証券とは?ネット証券とは?口座開設の方法は?証券会社はどう比較すべき?

証券による資産運用は一般的な投資手法の1つだ。株式などに投資して「キャピタルゲイン(値上がり益)」や「インカムゲイン(配当金)」などを狙う手法で、証券業を営む証券会社を通じて取引を行う。

この記事では、証券の基礎知識と証券会社の種類、実際に株式投資を行うための口座開設の方法、証券会社を比較する際の視点などについて解説する。

証券とは──投資の世界では「有価証券」のこと

証券は「有価証券」と「証拠証券」に大別されるが、投資の世界で証券と言えば「有価証券」のことを指す。有価証券とは「財産権を表示する証券」のことで、株券や債券などが含まれる。

証券会社とは?──「店舗・対面証券」と「ネット証券」に分類できる

こうした証券を扱う企業のことを「証券会社」と呼ぶ。有価証券の売買や取引の媒介、有価証券の引受けなどを主な業務としており、投資家が株式投資をする際には証券会社に証券口座を作り、株式の売買をしていく。

証券会社はサービスの提供方法によって「店舗証券・対面証券」と「ネット証券」に分類できる。以下、詳しく説明していこう。

店舗・対面証券──実店舗や窓口を構えて取引サービスを提供

店舗証券は「対面証券」「窓口証券」などとも呼ばれ、実店舗や窓口を構えて取引サービスを提供している証券会社のことを指す。

従来はすべての証券会社がこうした形態でサービスをしていたが、実店舗を構えずインターネットでのみサービスを提供する「ネット証券」が登場し、こうしたネット証券と区別するために「店舗証券」という呼ばれ方が定着した経緯がある。

ただ実店舗や窓口を構えている店舗証券であっても、現在ではインターネットで取引サービスを提供しているのが一般的だ。

主な店舗証券としては、野村證券、大和証券、SMBC日興証券、みずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券などが挙げられる。

ネット証券──主にインターネットで取引サービスを提供

ネット証券は「オンライン証券」などとも呼ばれ、主にインターネットで取引サービスを提供している証券会社のことを指す。

ネット証券によってサービスの提供方法は若干異なるが、口座開設や売買注文などのほぼすべてをインターネット上で可能なことが特徴だ。実店舗や窓口を構えないことで事業経費を圧縮できるため、取引手数料は店舗証券に比べて安くなっている。

主なネット証券としては、SBI証券、楽天証券、マネックス証券、松井証券、auカブコム証券などが挙げられる。

証券会社の比較ポイントは?──主な比較ポイントは3つ

株式投資を始める際には、いずれかの証券会社で証券口座を開設することが第一歩となる。ただ、どの証券会社で口座を開設するべきか、大抵の人は悩む。重要なことは、自分に合った証券会社を選ぶということだ。

自分に合った証券会社を選ぶための比較ポイントとしては、以下の3つが考えられる。

ポイント1 手数料──安さ重視ならネット証券

より安いコストで株式投資をしたいのであれば、ネット証券を選ぶべきだ。先ほども触れたが、実店舗や窓口を構えていないことで事業コストが圧縮され、手数料が安く設定されている。

ポイント2 サポート──手厚さ重視なら店舗証券

サポート体制の手厚さを重視したいのであれば、店舗証券を選ぶといい。証券会社によっては選任の担当者がつき、口座開設に向けた説明や投資のアドバイスなどを対面や電話で丁寧にしてくれる。ただ、取引手数料は高めだ。

ポイント3 その他──独自サービスやキャンペーンで比較

店舗証券にするかネット証券にするか決めたら、それぞれの証券会社が独自に提供しているサービス内容やキャンペーンを比較し、口座開設する証券会社を最終的に決めよう。証券会社によっては、系列銀行で口座を保有していれば有利なケースなどもある。

証券会社での口座開設の方法は?──郵送かオンラインで可能

証券会社で口座開設をする際には、郵送による申し込みかオンラインでの申し込みを選び、手続きを進めていくのが一般的だ。

2016年1月から、証券会社で新たに口座を開設するときには「マイナンバー(個人番号)」の提出が義務化されており、申し込みを進めていく中で本人確認書類とともに「マイナンバーカード(個人番号カード)」の提出なども必要となる。

ちなみに本人確認書類やマイナンバーカードの提出方法としては、郵送での送付のほか、最近ではインターネット上で画像をアップロードする形式で提出する方法も一般的となっている。郵送よりもこうしたアップロード形式で提出した方が口座開設に要する日数が短く済む。

口座開設が完了したあと、その口座に取引のための資金を入金すれば、いよいよ実際に取引が開始できるようになる。取引は証券会社によって、店舗の窓口や電話、取引ツールや取引アプリなどを通じて行う。

自分の目指す投資スタイルに合った証券会社を見つけ出そう

株式投資を始める際にはこの記事で紹介したような視点を持ち、自分の目指す投資スタイルに合った証券会社を見つけ出すことが肝心だ。

外国株式に強い証券会社やIPO株(新規公開株)を幅広く扱っている証券会社もあるので、場合によっては複数の証券会社で口座を持つことも視野に入れ、検討してみよう。

証券会社の選び方、目的別比較

人気の証券会社:【ネット証券12社比較】初心者向けの選び方 手数料、ツール、クチコミ、商品数
NISAが開設できる証券会社:NISA口座開設を検討したい証券会社10選
iDeCo(イデコ)が開設できる証券会社:iDeCo(イデコ)口座開設する証券会社の選び方【個人型確定拠出年金】
中国株:中国株を買うならこの6証券会社をチェック──SBI、マネックス、楽天、SMBC日興……

証券会社一覧
株式会社SBI証券
岡三オンライン証券株式会社
株式会社DMM.com証券
松井証券株式会社
マネックス証券株式会社
株式会社ライブスター証券
楽天証券株式会社
LINE証券株式会社
auカブコム証券株式会社
SMBC日興証券株式会社
株式会社SBIネオモバイル証券
GMOクリック証券株式会社
丸三証券(マルサントレード)
株式会社One Tap BUY

※ 本サイトは情報提供を目的としており、証券/FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。本サイトに記載の各証券会社や各サービスの評価は、投資家向けアンケート調査結果や独自評価軸に基づいて作成していますが、各サービスの内容の正確性、信頼性等を保証するものではなく、必ず利用者ご自身で各取引所やサービスの内容をご確認ください。
※ 投資を行う際は、 証券/FX投資におけるリスクを了承の上、利用者ご自身の判断で行ってください。万が一、これらの情報に基づいて利用者が損害を被ったとしても、当社は一切の責任を負いません。
※ 本サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、当該証券/FX 取引業者の説明に基づき、各サービスの公式サイト等に記載されている特定時点の情報を記載したものです。最新情報は各サービスの公式サイトにてご確認ください。また、キャンペーン・特典等は、広告主により実施されるものであり、利用の際は各広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
※ 本記事内のリンクから口座開設を行うと、CoinDesk Japanは対価として収入を得ることがあります。
※ 本サイトを利用されると、CoinDesk Japanの利用規約に同意したものとみなされます。以上の注意事項とともに利用規約についてもご了承ください。