ゴールドマン・サックス、暗号資産企業の買収検討:報道

ゴールドマン・サックス、暗号資産企業の買収検討:報道

世界最大級の米投資銀行ゴールドマン・サックスは、FTX崩壊後に評価額が低下した暗号資産企業に数千万ドル(数十億円)を費やすことを検討している。ロイターが12月6日に報じた。

2022年、暗号資産市場は5月のテラ(Terra)崩壊後、複数の大手暗号資産関連企業が破綻、低迷が続いていた。業界の救世主と期待されたFTXの破綻はさらなる打撃を与え、直近では暗号資産レンディングのブロックファイ(BlockFi)が破産申請を行うなど、影響は広がっている。

「我々は、より賢明な価格で、本当に興味深い機会をいくつか見ている」とゴールドマン・サックスのデジタル資産部門責任者マシュー・マクダーモット(Mathew McDermott)氏はロイターに語っている。ゴールドマンは暗号資産業界では信頼できるプレイヤーの必要性が高まっており、各行はこれをチャンスと見ている同氏は述べた。

ゴールドマン・サックスにコメントを求めているが、当記事執筆時点までに返答はない。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:shutterstock
|原文:Goldman Sachs to Spend ‘Tens of Millions’ on Discounted Crypto Investments After FTX Implosion: Report

おすすめ記事: