ビットコインキャッシュ

BCH
28,358円 -0.65%
1時間6時間12時間1日1週間1ヶ月3ヶ月すべて
to
最終更新:2020年4月9日 23時28分33秒
情報提供元:
24時間始値
28,544 円
24時間高値
29,752 円
24時間安値
27,504 円
24時間変動値
-185.66 円
時価総額
5,211 億円
循環サプライ
18,375,465BCH

ビットコインキャッシュ (Bitcoin Cash) 基本情報

特徴 ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)とは、2017年にビットコインの分裂により誕生した仮想通貨(暗号通貨)。ビットコインのスケーラビリティ問題(取引データ処理に対するシステムやネットワークの拡張性・柔軟性の問題)に対して、ビットコインのブロックの大きさ(サイズ)を1MBから8MBへ拡張する(「ビッグブロック(Big Block)」)ことで処理能力を向上させ、解決を試みたのがビットコインキャッシュである。

ビットコインとのシステム的な互換性が保たれないハードフォーク(hard fork)により、ビットコインキャッシュは誕生した。ただし、ビットコインから派生したため、ビットコインキャッシュの発行上限は約2,100万枚となっており、ビッグブロッグ以外の基本的な仕様はビットコインとほぼ同じである。

なお、ビットコインキャッシュは、開発者コミュニティ内における対立により、2018年にさらにハードフォークを行い、ビットコインキャッシュABCとビットコインSVの2つに分裂した。
発行上限 21,000,000
承認方式 Proof of Work
開始日 2017年8月1日
中央機関 なし
提唱者 ViaBTC社
オフィシャルサイトURL https://www.bitcoincash.org/
ホワイトペーパーURL なし
公式TwitterURL https://twitter.com/bitcolncash

仮想通貨をはじめるなら、DMM Bitcoin
DMM BITCOIN

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)の購入方法(買い方)──購入する上でおすすめの取引所

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)は国内または海外の取引所で購入することができる。CoinDesk Japanでは、金融庁に認可された国内の仮想通貨取引所で購入することを推奨する。具体的には、以下の通り。

株式会社bitFlyer

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerは、国内最大級の取引量を誇る仮想通貨取引所として知られている。グループ子会社のbitFlyer Blockchainでは、ブロックチェーン技術の開発や普及に注力している。  もっとみる >

取扱仮想通貨8種類
手数料(BTC)取引所:0.01〜0.15%/販売所:無料
最低取引数量(BTC)取引所:0.001BTC/販売所:0.00000001BTC

詳細情報はこちら

コインチェック株式会社

Coincheck(コインチェック)

Coincheckを運営するコインチェック株式会社は、東証一部上場のマネックスグループの子会社。取扱仮想通貨の豊富さに定評があることで知られている。  もっとみる >

取扱仮想通貨11種類
手数料(BTC)取引所:0%
最低取引数量(BTC)円建てで500円相当額

詳細情報はこちら

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

DMM Bitcoinを運営する株式会社DMM Bitcoinは、DMM.com証券を傘下に抱える合同会社DMM.comのグループ会社。  もっとみる >

取扱仮想通貨9種類
手数料(BTC) 販売所:スプレッド
最低取引数量(BTC)0.001BTC

詳細情報はこちら

GMOコイン株式会社

GMOコイン

GMOコインを運営するGMOコイン株式会社は、GMOクリック証券を傘下に抱える東証一部上場企業であるGMOインターネットのグループ会社。  もっとみる >

取扱仮想通貨7種類
手数料(BTC)取引所:-0.01%〜0.05%/販売所:スプレッド
最低取引数量(BTC)0.0001BTC

詳細情報はこちら

TaoTao株式会社

TAOTAO(タオタオ)

TAOTAOを運営するTaoTao株式会社は、国内を代表するIT企業の一角を占めるZホールディングス(ZHD)のグループ会社。  もっとみる >

取扱仮想通貨5種類
手数料(BTC)販売所:0%
最低取引数量(BTC)0.001BTC

詳細情報はこちら


ビットコインキャッシュ(BItcoin Cash)──今後の価格形成を考えるための論点

ビットコインキャッシュ価格の今後を考える上で、論点となり得る要素を記載する。

ビットコインキャッシュ決済の普及

ビットコインキャッシュを活用した決済が普及することで、ビットコインキャッシュの需要が増え、値上がり要因の一つとなる可能性がある。

半減期の到来

ビットコインの半減期が2020年5月頃に控えており、その影響を受ける形で、ビットコインキャッシュ価格の変動が起こる可能性がある。

規制強化

中国、日本、米国などで規制強化の動きがあれば、それに伴って、ビットコインキャッシュ価格が値下がりする要因の一つとなる可能性がある。

ビットコインキャッシュを基軸通貨とする取引所の増加

現状、ビットコインキャッシュを基軸通貨とする取引所がいくつか存在しているが、今後、その数が増えれば、ビットコインキャッシュの価格形成に対してポジティブな影響をもたらす可能性がある。




※当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。免責事項

おすすめ記事: