「暗号資産の冬」は2023年末まで長引く:米コインベース

「暗号資産の冬」は2023年末まで長引く:米コインベース

FTXの破綻は、5月から6月にかけての大幅なレバレッジ解消後に出現したポジティブな状況を脱線させた。暗号資産取引大手コインベース(Coinbase)は11月15日、レポートで述べた。

新たな混乱と買い手不足によって暗号資産市場は脆弱になり、すでに長引いている「暗号資産の冬」がさらに長引く可能性が高いという。

FTXの破綻手続きは注目を集めるだろう。だが暗号資産市場はアメリカの金利状況にまだ大きく左右されているとレポートは指摘。さらにFTXの破綻について今後明らかになる事実から「波及的な影響」を受ける可能性が高いと述べた。どの企業がFTXあるいは姉妹企業のアラメダ・リサーチ(Alameda Reaserch)に投資したり、取引していたのか、さらに正確な負債の内容などが今後、明らかになっていくだろう。

コインベースは、流動性が乏しい状況は少なくとも年末まで続く可能性が高いと述べ、ステーブルコインのドミナンスが暗号資産全体の時価総額の18%という高水準になっていると指摘した。暗号資産の時価総額は、10月末の1兆ドルから11月12日には約8000億ドルまで低下している。

「ハッシュレート(マイニングに必要な計算能力)の上昇、エネルギーコストの上昇、ビットコイン価格の下落によって、ビットコインマイナーには、より一層ストレスのかかる経済状況になっている」(レポート)

FTXの破綻は、暗号資産に対する投資家の信頼を間違いなく損なっており、回復にはしばらく時間がかかる。その結果、「暗号資産の冬」はおそらく数カ月長くなり、2023年末まで続くだろうとレポートは付け加えた。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:Timothy Eberly/Unsplash
|原文:Coinbase: FTX’s Collapse Will Likely Lead to an Extended Crypto Winter

おすすめ記事: