ビットコインでナナコにチャージ──ディーカレットがサービス開始。auウォレット、楽天エディでも使える

ビットコインでナナコにチャージ──ディーカレットがサービス開始。auウォレット、楽天エディでも使える

Brady Dale
公開日:2019年 8月 21日 10:00
更新日:2019年 8月 21日 10:18

仮想通貨取引所のディーカレットは8月21日、仮想通貨で電子マネーにチャージするサービスを開始した。セブンイレブンのナナコや、KDDIが提供するauウォレット、楽天エディにチャージできるようにする。

ディーカレットの新たなサービスは、仮想通貨をモバイル上で電子マネーに交換し、決済に利用することができる。利用者は同社のアプリから対象ブランドを選択し、チャージ額を入力すると、入力時点のレートで日本円に換算され、電子マネーとしてチャージできる。

対象の通貨は、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルに加えて、同社が新たに取り扱いを開始したイーサリアムの5種類。

同サービスは24時間365日にわたって利用でき、1000円相当の仮想通貨からチャージできる。預け入れている日本円からのチャージには対応しない。一回あたりの最大チャージ金額が電子マネーごとに設定され、毎月の上限金額は10万円となる。

また同社はレバレッジ取引サービスを開始する。証拠金金額の最大4倍までの取引が可能になる。

ディーカレット代表取締役社長の時田一広氏は、都内の発表会で新サービスのデモンストレーションを行った。仮想通貨でチャージした電子マネーにより、商品を購入してみせた。

実演をする時田氏

時田氏は「仮想通貨を普段使いにする。開業時からお伝えしてきたように、決済サービスとの連携を実現した。電子マネーやポイントとの連携は、今後も拡大していく」と述べた。

仮想通貨を電子マネーにチャージすることで、実際の決済で利用可能にする狙いだ。楽天Edyとナナコは発行枚数で1億5千万枚以上を記録する。auウォレットは、有効会員数が2500万会員を超えている。

ディーカレットの日本円での出金には手数料が270円かかるが、電子マネーへのチャージでは3000円未満は108円相当額になり、3000円以上では手数料が無料になる。

ディーカレットはIIJ(インターネットイニシアティブ)が筆頭株主で2018年1月10日に設立された。野村ホールディングス、伊藤忠商事、東日本旅客鉄道(JR東日本)、第一生命保険、三井不動産、大和証券グループ本社、三菱UFJ銀行、電通、KDDI、コナミなどが出資企業として名を連ねる。

同社は2019年3月に仮想通貨交換業者として金融庁に認可され、4月に取引サービスを開始した。

文・写真:小西雄志
編集:佐藤茂