SHARE

ニューサイファー

NU
価格17.24
24時間変動率 0.04%
時価総額214億
24時間変動値 0.01
JPY
  • USD
  • JPY
EXPORT DATA
1H6H12H1D1W1M3Mall
TO
最終更新:1970年1月1日 9時0分0秒
情報提供元:

ニューサイファー (NuCypher) の基本情報

分散型アプリケーションが共有するデータを暗号化するためのプライバシーアプリケーション

発行上限 3,885,390,082
承認方式
開始日
中央機関
提唱者 Mikhail Egorov, MacLane
オフィシャルサイトURL https://www.nucypher.com/
ホワイトペーパーURL https://github.com/nucypher/whitepaper
公式TwitterURL https://twitter.com/nucypher
※当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。免責事項

ニューサイファー(NU)とは

ニューサイファー(NuCypher/NU)は、分散型アプリケーション(Dapps)のプライバシー暗号化の保護レイヤーであり、分散型暗号化・アクセス制御およびにキー管理システム(KMS)のパブリックブロックチェーン上での暗号化サービスを提供する、イーサリアムのエコシステム上のPos(Proof of steak)を採用したレイヤー2トークンである。Curveの創設者であるMikhail Egorov氏とMacLane Wilkison氏によって2017年にその概要の発表がホワイトペーパー掲載で行われ、2018年の11月にテストネットがローンチされた。2021年にKeepネットワークと合併し、現在はトークンThreshold Network(T)として取引されている。

ニューサイファーの特徴

PRE(proxy re-encryption)による強固なセキュリティの提供

ニューサイファーはPRE(proxy re-encryption)と呼ばれるシステムを採用したプロトコルであるため、ユーザーの安全を担保したまま、個人のデータをブロックチェーン上にシェアすることを可能にしている。そのため、VPN等のプライベートネットワークを介さずに暗号化アクセス制御が可能である。また、ソースプレーンテキストや秘密鍵にアクセスせず、公開されたキーの再暗号化を可能とするという技術を持ち、公開されたブロックチェーンと個人のデータの両方のセキュリティを担保している。

TSS(Threshold signatures,しきい値署名スキーム)とブロックチェーンの組み合わせによる安全性の担保

NUでは、TSSと呼ばれる分散化された鍵発行と署名のための暗号理論をブロックチェーンの技術と組み合わせている。TSSは分散化された鍵発行と署名のための暗号理論あり、この技術をブロックチェーンに組み込むことにより、より強固なセキュリティを担保している。

ステーキングによる自治

NUではETHのレイヤー2プロトコルとしてProof of Steakを採用しており、ステーキングはNUにおいて最も大きな影響力を持つ行為である。一定量のステーキングを行いNodeとなったステークユーザーは、ネットワークを保護することによりパッシブインカムを受け取るだけでなく、運営方針の提案やそれらに関する投票も行うことができる。

なお、NUを運営するには、2,000 のノードオペレーターが 353,913のNUのステーキングを行うことをが必要とされている。

Keepネットワークとのhard mergeによる機能拡充

2021年10月、Keepネットワークとのhard mergeと呼ばれる合併が行われ、テストネットローンチ後には様々な機能拡充がなされている。具体的には、BTCとETHネットワークのブリッジを構築し、BTCのETHネットワークへの提供を行う。更に流動性提供者、LPとして流動性を提供することより利回りを獲得するうことが可能である。加えて、現在Thresholdではコミュニティーにコードネームを開示することにより開発の進捗がわかる形となっている。またThreshold Network TokenはThreshold Networkにステーキングが可能であり、DAOのガバナンス投票にも参加可能であり、ステーキング量が40000Tを超えるとPRE nodeとしての活動が可能である。

ニューサーファーの購入方法

ニューサイファー(NU)は現在国内取引所で購入することはできないため、Binanceなどの海外取引所で購入をする必要がある。

※当サイトは情報提供を目的としており、当社が暗号資産/仮想通貨に関する契約締結の代理、媒介もしくは斡旋、売買の推奨または投資勧誘等を行うものではありません。また、当社が暗号資産/仮想通貨の価値を保証するものでもありません。
※投資を行う際は、暗号資産/仮想通貨投資におけるリスクを了承の上、利用者ご自身の判断で行ってください。
※当サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、各暗号資産/仮想通貨交換業者の説明に基づき、各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイト等に記載されている特定時点の情報を掲載したものです。最新情報は各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイトにてご確認ください。
※当社は、合理的な努力をしておりますが、当サイトに記載されている情報の正確性、信頼性等を保証するものではありません。また、当サイトに記載されている評価はあくまで当社独自の調査結果や評価基準に基づくものであり、その正確性、信頼性を保証するものではありません。万が一、これらの情報や評価に基づいて利用者が損害を被った場合でも、当社は一切の責任を負いません。
※当サイトに掲載される広告におけるキャンペーン・特典等は、広告主により実施されるものであり、当社が実施するものではありません。キャンペーン・特典等を利用の際は利用者ご自身で各広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
※当サイトから他のサイトへリンクする場合や、第三者が他のサイトへのリンクを提供している場合があります。当サイトから遷移した先のサイトは当社が管理するものではなく、その内容、正確性、信頼性を保証するものではありません。
※当サイト内のリンクから各暗号資産/仮想通貨交換業者の口座開設を行うと、当社は対価として広告収入を得ることがあります。
※当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承ください。なおCoinDeskJapanの利用規約も適用されます。
※当サイトに記載する情報の著作権その他一切の権利は、当社または当社に情報を提供する第三者に帰属します。当サイトに記載する情報の転用、複製、公衆送信、販売等を含め一切の利用を禁止します。
※資金決済法の改正(令和2年5月1日施行)により、法令上、「仮想通貨」は「暗号資産」へ呼称変更されています。当サイト内の「仮想通貨」の表記は「暗号資産」と同義となります。

おすすめ記事: