SBI FXトレードの評判:スプレッドやアプリ、短所や口コミ

(公開日:

SBI FXトレードは2011年設立のFX専業会社だ。取り扱い通貨ペアは34種あり、うち33種の通貨ペアで1通貨単位の取引が可能だ。最大1,000万通貨の取引ができ、少額から大口まで幅広い取引に対応している。

取引コストは業界内で最低水準だ。「米ドル/円」のスプレッド(取引コスト)は0.09銭(1,000通貨以下の取引)で、比較的低いコストで取引ができる。

定期的に外国通貨を積み立てる「積立FX」にも対応している。

端的にいえば、SBI FXトレードはスプレッド重視の方に向く。以下のようなスプレッドが低い主なFX会社と比較し、口座開設を検討してほしい。

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか米ドル円ユーロ円ポンド円豪ドル円NZドル円
ネオモバFXドル円スプレッドが最低0銭「Tポイント」で取引可能TポイントでFXと株式の取引可能
ポイントで疑似体験したい方に向く
0~0.3銭0.4~0.6銭0.9~1.1銭0.6~1.1銭1.2~2.5銭
ゴールデンウェイ・ジャパン大口取引も低スプレッド 1万通貨超なら3社で最も低い(ドル円)1万通貨超なら3社で最低
取引金額が大きい方に推奨される
0.1銭0.3銭0.6銭0.4銭1.0銭
SBI FXトレード1,000通貨以下なら低スプレッドで原則固定3社で最も通貨ペアが多い3社で最も通貨ペアが多いが、1,000通貨超のスプレッドは変動制
少額トレーダーに向く
0~0.1銭0.3銭0.69銭0.4銭0.9銭

SBI FXトレードは少額取引を行いたい方にも推奨される。同じく少額取引に向くFX会社も以下にまとめる。

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか
SBI FXトレード全34通貨ペアで1通貨単位取引OK唯一マイナー通貨の少額取引可能「ブラジルレアル」などのマイナー通貨も取り扱う
さまざまな通貨で少額FXを行いたい方に推奨される
ネオモバFX最低取引単位1通貨スプレッド0はネオモバだけ(ドル円、1,000通貨以下)1,000通貨以下のドル円スプレッド0
少額かつドル円トレーダーに推奨
LINE FX1,000通貨単位取引。いつもの「LINE」で取引可能3社で唯一米国株取引可能「国内株」「米国株」「投資信託」を取り扱い、いずれも少額取引可能。3社で最も選択肢が多い
FX以外の少額取引を行いたいならLINE FX

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

SBI FXトレードを簡潔にまとめると?:スプレッド&約定力重視のトレーダー

SBI FXトレードは低いスプレッドが魅力だ。少ないコストで取引したい方には特に推奨される。

SBI FXトレードは約定力にも強みがある。処理能力が高いサーバーを備え、31社ものカバー先金融機関が約定力に貢献している。同社のプライスポリシーにも、約定力について強い自信が表れている。

約定力の低いFX会社だと取引の管理ができない。想定外のレートで成立してしまうためだ。思わぬ損失につながり、あるいは利益の機会を逃してしまう可能性がある。

SBI FXトレードは、スプレッドおよび約定力を重視したいトレーダーに特に向いているだろう。

SBI FXトレードのメリット──約定力の高さが魅力

SBI FXトレードのメリットは4つある。

  • SBI FXトレードは約定力が高い
  • 業界最低水準のスプレッド
  • 豊富な追加ペア
  • FX会社としては珍しい暗号資産CFDの取引ができる

SBI FXトレードは約定力が高い

約定(やくじょう)は取引の成立を指し、約定力とは注文したレートで取引を成立させる能力を指す。一般的に、「スリッページ」が少ないFX会社を約定力が高いと評する。

FXでは、注文レートと約定レートにズレが生じることがある。このズレをスリッページといい、主にシステム上のタイムラグが原因で起こる。有利なレートで約定されることもあるため、一概に不利な現象とはいえない。

SBI FXトレードはスリッページ実績を公開しており、約定のほとんどが上下1pips以内に収まっている(2021年3月)。同社の約定力は高いといえよう。

※「米ドル/円」の場合、1pipsは1銭

スリッページは、サーバーの処理能力に余裕があるほど起こりにくい。SBI FXトレードはサーバー処理能力が高く、CPU使用率は概ね20%を下回っている(2020年2月~2021年4月)。同社でスリッページは起こりにくいといえよう。

なお、SBI FXトレードはスリッページ許容幅を設定できる。許容した以上の不利なスリッページで約定させない設定だ。ただし、有利なスリッページでは約定させる。事前に設定しておくと安心だろう。

業界最低水準のスプレッド

スプレッドとは買いと売りのレート差を指す。例えば「買い110.52円─売り110.51円」と提示される場合、スプレッドは1銭だ。このレートで瞬時に売買を行う場合、1銭分の損失が出る。つまり、スプレッドはFXの取引コストであり、小さい方が有利だ。

SBI FXトレードのスプレッドは業界最低水準だ。特に100万通貨以下の取引では小さいコストで取引できる。同社のスプレッドについては後で詳しく述べる。

豊富な通貨ペア

SBI FXトレードは34もの通貨ペアを取り扱っており、業界トップクラスの豊富さだ。たくさんの選択肢から取引できる点もメリットといえるだろう。

FX会社としては珍しい暗号資産CFDの取引ができる

SBI FXトレードはFX会社としては珍しく暗号資産CFDの取引が可能だ。暗号資産CFDとは暗号資産(仮想通貨)を対象にした差金決済取引サービスのことである。

CFDは個別株、株価指数、債券、コモディティまで投資対象が多くあるが、SBI FXトレードでは暗号資産を対象にしたCFDのみを取り扱っている。

SBI FXトレードで扱っている暗号資産CFDは以下の3つの仮想通貨と6つの銘柄だ。

取扱暗号資産ビットコイン (BTC)、リップル(XRP)、イーサリアム (ETH)
取扱銘柄BTC/JPY、XRP/JPY、ETH/JPY、BTC/USD、XRP/USD、ETH/USD

レバレッジは2倍。25倍のFXと比べると低いが、暗号資産は値動きが大きいため、2倍のレバレッジでも収益機会は比較的大きい。取引手数料と口座管理手数料は無料だ。

口座開設はFX取引口座、積立FX取引口座と同時に開設可能なので、暗号資産CFDの取引にも興味があるなら同時に口座を開設しよう。

SBI FXトレードのデメリット──大口取引でスプレッドが拡大

一方でSBI FXトレードには次のようなデメリットもある。

  • 大口取引でスプレッドが拡大することがある
  • SBI FXトレードにシストレは無い
  • 問い合わせ受付時間が短め
  • デモ取引がない

大口取引でスプレッドが拡大

SBI FXトレードのスプレッドは、100万通貨以下の取引では業界最低水準だが、もっと大規模な取引になるほどスプレッドが拡大することがある。

とはいえ、同社は大口取引についても順次引き下げを実施しており、例えば2020年5月には7通貨ペアの100~300万通貨取引で最大70%スプレッドを引き下げた。今後の動向にも注目したい。

SBI FXトレードにはシストレがない

SBI FXトレードにはシステムトレード(自動売買)機能は無い。システムトレードはシストレとも呼ばれ、人に代わって売買プログラムに取引させる方法だ。

システムトレードを行いたい場合、別のFX口座も開設した方がいいだろう。

問い合わせ受付時間が短め

FXの特徴は祝日や深夜でも取引できる点にあるが、SBI FXトレードの電話問い合わせの受付時間は平日9:00~17:00となっているので注意しよう。

デモ取引がない

デモ取引とは、実際の資金を使わず、仮想の資金でFX取引を体験できるツールだ。FX取引の練習や取引ツールの使用感を試す際に用いられる。

SBI FXトレードの場合、デモ取引を用意していない。初心者は注意が必要だ。

幸い、同社は1通貨の取引ができるため、たった数円でも取引できる(100円の取引ならば、4円で可能)。初心者は少ない資金で取引を始めて使用感を試すといいだろう。

なお、SBI FXトレードでは口座開設者にもれなく500円が進呈される。自己資金を使わずに取引を始めることも可能だ。

SBI FXトレードのデメリットを補う「インヴァスト証券」

SBI FXトレードは100万通貨超の取引でスプレッド拡大の傾向があった。1,000通貨超の取引はスプレッドを原則固定としてないためだ。このデメリットを補うのがインヴァスト証券だ。

インヴァスト証券も1,000万通貨までの取引が可能で、取引数量にかかわらず原則固定のスプレッドを提供している。100万通貨超では0.2pips上乗せされるが、大口取引でもスプレッドの拡大をある程度避けられるだろう。

300万通貨超取引のスプレッド比較(米ドル/円)

SBI FXトレード:0.71~9.60銭
インヴァスト証券:0.5銭(原則固定0.3銭+上乗せ0.2銭)
SBI FXトレードは2021年3月1日~4月1日の実績

またインヴァスト証券は、SBI FXトレード非対応のシステムトレードにも対応している。両者の口座を開設し、取引に応じて使い分けるのはかなりバランスが良いだろう。

SBI FXトレード株式会社の概要と実績──口座数、預かり残高で首位

SBI FXトレードはSBIグループのFX会社だ。概要は以下の通り。

SBI FXトレード株式会社の概要

会社名SBI FXトレード株式会社
設立年月2011年11月
資本金9億6,000万円(2020年9月末)
株主SBIリクイディティ・マーケット株式会社 
自己資本規制比率1,334.4%
(2020年12月末)
通貨ペア数34種類
最小取引単位1通貨
取引手数料無料
口座維持費無料
入出金手数料クイック入金:無料
通常入金:顧客負担
※出金手数料は無料
レバレッジ25倍
取引時間米国標準時間:月曜7:00~土曜6:30
米国夏時間:月曜7:00~土曜5:30
日時メンテナンス米国標準時間:月曜6:30~土曜7:00
米国夏時間:5:30~6:00(月6:30~7:00)

入金手数料は、クイック入金の場合は無料、通常の振込入金は顧客の負担となる。出金手数料はいずれも無料だ。クイック入金は約380の金融機関に対応している。

口座数&預かり残高で首位

矢野経済研究所の「有力FX企業17社の月間データランキング(2019年11月時点)」によると、SBI FXトレードは「口座数」「預かり残高」で首位となった。

取引高(月間)口座数預かり残高
全体159兆円550万口座1.12兆円
SBI FXトレード圏外127.6万口座2,488憶円
シェア圏外23.2%(1位)22.2%(1位)

取引高は圏外であるものの、多くのFX投資家から支持を集めているようだ。

通貨ペアは34──最小1通貨から取引可能

SBI FXトレードでは34の通貨ペアで取引が可能だ。うち、日本円から直接買える通貨は19種ある。

最小取引単位は1通貨で、「韓国ウォン/円」以外の全通貨ペアで1通貨からの取引が可能だ(「韓国ウォン/円」は100通貨単位)。通常、FXの少額取引は1,000通貨単位を指すが、さらに小さい額で取引できる。最大で1,000万通貨までの取引が可能なので、大口の取引も可能だ。

SBIグループは計4社でFXサービスを提供しているが、SBI FXトレードが最も通貨ペアの数が多い。SBIグループの旗艦FXブランドといえるだろう。

SBI FXトレードSBI証券SBI ネオモバイル証券住信SBI ネット銀行(Oh! FX)
取り扱い 通貨ペアの数34282620
最小取引単位1通貨1,000通貨1通貨1,000通貨

矢野経済研究所の調査で上位となった他のFX会社3社と比較しても、SBI FXトレードの通貨ペアはトップクラスだ。

積立FXに対応

WEB版限定のサービスで、外国通貨を定期購入する「積立FX」にも対応している。金利にあたる「スワップポイント」も得られるので、積立外貨預金と実質的に同じ投資効果を獲得できる(スワップポイントは後述)。

積立FXに対応しているのは以下9通貨だ。いずれも日本円から積み立てできる。

NZドル人民元
豪ドルカナダドル南アフリカ ランド
英ポンド香港ドルトルコリラ

SBI FXトレードの評判──取引コスト、1通貨単位の取引で好評

SBI FXトレードの評判を外部の比較サイトから確認したい。参照の比較サイトは以下4社だ。

  • オリコン顧客満足度調査
  • みんかぶFX 口座比較ランキング
  • 価格.com FX口座人気ランキング
  • ZAI FX!ザイ読者が選んだFX会社総合ランキング

SBI FXトレードはいずれの比較サイトでも上位にランクインしている。「取引コストの安さ」や「1通貨単位取引」でポジティブな評価が目立った。

SBI FXトレードのクチコミ(口コミ)・評判は?

パソコン用アプリが無料とは思えない拡張性の高さ

パソコン用のアプリであるRich Client NEXTを愛用しています。こちらのツールは無料とは思えないくらい拡張性がありとても気に入っています。プライボードなどのレイアウトを自由に変更することができるので、売買のタイミングが最も重要とされるFXでは大きな武器になっています。これまでいろんなFX売買ツールを利用してきましたが、Rich Client NEXTは間違いなくトップクラスに入る機能性があります。

★★★★★5点
(50代・男性)

40代、画面が見づらい……という人でも見やすいアプリ

40代にもなるとスマートフォンの画面が見にくくなってくるのですが、SBI FXトレードのスマートフォン用アプリケーションの視認性は非常に高いと思います。すぐに認識できるような数字のデザインはとても好印象ですし、一画面に表示される情報量もちょうど良いので、数年使っていますが特に不満に感じるようなところはありません。定期的にアップデートがあり、最近もまたさらにブラッシュアップされた印象を受けています。

★★★★4点
(40代・男性)

リスクをとりたくない人に1通貨からの取引はオススメ

ここは一通貨から取引ができるので、とにかく短期間のスキャルピングでもうけようと思って頻繁に取引を行うような短期取引の人よりも、「日本円だけ保有しているのは不安だけど何をやっていいのかよくわからないけれど、それほど多くのお金を外貨にしておくのも嫌」という人が少しずつ外貨を積み立てる形で購入していくのには適した証券会社です。ですから、私は大きく通貨を購入するのではなく、ちょこちょこ通貨を購入する取引を行っています。

★★★★4点
(20代・男性)

SBI FXトレードのスプレッド──業界最低水準の取引コスト

SBI FXトレードのスプレッド(=取引コスト)は業界最低水準だ。上記でランクインした他社と比較しても、同社のスプレッドは最低水準であることがわかる。

上述の通り、SBI FXトレードのスプレッドは取引数量が増えるほど大きくなる。それぞれのスプレッドは以下の通りだ。

取引単位スプレッド (米ドル/円)
1,000通貨以下0~0.09銭
1,000通貨超~100万通貨以下0.1~7.8銭
100万通貨超~300万通貨以下0.11~9.5銭
300万通貨超~1,000万通貨以下0.71~9.5銭
※2021年3月1日~4月1日

FXのスプレッドは相場状況などで変わる。SBI FXトレードにおいても同様だが、「米ドル/円」の実績(1,001~100万通貨。2021年3月)では52.93%が0.1銭、42.90%で0.2銭だった。ほとんどの取引で業界最低水準のスプレッドを維持できたようだ。

一時的に高コストになってしまう可能性がないわけではないが、概ね低コストで取引できるだろう。

SBI FXトレードのスワップポイント

スワップポイントとは通貨ペア間の金利差を指す。例えば「金利3%/金利1%」の通貨ペアのスワップポイントは2%だ。この通貨ペアを買うとき、年2%相当のスワップポイントを受け取れる。反対に売るときは支払う必要がある。

スワップポイントは通貨ペアごとに異なり、また取引日やFX会社でも異なる。参考に、2021年4月13~17日におけるSBI FXトレードのスワップポイントを以下にまとめた。

順位通貨ペア買or売スワップポイント金額
1米ドル/人民元350円
2トルコリラ/円252円
3英ポンド/スイスフラン196円
4ユーロ/NZドル182円
5米ドル/スイスフラン158円
6ユーロ/米ドル140円
7スイスフラン/円105円
8ユーロ/豪ドル98円
8ユーロ/英ポンド98円
10豪ドル/スイスフラン63円
※1万通貨あたり。2021年4月13~17日の累計

例えば「トルコリラ/円」では期間中、1万トルコリラの買いで252円のスワップポイントが得られた。1年間で約1.3万円の収入だ。

1トルコリラ=13.5円のとき、1万トルコリラは13.5万円。レバレッジ25倍を考慮すれば5,400円で1万トルコリラ買える。つまり、5,400円で1.3万円のスワップポイントを得られる。実質的な利回りは約240.7%だ。自己資金10万円なら約18.5万トルコリラ買え、年間で約24万円のスワップポイントを受け取れる。

スワップポイントは通貨ペアの取引を行い、翌日まで持ち越すことで得られる。毎日変動し、事前にはわからない。上記の表もあくまで実績だ。スワップポイントを得たい場合、事前に通貨ペア間の金利差を確認したい。

SBI FXトレード取引ツール──多機能チャートを備える「Rich Client NEXT」

SBI FXトレード提供のPC版(要インストール)取引ツールが「Rich Client NEXT」だ。多機能な為替チャートに特徴があり、以下のような機能がある。

表示本数30~2,000本
最大チャート表示数30チャート
足種13種 ※日足、週足など
テクニカルチャート29種 ※移動平均、ボリンジャー・バンドなど
描画ツール21種 ※トレンドライン、フィボナッチなど
その他の機能・CSV出力(4本値)
・チャート上からの注文

同ツールはWindowsのみの対応だ。MacやiPadの場合は「WEB NEXT」を利用できる。ブラウザ型の取引ツールでインストールがいらない。ログインすればどのデバイスでも利用できる。

SBI FXトレードのスマートフォンアプリは2種

SBI FXトレードの「SBI FX TRADE」には新アプリと旧アプリの2種類がある。新アプリは2019年10月15日にリリースされた。それぞれのスペックについて比較をすると下記の通りとなった。

新アプリ旧アプリ
画面分割1画面、2画面、4画面1画面、2画面、4画面
足型式1種類(ローソク)2種類(ローソク、平均足)
足種12種類12種類
テクニカル9種類(SMA、MACD等)22種類(WMA、エンベローブ等)
対応OSAndroid OS7.0、iOS11.0以上Android OS5.0、iOS11.0以上

足種(時間足)は共通して1分足~8時間足の9種類、日足、週足、月足の3種類である。

新アプリは使いやすさを重視して作られているので、必ずしも旧アプリよりも優れているわけではない。特にトレンドライン分析を重視する人や、平均足で見たい人は新アプリではなく旧アプリの方がおすすめだ。

なお、Google play やApple Storeでは新アプリ・旧アプリという表記がないのでわかりにくい。SBI FXトレードHPからダウンロードした方が確実だろう。

SBI FXトレードの口座開設の方法──最短即日に完結

SBI FXトレードは2020年12月より「オンライン本人確認」に対応している。従来は口座開設に1週間程度かかっていたが、同機能を利用すれば最短即日に口座開設が可能だ。

オンライン本人確認による口座開設の流れは下記の通り。

  1. 申込フォームへ入力
  2. 必要書類と本人顔写真の撮影
  3. 審査完了後、口座開設完了

オンライン本人確認はスマートフォンが必要だ。HPから口座開設を申し込むと口座開設申し込み用URLが登録のメールアドレス宛に届く。申込みフォームへ入力し、本人確認書類の提出方法に「スマホで撮影」を選ぶ。

フォーム入力後、提出書類と自分の顔写真の撮影を行う。カメラが起動しガイドが表示されるので、枠内に収まるよう写真を撮る。

オンライン本人確認で提出できる書類の組み合わせは「マイナンバーカード1枚」または「通知カード+運転免許証(または住民基本台帳カード)」だけだ。上記書類が用意できない場合、通常の方法でしか口座開設できない。

書類提出後、SBI FXトレードの審査を経て口座が開設される。通知メールに記載のURLからログインIDと初期パスワードの交付を受けられる。

通常の口座開設で提出できる書類

オンライン本人確認で提出できる書類を用意できない場合、通常の方法で口座開設を申し込む。

提出書類は「マイナンバー確認書類」と「本人確認書類」の2種だ。それぞれ提出できる書類は以下の通り。

マイナンバー確認書類

マイナンバーカード/通知カード/マイナンバー記載の住民票

本人確認書類

運転免許証/健康保険証/住民基本台帳カード/住民票/印鑑登録証明書/在留カード/特別永住者証明書

SBI FXトレードのキャンペーン

 条件特典期間概要
新規口座開設プログラム口座開設+取引キャッシュバック6/1~6/30期間中に口座開設し、7/31までに往復200万通貨以上取引で最大5万円
※往復:新規および決済の合計

SBI FXトレードは定期的に口座開設キャンペーンを展開しており、上記は前月分と申込期間に重複がある。必ず最新のキャンペーンに申し込むよう注意したい(前月分は7/1までの取引が対象のため不利)。

SBI FXトレードにログインできない場合の対処方法

SBI FXトレードにログインできない場合、ログインIDとパスワードに間違いがないか確認しよう。

ログインID・パスワードには大文字・小文字のO(オー)と0(ゼロ)、数字の1(イチ)と大文字のI(アイ)、小文字のl(エル)が混同している可能性がある。

また、ログインID・パスワードには半角英数字しか使われていないので大文字が出てきた時点で間違いだと分かる仕様となっている。

ログインIDとパスワードが書かれた書類を紛失した場合はコールセンターに電話をして再発行をしてもらおう。

【注目】有力FX会社の早見表(スタイル&ニーズ別)

短期で取引したい(デイトレ&スキャルピング)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか約定スピードドル円 スプレッド通貨ペア数最小取引単位シストレ対応
JFXスキャルピング公認。高速取引専用ツールが魅力数秒単位のスキャルピングに対応。
MT4に対応
4社で唯一数秒単位のスキャルピング「秒スキャ」に言及
超短期トレーダーはJFX推奨
最速:0.001秒 平均:0.005秒 (2020年7月実績)0.2銭2610,000通貨×
LION FX(ヒロセ通商)スキャルピング公認。取扱通貨ペアは業界最多水準大口ならキャッシュバックキャンペーン手厚い
通貨ペア数が多く、スキャルピングの選択肢が広い
数十万円キャッシュバックの取引キャンペーンが定番
大口トレーダーに推奨
最速:0.001秒 平均:0.003~0.005秒 (2020年7月実績)0.2銭501,000通貨×
セントラル短資FXスキャルピング向けに「1クリック注文」用意4社で最もドル円スプレッド安いドル円メインのトレーダーに向く0.1銭251,000通貨
OANDA スキャルピング公認。95%以上の注文が0.001秒で処理口座開設者に世界7拠点からマーケット情報提供口座開設者は「OANDAラボ」から情報提供受けられる
情報も重視したい方はOANDA
新規注文の99%が0.001秒で処理 (2021年5月3週実績)0.3~0.4銭4010,000通貨
※OANDAは「東京サーバー」コース(その他コースでは1通貨単位、69通貨ペアも)

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

②スプレッド重視(とにかく取引コストを低く)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか米ドル円ユーロ円ポンド円豪ドル円NZドル円
ネオモバFXドル円スプレッドが最低0銭「Tポイント」で取引可能TポイントでFXと株式の取引可能
ポイントで疑似体験したい方に向く
0~0.3銭0.4~0.6銭0.9~1.1銭0.6~1.1銭1.2~2.5銭
ゴールデンウェイ・ジャパン大口取引も低スプレッド 1万通貨超なら3社で最も低い(ドル円)1万通貨超なら3社で最低
取引金額が大きい方に推奨される
0.1銭0.3銭0.6銭0.4銭1.0銭
SBI FXトレード1,000通貨以下なら低スプレッドで原則固定3社で最も通貨ペアが多い3社で最も通貨ペアが多いが、1,000通貨超のスプレッドは変動制
少額トレーダーに向く
0~0.1銭0.3銭0.69銭0.4銭0.9銭

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

③中長期で取引したい(スワップ=金利収入重視)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか米ドル円ポンド円ランド円メキシコ円トルコ円最小取引単位通貨ペア数スプレッド(米ドル/円)シストレ対応
みんなのFX高水準スワップが魅力「オプション」取引も可能(LIGHT FXはFXのみ)「オプション」のほか「自動売買」に対応(LIGHT FXはFXのみ)
FX以外の選択肢も持ちたい方に推奨
32円259円50.7円35.7円292円1,000通貨270.2銭
LIGHT FX新興国通貨スワップに強み新興国通貨スワップが「みんなのFX」より高い傾向新興国通貨スワップが「みんなのFX」より高い傾向
高金利通貨のスワップを獲得したい方に向く
31円259円63.7円49.7円292円1,000通貨270.2銭×
表中のスワップポイント(米ドル円~トルコリラ円)は「2021年5月24~28日の累計 1万通貨の買い」の数値

※トルコリラ/円に特化した図表は、下記の記事内を参照されたい。

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

④少額取引(数円~数千円で始めたい初心者&取引金額を細かく調整したい方)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか
SBI FXトレード全34通貨ペアで1通貨単位取引OK唯一マイナー通貨の少額取引可能「ブラジルレアル」などのマイナー通貨も取り扱う
さまざまな通貨で少額FXを行いたい方に推奨される
ネオモバFX最低取引単位1通貨スプレッド0はネオモバだけ(ドル円、1,000通貨以下)1,000通貨以下のドル円スプレッド0
少額かつドル円トレーダーに推奨
LINE FX1,000通貨単位取引。いつもの「LINE」で取引可能3社で唯一米国株取引可能「国内株」「米国株」「投資信託」を取り扱い、いずれも少額取引可能。3社で最も選択肢が多い
FX以外の少額取引を行いたいならLINE FX

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑤自動売買(時間が無い方向け。プログラムによる取引)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか種類
アイネットFXリピート系「ループイフダン」平均利益率127%(2020年度)デモ口座あり。ループイフダンのオンラインセミナーもループイフダンはデモ口座対応。自動運用を仮想の資金で試せる
使用感を事前に試したい方に推奨
リピート系
FXブロードネット自動売買ツール「トラッキングトレード」。利益実績84.8%(2014年10月15日~2021年3月31日)9つの取引コースを用意。複数コースの保有OKルールが異なる取引コース9種。複数のコースを持てるため取引の目的ごとに使い分けられる
取引管理を重視したい方に向く
リピート系
インヴァスト証券プログラムをリストから選ぶ選択型システムトレード「トライオートFX」ETF(上場投信)の自動売買も可能売買プログラムを選ぶほか、自分で設定もできる。またETF(上場投信)も同じツールで自動売買できる
より発展的な自動売買を行いたい方にはインヴァスト証券が推奨される
選択型
アヴァトレード「MT4(世界的な取引ツール)」対応の本格システムトレード4社で唯一MT4対応。独自売買プログラムも提供4社でMT4に対応しているのは同社だけ。「AMMA」または「DUPLI TRADE」に申し込むと独自の売買プログラムを利用できる。
MT4で本格的な自動売買を行いたい方に向く
選択型

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑥サポート重視(初心者&夜間取引が多い人向け)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くかその他の問い合わせ窓口
外為どっとコム24時間電話受付。為替のプロが対応税金やマーケット情勢についても回答オペレーターは為替のプロ。オンラインFXセミナーも頻繁に行われる
初心者のエントリー口座として特に推奨
メール
外為ジャパン電話&LINEで24時間対応。LINEも24時間対応高機能FXツール「プレミアチャート」を無料提供。値動きを詳細に分析できる
本格的な取引も行いたい方に向く
メール、LINE
DMM FXコールセンターは24時間受付。メールやLINE、AIチャットも3社で唯一株式取引可能(株式も24時間サポート対応)「株式」「CFD」を取り扱い、いずれも24時間サポートの対象。独自の競走馬ファンドサービス「BANUSY」はユニーク。
サポートのほか選択肢も重視したいならDMM FXが推奨される
メール、LINE、AIチャット

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑦取引ツール重視(MT4など)

 ポイント最小取引単位通貨ペア数ドル円 スプレッドシストレ対応
FXTFFXTF情報局ではFXに関する情報を提供、コストが低い10,000通貨300.1銭×
JFXスキャルピング可能で短期売買がしやすい10,000通貨260.2銭×
アヴァトレードシストレ可能であり、MT4の次世代ツールMT5にも対応1,000通貨501.1銭
OANDA 対応通貨ペアの種類が多い1通貨690.3銭~0.8銭×

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑧デモ口座のあるFX会社

 最小取引単位通貨ペア数ドル円 スプレッドシストレ対応
DMM FX10,000通貨210.2銭×
アイネットFX10,000通貨240.7銭~1.8銭
FXTF10,000通貨300.1銭×
JFX1,000通貨260.2銭×
LION FX1,000通貨500.2銭×
FXブロードネット1,000通貨240.2銭
アヴァトレード1,000通貨551.1銭
セントラル短資FX1,000通貨250.1銭
OANDA1通貨690.3銭~0.8銭×
外為どっとコム10,000通貨300.2銭×
みんなのFX1,000通貨270.2銭
2021年6月1日現在

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑨「提供情報の多さ」重視(知識をつけたい・戦略を練りたい)

FX会社概要
LIGHT FX金融情報サービス「FXi24」を通じて為替ニュースを閲覧できるほか、重要度がひと目で分かる経済指標カレンダーも公表
インヴァスト証券自動売買ができるトライオートFXでは、自動売買に関する知識が丁寧に紹介されており、初心者でも無理なく自動売買に挑戦できるようになっている
LINE FX何よりの強みと言えるのが、LINEで為替や相場に関するニュースを受け取ることができることだ。経済指標の発表に合わせて通知がすぐに送られてくるため、チャンスやピンチに素早く反応することができる

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

FX会社名 ポイント
DMM FX 口座開設数は国内最大級
SBI FXトレード 最小1通貨から取引可能、積立FXも対応
LIGHT FX スワップポイントに定評、実践的な情報コンテンツ
外為ジャパン 1,000通貨単位、クイック入金や24時間サポート体制
楽天FX 楽天ポイント・グループのシナジーで若者が流入
マネックス証券 リスク管理しやすい仕様、外貨出金が可能
LINE FX シンプル設計や通知機能がライトユーザーに便利
ゴールデンウェイジャパン スプレッド業界最狭水準、MT4利用可
FXブロードネット 豊富な取引コースや自動売買が好評
LION FX(ヒロセ通商) 最高水準の取扱通貨ペア数、多様なキャンペーン
ネオモバFX Tポイント利用可、少額からの投資にも強み
トライオートFX 自分で自由度高く作成可能な「設定型」の自動売買
JFX 約定力に定評、スキャルピングも
セントラル短資FX 値動きを予測する「みらいチャート」が好評
OANDA Japan 豊富なテクニカル指標・描画オブジェクト標準装備
アヴァトレード・ジャパン 日本初MT5に対応
アイネットFX 裁量取引も、自動売買取引も可能
更新日:2021/01/25

動画でもFXを勉強(松井証券によるFX動画の例)

たとえば「MATSUI FX」(通貨ペアの追加や主要ネット証券初の1通貨単位取引導入など、2021年2月にサービス内容がリニューアルされた)を運営する松井証券は以下のように動画でFXについて解説するシリーズを用意している。

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする