ヶ月以内に、「楽天FX口座」を開設かつ楽天FX口座に1回1,000円以上入金
特典付与日 楽天FX口座開設かつ楽天FX口座に1回1,000円以上の入金が確認できたその翌月

楽天FXの口座開設の流れ

出典:楽天FX

楽天FXの口座開設の流れは次の通りである。

  1. FX専用口座開設または、総合口座開設から申し込み
  2. 本人確認書類の選択・提出
  3. 審査
  4. ログインIDの受け取り
  5. 入金と振替
  6. 取引開始

FX専用口座開設または、総合口座開設から申し込み

FX専用口座はFXの取引がメインのユーザーに向けた専用の取引口座である。総合口座は、FX・株・投資信託など全ての取引が可能だ。

なお、 FX専用口座開設にはスマートフォンやタブレットを利用してマイナンバーの提出が必要となる。

本人確認書類の選択・提出

スマートフォンと運転免許証または、個人番号カードを持っている場合は「スマホで本人確認」が可能である。それ以外の場合は「書類アップロードで本人確認」を行う。

利用可能な本人確認書類は、次の通りである。

  • 運転免許証
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
  • 各種健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住証明証
  • 個人番号(マイナンバー)カード

審査

審査には通常1〜2日営業日かかる。申し込み内容に不備等がある場合は、開設完了までに日数がかかる可能性がある。

ログインIDの受け取り

「スマホで本人確認」の場合、翌営業日以降にログインIDがメールで送付される。「書類アップロードで本人確認」の場合、約5営業日でログインIDと初期パスワードが郵送で送付され、受け取りとなる。

入金と振替

「FXリアルタイム入金」「リアルタイム入金」「通常振込入金」と3つの入金方法がある。

「FXリアルタイム入金」は、楽天FX取引ページから提携金融機関を利用して入金すると、即時にFX各種証拠金口座に残高が反映される。

「リアルタイム入金」は、取引ページから提携金融機関を利用して入金すると、即時に楽天証券口座残高に反映される。

「通常振込入金」は、ATMや金融機関ホームページ、窓口から入金専用銀行口座へ振込む入金方法である。

「FXリアルタイム入金」の場合は直接FX各種証拠金口座に入金できるが、「リアルタイム入金」「通常振込入金」の場合は、預り金として楽天証券口座に反映されるためFX証拠金振替から振替手続きが必要になる。

取引開始

口座開設が完了したら、取引開始となる。取引ツールはPC向けウェブブラウザを使用した「楽天FX-WEB」、スマートフォン向け取引アプリ「iSPEED FX」、PC向けインストール型アプリ「マーケットスピードFX」の3種類が利用できる。

これからFXを始める人に読んでほしい記事一覧

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする