オントロジー(ONT)の最新ニュース

オントロジー(ONT)に関する最新ニュースを知りたい場合は、公式サイト公式ツイッターアカウントを参照のこと。

オントロジー(ONT)の概要

オントロジー(ONT)は、中国のOnchain社が開発したブロックチェーンおよび仮想通貨である。単位は「ONT」である。NEO(ネオ)のブロックチェーンをベースに開発されたオントロジー(ONT)は、分散型アイデンティティ/データ・ソリューションにより「信用」を再定義することで、企業が抱える問題へのソリューションを提供している。

オントロジー(ONT)の特徴

オントロジー(ONT)の特徴は以下の通り。

相互互換性のあるパブリックブロックチェーン

パブリックブロックチェーンとは、インターネットに接続すれば誰でも参加できるブロックチェーンのことを指す。パブリックブロックチェーンでは、中央管理者が不在であり、参加者同士の監視が働くため、透明性の高いシステムを実現することができる。オントロジー(ONT)を利用すれば、異なるパブリックブロックチェーン同士でもデータや価値のやりとりが可能となる。結果、スムーズな連携を実現できるとされている。

取引処理のスピード

パブリックブロックチェーンを使えば透明性の高いシステムを構築できる一方で、取引処理速度が遅くなるというデメリットが生まれる。しかし、オントロジー(ONT)はコンセンサスアルゴリズムとして「VBFT(Verifiable-random-function Byzantine Fault Tolerance)」を採用することで、取引処理速度の向上を図っている。

オントロジー(ONT)の購入方法

オントロジー(ONT)は国内または海外の取引所で購入することができる。CoinDesk Japanでは、金融庁に認可された国内の仮想通貨取引所でオントロジー(ONT)を購入することをおすすめする。具体的には、以下の通り。

株式会社ディーカレット

DeCurretは、2018年1月に設立された株式会社ディーカレットが運営する仮想通貨取引所(関東財務局長 第00016号)。2021年8月17日現在、DeCurretの取扱通貨の種類は7種類だ。

登録年月日 平成31年3月25日
法人番号 6010001188902
本店所在地 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム
代表電話番号 03-5205-6539
取扱仮想通貨 BTC/ETH/XRP/BCH/LTC/ONT/QTUM
取引所URL https://www.decurret.com/
フォビジャパン株式会社

Huobi Japanは、2018年9月にビットトレード株式会社とHuobiが資本業務提携を実施したことで誕生した仮想通貨取引所(関東財務局長 第00007号)。2021年7月31日現在、Huobi Japanの取扱通貨の種類は6種類である。

登録年月日 平成29年9月29日
法人番号 3010401127116
本店所在地 東京都港区六本木6-2-31
代表電話番号 03-6680-8920
取扱仮想通貨 BTC/ETH/XRP/LTC/MONA/BCH
取引所URL https://www.huobi.co.jp/

オントロジー(ONT)の価格・レート・チャート

オントロジー(ONT)の価格・チャートを確認する方法は以下の2つである。

CoinMarketCap

CoinMarketCapのこちらのページを閲覧すれば、オントロジー(ONT)の価格・レート・チャートを確認することができる。

Coingecko

Coingeckoのこちらのページを閲覧すれば、オントロジー(ONT)の価格・レート・チャートを確認することができる。

オントロジー(ONT)の今後の将来性を決める要因

オントロジー(ONT)の今後の将来性を決める要因を整理する。

国内取引所への上場

2022年3月6日現在において、オントロジー(ONT)を取り扱っている国内の仮想通貨取引所はディーカレット(DeCurert)、フオビジャパン(Huobi Japan)である。今後、オントロジー(ONT)を取り扱う仮想通貨取引所が国内で増えれば、オントロジー(ONT)の価格形成にポジティブな影響を与える可能性がある。

大手企業との提携

オントロジー(ONT)は世界的自動車大手・ダイムラーと提携を行ったことが過去に報じられている。

参考:ダイムラーが開発するモビリティプラットフォームの実力──車でネットワーキングする

今後も提携する企業や大学が増えれば、価格が上がっていく可能性がある。

プラットフォーム開発の進捗

オントロジー(ONG)のプラットフォーム開発が進み、より性能が向上すれば、オントロジー(ONT)価格にポジティブな影響があるだろう。

最後に

オントロジー(ONT)は、価格変動(ボラティリティ)が大きく、ハイリスク・ハイリターンな側面が存在するため、その性質を正確に理解した上で、取引を行うことが求められる。本記事で紹介した内容をもとに、安全な取引を開始することを推奨する。

(公開日:

この記事をシェアする