CoinDesk Japan

CoinDesk Japan 編集チーム

リブラが開けたパンドラの箱──b. tokyo2019後に加速するか、貨幣と証券の新時代

| Opinion | CoinDesk Japan

フェイスブック(Facebook)が主導し、ブロックチェーンを使う新たなデジタル通貨「リブラ(Libra)」構想は、多くの人が法定通貨の覇権と既存の金融システム ...

【最新情報】日本、中国、韓国のブロックチェーン企業ではどんなプロジェクトが進んでいるのか?【b. tokyo】

| b.tokyo | CoinDesk Japan

アジア圏のビジネスにおいて、常に比較され続けるのが地理的にも近い日本、中国、韓国だろう。ブロックチェーン技術の応用に取り組むプロジェクトも多く、プロトコルを開発するスタ ...

「LINE × フィンテック」が目指す世界とは?──BITMAX運営のLVC代表が登壇【b. tokyo】

| b.tokyo | CoinDesk Japan

LINEのグループ会社で仮想通貨事業を展開するLVCは、2019年9月17日に日本で仮想通貨取引所「BITMAX」の提供を開始すると発表したばかり。同グループは、LIN ...

シンプレクス登壇──STO(セキュリティ・トークン・オファリング)の未来はどうなるのか?【b. tokyo】

| b.tokyo | CoinDesk Japan

海外ではSTO(セキュリティ・トークン・オファリング)による資金調達のニュースが続いている。日本でも2020年春に、改正資金決済法・金商法が施行されるとこの動きは加速す ...

「改ざんできない」ブロックチェーンが変える“データの価値”とは──デジタルグリッド、Nayuta代表ら登壇【b. tokyo】

| b.tokyo | CoinDesk Japan

「データは21世紀の石油」──。 インターネットの出現以降、データの重要性に対する認識は年々高まっている。ビックデータやAIによる機械学習、IoTのセンシングなど ...

ブロックチェーンのビジネス利用、PoCから実用化に進める上での課題とは?【b. tokyo】

| b.tokyo | CoinDesk Japan

国内外を問わず、ブロックチェーンについてはPoC(概念実証)のプロジェクトが多数立ち上がっている。しかし、PoCを終え、本番稼働のステージに進むプロジェクトの割合は非常 ...

ビットフライヤー創業者が語る「ブロックチェーンが導く未来」とは【b. tokyo】

| b.tokyo | CoinDesk Japan

「ブロックチェーンはインターネット以来のイノベーションだ」──。そう語る加納裕三氏は、bitFlyer共同創業者であり、bitFlyer Blockchain代表取締役 ...

電通プロデューサー、SIVIRA CEO登壇──ブロックチェーンでビジネスモデルはどう変わるのか?【b. tokyo】

| b.tokyo | CoinDesk Japan

情報のインフラ「インターネット」によってすべての業界のビジネスモデルが変化したように、価値のインフラ「ブロックチェーン」によってビジネスモデルも大きく変わる。では、どの ...

オントロジー共同創業者が登壇、「分散型ビジネス」を加速する新世代プロトコルとは【b. tokyo】

| b.tokyo | CoinDesk Japan

ブロックチェーン業界における競争が激しさを増す中、生き残るのは誰か。2019年10月2・3日のブロックチェーンカンファレンス「b.tokyo 2019」で開かれる本セッ ...

「マルチステークホルダー・ガバナンス」は仮想通貨に健全なエコシステムをもたらすのか【b. tokyo】

| b.tokyo | CoinDesk Japan

持続可能な発展を支える新しい統治のモデル「マルチステークホルダー・ガバナンス」。内閣府は“マルチステークホルダー・プロセス”を、「多種多様なステークホルダーが対等な立場 ...