ビットコイン、次の価格上昇の始まりか──データが示す強気トレンド

ビットコイン、次の価格上昇の始まりか──データが示す強気トレンド

ビットコインのオンチェーン・データは過去数週間、ほぼ横ばいで推移していたが、強気トレンドの兆候とも思える動きを示している。

ビットコインは1月8日に史上最高値の4万1962ドルを記録した後、おおむね2万9000ドル〜4万ドルのレンジで推移してきた(CoinDesk 20のデータによる)。価格が小康状態にあるなかで、需要が供給を上回る状況が続いている。

「2021年の現時点までに約2万6000ビットコインがマイニングされている。一方、(暗号資産ファンドを運営する)グレイスケール・インベストメント・トラストは同期間に4万ビットコインを購入した」とデータサイトのグラスノード(Glassnode)はウィークリーレポートに書いている。

取引所残高の減少

取引所アドレスが保有しているビットコイン、つまり売り手側の流動性は減少している。

取引所のビットコイン残高
出典:Glassnode

取引所のビットコイン残高は今月1日、234万9040ビットコインまで減少し、2年半ぶりの低水準となった(グラスノードのデータ)。

一方、1000ビットコイン以上を保有するウォレット(同じ組織や個人が保有するものは1つとカウント)の数は1月31日、史上最多となる2218。いわゆる「クジラ」の数は、価格が横ばいで推移した間に50以上も増え、大口投資家によるビットコイン購入が継続していることを示した。

ビットコインの利益率

利益確定による売りに伴う価格下落の可能性も小さいようだ。ビットコインの利益率を示す「aSOPR」(adjusted spent output ratio)の24時間平均は1.00まで低下し、ビットコインが利益を生み出していないことを示している。

「SOPR」は、直近の取引価格からビットコインの利益率を算出したもの。「aSOPR」は、取引間隔が1時間に満たないものを取り除き、SOPRをより厳密に修正した指標だ。

ビットコインのaSOPR
出典:Glassnode

投資家は、一般的には弱気相場では損失を出すことになるが、ビットコインは現在、強気相場となっており、この3カ月で200%上昇している。

「SOPRの低下は、投資家が損失を出しながらも売却したことを意味する。だが今の市場の状況では、その可能性は低い。この状況が市場にある程度の安定をもたらし、次の上昇への道筋を開くことを期待している」とグラスノードはレポートに記した。

これまで、強気相場の間にaSOPRが1.0を切ったことはない。

つまり、ビットコインが4万ドルを超えるような動きをする可能性は高いようだ。「大きな価格上昇が2週間以内に起こるかもしれない。今はすべてが強気だ」とトレーダーでアナリストのアレックス・クルーガー(Alex Kruger)氏はCoinDeskに述べた。

ドル高は懸念要因

しかしクルーガー氏は、ビットコインの強気の見通しに対する短期的リスクとして、ドル高の可能性をあげた。主要通貨に対する米ドルの価値を示すドル・インデックス(DXY)は、代表的な強気パターンを示しており(図:右下)、上昇傾向にある。

ビットコイン(左)とドル・インデックスの推移
出典:TradingView

「DXYの直近の上昇から強気トレンドが発展すれば、ビットコインにとっては厄介かもしれない」とクルーガー氏は述べた。

スタック・ファンズ(Stack Funds)の共同創業者兼COO、マシュー・ディブ(Matthew Dibb)氏も同様の懸念を述べ、ビットコインの11月上旬の約1万4000ドルからの上昇は、ドル・インデックスが94.5から89.00まで低下した時期と一致していた事実を指摘した。

ビットコインは2020年3月の暴落以降、おおむね米ドルと逆の動きを示しており、米ドルが上昇した時期には、横ばいや反落となっていた。ビットコインの史上最高値からの最近の下落と、その後の横ばい時期にも米ドルは上昇していた。

ビットコインと米ドルの逆相関関係は、グローバル金融市場におけるリスク意欲(=投資意欲)とドルの逆相関関係の結果である可能性が高い。

「リスク心理が世界中で悪化する時はいつでも、米ドルで安心を得たいという願望が自ずと生まれる。その延長線上で、まだ新興資産であるビットコインはリスクオフ(リスク回避)に直面する」とLMAXデジタル(LMAX Digital)の通貨ストラテジスト、ジョエル・クルーガー(Joel Kruger)氏はCoinDeskに語った。

しかし、ドルの全般的なトレンドは連邦準備制度理事会(FRB)による無期限の量的緩和政策のために弱含みであり、アナリストはビットコインの長期的展開に自信を持っている。

「中長期的に見てもビットコインは魅力的で、さらに長期的な視点に立つと、ビットコインはリスクオフの時期に需要のある通貨になるはず」とクルーガー氏は述べた。

|翻訳:山口晶子
|編集:増田隆幸、佐藤茂
|画像:CoinDesk 20
|原文:Bullish Bitcoin Fundamentals Point to Renewed Price Rally Ahead

おすすめ記事: