サトシ・ナカモトとは? 正体不明のビットコイン開発者の正体に迫る

(公開日:

現在最も有名な暗号資産(仮想通貨)であるビットコインにおいて、最小の通貨単位を1 Satoshi(0.00000001 BTC)と表記する。これはビットコインの開発者とされており、2008年にインターネット上でビットコインに関する論文を発表したサトシ・ナカモトが由来である。

サトシ・ナカモトの正体は謎に包まれており、いくつかの説があるが決定的な証拠を挙げるには至っていない。このような状況から次々と臆測が飛び交い、我こそがサトシ・ナカモトであると名乗り出る人物が後を絶たない状況だ。本記事では正体不明の開発者サトシ・ナカモトについて、現時点で明らかになっていることを解説する。

ブダペストにあるサトシ・ナカモト像(画像:Wikipedia

ビットコイン(BTC)の開発者 サトシ・ナカモトとは?

サトシ・ナカモトとはビットコイン(BTC)の開発者とされている人物であるが、その正体は依然として明らかにされていない。その功績から2016年度のノーベル経済学賞にもノミネートされており、実在すら証明されていない人物のノミネートは前代未聞である。

サトシ・ナカモトは、仮想通貨の礎を作った人物として高く評価されているが、なぜその正体を隠したのか、その理由は定かでない。さまざまな臆測が飛び交っているが、当の本人から正体を隠している理由が説明されたこともない。

ビットコインの産みの親で、大量のビットコインを所有している正体不明のサトシ・ナカモトは、謎が謎を呼び話題性に事欠かない人物として仮想通貨業界では広く知られている。

サトシ・ナカモトの歴史

サトシ・ナカモトはビットコインの最初期を支えた人物として歴史に刻まれている。具体的にその歴史を紹介する。

2008年:暗号資産(仮想通貨)の概念を示した論文をインターネット上で発表

正体不明の人物が存在する根拠にもなるのが、サトシ・ナカモトがインターネット上に発表した論文である。2008年に発表された『ビットコイン: P2P電子通貨システム』は現在の暗号資産(仮想通貨)の概念を示したものだ。ビットコインのような仮想通貨を使えば、金融機関を通さずに低コストで金銭のやり取りができることを提案し、それを実現するための仕組みを説明している。

2009年:ビットコインの運用を開始

2009年はビットコインの運用を開始した年であり、サトシ・ナカモトはビットコインのソフトウェアの発表や、ビットコインの最初のマイニングを行なったとされている。この年にサトシ・ナカモトは「Bitcoin Forum」を開設。サトシ・ナカモトはこのフォーラムにいくつかの投稿をしており、アーカイブも残されている。

2010年以降:プロジェクトの管理を引き渡し消息が分からず

サトシ・ナカモト氏は2010年以降もしばらくはビットコインに関わり続けたといわれているが、それ以降の動きに関してはほとんど痕跡がない。すでにプロジェクトの管理を引き渡しておりナカモト氏の消息は不明だ。

正体不明のサトシ・ナカモトに対する様々な憶測

その正体が不明であることから、自分こそがサトシ・ナカモトと名乗る人物が後を絶たず、メディアなどによって様々な臆測が立てられている。そのなかでも代表的な説を紹介する。

日系人エンジニアのドリアン・ナカモト氏説

2014年にニューズウィーク誌の記者が大々的にサトシ・ナカモトの正体であると報道したのが、日系人エンジニアのドリアン・ナカモト氏である。一般的にサトシ・ナカモトは日本名であると考えられており、ドリアン・ナカモト氏の日本時代の幼名がサトシであったことが根拠となっている。

しかし、この説は当のナカモト氏本人により否定されており、名前以外の根拠もないため説としての信憑性は弱い。しかし、サトシ・ナカモトのイメージにドリアン氏の写真が使われることも多く、事実とは関係なくミーム現象としての広がりを見せている。

Winnyの開発者である金子勇氏説

ファイル共有ソフトWinny を開発した情報工学者の金子勇氏もサトシ・ナカモトであると噂されている人物の一人だ。Winnyは仮想通貨と仕組みに共通する部分が多く、優秀な技術者であることがビットコインの開発から想像されるサトシ・ナカモト氏の人物像と一致している。

残念ながら金子氏は2013年に急性心筋梗塞で死去している。もし仮に金子氏がサトシ・ナカモトであれば、ビットコインの開発者はすでにこの世にいないことになる。

複数のプログラマーで構成されるチーム説

サトシ・ナカモトは偽名である可能性が高く、特定の個人を指すのではなく、実態は複数人のチームであったと指摘する声もある。論文の内容は経済学の分野も含めて専門的であり、一人の技術者が執筆した論文としては完成度が高過ぎることが指摘されている。個人の特定が今もできていないことから、チーム説は有力説の一つとなっている。

サトシ・ナカモトは大量のビットコインを保有している?

サトシ・ナカモトは、112万5,150BTCを保有しているといわれている。ビットコインの価値は常に変動するため、その正確な価値については現在のビットコインの価格を参照することを推奨するが、日本円に換算すると兆単位の資産を保有していることになる。

ビットコインの運用開始から一度も動いていない

サトシ・ナカモトの保有するビットコインは、運用開始から10年以上経っても一度も動いたことがない。1BTCも決済に使用されることはなく、売却して資産化されてもいないのである。サトシ・ナカモトが保有する112万5,150BTCは「失われたビットコイン」と呼ばれ、このビットコインを動かせるのはアクセス権を持つサトシ・ナカモト本人、またはそのチームの一員である。

世界一の資産家になる可能性がある

サトシ・ナカモトは、今後のビットコインの価格上昇次第で世界一の資産家になる可能性があるという指摘もある。2022年時点で世界長者番付一位のイーロン・マスク氏の保有資産は2,190億ドル(約27兆円)。つまり、多額のビットコインを保有するサトシ・ナカモト氏は、すでに長者番付にランクインするほどの資産家ということになる。今後のビットコインの価格変動や長者番付の順位変動によっては、正体不明のサトシ・ナカモト氏が世界トップの資産家になるかもしれない。

サトシ・ナカモトが開発したビットコインを取引する方法

サトシ・ナカモトの正体は特定の個人、チーム、死亡説など、さまざまな憶測が飛び交っているが、残念ながら今のところ決定的な証拠はない。まだ一度も疑われたことがない人物がサトシ・ナカモトであることも十分に考えられる。確かなことは、サトシ・ナカモトが発表した論文により現在のビットコインが誕生したことと、112万5,150BTCものビットコインを保有していることである。

サトシ・ナカモトが開発したビットコインを取引したいと考えるなら、仮想通貨の取引所の口座開設が必要だ。代表的な取引所にはCoincheckGMOコインDMM Bitcoinがある。ビットコインはどこの仮想通貨取引所でも取引できるので、仮想通貨の取引が初めての人は知名度が高く、取引量の多い取引所で口座を開設しよう。

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする