NFTと仮想通貨取引所の関係は?NFT高騰の理由や収益を得るには?

(公開日:
NFT お金

新たな投資対象として話題の「NFT」(非代替性トークン)。NFTの技術を活用したアート作品や音楽作品の価格が急騰するケースが目立ち、一部の個人投資家から大きな注目を集めている。

この記事で説明したいのは、NFTに投資する際、「仮想通貨取引所」の利用も必要になる点だ。NFTの作品を購入するには、主に仮想通貨「イーサリアム(ETH)」が必要で、そのイーサリアムは基本的には仮想通貨取引所で得る。

また、NFTの作品自体でなく、NFT関連の仮想通貨に投資したい場合も、仮想通貨取引所の利用が必要だ。そこで、NFTと仮想通貨取引所の関係を詳説しよう。

NFT関連で仮想通貨取引所をどう使う?

NFT投資に仮想通貨取引所でできることは以下2点だ。

  • NFT作品を購入するための仮想通貨を得る
  • NFT関連の仮想通貨を購入する

NFT作品を購入するための仮想通貨を得る

仮想通貨

NFTの技術を活用すると、デジタル作品に「唯一性」を付与できる。その作品の複製を困難にすることで、オリジナル作品だというお墨付きが与えられ、当然その価値は損なわれにくい。

こうした点に注目が集まり、NFT作品への投資が活発化している。アート作品や音楽作品だけではなく、ゲーム内のアイテムや土地などもNFT化され、高額な取引も目立つ。

では、NFT化された作品やアイテムはどこでどのように買えるのか。最も一般的な方法は、「NFTの取引所」である各種NFTマーケットプレイスで、仮想通貨のイーサリアムを使って購入する方法だ。ほとんどのNFTマーケットプレイスでは、決済通貨にイーサリアムが採用されている。

そのため、多くのNFTマーケットプレイスではイーサリアムがなければ、NFTのアート作品やアイテムを購入できない。そこで、原資となるイーサリアムの購入に仮想通貨取引所が必要となるわけだ。

なお、現状、NFTと仮想通貨の両方の売買を扱える代表例はCoincheck(コインチェック)なので、初心者はこちらの口座開設(無料)がスムーズかもしれない。

NFT関連の仮想通貨を取引所で購入する

NFT 仮想通貨

NFT投資で仮想通貨取引所が果たす役割は、イーサリアムの入手場所にとどまらない。「NFT関連の仮想通貨」に投資したいときは、仮想通貨取引所での取引が必要になってくる。

いま存在している仮想通貨を大雑把に分類するなら、「普通の仮想通貨」と「NFT関連の仮想通貨」に分けられる。ここでいう「普通の仮想通貨」とは、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)などだ。

もう一方の「NFT関連の仮想通貨」とは簡単に言えば、NFTを作成可能なブロックチェーンプラットフォームで使われる仮想通貨を指す。例えば、「Enjin platform」というNFTを作成可能なブロックチェーンプラットフォームでは、「Enjin Coin(ENJ)」が使われる。

NFT関連仮想通貨にはEnjin Coinのほか、Tezos(XTZ)やChiliz(CHZ)、THETA(THETA)、Sandbox(SAND)、Decentraland(MANA)などがある。以下がこれらを含めたNFT関連の仮想通貨の代表的なものだ。

NFT関連の仮想通貨ティッカーシンボル読み方
Axie InfinityAXSアクシー・インフィニティ
THETATHETAシータ
DecentralandMANAディセントラランド
TezosXTZテゾス
FlowFLOWフロウ
ChilizCHZチリーズ
Enjin CoinENJエンジンコイン

NFTマーケットプレイス開設の仮想通貨取引所も

前述で「NFTマーケットプレイス」に触れたが、大別すると、独立系のNFTマーケットプレイスと、仮想通貨取引所系のマーケットプレイスがある。独立系には海外の「OpenSea(オープンシー)」が有名だ。

一方、仮想通貨取引所系のNFTマーケットプレイスには「Coincheck NFT(β版)」や「Adam byGMO(β版)」が挙げられる。仮想通貨取引所を展開する企業が、NFTマーケットプレイスも展開している形態だ。

両方を展開していることから、仮想通貨取引所系が初心者には便利だろう。

Coincheck NFT(β版)

出典:Coincheck公式サイト

Coincheck NFT(β版)は、日本初のNFTマーケットプレイスだ。運営は、仮想通貨取引所のCoincheckを展開するコインチェック株式会社。

CoincheckのNFTマーケットプレイスのβ版は2021年3月にローンチされ、Coincheckで口座を開設している人が利用できる。イーサリアムなどを保有していれば、Coincheck NFT(β版)上でNFTの作品の購入や出品の取引が可能だ。

ちなみにCoincheck NFT(β版)のローンチ時に発表された「決済に利用可能な暗号資産」は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リスク(LSK)、リップル(XRP)などの13種類が挙げられている。以下が13種類の一覧だ。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リスク(LSK)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クオンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)

ちなみにCoincheck NFT(β版)に関する手数料は、入庫手数料、出品手数料、販売手数料、出庫手数料が、それぞれ以下の通りとなっている。「入庫」とはNFTをマーケットプレイス上に取り込む操作を、「出庫」とはNFTをマーケットプレイス上から外部へ移動する操作のことを指す。

入庫手数料無料
出品手数料無料
販売手数料販売価格の10%
出庫手数料0.01ETH

ただし、入庫手数料は「無料」とされているが、入庫時にはイーサリアムネットワークを使用するための「GAS代」(ガス代)がかかり、このGAS代はユーザーが負担する必要がある。ちなみにGAS代は発生するタイミングによって代金が変わってくる。

Adam byGMO(β版)

出典:Adam byGMO(β版)公式サイト

続いて「Adam byGMO(β版)」を紹介しよう。Adam byGMO(β版)は、GMOフィナンシャルホールディングスの連結会社であるGMOアダム株式会社が展開するNFTマーケットプレイスだ。β版の提供が始まったのは2021年8月末。

GMOフィナンシャルホールディングスが属するGMOインターネットグループは、仮想通貨取引所「GMOコイン」を展開している。そのためAdam byGMO(β版)も仮想通貨取引所系のNFTマーケットプレイスと言って差し支えない。

Adam byGMO(β版)のローンチ当初から、立ち技格闘技の「K-1 WORLD GP」やYouTuberのヒカルがNFT作品を出品していたことで話題になり、そのほか多くの漫画家やイラストレーターもNFTクリエイターとして出品している。

Adam byGMO(β版)でNFTを購入する際は、イーサリアムのほか、クレジットカードや銀行振込による決済も可能だ。支払い手段は以下のとおり。

  • イーサリアムによる決済
  • クレジットカードによる決済
  • 銀行振込による決済

手数料について、イーサリアムで決済の場合はGAS代がかかり、銀行振込の場合は振込手数料が発生する。クレジットカードは「VISA」「Mastercard」「JCB」「American Express」「Diners Club」が利用可能だ。

NFT仮想通貨を購入できる国内の仮想通貨取引所

続いて、NFT関連の仮想通貨を購入可能な国内の仮想通貨取引所を紹介しよう。

仮想通貨取引所取り扱いがあるNFT仮想通貨
Coincheckエンジンコイン(ENJ)
GMOコインエンジンコイン(ENJ)、テゾス(XTZ)
bitFlyerテゾス(XTZ)

Coincheck

出典:Coincheck公式サイト

日本最大級の仮想通貨取引所であるCoincheckでは、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を始め17種類の仮想通貨の取り扱いがある。この17種類の中にはエンジンコイン(ENJ)も含まれている。

エンジンコインは先ほど紹介した通り、NFT関連の仮想通貨の1つだ。Coincheckがエンジンコインの取り扱いをスタートしたのは2021年1月。エンジンコインの取り扱いを始めた仮想通貨取引所としては日本初だった。

GMOコイン

出典:GMOコイン公式サイト

GMOコインの販売所での取り扱い通貨は14種類となっており、そのうちの2種類がNFT関連の仮想通貨となっている。具体的にはエンジンコイン(ENJ)とテゾス(XTZ)だ。

GMOコインにおける2021年10月の月間取引ランキングでは、エンジンコインは全体の5位で、シェアは前月の2.9%から4.4%に上がっている。一方でテゾスは全体では9位で、シェアは前月の4.5%から2.8%に下がっている。

bitFlyer

出典:bitFlyer公式サイト

bitFlyerが取り扱う仮想通貨は13種類で、NFT関連の仮想通貨としてはテゾス(XTZ)を取り扱っている。bitFlyerがテゾスの取り扱いを開始したのは2020年の12月で、テゾスの取り扱いを始めた国内の仮想通貨取引所として初だった。

イーサリアム(ETH)を購入できる国内の仮想通貨取引所は?

NFT化された音楽作品やアイテムなどを購入するためには、イーサリアム(ETH)が決済通貨として必要になるケースが多いことは前述の通りだ。ここでは、イーサリアムを取り扱っている国内の仮想通貨取引所をまとめて紹介していこう。

イーサリアムは日本国内の多くの仮想通貨取引所で取り扱いがある。その中での主な仮想通貨取引所は以下の通りだ。

  • bitFlyer
  • Coincheck
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin
  • BITPoint
  • bitbank

なお、上記の中でNFTマーケットプレイスまで展開している代表例がCoinchekとGMOとなる。

NFT高騰の理由は?

NFTマーケットプレイスが初めて開設されたのは2017年。その後、NFTが高騰した理由は複合的だが、NFTそのものに対する評価が高まっている点や、高額取引が相次いだ点が挙げられる。

NFTにはどんな価値がある?

これまで説明してきた通り、NFT化された作品やアイテムは複製することが困難であり、「唯一性」が極めて高くなる。アートや音楽の世界ではこの唯一性をデジタルの作品・商品に維持することが非常に困難であったため、NFTを可能にする技術そのものに注目が集まっている。

NFTの時価総額は?市場規模の伸びは?

そしてNFT作品の高額取引が相次いだことで投資マネーが入りこみ、NFTの市場規模が拡大している。2021年7〜9月のNFTの取引高を1兆円以上とする市場レポートもあり、前年と比べると300倍以上にまで膨らんでいるとのことだ。

高値で取引されたNFTの具体的な事例

NFT市場は急速に発展しており、高値で取引されたNFTの事例は多く存在する。イメージを得やすいように40秒ほどのニュース動画で、実際にNFTを活用したデジタルアートが約33億円で落札された事例を紹介しよう。

NFTの将来性は?

ではNFT市場は今後も拡大していくのか。市場の拡大にはハードルもある。

例えば現在はNFTに投資をしているほとんどが仮想通貨投資家という点だ。一般の投資家にもNFT投資が広がらなければ、市場は拡大していかない。また、NFTを売買するための手数料やGAS代が高めであることも、NFT投資の普及の足かせになると考えられる。

こうしたハードルがクリアされていけば、NFT投資の市場規模は伸びを続けていくと考えられる。

NFTに関する知識を身に付けてから投資を

NFTについて豊富な知識を持っている人はまだ少ない。市場規模が拡大しているとはいえ、まだまだNFTは黎明期だと言える。だからこそ投資のチャンスだと考え、新たにNFT投資を始める人は多い。

しかしきちんと知識を得ておかなければ、しっかりと投資成果を出していくことは難しい。NFT投資を始める前に、この記事で解説したような内容を理解しておこう。

参考文献

Coincheck NFT(β版)とは? 使い方や取扱い商品を解説
https://coincheck.com/ja/article/458

【国内初】Coincheck NFT(β版)、最古NFTアート『CryptoPunks』の新プロジェクト『Meebits』を11月9日より取扱い開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000091.000021553.html

「Coincheck NFT(β版)」、本日より提供開始
https://corporate.coincheck.com/press/mBYlhmhz

NFTマーケットプレイスに関する手数料|仮想通貨取引所のCoincheck(コインチェック)
https://coincheck.com/ja/info/nft_fee

GMOアダム:NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」β版を本日より提供開始!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000003303.000000136.html

NFTの売買で必要な費用等について教えてください – Adam byGMO サポートページ
https://support.adam.jp/hc/ja/articles/4405068827289-NFTの売買で必要な費用等について教えてください

利用できるクレジットカードは何ですか – Adam byGMO サポートページ
https://support.adam.jp/hc/ja/articles/4405068832793-利用できるクレジットカードは何ですか

コインチェック、Enjin Coinの取扱いを1月26日に開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000021553.html

2021年10月の暗号資産(仮想通貨)取引ランキング|ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)ならGMOコイン
https://coin.z.com/jp/news/2021/11/8457/

日本初 新規通貨「テゾス(XTZ)」取扱開始!抽選で15名様に最大5万円が当たるキャンペーン開始のお知らせ
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000030.000047991.html

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする