FTX、親密なインナーサークルのメンバーとは?

FTX、親密なインナーサークルのメンバーとは?

FTXの失墜はあっという間で容赦ないものだった。11月上旬の8日間で、サム・バンクマン-フリード氏のクオンツトレーディング企業、アラメダ・リサーチ(Alameda Reaserch)の実験的プロジェクトとして始まった暗号資産(仮想通貨)取引所は、多くのユーザーを擁する企業価値の高い暗号資産企業から、失敗した投資と価値が失われた暗号資産の山へと姿を変えた。

関連記事:FTX崩壊を引き起こした驚愕の8日間

同社の崩壊プロセスはまだ調査中。米司法省、SEC(米証券取引委員会)、CTFC(米商品先物取引委員会)の3つの連邦機関が調査を進める一方で、内部関係者が「砂上の楼閣」のように台頭し転落した同社について語り始めている。

新CEOのジョン・レイ3世は、バンクマン-フリード氏の暗号資産帝国は、自身がこれまでに見た中で最大の「企業統治の失敗」と述べた。破綻申請によると、100万人以上の顧客が資金を失った。

決定的な証拠はまだないが、顧客の資金はアラメダのトレーダーによって無謀な投資に使われていたようだ。密接に結びついた2社の間で以前から行われてきた通常の業務だったかもしれない。あるいは、今年初めの市場低迷で生じたアラメダの損失を埋めるための、ずさんな計画の一部だったかもしれない。

だが事態が解明されても、破綻の背景となった動機について、我々が新たに学ぶことはないだろう。

親密なインナーサークル

サム・バンクマン-フリード氏は、一部の人々が言い始めているように、だらしない、メディア好きの創業者で、ソシオパス(反社会的な人物)なのだろうか? それとも「効果的利他主義(Effective Altruism)」と呼ばれる世界観の産物だろうか?

あるいは、FTXの幹部のほとんどが経験の浅い、バンクマン-フリード氏の友人たちで構成されていた事実はどうだろう?

CoinDeskは、アラメダのバランスシートについての懸念を伝え、その後、FTXがバンクマン-フリード氏に近しい人物のインナーサークルによって運営されていたことを伝えた。

関連記事:バハマのペントハウスに同居、親密なルームメイトたちが運営していたFTX──多くの社員は蚊帳の外

これらの人物について、多くは知られていない。SNSアカウントを削除するなどの措置を取っているため、なおさらだ。

バンクマン-フリード氏のインナーサークルはおおむね、効果的利他主義の信奉者だった。FTXとバンクマン-フリード氏が所有するバハマの豪華なペントハウスに一緒に住み、ときにロマンチックな関係を築いた。

なかには、FTXとアラメダの間で痕跡を残さずに顧客の資金を動かすことができた、いわゆる「バックドア」について知っている者がいるかもしれない。

CoinDeskは、バンクマン-フリード氏の幼なじみから最近入社した人まで、これらの人物についての情報を集めた。リストアップされた全員が今回の出来事に関与しているわけではないが、幹部として、全容の解明に協力すべきだろう。

キャメロン・エリソン(Caroline Ellison)氏

  • アラメダ・リサーチの元CEO
  • マサチューセッツ工科大学(MIT)の同級生
  • クオンツ・トレーディング企業ジェーン・ストリート(Jane Street)の元同僚
出典:Twitter/@carolinecapital)Research

ニシャッド・シン(Nishad Singh)氏

  • アラメダ・リサーチに初期から参加
  • エンジニアリング・ディレクター
  • バンクマン-フリード氏の兄の高校時代の親友
出典:LinkedIn

サム・トラブッコ(Sam Trabucco)氏

  • アラメダ・リサーチの元共同CEO
  • 初期からアラメダに参加、高リスクなトレーディング戦略を監督
  • 2022年はじめに退任
出典:Alameda Research

ゲーリー・ワン(Gary Wang)氏

  • アラメダ・リサートとFTXの共同創業者
  • 両社でCTOを務める。元グーグル、詳しい経歴は不明
  • バンクマン-フリード氏の幼なじみとされる
出典:Crunchbase

ウィリアム・マッカスキル(William MacAskill)氏

  • 効果的利他主義の中心的人物
  • バンクマン-フリード氏のメンター
  • オックスフォード大学准教授(哲学)
出典:williammacaskill.com

ラムニック・アローラ(Ramnik Arora)氏

  • FTXのプロダクト責任者
  • ときにバンクマン-フリード氏の「補佐官」呼ばれた
  • 元フェイスブック・エンジニア

ダン・フリードバーグ(Dan Friedberg)氏

  • FTXの最高コンプライアンス責任者
  • 弁護士、オンラインポーカーの不正行為に関与

ライアン・サラメ(Ryan Salame)氏

  • FTX Digital Markets(バハマにある子会社)の共同CEO
  • FTXのグローバル認可戦略の中心人物
  • レストランオーナー

コンスタンス・ワン(Constance Wang)氏

  • FTXの最高執行責任者
  • 元クレディ・スイスのコンプライアンス担当
  • FTX Digital Marketsの共同CEO

ジェン・チャン(Jen Chan)氏

  • FTXの最高財務責任者
  • バンクマン-フリード氏と香港で知り合う
  • FTX子会社のオーナー

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:CoinDesk
|原文:Who’s Who in the FTX Inner Circle

おすすめ記事: