イーサリアムの取引手数料、史上最高に──DeFi人気が要因

イーサリアムの取引手数料、史上最高に──DeFi人気が要因

イーサリアムブロックチェーンの1取引あたりの平均手数料が、史上最高水準に達した。アメリカの暗号資産業界における分散型金融(DeFi)サービスの拡大が、手数料を押し上げているという。

Blockchairによると、平均手数料は8月12日夜に6.04ドルに達し、史上最高レベルとなった。取引手数料の中央値は、史上最高の3.03ドルをわずかに下回り、現在は3.00ドル。

取引手数料は、高騰が始まった7月中旬までは1ドルを下回っていた。

手数料の上昇は、ユニスワップ(Uniswap)のような人気のDeFi(分散型金融)サービスの活発化と一致している。少なくとも3つの類似したDeFiアプリは、データサイトEtherscanが収集したネットワーク利用率が最も高いサービスに含まれている。

開発者たちは、ネットワークのトランザクション容量を拡大するなどして、手数料を削減するために数多くの技術的な選択肢を検討しているが、修正されるとしてもまだ数カ月先になる。

イーサリアムの取引手数料(青:平均値、黒:中央値)
出典:Blockchair

翻訳:CoinDesk Japan編集部
編集:増田隆幸、佐藤茂
画像:Blockchair
原文:Decentralized Finance Frenzy Drives Ethereum Transaction Fees to All-Time Highs 

おすすめ記事: