ブロックチェーン(blockchain)

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは、分散型ネットワークを構成する複数のコンピューターに、暗号技術を組み合わせ、取引情報などのデータを同期して記録する手法。一定期間の取引データをブロック単位にまとめ、コンピューター同士で検証し合いながら正しい記録をチェーン(鎖)のようにつないで蓄積する仕組みであることから、ブロックチェーンと呼ばれる。別名「分散型台帳」。ビットコインなどの仮想通貨(暗号通貨)に用いられる基盤技術である。

ブロックチェーンの特徴

ブロックチェーンの特徴は、一部のコンピューターで取引データを改ざんしても、他のコンピューターとの多数決によって正しい取引データが選ばれるため、記録の改ざんや不正取引を防げる点にある。取引データを収集管理する大規模コンピューターを必要とせず、コンピューターが分散型ネットワークで構成できるため、低コストでの運用が期待される。またブロックチェーンは特定の管理者がいなくても取引データの信頼性を保てるため、非中央集権(ディセントラリゼーション:decentralization)の仕組みとしても注目される。

ブロックチェーンの仕組み

ブロックチェーンの仕組みは、ブロックと呼ばれるデータの単位を生成し、時系列に沿ってチェーンのようにつないでいくことによりデータベースとなる。各ブロックは、連結されたブロックの一つ前のハッシュ値(ハッシュ関数により計算された値)を持っており、それをさかのぼることで、つながりを辿ることができる。

ブロックチェーンの技術

ブロックチェーンの技術には、過去に生成されたブロック内の情報を改ざんしようと試みた場合、変更したブロックから算出されるハッシュ値は以前のものと異なるものとなるため、後続のすべてのブロックのハッシュ値を変更しなければならないなどの特徴がある。その変更は事実上困難であるため、ブロックチェーンは改ざんされにくいデータ構造を有しているといえる。ブロックチェーンは、そのほかにピア・トゥー・ピア(P2P:Peer to Peer)、公開鍵暗号などの暗号化技術、ビットコイン等に用いられるプルーフ・オブ・ワーク(PoW:Proof of Work)などコンセンサスアルゴリズム、スマートコントラクト、など複数の技術の組み合わせで実現される。

ブロックチェーンの分類

ブロックチェーンの分類には、大きく分けてパブリック・ブロックチェーン(public blockchain)、プライベート・ブロックチェーン(private blockchain)、コンソーシアム・ブロックチェーン(consortium blockchain)がある。パブリック・ブロックチェーンが許可を必要としないパーミッションレス(permission-less)であるのに対して、プライベート・ブロックチェーンとコンソーシアム・ブロックチェーンはパーミッション(許可)を必要とする点で大きく異なる。

ブロックチェーンの事例

ブロックチェーンの事例は、仮想通貨だけではなく、決済や送金、証券取引などの金融業界、ポイント管理など小売業界、不動産業界、サプライチェーンやトレーサビリティなど物流業界や流通業界、電子カルテや処方せんの受付など医療業界、アート作品の所有権や音楽著作権の管理などエンターテインメント業界、などに広がりつつある。

【関連記事】
ブロックチェーン導入進む「不動産業界」