ポリゴン(MATIC/Polygon)とは? 特徴・価格推移・買い方まで解説

(公開日:
Shutterstock

イーサリアム(Ethereum)は暗号資産(仮想通貨)の時価総額ランキングでビットコインに次ぐ2位の時価総額を持ち、Dapps、DeFiNFTなどの分野で注目を集めているが、普及が進むことによって、手数料の高騰や処理速度の低下などのスケーラビリティ問題が懸念されるようになった。

ポリゴン(MATIC/Polygon)は、イーサリアムの問題を解決するために生まれたセカンドレイヤー・ソリューションの仮想通貨だ。本記事では、ポリゴンの特徴・価格推移・買い方・将来性について解説する。

ポリゴン(MATIC/Polygon)とは?

名称Polygon
シンボルMATIC
設立者Jaynti Kanani、Sandep Nailwal、Anurag Arjun
開始日2017年10月
発行上限100億枚
承認方式PoS
公式サイトhttps://polygon.technology/

MATICは、イーサリアムの問題を解決するため、2名のブロックチェーン開発者と1名のビジネスコンサルタントの3名の共同設立によって2017年10月に生まれた仮想通貨である。2021年2月にMATICはプロジェクト名をPolygonに改称したが、仮想通貨のシンボルはMATICから改称されていない。

ポリゴン(MATIC/Polygon)の特徴

ポリゴンの特徴は以下の3つが挙げられる。

  • イーサリアム(ETH)のセカンドレイヤー・ソリューション
  • 手数料(ガス代)が安く処理速度も優秀
  • PoS(プルーフ・オブ・ステーク)の採用

イーサリアム(ETH)のセカンドレイヤー・ソリューション

ポリゴンは、イーサリアム(ETH)のセカンドレイヤー・ソリューションである。セカンドレイヤー・ソリューションとは、メインのブロックチェーン以外で取引を実行する技術だ。ブロックチェーン本体以外で取引を実行する必要が生まれた背景には、イーサリアムが抱えるスケーラビリティ問題がある。

スケーラビリティ問題とは、ブロックチェーン技術において、1つのブロックに記録できる取引データの量が限られることから発生する障害の総称である。Dapps、Defi、NFTなどでイーサリアムへの注目が集まり、参加者が増えるほど処理速度の遅延や、ガス代と呼ばれる手数料の増加が懸念されてきた。

ポリゴンはイーサリアムと互換性があり、ユーザーの増加によってスケーラビリティ問題が懸念されるイーサリアムをサポートし、この問題を解決するために誕生した通貨である。

手数料(ガス代)が安く処理速度も優秀

ポリゴンは手数料(ガス代)が安く、処理速度も優秀であることから注目を集めている。VISAのクレジットカードは、毎秒24,000件の取引を処理できるといわれているが、イーサリアムは毎秒15件ほどしか処理できない。

ポリゴンの処理速度は1秒あたり65,000件であることから、その処理速度の優秀さを計ることができる。取引手数料もイーサリアムより非常に安く抑えられているので、取引を行いやすい点でも優れているといえるだろう。

PoS(プルーフ・オブ・ステーク)の採用

ポリゴンは、コインの保有量と保有期間に応じた取引承認であるPoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用している。PoSはビットコイン(BTC)をはじめとするPoW(プルーフ・オブ・ワーク)の問題を解決したシステムである。

PoWではこの仕組みを支えるマイニングの電力消費量が膨大になったことから、近年ではPoSを採用する仮想通貨が増えている。PoSではMATICを長期的に多く保有するほど、ブロックチェーンへの接続が速くなるため、コインを長期的に保有することにメリットがある仕組みだ。

ポリゴン(MATIC/Polygon)の価格推移

CoinMarketCapより引用

上記のチャートは2019年から2022年7月までのMATICの値動きを表したものである。ここからはチャートをより細分化し、年度ごとの出来事や価格推移について解説する。

2021年:知名度の上昇とUniswapへの採用で注目が高まる

2021年当初、ポリゴンの価格は10円以下で推移していた。初めて大きな価格上昇があったのは、2021年の5月であり、同月18日には268円の最高値を記録した。価格が上昇した要因はさまざま考えられるが、DeFiを通して利用者が増加し、資金流入が活発になったことが挙げられる。

2021年12月に大手DEX(分散型取引所)のUniswapにイーサリアムのスケーラビリティ問題の解決を目的にブロックチェーンとして採用されたことで、イーサリアムのセカンドレイヤー・ソリューションとして知名度が上昇し、注目が高まった。2021年12月26日にポリゴンは最高値である329円を記録している。

2022年:仮想通貨市場と連動して下落

2022年はイーサリアムを含めた仮想通貨市場と連動する形で下落している。この下落はポリゴンというプロジェクトに問題があるわけではなく、イーサリアムとの関係が深い仮想通貨であることから、イーサリアムの価格推移に大きな影響を受ける性質を持っているといえる。6月19日には51円を記録しており、2021年後半の価格と比較すると低い水準にある。

ポリゴン(MATIC/Polygon)の将来性は?

ポリゴンは、イーサリアムのセカンドレイヤー・ソリューションとして高い注目を集め、プロジェクトの拡大を続けている。2021年10月時点にポリゴン上で開発されているDapps(分散型アプリケーション)の数が3,000、2022年4月の時点で19,000を超え、驚異的な速度で成長していることが分かる。

イーサリアムと同様にDefi、DEX、NFTなどの注目が集まりやすいテーマに関係している銘柄であることから、これらのテーマに期待が高まることでポリゴンも注目され、将来的に価格が上昇する可能性がある。

ポリゴン(MATIC/Polygon)の買い方

ここまでの情報を踏まえて、ポリゴンを購入したいと考えた方に2種類の買い方を紹介する。

国内取引所から購入する

2022年7月時点でポリゴンの取り扱いのある国内取引所はbitbankのみである。

海外取引所から購入する

ポリゴンはBinanceをはじめとする海外取引所でも購入可能だ。海外取引所を利用するには、国内取引所の口座を開設して事前に送金用の仮想通貨を購入する必要がある。国内取引所の口座を開設していない場合は、Coincheck(コインチェック)とGMOコインなどの代表的な国内取引所の口座も開設しよう。

海外取引所では、国内では取り扱われていない数多くの仮想通貨を取引することが可能だ。しかし、金融庁にも登録された国内取引所で取り扱われている安全性が高いとされる仮想通貨とは異なり、信頼性の低いプロジェクトや、詐欺コインと呼ばれる仮想通貨も存在するので、購入する仮想通貨を選ぶ際は注意が必要である。

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする