米政府、ビットコインとライトコインを競売に

米政府、ビットコインとライトコインを競売に

オフィス家具からトラクター、不動産まで、米連邦政府が保有する余剰資産の売却を行う一般調達局(GSA)は、合計37万7000ドル(約4200万円)のビットコイン(BTC)とライトコイン(LTC)を競売にかける。

プレスリリースによると、入札は18日17時(米東部時間)から21日17時までで、ライトコインは税金の滞納者から差し押さえたものとGSAのサイトには書かれている。

GSAは今年はじめ、3回の競売で16.99BTCを売却し、93万7092ドルを調達している。

「新しい暗号資産が加わったことで、今年最もエキサイティングな競売になるだろう」とGSAのトーマス・メイロン(Thomas Meiron)氏は声明で述べた。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸、佐藤茂
|画像:Shutterstock
|原文:US Government to Auction Off Seized Litecoin Alongside Bitcoin

おすすめ記事: