イスラエルの大手投資会社、BTCファンドにすでに1億ドル

イスラエルの大手投資会社、BTCファンドにすでに1億ドル

イスラエルの大手投資会社、Altshuler Shahamが、グレイスケール・ビットコイン・トラスト(GBTC:Grayscale Bitcoin Trust)に1億ドル(約108億円)を投資したと、現地の報道機関が報じた。

Altshulerは、500億ドル(5兆4000億円)を超える資金を運用しており、ビットコインが2万1000ドル付近で取引されていた2020年後半に、GBTCへの投資を行ったと伝えられた。

2013年にスタートしたGBTCは世界最大級のビットコインファンド。最新のデータによると、GBTCをはじめとする複数のファンドを運用するグレイスケール・インベストメンツ(Grayscale Investments)の運用資産残高は現在、421億ドル(約4兆6000億円)となっている。

グレイスケールは現在、GBTCの新規受付を一時停止している。取引価格が低迷し、同ファンドが保有するビットコインの価格を下回っていることが一因と見られている。

関係者によると、AltushlerはGBTCの購入だけではなく、2017年当時、イスラエルでの複数のICO(新規コイン公開)に関心を示していたという。

「Altushlerはビットコインとイーサリアム(ETH)のウォレットを保有するオルタナティブ・アセット部門を持っている。これまでに、ある程度の投資を行ってきたが、再び投資先を検討しているだろう」(関係者)

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸、佐藤茂
|画像:イスラエル・テルアビブ(Shutterstock)
|原文:Israeli Pension Giant Put $100M Into Grayscale Bitcoin Trust: Report

おすすめ記事: