HashPort、三井住友銀行と東京大学エッジキャピタルパートナーズから約9億円の資金調達

HashPort、三井住友銀行と東京大学エッジキャピタルパートナーズから約9億円の資金調達

HashPortは1月20日、三井住友銀行、UTEC4号投資事業有限責任組合(東京大学エッジキャピタルパートナーズが運営するファンド)を引受先とした第三者割当増資による9億円の資金調達を実施すると発表した。

HashPortグループは2018年からブロックチェーン技術の研究開発に取り組んでおり、傘下にはブロックチェーン関連のコンサルティング・システムソリューション事業を行うHashPort、NFT関連事業を行うHashPalette、金融インフラ事業を行うHashBankがある。

調達した資金は、エンタープライズ向けコンサルティング事業強化や日本発のIPを活用したNFT事業強化への投資などに使用するという。

|文・編集:coindesk JAPAN編集部
|トップ画像:Hushportより

おすすめ記事: