シンガポール中銀、中銀デジタル通貨のコンペ開催──IMF、世銀、OECDなどが協賛

シンガポール中銀、中銀デジタル通貨のコンペ開催──IMF、世銀、OECDなどが協賛

シンガポールの中央銀行にあたるシンガポール金融管理局(MAS)は28日、中央銀行デジタル通貨(CBDC)が抱える12の課題解決を目指すコンペ「Global CBDC Challenge」を開催すると発表した。対象は世界中のフィンテック企業、金融機関、ソリューションプロバイダー。

例えば、1つめの課題は「リテールCBDCシステムに、ユーザーがスマートフォンを使用することなく、基本的な価値移転以上の追加機能を組み込むことはできるか」。

コンペの協賛は、IMF(国際通貨基金)、世界銀行、アジア開発銀行(ADB)、国連資本開発基金(UNCDF)、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国連開発計画(UNDP)、経済協力開発機構(OECD)。

後援は、アマゾンウェブサービス(AWS)、マスターカード、決済プラットフォームのPartior、ブロックチェーンソフトウェア開発会社のR3、ブロックチェーンプロジェクトのハイパーレジャー(Hyperledger)、オープンソースプラットフォームのMojaloop。

世界の中央銀行の80%は中央銀行デジタル通貨(CBDC)のユースケースを積極的に検討していると見られており、多くは政策、プライバシー、テクノロジーに関する課題に直面している。

最終選考に残った候補者は、11月に開催されるシンガポール・フィンテック・フェスティバル(Singapore FinTech Festival)のデモ・デーでアイデアを発表する機会が与えられる。

最大3名の受賞者が選ばれ、賞金が授与される。また最大15名のファイナリストには、メンタープログラムと暗号資産サンドボックスへのアクセスが提供される。

参加要項は、こちら

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:Shutterstock
|原文:Singapore’s Central Bank, IMF Launch Global Challenge for CBDC Solutions

おすすめ記事: