ネオモバFXの概要とやり方、 SBI FXαとSBI FX トレードとの違いも解説

ネオモバFXはSBI ネオモバイル証券が提供するFXのサービスだ。取引手数料は無料で、何よりもTポイント使って取引ができるのが特徴になる。

ネオモバFXはSBIグループのFXサービスだが、SBIグループには他にも「SBI FXα」と「SBI FXトレード」と「Oh! FX」の3つのFXサービスがある。

【FX初心者は、まずこちら】
【FX口座開設と審査の対策、業者の選び方や注意点はこちら】
【FX31社をタイプ別ランキングで徹底比較したい方はこちら】

ネオモバFXの概要――少額から取引が可能で、スプレッドが優秀

ネオモバFXのサービス概要は下記の通りだ。

会社名株式会社SBIネオモバイル証券
取引手数料無料
入金手数料住信SBIネット銀行からの入金のみ無料
出金手数料無料
レバレッジ最大25倍
ロスカット証拠金維持率50%未満
自動売買未対応
取引時間【米国標準時間】月曜日7:00~土曜日7:00
取引時間【米国夏時間】月曜日7:00~土曜日6:00
アプリのメンテナンス【米国標準時間】月曜日~金曜日:6:30~7:00
土曜日:6:30~8:00
アプリのメンテナンス【米国夏時間】月曜日:6:30~7:00
火曜日~金曜日:5:30~6:00
土曜日:5:30~7:00

入出金手数料は提携先のインターネットバンキングのみ無料だが、2020年11月27日時点で提携先は住信SBIネット銀行しかない。住信SBIネット銀行を利用しない場合は必ず入金手数料がかかることになる。

通貨ペアは26種類――最小取引単位は1通貨

ネオモバFXで取引できる通貨ペアは26種類だ。日本円で買える通貨は12種類となっている。

米ドル/円トルコリラ/円豪ドル/米ドルユーロ/スイスフラン
ユーロ/円南アフリカランド/円NZドル/米ドルポンド/豪ドル
英ポンド/円香港ドル/円米ドル/カナダドルポンド/スイスフラン
豪ドル/円人民元/円米ドル/スイスフラン豪ドル/NZドル
NZドル/円韓国ウォン/円ユーロ/ポンド豪ドル/スイスフラン
カナダドル/円ユーロ/米ドルユーロ/豪ドル 
スイスフラン/円ポンド/米ドルユーロ/NZドル 

最小取引単位は1通貨で、少額からの取引が可能だ。必要最低証拠金は通貨と為替レートによって異なるが、トルコリラ/円のレートが19円であれば最低証拠金は1円になる。

米ドル/円のレートが110円の場合でも必要最低証拠金は5円なので、1,000通貨、1万通貨から取引できるFX会社と比較して少額から取引できるメリットがあるだろう。

米ドル/円のスプレッドが0銭、スキャルピングに制限なし

ネオモバFXのスプレッドは1,000通貨までの取引において非常に優秀である。1,000通貨までのスプレッドと1,000通貨以上のスプレッドは主要通貨においては下記の通りとなる。

 1~1,0001,001~10,00010,001~3,000,000
米ドル/円0.00.20.3
ユーロ/円0.40.50.6
ポンド/円0.91.01.1
トルコリラ/円1.94.84.9

1,000通貨までの取引であれば米ドル/円のスプレッドは0銭となっている。スキャルピングにも制限がないので自由な取引ができるだろう。

口座開設してみる(無料)
公式キャンペーン情報を確認

ネオモバFXと他のSBIグループのFXサービスとの比較

SBIグループのFXサービスにはネオモバFXを含めて4つのサービスがある。それぞれのサービスについて下記の表にまとめた。

 ネオモバFXSBI FXトレードSBI FXαOh! FX
取り扱い通貨ペア数26342817
最小取引単位1通貨1通貨1,000通貨1,000通貨
米ドル/円のスプレッド0.0銭0.09銭0.2銭~1.2銭0.5銭

住信SBIネット銀行のOh! FXはネオモバFXを含めた他のサービスと比較して特筆して優れた点はない。一方でネオモバFXの通貨ペア数はFX専業会社のSBI FXトレードが提供するSBI FXトレードとSBI証券が提供するSBI FXαに負けてしまっている。

しかし、SBI FXαと比較すると最小取引単位がネオモバFXの方が少なく、1000通貨までの米ドル/円のスプレッドもネオモバFXの方が優秀だ。

SBI FXトレードはFX専業会社が運営するサービスであるため、総合力ではSBIグループのFXサービスの中でも一番優れているだろう。しかし、ネオモバFXの方が米ドル/円のスプレッドが優秀なので、ネオモバFXの方が少額投資に特化している。

ネオモバFXのやり方――4つの手順で始められる

ネオモバFXは次のような手順で始めることができる。

  1. ネオモバ総合口座を開設
  2. クレジットカードの登録
  3. ネオモバFXの口座開設
  4. 入金して取引開始

ネオモバFXを利用するためには、ネオモバ総合口座を開設とクレジットカードの登録が必要だ。ネオモバ総合口座を開設するとFXだけでなく株、WealthNaviなどのサービスを利用できるようになる。

クレジットカード登録する理由はネオモバFXを利用するためにはサービス利用料金がかかります。1ヵ月の約定代金が50万円以下であれば220円(税込)だ。

総合口座を開設すればFX専用の口座が開設できるので、入金手数料がない住信SBIネット銀行から入金をすれば取引が始められる。
また、発生した利益は口座内で源泉徴収されないので、確定申告をして税金の支払いが必要だ。

口座開設してみる(無料)
公式キャンペーン情報を確認

ネオモバFXのクチコミ(口コミ)・評判は?

いくつかのFXを使ってここが一番私に合っていた

評判・クチコミ

★★★★★5点

30代・女性
これまでいくつかFX取引サービスを利用してきましたが、こちらのサービスが一番わたしに合っている感じています。その理由は最低必要証拠金がネオモバなら5円でOKだからです。ほかのさーんビスだと4000円以上だったり、サービスによっては4万円からとなっていたりするので、なかなか資金がない状態でFXトレードをするのは難しく感じていました。こちらのサービスならFX初心者の方も気軽にチャレンジすることができます。

1通貨単位で取引できるのがいい

評判・クチコミ

★★★★4点

40代・男性
良い点は、1通貨単位でFX取引ができることです。他のほとんどのFX会社では、最低でも1000通貨からFX取引が可能と定められています。つまり、アメリカドル円の通貨ペアであれば、約10万円のポジションから取引が可能となっています。そして最低証拠金として約4500円が必要です。ところが、この証券会社ではアメリカドル円の通貨ペアならば、1通貨単位(1ドル)からFX取引をすることができるのです。必要証拠金は10円未満で済みます。このため、FX取引の初心者の人がトレードを開始するには、最適な会社だと評価できます。

他の会社のツールに比べてスマホが操作しやすい

評判・クチコミ

★★★3点

30代・男性
スマホツールが使いやすいです。チャート画面は大きくて数字もはっきりしています。スワップポイントは標準よりも少し多いくらいで早めに公表されるので便利です。強制ロスカットなどの手数料はかかりますが証拠金維持率が100%切っても数日は強制ロスカットされずに取引できるので猶予があり助かります。マーケット情報なども逐一入ってきます。自分は基本スマホで取引行っていますが他の会社のツールに比べると操作しやすいです。指値注文などもしっかり金額表示を見ながら操作できるので初心者にとってはありがたいと思います。

口座開設してみる(無料)
公式キャンペーン情報を確認

注目の有力FXサービス

FX会社名口座開設ポイント詳細情報
DMM FX 口座開設 口座開設数は国内最大詳細情報
SBI FXトレード口座開設最小1通貨から取引可能、積立FXも対応詳細情報
LIGHT FX口座開設スワップポイントに定評、実践的な情報コンテンツ詳細情報
外為ジャパン口座開設1,000通貨単位、クイック入金や24時間サポート体制詳細情報
楽天FX口座開設楽天ポイント・グループのシナジーで若者が流入詳細情報
マネックス証券口座開設リスク管理しやすい仕様、外貨出金が可能詳細情報
LINE FX口座開設シンプル設計や通知機能がライトユーザーに便利詳細情報
ゴールデンウェイジャパン口座開設スプレッド業界最狭水準、MT4利用可詳細情報
FXブロードネット口座開設豊富な取引コースや自動売買が好評詳細情報
LION FX(ヒロセ通商)口座開設最高水準の取扱通貨ペア数、多様なキャンペーン詳細情報
ネオモバFX口座開設Tポイント利用可、少額からの投資にも強み詳細情報
トライオートFX口座開設自分で自由度高く作成可能な「設定型」の自動売買詳細情報
JFX口座開設約定力に定評、スキャルピングも詳細情報
セントラル短資FX口座開設値動きを予測する「みらいチャート」が好評詳細情報
OANDA Japan口座開設豊富なテクニカル指標・描画オブジェクト標準装備詳細情報
アヴァトレード・ジャパン口座開設日本初MT5に対応詳細情報
アイネットFX口座開設裁量取引も、自動売買取引も可能詳細情報
更新日:2021/01/25

FX初心者が見るべき情報一覧

FXとは?初心者向けFX入門の基礎

FX口座開設と審査の対策、業者の選び方や注意点

FX会社口座比較ランキング──スプレッド、スワップポイント、通貨ペア、タイプ別

FXの始め方――人気のFX会社5社ごとに解説

FX取引のやり方 口座開設からテクニカル分析、確定申告まで解説

FXのリスクと対策――レバレッジ、ロスカット、証拠金、スプレッド、損切注文

FX投資とは?外貨預金との違いを徹底解説

FXと株との違いとは?――レバレッジやスワップポイント、取引時間も解説

FX各社のキャンペーンを一挙紹介

【FX】ボーナスの受け取り方と注意点、各社の紹介

FXの取引ツールを選ぶポイント5つ――入門者向け・タイプ別に紹介

(画像:Shutterstock)


※ 本サイトは情報提供を目的としており、証券/FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。本サイトに記載の各証券会社や各サービスの評価は、投資家向けアンケート調査結果や独自評価軸に基づいて作成していますが、各サービスの内容の正確性、信頼性等を保証するものではなく、必ず利用者ご自身で各取引所やサービスの内容をご確認ください。
※ 投資を行う際は、 証券/FX投資におけるリスクを了承の上、利用者ご自身の判断で行ってください。万が一、これらの情報に基づいて利用者が損害を被ったとしても、当社は一切の責任を負いません。
※ 本サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、当該証券/FX 取引業者の説明に基づき、各サービスの公式サイト等に記載されている特定時点の情報を記載したものです。最新情報は各サービスの公式サイトにてご確認ください。また、キャンペーン・特典等は、広告主により実施されるものであり、利用の際は各広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
※ 本記事内のリンクから口座開設を行うと、CoinDesk Japanは対価として収入を得ることがあります。
※ 本サイトを利用されると、CoinDesk Japanの利用規約に同意したものとみなされます。以上の注意事項とともに利用規約についてもご了承ください。