モナーコイン(MONA)まとめ

(公開日:

モナコインとは──ネット掲示板「2ちゃんねる」のアスキーアート「モナー」をモチーフ

モナコイン(Monacoin)はインターネット上で使用できる日本発の仮想通貨(暗号通貨)。インターネット上の掲示板、2ちゃんねるで使用されるアスキーアート「モナー」をモチーフとして2013年12月から開発が始まり、2014年1月にリリースされた。プログラムの開発はモナコインプロジェクト(Monacoinproject)が行っているが、コインの発行や運営はしておらず、オープンソースによる開発が続けられている。モナコイン(Monacoin)は、トランザクションデータのサイズを縮小する方法であるセグウィット(SegWit:Segregated Witness)を導入していることで知られている。

モナコインの仕組み──PoWを採用、発行上限は1億540万コイン

モナコイン(Monacoin)のコンセンサス・アルゴリズム(consensus algorithm:承認方式)は、プルーフ・オブ・ワーク(PoW:Proof of Work)が採用されている。採掘(マイニング:mining)によって新しくコインが発行され、開発者によるリリース前のコイン保有やマイニングはない。モナコイン(Monacoin)の発行上限は、1億540万コインとなっており、約3年ごとに新規発行量が半減する。2017年7月に最初の半減期を迎えた。

モナコインの特徴──他の通貨には見られない独自の文化も

モナコイン(Monacoin)の特徴は、投機目的以外にもユーザーによって神社が建立されたり、語呂合わせで投げ銭が行われたりするなど、他の仮想通貨ではあまり見られない文化がある点が挙げられる。関連サービスも多く登場し、実際にモナコインで商品を買える店舗も登場した。

モナコインの過去の値動きを分析

モナコインは2019年中頃まで50~100円で推移していたが、2021年11月では170~200円と1.7~4.0倍の水準にまで価格が上昇した。2021年11月22日時点の時価総額は約115億円となっている。

以下のチャートはその間の価格推移を表したものだ。大きな変動は見られるが、概ね右肩上がりといえるだろう。

引用:TradingView

各年におけるモナコインの値動きを紹介したい。

2019年:コインチェックへの新規上場からの高騰

2019年はおよそ70円前後で取引を開始したが、同年5月31日、仮想通貨取引所のCoincheck(コインチェック)がモナコインの新規上場を発表し、価格は一時380円台にまで高騰した。

引用:TradingView

しかしその後はポジティブなニュースに恵まれず、年末にかけて下落傾向をたどり、年始とほぼ同水準の価格で取引を終えた。

2020年:DMM Bitcoin への上場でも値上がり

2020年1月29日、同じく仮想通貨取引所の「DMM Bitcoin 」がCoincheckに続き取り扱いの開始を発表し、モナコインは再び値を上げる。取り扱い開始(2020年2月19日)の直前まで値を上げ続け、モナコイン価格はおよそ280円程度にまで到達した。

DMM Bitcoin で取引が始まると価格はいったん下落するも、9月に迫る「半減期」まで再び騰勢を強める。半減期とはマイニングの報酬が半減されるタイミングを指す。新規供給が細るため、受給が締まる思惑から価格が上がりやすい。モナコインは2020年9月までに220円程度にまで価格が上昇した。

引用:TradingView

半減期を超えると再び値を下げるが、前年のような極端な下落とはならず、年初より7割ほど高い140円前後で2020年の取引を終えた。

2021年以降の値動き

2021年は年初から仮想通貨市場全体が上昇した。3月に代表的な仮想通貨「ビットコイン(BTC)」が史上初めて6万ドルに到達すると、モナコインも年初から約3.1倍となる440円に到達した。

しかし5月に入ると仮想通貨全体にネガティブなニュースが連続的に伝えられる。5月12日に米EVメーカー「テスラ」CEOの「イーロン・マスク」氏がテスラ車のビットコイン決済に否定的な方針を示し、5月21日には中国の金融当局がマイニングの全面禁止を表明した。仮想通貨全体に下落圧力がかかり、モナコインも下げ足を速めた。7月24日に140円程度まで下落したあとは落ち着きを取り戻し、11月22日時点では約167円で推移している。

引用:TradingView

モナコイン価格に影響を与えると予想される要因

半減期

半減期はマイニング報酬が半減される時期を指す。供給が減るため一般に価格の上昇要因だ。モナコインの場合、105万1,200ブロック生成(約3年半)ごとに半減期を迎える。次回は2023年9月の見込み。なお、ビットコインは21万ブロック生成(約4年)ごとに半減期を迎える。

報酬は半減期を迎えるたびに減少するため、供給は減り続ける。この点を踏まえれば将来性に期待できるだろう。

上場取引所の増加

過去の値動きから、モナコインは取引所への新規上場が発表されると値が上がる傾向が読み取れる。今後、モナコインを取り扱う取引所が増えると価格上昇の可能性があるだろう。

国内ではいくつかの取引所に上場しているが、日本発祥のアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨の総称)だけあって海外では知名度が低い。海外取引所での上場が発表されればさらに資金の流入が考えられるだろう。

決済の増加

モナコインは一部の店舗や「ビットコインモール」などのECサイトで決済手段に採用されている。Segwitを実装し処理能力に優れるため、モナコインは技術的に決済に利用しやすい。またいくつかのウェブサービスでは発信者やクリエイターなどにオンラインで支援する「投げ銭」に用いられている。

これらはモナコインに対する実需(投機を目的としない、利用対象としての需要)だ。利用者は相場の動向にかかわらず買いに回るため、実需の増加は一般に価格上昇圧力として働く。モナコインが決済手段として普及すれば値上がりが期待できるだろう。

各国の規制

モナコインに限らないが、仮想通貨に対する各国の規制はモナコイン価格に大きな影響を与えるだろう。規制が強化されれば値下がりの、緩和に動くなら値上がりの傾向がある。

中国で仮想通貨がほぼ全面禁止された今、注目は米国の動向だろう。米国では2021年10月19日に先物を活用したビットコインETFが初めて上場したが、現物のビットコインETFは同年11月12日に上場申請を却下している。また米SEC(証券取引委員会)は仮想通貨「リップル(XRP)」が証券に該当するとし、2020年12月にリップル社に対し訴訟を起こした。同訴訟は2021年11月22日現在で未だ解決していない

米国の仮想通貨に対する姿勢は玉虫色だ。緩和に動くならモナコインにもポジティブだが、規制方向なら厳しい値動きが予想されるだろう。

仮想通貨(暗号資産)市場全体の上昇

仮想通貨全体の値動きもモナコイン価格に影響を与えると予想される。相場全体が上向くならモナコインも連れ立って値上がりする傾向にある。

もっとも、モナコインは市場全体との相関が足元で崩れている。以下の青いチャートはモナコイン(MONA/USD)の、オレンジのチャートはビットコイン(BTC/USD)の2021年の値動きを表している。6月までは両社に一定の連動性がみられるが、7月からはビットコインが上昇・モナコインが横ばいとなり、乖離がみられる。

引用:TradingView

モナコイン取引所──初心者向けおすすめ比較ランキング

モナコイン(Monacoin)を購入するためには、モナコインを取り扱う取引所で口座開設が必要だ。おすすめの取引所は下記の通り。

coincheck(コインチェック)

Coincheckを運営するコインチェック株式会社は2012年の創業。2018年1月に大規模なハッキング事件(参考:コインチェック事件)に見舞われたが、東証一部上場のマネックスグループの傘下で、経営再建を図り、平成31年1月11日に仮想通貨交換業登録を完了した。サービスの使いやすさに定評があり、スマホアプリの累計ダウンロード数は2021年11月18日時点で440万を突破。取引手数料は無料。国内では最多となる17通貨に対応しており、国内ではCoincheckでしか取り扱っていないアルトコインも多い。代表取締役を務める蓮尾 聡氏は、日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)の理事(非常勤)を務めている。

取扱仮想通貨 17種類
手数料 取引所:0%
最低取引数量 円建てで500円相当額
スマホ対応 投資初心者でも見やすく分かりやすい優れたUI/UX
セキュリティ 国内外複数の情報セキュリティ企業等を通じ、情報システムの信頼性、安全性、効率性のモニタリングを実施
Coincheckの口コミ•評判口コミを見る
  • アプリは使いやすく、注文方法も簡単。手数料もリーズナブルで使いやすく、欠点を探すのが難しいくらいの取引所だと思います。

    ★★★★★5点
    (50代・女性)
  • とくに、チャートの見やすさがバツグン。取引ができる通貨の種類が多いところも、Coincheckのウリだと思います

    ★★★★★5点
    (20代・女性)
  • 良いところは初心者でもまごつかないアプリが用意されていること。仮想通貨初心者ですが、使い方をマスターできることが嬉しい。

    ★★★★4点
    (50代・女性)
DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

DMM Bitcoinを運営する株式会社DMM Bitcoinは、DMM.com証券を傘下に抱える合同会社DMM.comのグループ会社。売買コストの低さとレバレッジ取引の種類の豊富さに定評がある。 スマホアプリでは様々な注文方法に対応していることで知られている。DMM.com証券を通じて培った金融サービス運営のノウハウを有していることを強みの一つとしており、サーバーの強度に関しては、国内屈指の水準を誇る。現物取引が可能なのは、ビットコイン、イーサリアム、リップルのみであり、他のアルトコインはレバレッジ取引での売買となる点には注意されたい。

取扱仮想通貨 20種類
手数料 販売所:スプレッド
最低取引数量 BTC/JPY:0.0001, ETH/JPY:0.001, XRP/JPY:1
スマホ対応 初心者向け「STモード」と豊富な機能の「EXモード」が選べる
セキュリティ 顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理を実施
DMM Bitcoinの口コミ•評判口コミを見る
  • アプリ日本最大級の大手取引所なので、システム的にもしっかりしていますし、セキュリティ対策もされているので、安心して使うことができています。は使いやすく、注文方法も簡単。手数料もリーズナブルで使いやすく、欠点を探すのが難しいくらいの取引所だと思います。

    ★★★★★5点
    (40代・男性)
  • DMM Bitcoinは一年中サポート対応をしてくれるので、不安が大きい初心者さんでも安心して使うことができると思います。

    ★★★★4点
    (20代・女性)
  • 若い人にも使いやすいんじゃないかな。画面はスマホ版は見やすくわかりやすく、レスポンスも良いです。ここが一番良い点だと思いますね

    ★★★★4点
    (20代・女性)
bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerは、国内最大級の取引量を誇る仮想通貨取引所として知られている。CryptoCompareの仮想通貨・暗号資産取引所ランキングでは、世界第9位に選出されており、国内の仮想通貨取引所の中では、ナンバーワンの月間取引高を誇る。スマホアプリが使いやすく、アプリ経由でFX取引を行うことも可能である。創業者の加納裕三氏は、一般社団法人 日本ブロックチェーン協会の代表理事を務めており、 グループ子会社のbitFlyer Blockchainでは、ブロックチェーン技術の開発や普及に注力している。

取扱仮想通貨 14種類
手数料 取引所:0.01〜0.15%/販売所:無料
最低取引数量 取引所:0.001BTC/販売所:0.00000001BTC
スマホ対応 スマホアプリでビットコインFXも取引可能
セキュリティ マルチシグを他社に先駆けて導入
bitFlyerの口コミ•評判口コミを見る
  • bitiFlyerはセキュリティ面で安心できるのが大きいです。 世界でセキュリティが1位というインパクトは凄い。

    ★★★★4点
    (30代・男性)
  • とても見やすいホーム画面で使いやすい取引所です。自分の資産が現在プラスなのかマイナスなのかが分かりやすい。

    ★★★★4点
    (40代・女性)
  • アプリも非常に使いやすいので良いと思いました。初心者の方にも十分におすすめできます

    ★★★★4点
    (20代・女性)
GMOコイン

GMOコインを運営するGMOコイン株式会社は、GMOクリック証券を傘下に抱える東証一部上場企業であるGMOインターネットのグループ会社。GMOコインでは、取引手数料のみならず、入出金手数料もすべて無料となっており、売買コストの低さには定評がある、また、「GMOコイン 暗号資産ウォレット」の使いやすさで初心者にも人気がある。6年連続でFX取引高世界ナンバーワンを記録しているGMOクリック証券を通じて培った金融サービス運営のノウハウを有していることを強みの一つとしている。

取扱仮想通貨 22種類
手数料 取引所:-0.01%〜0.05%/販売所:スプレッド
最低取引数量 0.00005 BTC / 回(販売所)、0.0001 BTC / 回(取引所・現物取引)
スマホ対応 複雑な注文機能を備えた高機能なアプリ
セキュリティ 24時間の監視体制と顧客預り資産と仮想通貨の分別管理
GMOコインの口コミ•評判口コミを見る
  • 仮想通貨のFX取引がスマホでササッとできます。外出中、合間の時間、寝ながら、などなどかなり便利です。ちなみに、チャート機能もあります。

    ★★★★★5点
    (30代・男性)
  • 一言で言うと、とても満足です。アプリで手軽に取引ができるので、仮想通貨取引に明るくない人でも、ハードルが低いところが良いです。

    ★★★★4点
    (20代・女性)
  • 過去の取引内容が取引画面の下方に表示されるため、一気に値が動き始めた時などに、目標を瞬時に判断することが出来るのが大きな武器だと思います

    ★★★★4点
    (20代・女性)

モナコインのチャート──過去の価格推移

モナコイン(Monacoin)のチャートは、モナコイン(Monacoin)を取り扱っている仮想通貨取引所の公式HP内で確認することができる。

コインチェック(Coincheck)

MONA/JPYのリアルタイムチャート

ビットフライヤー(bitFlyer)

モナコイン(Monacoin)/日本円のチャート

ビットバンク(bitbank)

モナコイン現在価格
(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする