ビットコイン積立|どこがいい?メリット・デメリット・おすすめ暗号資産(仮想通貨)取引所

(公開日:

株式投資におけるリスク分散の手法の1つに「積立投資」がある。タイミングをずらしながら株式を購入することで、買付タイミングによるリスクを低減できる。こうしたメリットがある積立投資は、暗号資産(仮想通貨)の代表格であるビットコイン(BTC)でも可能だ。

すでに多くの暗号資産(仮想通貨)取引所が、ユーザー向けに積立投資のサービスを展開しており、こうしたサービスを利用することですぐにビットコインの積立投資を開始できる。この記事ではビットコインの積立投資に焦点を当て、その手法などについて解説していく。また、コインチェック、ビットフライヤー、GMOコインなど日本国内の主要な仮想通貨取引所ごとの積立投資サービスについても比較する。

ビットコイン積立投資とは?

積立投資とは読んで字の如く、一定のタイミングもしくは任意のタイミングで、一定の金額もしくは任意の金額を積み立てていく方法だ。一般的には、一定のタイミングで一定の金額を積み立てていくケースが多い。例えばビットコインの場合、「ビットコイン5万円分を毎月購入」「ビットコイン1万円分を毎週購入」といった具合だ。


【PR】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 岡三オンラインキャンペーン.webp

岡三オンラインでは、2022年3月4日より「暗号資産CFD」の提供を開始しています。今ならおトクな「取扱開始記念キャンペーン第2弾」を実施中です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: キャンペーンバナー.webp
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ボタンバナー.webp

ビットコイン積立投資のメリット

ビットコイン/暗号資産(仮想通貨)を積立投資で始めるメリットは3つある。

  • 少額から気軽に始められる
  • 時間の分散による恩恵を得られる
  • 放置でも投資を続けられる

少額から気軽に始められる

積立投資は少額から誰でも気軽に始められるため敷居が低いことがメリットだ。bitFlyerの「かんたん積立」では、毎日、毎週、毎月などの頻度を設定して1円から積立を始められる。暗号資産(仮想通貨)への積立投資では、自身の余裕資産と相談して無理のない投資を実践可能だ。

時間の分散による恩恵を得られる

積立投資の最大のメリットは、冒頭で触れた通り、買付タイミングによるリスクを低減することにある。例えばビットコインに一括投資をする場合、結果として価格がかなり高騰しているタイミングで買ってしまうと、その後に大きな含み損を抱えることがある。しかしタイミングをずらしながら買付をしていくと、価格が安いタイミングでもビットコインを購入できることになるため、結果として含み損が大きくなるリスクを抑えることができる。

投資の世界においては、タイミングを分散させて投資するほうが安定性は高いといわれている。この理論をドルコスト平均法と呼び、一定の金額を定期的に購入することによって購入額が平均化され、投資において避けたい高値掴みのリスクを軽減できる。ドルコスト平均法に基づく積立投資はタイミングを計る必要がないため、投資初心者でも実践しやすい投資方法だ。

放置でも投資を続けられる

自動積立サービスを利用すれば放置していても投資を続けられる。積立を実行する日に手動で注文を出す必要がないため、手間がかからず忙しい人でも実践しやすい。また、長期を前提にした積立投資であれば毎日値動きを確認する必要はない。取引所のアプリなどでこの価格で売却したいと考える売却目標額や、一定期間での値上がり率や値下がり率を示す騰落率で通知を設定すれば、売り時や、市場における大きな値動きを見逃すことはないだろう。

そのため、チャートを確認する時間を取りにくい会社勤めの人などにも向いている。また、日々の値動きを追うことにストレスを感じる人も少なくなく、そうした人にも適した投資手法であると言える。

ビットコイン積立投資のデメリット

一方で、ビットコイン/暗号資産(仮想通貨)への積立投資では以下がデメリットとして挙げられる。

  • 長期積立による利益は投資対象に依存する
  • 短期間での利益は期待できない

長期積立による利益は投資対象に依存する

ドルコスト平均法に基づく投資は、初心者向けで実践しやすいといわれるが必ずしも利益を出せる投資方法ではない。長期積立投資で利益が得られるのは、長期的に右肩上がりに価格が推移する投資対象であるため、投資する暗号資産(仮想通貨)によっては利益を得られない可能性もある。長期積立は万能な投資方法ではなく、長期的に成長を期待できる投資対象を見つけることが必須だ。そのため、将来性などの分析が不可欠となる。

短期間での利益は期待できない

通常、投資の利益はより価格が安い段階でより多くの金額を投資する方が大きくなる。しかし、一定のタイミングで一定の金額を投資する積立投資の場合、買付タイミングは価格の変動と関係ない上、少額をコツコツと積み立てていくことになるため、利益が一定程度にとどまる可能性が高くなる。

長期積立による少額投資は、短期間で投資対象の暗号資産(仮想通貨)が大きく上昇した場合でも、投資額が少額であるため莫大な利益は期待できない。投資の方針も短期的に大きな含み益が出たとしても売却しないため、急騰した後に下落すれば損をしたと感じる場合もあるだろう。しかし、長期積立では目先の値動きにとらわれず長い期間をかけて含み益を成長させられる。短期的に利益を上げたい場合には向かないが、長期的に安定を目指すなら積立投資は有効だ。

主な暗号資産(仮想通貨)取引所の自動積立サービス

ではここからは具体的に、日本国内の主要な暗号資産(仮想通貨)取引所ごとの積立投資サービスを紹介していこう。

全ての暗号資産(仮想通貨)取引所が自動積立サービスを展開しているわけではないので、これから口座開設をしてビットコイン積立を始めようと考えている人は、よく調べてから口座を開設する暗号資産(仮想通貨)取引所を選ぶようにしたい。

取引所CoincheckbitFlyerGMOコイン
サービス名称Coincheckつみたてかんたん積立つみたて暗号資産
買付設定毎月・毎日毎日・毎週・毎月2回・毎月毎日・毎月
積立金額1万円〜100万円1円〜100万円500円〜5万円
対応通貨全15種類全14種類全14種類
積立手数料無料無料無料

Coincheck

積立のプランは2種類で、「月イチつみたてプラン」と「毎日つみたてプラン」がある。月イチつみたてプランは1カ月に1回、毎日つみたてプランは1日に1回、暗号資産(仮想通貨)を購入していく形だ。

Coincheck(コインチェック)は「Coincheckつみたて」という積立投資サービスを展開している。

積立金額は月々1万円〜100万円の範囲内で、1,000円単位で設定が可能で、積立が可能な暗号資産(仮想通貨)はビットコインのほか、イーサリアム(ETH)やイーサリアムクラシック(ETC)、リップル(XRP)など全15種類(2021年9月時点)となっている。

積立投資にかかる積立サービス手数料は無料となっており、あらかじめ月ごとの「申込締切日」「引落日」「買付日」が決まっている。積立金額や積立する暗号資産(仮想通貨)の種類は、スタート後も途中で変更をすることが可能だ。

Coincheckつみたての申し込み方法とやり方

Coincheckつみたてを利用するには、Coincheck(コインチェック)の口座を開設し以下の手順を踏む必要がある。

  • メニューから「Coincheckつみたて」を開く
  • 引落口座に設定する金融機関を選択する
  • 口座振替を申し込む
  • 「収納企業に戻る」をクリック
  • 具体的な積立に関する設定を行う

自動積立を行うための口座に関する設定をしてから、具体的な積立の条件を決める流れである。申し込みが終了した際には「収納企業に戻る」のボタンをクリックして終了しない場合は内容が反映されない可能性があるので、必ずクリックして終了するようにしよう。

bitFlyer

bitFlyer(ビットフライヤー)は「かんたん積立」という自動積立投資サービスを用意している。2021年9月時点では、かんたん積立はbitFlyerのスマホアプリ「bitFlyer ウォレット」のみに対応しているサービスだ。

積立頻度は「毎日」「毎週」「毎月2回」「毎月」から選べる。毎月2回の場合は1日と15日が積立日となり、毎月の場合は積立日を1〜28日の中から事前に指定する。積立金額は1円から設定でき、1回当たりの積立の上限額は100万円となっている。

かんたん積立のサービスを開始した2021年1月時点では、かんたん積立の対象通貨はビットコインやイーサリアム、リップルなど全12種類となっている。積立サービス手数料は無料だ。

かんたん積立の申し込み方法とやり方

bitFlyer(ビットフライヤー)でアカウントを開設した後に以下の手順で申し込みできる。

  • ログイン後に「かんたん積立」をクリック
  • 「未設定の通貨」から、「積立頻度」、「積立日」、「積立金額」をそれぞれ設定
  • 「設定内容をご確認ください」と表示された後に「内容を確定する」を選択

スマートフォンアプリからかんたん積立を設定する場合は、販売所画面から積立する通貨を選択して、ニュース画面の下の「積立を設定する」から設定できる。

GMOコイン

GMOコインは「つみたて暗号資産」という名称で、自動積立投資サービスを提供している。積立の頻度は「毎日」と「毎月」から選べる。毎月を選んだ場合は、毎月10日に買付が行われる。

積立金額は500円〜5万円で、積立可能な暗号資産(仮想通貨)はビットコインやイーサリアムなど販売所もいれると全20種類(2022年4月時点)となっている。積立サービス手数料は無料だ。

つみたて暗号資産の申し込み方法とやり方

つみたて暗号資産への申し込みはブラウザのみ受け付けており専用アプリ「GMOコイン 暗号資産ウォレット」から手続きを進められない。申し込み方法は下記の通りだ。

  • 会員ページから「つみたて暗号資産」をタップ
  • 「積立状況」を選択して、希望する銘柄をクリック
  • 「積立プラン」と「積立金額」を設定
  • 規約に同意し「確認画面へ」をタップした後に「設定する」をクリック

積立日に口座内に資金が不足している場合は、積立は行われず3回連続で積立が行われないと自動的に積立設定が削除されるので注意が必要である。

自動積立でなくても積立投資は可能

仮想通貨取引所の中には、自動積立投資サービスを提供していない取引所や、サービスを一時的に停止している取引所もある。

例えばZaif(ザイフ)は「Zaifコイン積立」という自動積立投資サービスを提供していたが、2021年9月現在では「再開は未定」としている。

ちなみにZaifコイン積立が再開されたときのために簡単にサービス内容に触れておくと、積立頻度は「毎日」のみで、事前に1カ月の積立金額を決めると、日割りの金額が毎日積み立てられる形となっていた。積立金額は1,000円〜100万円の範囲内で、1,000円単位で設定できた。

しかし、このように自動積立投資サービスが利用できない場合でも、自分でタイミングと金額を決めて手動で買付を行っていけば、積立投資はできる。スマホのカレンダーアプリなどを使って、買付タイミングを忘れてしまわないようにしよう。

取引所名 取扱数 手数料(BTC) 最低取引数量 スマホ対応 セキュリティ
DMM Bitcoin
(DMM ビットコイン)
銘柄数20種類 手数料(BTC)販売所:スプレッド 最低取引数量0.0001BTC スマホ対応注文・分析に優れたスマホアプリ セキュリティ顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理を実施
Coincheck
(コインチェック)
銘柄数17種類 手数料(BTC)取引所:0% 最低取引数量円建てで500円相当額 スマホ対応投資初心者でも見やすく分かりやすい優れたUI/UX セキュリティ国内外複数の情報セキュリティ企業等を通じ、
情報システムの信頼性、安全性、効率性のモニタリングを実施
bitFlyer
(ビットフライヤー)
銘柄数14種類 手数料(BTC)取引所:0.01〜0.15%/販売所:スプレット 最低取引数量取引所:0.001BTC
販売所:0.00000001BTC
スマホ対応スマホアプリでビットコインFXも取引可能 セキュリティマルチシグを他社に先駆けて導入

自動積立投資サービスを賢く利用しよう

積立投資は株式投資でも一般的な投資手法で、ビットコイン投資においても積立投資をする人が今後増えてくることが考えられる。

ただし、自動積立については細かく値動きを気にしなくていい投資手法だと書いたが、定期的な値動きのチェックは必要だ。価格の暴落が長期にわたって止まらない場合、場合によっては今まで投資した分を損切りするか検討しなければいけなくなるからだ。

こうした注意点をよく理解した上で、自動積立投資サービスを賢く利用したいところだ。

仮想通貨/ビットコインの毎月積み立て投資と一括投資はどっちがいい?

積立投資は初心者でも実践しやすい反面、短期間で一攫千金を期待できない。一方で一括投資は、ハイリスクではあるが莫大な利益を得られる可能性がある。よって、どちらがいいとは一概にいうことはできない。ただし、仮想通貨やその他の投資対象への投資経験がない初心者は積立投資から始めるほうがリスクは低く始めやすい。一方で、投資に関して深い知識があるなら、一括投資でリスク管理しながら利益を狙うこともできるだろう。自身の投資経験や投資目的に合わせて選ぶことを推奨する。

仮想通貨/ビットコイン積立に関するQ&A

仮想通貨/ビットコイン積み立てに関するQ&Aを整理する。

仮想通貨/ビットコイン積立はいくらから始められる?

取引所によって具体的な金額は異なるが、仮想通貨/ビットコイン積立は小額から始めることができる投資方法である。

仮想通貨/ビットコイン積立には税金がかかる?

仮想通貨/ビットコイン積立を通じて得た利益は雑所得として課税される。

仮想通貨/ビットコイン積立は忙しい人でもできる?

仮想通貨/ビットコイン積立は頻繁に価格を確認する必要がなく、事前に定めた金額で定期的に積み立てを行うため、忙しい人でも無理なく始めることができる。

参考文献

Coincheckつみたて|仮想通貨取引所のCoincheck(Coincheck)
https://coincheck.com/ja/reserves_lp

暗号資産(仮想通貨)積立サービス「bitFlyer かんたん積立」の提供を開始しました!(bitFlyer)
https://blog-jp.bitflyer.com/n/nd393dcfc0985

かんたん積立|仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入(bitFlyer)
https://bitflyer.com/ja-jp/faq/recurring_buy

つみたて暗号資産|ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)ならGMOコイン(GMOコイン)
https://coin.z.com/jp/corp/product/info/tsumitate/

Zaifコイン積立(Zaif)
https://zaif.jp/doc_reserve?lang=ja

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする