Monacoin

モナコインとは

モナコイン(Monacoin)はインターネット上で使用できる日本発の仮想通貨(暗号通貨)。インターネット上の掲示板、2ちゃんねるで使用されるアスキーアート「モナー」をモチーフとして2013年12月から開発が始まり、2014年1月にリリースされた。

プログラムの開発はモナコインプロジェクト(Monacoinproject)が行なっているが、コインの発行や運営はしておらず、オープンソースによる開発が続けられている。モナコインは取引データサイズを縮小する方法であるセグウィット(SegWit:Segregated Witness)を導入していることで知られる。

モナコインの仕組み

モナコインのコンセンサス・アルゴリズム(consensus algorithm:承認方式)はプルーフ・オブ・ワーク(PoW:Proof of Work)が採用されている。採掘(マイニング:mining)により新しくコインが発行され、開発者によるリリース前のコイン保有やマイニングはない。モナコインの発行上限は1億540万コインとなっており、約3年ごとに新規発行量が半減する。2017年7月に最初の半減期を迎えた。

モナコインの特徴

モナコインの特徴は、投機目的以外にもユーザーによって神社が建立されたり、語呂合わせで投げ銭が行われたりするなど、他の仮想通貨ではあまり見られない文化がある点が挙げられる。関連サービスも多く登場し、実際にモナコインで商品を買える店舗も登場した。