YJFX!の評判は?他社とのスプレッドを比較、メリット・デメリットを解説

YJFX!はワイジェイFX株式会社が提供するFX取引サービスで、取引量に応じて「PayPayポイント」がもらえたり、取引ツール「MT4」の独自インディケータが使えるなど、他社にない大きな長所がある。

同社は、ヤフー株式会社や電子決済のPayPay株式会社と同様、Zホールディングス株式会社のグループ傘下にあり、2020年秋以降には「PayPay FX株式会社」へ社名変更される予定だ。

YJFX!のスプレッド

FXトレーダーの取引コストとなる「スプレッド」(買いレートと売りレートの差)について、国内の主要FX会社間で比較するとYJFX!よりもスプレッドが狭いFX会社は複数存在するが、総じて業界でも他社に遜色ない低い水準にあると言えるだろう。ただし、「トルコリラ円」についてはスプレッドが3.0銭と、やや高めである。

 米ドル円ユーロ円ポンド円豪ドル円NZドル円トルコリラ円
GMOクリック証券0.1銭0.3銭0.6銭0.4銭0.9銭1.7銭
YJFX!0.2銭0.5銭1.0銭0.7銭1.2銭3.0銭
DMM FX0.2銭0.5銭1.0銭0.7銭1.2銭取扱なし
外為ドットコム0.1銭0.3銭0.8銭0.6銭0.9銭1.5銭
SBIFXトレード0.09銭0.30銭0.69銭0.40銭0.90銭1.40銭
LION FX0.2銭0.5銭1.0銭0.7銭1.0銭1.6銭
LIGHT FX0.2銭0.3銭0.5銭0.3銭0.9銭1.6銭
インヴァスト証券0.3銭0.5銭1.0銭0.6銭1.7銭1.5銭
セントラル短資FX0.2銭0.4銭0.9銭0.5銭0.9銭1.7銭
マネーパートナーズ0.3銭0.4銭0.9銭0.6銭1.2銭1.9銭
セントラルFX0.2銭0.4銭0.9銭0.5銭0.9銭1.7銭
みんなのFX0.2銭0.4銭0.8銭0.6銭1.0銭1.6銭
JFX0.2銭0.5銭1.0銭0.7銭0.9銭1.6銭
FXプライム0.3銭0.6銭1.1銭0.9銭1.6銭4.8銭
楽天FX0.2銭0.5銭1.0銭0.7銭3.9銭6.8銭
※2020年8月末時点
※キャンペーン等により提示したスプレッドと異なる場合があることに注意

一方で、YJFX!は「スプレッド提示率」が安定して高い数字を維持しており、スプレッドが広がりにくいFX会社であると言えるだろう。

「スプレッド提示率」は、YJFX!が公式ホームページで提示している「期間中にお客さまに配信された基準スプレッドの範囲内であった時間の割合」のことであり、数値が高いほどスプレッドが安定して拡大しにくいことを意味する。

たとえば2020年8月1日~31日までの、YJFX!による「米ドル円」のスプレッド提示率は98.62%であり、ほぼ100%に近い数字を叩き出している。

YJFX! なら1,000通貨単位から取引ができる

YJFX!の取扱通貨ペア数は24ペアであり、他社と比較すると多めだと言える。

スワップポイントが高い通貨ペア「トルコリラ円」や「メキシコペソ円」の取り扱いもあるため、通貨ペアの取扱い数としては申し分ない数であろう。

また、YJFX!では、「ドル円」や「ユーロ円」、「ユーロドル」、「豪ドル円」などの代表的な通貨ペアを1,000通貨単位から取引することもでき、比較的少額からの取引ができる点は幅広いトレーダーに好感されるだろう。

YJFX!の4大メリット

YJFX!ならではのメリットとして、PayPayポイント、スキャルピング、デモ口座、MT4が挙げられる。

メリット1:FX取引するだけで「PayPayポイント」が貰える

YJFX!は、2020年秋以降に「PayPay FX」と社名変更する予定だが、今後は「PayPay」とのサービス連携を強める傾向にありそうだ。

その一環として、YJFX!は2020年2月より、取引量に伴い「PayPayポイント」もしくは現金を貰える「YJFX!で取引するたびPayPayか現金あげちゃう!」キャンペーンを開始した。

たとえば1ヶ月以内に「ドル円」100万通貨の取引を行うだけで「PayPayポイント」を400円分もらうことができる。

キャンペーン参加条件は、YJFX!とYahoo!IDとの連携登録をするだけだ。

また、新規注文が成立すれば、建玉の保有期間など無関係に、キャンペーン対象の取引数としてカウントされる。つまり、後述するスキャルピングにより即決済してもキャンペーン対象となるのでトレーダーにとっては嬉しい設定だろう。

ポイントの上限は、毎月最大80万円相当分である。多くの取引を行うトレーダーであれば、取引を行っているだけで多くのPayPayポイントを稼げそうだ。

メリット2:スキャルピング(高速取引)が公認されている

「スキャルピング」とは、FXの代表的な取引手法の1つで、新規注文と決済を繰り返し行い、小さな利益を多くのトレードでコツコツと積み重ねていくタイプのトレードスタイルだ。

FX会社によっては「スキャルピング」が禁止されている場合もあるが、YJFX!では、スキャルピングが公認されている。その証拠として、YJFX!は、自社が提供しているツール「Cymo(サイモ)」について、「スキャルピングに便利なツールです」と紹介されている。

メリット3:デモ口座を何度でも利用できる

YJFX!では、デモ口座を無料で利用することができる。デモ口座では本番環境と同じ為替レートが表示され、実際にYJFX!で利用できる取引ツールによる取引が可能なため、ツールの使い方やFX取引の練習をするのに非常に便利である。

利用期間は1ヶ月だが、利用期間終了後は何度でもデモ口座を再開設することができる。

メリット4:「MT4」を利用できる数少ないFX会社

YJFX!では、様々な取引ツールを無料で利用でき、高速取引に最適な「Cymo(サイモ)」や、「外貨exアプリ」などがあるが、なかでも「MT4」を利用することができることがYJFX!で取引を行う最大のメリットの1つであると言える。

「MT4」は、ロシアのMetaQuotesSoftware社が開発したトレードツールの名称で、正式には「MetaTrader4」と呼ばれる。

多くのチャート分析システムが組み込まれており、さらにカスタムを行うことで自分だけのオリジナルな分析システムを導入することも可能だ。

また、YJFX!だけで使える「オリジナルインディケータ」もダウンロードして使うことができる点も、YJFX!ならではのメリットだ。

YJFX!の注意点──情報収集面

YJFX!のデメリットを挙げるとすれば、セミナーやニュースの提供量が豊富でないことだろう。

YJFX!は、ニュース情報として「FXi24ニュース」のみを提供している。ニュース以外だと、為替業界の著名人やYJFX!のマーケット分析担当スペシャリストによる限定レポート「プレミアムレポート」などのサービスを提供している。

一方で、動画でのセミナーやレポートなどは、基本的にない。

また、メール配信サービス「GI24携帯メール」はあるものの、3ヶ月毎に「期間更新」の手続きが必要な点は面倒に思うトレーダーもいるかもしれない。

上記により、本格的な情報収集を徹底して行いたいトレーダーが頼る口座としては、少し物足りなさを感じることがあるかもしれない。そういうトレーダーは、別のFX会社で情報収集用の口座を持っておくのが賢明だろう。

YJFX!をおすすめできる人は?

ここでは、メリット・デメリットを踏まえた上で、YJFX!に口座開設をすることをおすすめできるトレーダーについて解説する。

スキャルピングトレーダー──確実にPayPayポイントを稼ぎたい方

YJFX!では、取引量に応じてPayPayポイントを稼ぐことができる。

またスキャルピングトレードが公認されているため、スキャルピングで毎日多くの取引量をこなすトレーダーは、YJFX!を利用しない手はないだろう。

資金が少ないトレーダー

YJFX!は、「ドル円」や「ユーロ円」などの主要通貨ペアを1,000通貨単位から取引できる。

例えば、ドル円の為替レートが1ドル=105円なら、1,000通貨を最低証拠金4,200円で取引開始できる。

資金が少ないが本番環境で取引したいトレーダーにとってYJFX!は、うってつけのFX会社であると言える。

口座開設から取引開始までの3ステップ

YJFX!の口座開設・取引開始は3ステップで完了する。また、所要時間として最短では翌営業日には取引を開始することが可能だ。

ステップ1:HPから必要情報を入力

YJFX!のホームページへアクセスし、口座開設の手続き画面へ進む。入力フォームに氏名や住所、生年月日などの個人情報を入力する。

なお、口座開設時に、「本人確認書類(運転免許証や健康保険証)」と「マイナンバー確認書類(マイナンバーカードや通知カード)」の画像アップロードが必要となるため、あらかじめ用意しておく必要がある。

ステップ2:審査後、ログインID情報をメールで通知

口座開設後、最短で翌営業日に、取引に必要なログイン情報がメールで通知される。ただし、スマホ最短手続き以外を選択した場合は、登録した住所宛てに「口座開設完了のお知らせ」を簡易書留郵便(転送不要)で送付される。

ステップ3:入金し取引開始

メールで通知されたIDとパスワードでログインし、ログイン後画面で入金の手続きを行う。
入金が完了すれば、FX取引を開始することができる。

なお、オンライン上での「クイック入金」を利用すれば、即時に資金が反映され、取引を開始することができる。


※ 本サイトは情報提供を目的としており、証券/FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。本サイトに記載の各証券会社や各サービスの評価は、投資家向けアンケート調査結果や独自評価軸に基づいて作成していますが、各サービスの内容の正確性、信頼性等を保証するものではなく、必ず利用者ご自身で各取引所やサービスの内容をご確認ください。
※ 投資を行う際は、 証券/FX投資におけるリスクを了承の上、利用者ご自身の判断で行ってください。万が一、これらの情報に基づいて利用者が損害を被ったとしても、当社は一切の責任を負いません。
※ 本サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、当該証券/FX 取引業者の説明に基づき、各サービスの公式サイト等に記載されている特定時点の情報を記載したものです。最新情報は各サービスの公式サイトにてご確認ください。また、キャンペーン・特典等は、広告主により実施されるものであり、利用の際は各広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
※ 本記事内のリンクから口座開設を行うと、CoinDesk Japanは対価として収入を得ることがあります。
※ 本サイトを利用されると、CoinDesk Japanの利用規約に同意したものとみなされます。以上の注意事項とともに利用規約についてもご了承ください。