ブロックチェーンで税還付システム──タイで来年にも採用へ

ブロックチェーンで税還付システム──タイで来年にも採用へ

ブロックチェーンを用いた石油輸出の税還付システムが、タイで2020年半ばにも採用される見込みだ。タイのバンコックポストが、Patchara Anuntasilpa財務省物品税局長の話として報じた

書類での申請より、透明で迅速な追跡調査が可能に

Anuntasilpa局長によると、現在の税還付の仕組みでは、業者は免税のために書類を提出する必要があり、政府による調査も完全にはできていない。

ブロックチェーンを用いる目的は、データ管理の透明性や効率性を上げること。物品税局の関係者は「すべてのプロセスを任意の時点でチェックでき、検査プロセスを技術によって合理化して即座に検査できるため、ブロックチェーン基盤の税還付システムは従来システムを3倍高速化し、輸出石油税の漏れを効率的に削減するとみられる」と述べたという。

この取り組みは、タイ4大銀行クルンタイ銀行との共同プロジェクトの一環。ほかにはe-バンク保証とリキュール、タバコ、トランプの配布ライセンスの年間手数料支払いを行っている。

文:小西雄志
編集:濱田 優
写真:Shutterstock

おすすめ記事: