中国人民銀行、暗号資産取引への規制強化──金融機関のサービス提供を禁止

中国人民銀行、暗号資産取引への規制強化──金融機関のサービス提供を禁止

中国人民銀行(PBoC)は21日、国内の主要金融機関に対して、暗号資産(仮想通貨)取引への関与をやめるよう指示した。また銀行は、暗号資産の取引・清算・決済などのサービスやプロダクトを提供してはならないと声明で述べた。

さらには、暗号資産取引所や店頭取引(OTC)事業者の口座を確実に特定し、取引に関する決済をタイムリーに遮断しなければならないとも述べている。

中国人民銀行の暗号資産に対する厳しい姿勢は新しいものではないが、今回の声明の前には、中国工商銀行、中国農業銀行、中国建設銀行、中国郵政儲蓄銀行、中国工商銀行、アリペイとこの問題について協議している。

中国人民銀行は、暗号資産取引にまつわる過剰な宣伝に注目し、暗号資産を違法なクロスボーダー取引やマネーロンダリングのリスク、さらには経済秩序・金融秩序への脅威と捉えている。

銀行や金融機関は、中国人民銀行のガイドラインに従って、必要な措置を取ることに同意したという。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸、佐藤茂
|画像:Shutterstock
|原文:PBOC Says Banks Must Block Crypto Transactions

おすすめ記事: