再生可能エネルギーでマイニング、米企業がIPO申請

再生可能エネルギーでマイニング、米企業がIPO申請

再生可能エネルギーによるビットコイン(BTC)マイニングを手がけるストロングホールド・デジタル・マイニング(Stronghold Digital Mining)は27日、米証券取引委員会(SEC)に新規株式公開(IPO)を申請した。IPOの規模は1億ドル(約110億円)。

ストロングホールドは、石炭を採掘した後に残る廃棄物を使って発電し、ビットコインマイニングを行う。ペンシルベニア州の規制当局は石炭廃棄物を使った発電を水力発電と同等の再生可能エネルギーに分類している。

IPO申請書類によると同社は現在、約1800台のマイニングマシンを運用、マイニング能力は約85ペタハッシュ/秒(PH/s)にのぼるという。4月以降、同社は複数のサプライヤーと契約を結び、合計2600PH/s以上のマイニング能力を持つ2万7000台以上のマイニングマシンを追加購入している。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:アメリカ・ペンシルベニア州の炭鉱(Shutterstock)
|原文:Stronghold Digital Mining Files for $100M IPO

おすすめ記事: