人気フィギュアの「Superplastic」、NFT作品を提供──世界で拡大するNFT市場

人気フィギュアの「Superplastic」、NFT作品を提供──世界で拡大するNFT市場

プロバスケットボール選手、人気ミュージシャン、ビニール製フィギュア……。新しいマネタイズの手段として、さまざまなノン・ファンジブル・トークン(NFT)がイーサリアムブロックチェーンに進出している。

「スーパープラスチック(Superplastic)」は、芸術的なフィギュアをコレクター市場に向けて制作している。同社はインスタグラムのフォロワー数が多い2つのシリーズ、「グッギィモン(Guggimon)」と「ジャンキー(Janky)」の新作フィギュア2体をウィンクルボス(Winklevoss)兄弟が所有するマーケットプレイスのニフティ・ゲートウェイ(Nifty Gateway)に出品する。

リンジー・ローハン、グライムス

ブロックチェーンを使った取り組みは、暗号資産以外の分野でも関心を集めている。NonFungible.comが発表したレポートによると、NFT関連のアクティブ・ウォレット数は昨年、22万。売り手が3万1504で、買い手は7万4529。取引高は2億5100万ドル(約266億円)にのぼる。

主流層へのアピールがNFTをさらに成長させることは明らかだ。セレブの関心を集めることはニフティ・ゲートウェイのいつもの戦略のひとつだ。

ソーシャル・メディアでの有名人だけでなく、一般に有名な人たちもまた、NFTに興味を持ち始めてきた。最近では、リンジー・ローハンや、イーロン・マスク(Elon Musk)の恋人として知られるポップスターのグライムス(Grimes)がNFTに進出した。

「NFTのビッグニュース! グライムス(@Grimezsz)がニフティ・ゲートウェイにやってくる! 2月28日、#WarNymphコレクションを出品する。すごいことになりそうだ。特にイーロン・マスク(@elonmusk)が入札したら。火星を目指そう!」

セレブと人気を競うことは厳しいことかもしれないが、スーパープラスチックには、美しいモノを手に入れたいという熱烈なファンがいる。

問題は、由来の証明が可能なデジタルアートを欲しがるファンがどれくらい存在するかだ。同社が「ガス代(取引手数料)とは何か」をファンに理解してもらうための準備を進めていることを願うばかりだ。

2つのシリーズから、それぞれ1体のNFT作品が出品される。ジャンキーからは「Electric Scream Dream」が、グッギィモンからは「Well, That Was Fucking Weird!」という作品だ。さらに両シリーズが共同でデザインしたフィギュア「SuperKranky」6体も出品される。

おもちゃ会社が暗号資産やNFTに進出するのは、今回が初めてではない。イーサリアムブロックチェーン上のERC-721トークンが所有権を表すおもちゃを、クリプトカイジュウ(CryptoKaiju)が提供してからしばらく経つ。

スーパープラスチックは、デジタルで提供したフィギュアを現実世界のフィギュアと関連させることは計画していない。

|翻訳:石田麻衣子
|編集:増田隆幸、佐藤茂
|画像:Superplastic
|原文:Cult Toy Brand Superplastic Launches NFT Collection on Nifty Gateway

おすすめ記事: