アマチュア無線でビットコインの送信成功。挑戦者は「楽しかったけど非現実的」

アマチュア無線でビットコインの送信成功。挑戦者は「楽しかったけど非現実的」

Brady Dale
公開日:2019年 3月 6日 11:15
更新日:2019年 3月 6日 11:15

それは初となる取引方法だった。二人の開発者が、アマチュア無線の電波を利用してビットコインの取引を成功させたという。

Twitter上で立てられた綿密な計画に従い、取引は二人の開発者によって行われた。一人は、ビットコインのハードウエア開発のベンチャー企業、コインカイト(CoinKite)の共同創業者、ロドルフォ・ノヴァック(Rodolfo Novak)氏、もう一人は、開発者でありブルームバーグのコラムニストを務めるエレイン・オウ(Elaine Ou)氏。ビットコインは実際にカナダのトロントからカリフォルニアのサンフランシスコへと移動した。

二人の開発者は、ラジオという伝統的な技術に、音楽やトークショーをリスナーに届けるという目的の他に、ビットコインのネットワークを強化するという新たな目的を与えた。

オウは取引完了後に、「ビットコインがアマチュア無線を蘇らせた!」とツイートしている。

ニック・スザボ氏の考案

ロドルフォ・ノヴァック氏のTwitterより

アマチュア無線を使ったこのアイデアは、スマートコントラクトの発明者、ニック・スザボ(Nick Szabo)氏の考案で、2017年にサンフランシスコで開かれたビットコインのイベントで披露された。その際、この方法がハッカーによるネットワークの破壊工作に対して、活用できるのではと述べている。

インターネットだけが、データを一地点から他の地点に送信できるものではないと、オウ氏は言う。「例えば、仮に中国がビットコインネットワークの検閲を始めるとなった場合、もしくはインターネットが全くつながらない北朝鮮のような国にいる場合」と、同氏はCoinDeskの取材で、今回の初の試みに関しての考えを述べた。

ベンチャー企業のブロックストリーム(Blockstream)は、人工衛星を利用してビットコインを地球上のあらゆる場所にビーム送信できる方法を開発しているが、その開発理由はオウ氏がコメントする内容に似ている。

「とても楽しかったけど、明らかに非現実的。電波信号を送る前に、その準備を全てインターネット上で計画していたわけだから」とオウ氏。「機材をそろえることも厄介な点:一定の周波数を処理できる無線機が必要で、安価なのはソフトウエア無線でおよそ200ドル」とオウ氏は加えた。

翻訳:CoinDesk Japan編集部
編集:佐藤茂、浦上早苗
写真:Old radio image via Shutterstock
原文:Bitcoin Coders Send International Lightning Payment Over Ham Radio