【US市場】市場センチメントは改善、ビットコイン・ドミナンスは低下傾向

【US市場】市場センチメントは改善、ビットコイン・ドミナンスは低下傾向

ビットコイン(BTC)は30日、4万6000ドル〜4万7000ドルの狭いレンジで推移、一方、原油とゴールドは上昇した。

それでも、ほとんどのアルトコインはビットコインのパフォーマンスを上回っており、トレーダーがまだリスクを許容していることを示している。例えば、過去24時間でビットコインの1%上昇に対して、アーベ(AAVE)とソラナ(SOL)は7%上昇した。

最新価格

●ビットコイン:47,107ドル、-1.32%
●イーサリアム:3,399ドル、-1.01%

●S&P500:4,602、-0.63%
●ゴールド:1,940ドル、+1.47%
●米国10年債利回り:2.36%

センチメント改善

Bitcoin Fear & Greed Indexは、暗号資産トレーダーの強気センチメントを示す「greed(強欲)」領域に入った。今年最高水準だが、昨年11月に見られた「extreme greed(極端な強欲)」をまだ下回っている。これは、特にビットコインの価格上昇が持続した場合、投資家センチメントがさらに改善する余地があることを示している。

しかし過去数カ月、ビットコインは最大50%下落し、その後、20%回復してレンジ取引となるなど、センチメントは不安定だった。特に市場にストレスがかかっている時は、センチメントを明確に読み取ることは非常に難しい。

「市場参加者は、greedの兆候がわずかに見られるたびに、この春、市場は恐怖状態に戻ったことに留意しておく必要がある」とアーケーン・リサーチはレポートに書いている。

Bitcoin Fear & Greed Index(出典:Arcane Research, Alternative.me)

ビットコイン・ドミナンス低下

ビットコイン・ドミナンス(暗号資産全体の時価総額に対するビットコインの時価総額の割合)は、50日移動平均を下回り、アルトコインがビットコインのパフォーマンスを上回り始めていることを示している。

一般的に、ビットコイン・ドミナンスの低下は、暗号資産投資家のリスク意欲が高まっていることを示すが、現状は昨年の急激な低下を経て安定しつつある。下図を見ると、40%付近が底になっており、2018年に記録した低水準の35%を上回っている。

ビットコインのドミナンス(Damanick Dantes/CoinDesk, TradingView)

アルトコイン

●AAVE、アップデート以降に97%上昇:DeFi(分散型金融)トークンのアーベ(AAVE)は、今月初めのバージョン3(v3)へのアップデート以降、約97%上昇している。29日には約33%上昇した。

●女性主導のDAO、暗号資産におけるジェンダー多様性の欠如に取り組む:H.E.R. DAOは女性主導の自律分散型組織(DAO)で、ブロックチェーン業界におけるジェンダーダイバーシティの向上に注力しており、世界中の女性開発者のための「Hacker Houses(ハッカーハウス)」を支援している。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:Arcane Research, Alternative.me
|原文:Market Wrap: Crypto Sentiment Improves, Though Risk Remains as Russia Plays Down Peace Talks

おすすめ記事: