Blockchain Keywords

目次

ブロックチェーン(blockchain)

仮想通貨(cryptocurrency)

ビットコイン(Bitcoin/BTC)

リップル(XRP/XRP)

イーサリアム(Ethereum/ETH)

ライトコイン(Litecoin/LTC)

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)

ネム(NEM/XEM)

リスク(Lisk/LSK)

モナコイン(Monacoin/MONA)

項目

【ブロックチェーン(blockchain)】

ブロックチェーンとは、分散型ネットワークを構成する複数のコンピューターに、暗号技術を組み合わせ、取引情報などのデータを同期して記録する手法。一定期間の取引データをブロック単位にまとめ、コンピューター同士で検証し合いながら正しい記録をチェーン(鎖)のようにつないで蓄積する仕組みであることから、ブロックチェーンと呼ばれる。別名「分散型台帳」。ビットコインなどの仮想通貨(暗号通貨)に用いられる基盤技術である。

続きを読む

【仮想通貨(cryptocurrency)】

仮想通貨(暗号通貨)とは、電子データのみでやりとりされる通貨であり、法定通貨のように国家による強制通用力(金銭債務の弁済手段として用いられる法的効力)を持たず、主にインターネット上での取引などに用いられる。デジタル通貨(digital currency)とも。2009年に運用が開始されたビットコイン(bitcoin)の登場以降、アルトコイン(altcoin)と呼ばれる派生の仮想通貨も次々と生まれ、法定通貨と仮想通貨を交換する仮想通貨取引所と呼ばれる仮想通貨交換業者が登場して、仮想通貨の保有が急速に広がった。

続きを読む

【ビットコイン(Bitcoin/BTC)】

ビットコイン(bitcoin)とは、インターネット上で使用できる仮想通貨(暗号通貨)。法定通貨と交換することができ、支払いや送金に使うことができる。ビットコインの歴史は、サトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)を名乗る人物によって投稿された論文に基づき、2009年に運用が開始された。以降、アルトコイン(altcoin)と呼ばれる派生の仮想通貨の先駆けとなったため、世界規模で普及する代表的な仮想通貨となった。

続きを読む

【リップル(XRP/XRP)】

リップル(XRP)とは、2013年に配布が正式に開始された仮想通貨(暗号通貨)。アルトコイン(altcoin)と呼ばれるビットコイン以外の仮想通貨の中でも代表的なものに数えられており、日本でも多くの仮想通貨取引所で扱われている。

続きを読む

【イーサリアム(Ethereum/ETH)】

イーサリアム(Ethereum)とは、ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)により考案され、2014年に販売が開始された仮想通貨(暗号通貨)。アルトコイン(altcoin)と呼ばれるビットコイン以外の仮想通貨の中でも代表的なものに数えられており、日本でも多くの仮想通貨取引所で扱われている。

続きを読む

【ライトコイン(Litecoin/LTC)】

ライトコイン(Litecoin)とは、2011年にビットコインをベースに開発が開始された仮想通貨(暗号通貨)。ビットコインの発行上限が2,100万枚なのに対して、ライトコインの発行上限は8,400万枚と4倍に設定されている。また、ビットコインのブロック生成時間が約10分に調整されているのに対し、ライトコインは約2.5分に調整されている。

続きを読む

【ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)】

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)とは、2017年にビットコインの分裂により誕生した仮想通貨(暗号通貨)。ビットコインのスケーラビリティ問題(取引データ処理に対するシステムやネットワークの拡張性・柔軟性の問題)に対して、ビットコインのブロックの大きさ(サイズ)を1MBから8MBへ拡張する(「ビッグブロック(Big Block)」)ことで処理能力を向上させ、解決を試みたのがビットコインキャッシュである。

続きを読む

【イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)】

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)とは、2016年にイーサリアムの分裂により誕生した仮想通貨(暗号通貨)。ハードフォーク(hard fork)であるため、イーサリアムクラシックはイーサリアムとのシステム的な互換性が保たれていない。

続きを読む

【ネム(NEM/XEM)】

ネム(NEM)とは、新しい経済運動(New Economy Movement)の略で、2015年に開発が始まった仮想通貨(暗号通貨)。ネムの通貨であるXEMの発行上限は89億9999万9999枚に設定されており、新規発行が行われる予定はない。ネムのプラットフォーム上では、ネットワーク決済やトークンの発行などが行える。

続きを読む

【リスク(Lisk/LSK)】

リスク(Lisk)とは、2016年に分散型ネットワークで構成されるブロックチェーンのプラットフォームを目指して稼働が始まった仮想通貨(暗号通貨)。分散型アプリケーション(DApps:Decentralized Applications)やスマートコントラクト(Smart Contract)を動かすプラットフォームとして、イーサリアム(Ethereum/ETH)と比較されることが多い。

続きを読む

【モナコイン(Monacoin/MONA)】

モナコイン(Monacoin)はインターネット上で使用できる日本発の仮想通貨(暗号通貨)。インターネット上の掲示板、2ちゃんねるで使用されるアスキーアート「モナー」をモチーフとして2013年12月から開発が始まり、2014年1月にリリースされた。

続きを読む