シンガポール中銀もバイナンスを注視──日英の規制当局が警告

シンガポール中銀もバイナンスを注視──日英の規制当局が警告

シンガポールの中央銀行にあたるシンガポール金融管理局(MAS)は、暗号資産(仮想通貨)取引サービス大手のバイナンス(Binance)をめぐる規制動向を注視していると述べた。

MASは同社の現地子会社、バイナンス・アジア・サービス(Binance Asia Services Pte.)のライセンス申請に対して、必要な追加措置を取る予定とブルームバーグは30日に伝えた。同子会社には申請の審査を待つ間、猶予期間が与えられる。

バイナンスは米CoinDeskの取材に対して、規制当局とのコミュニケーションややり取りについてはコメントしないと述べた。

バイナンスには、6月25日に日本の金融庁が、翌26日には英金融行動監視機構(FCA)が警告を発した。だがバイナンスからの出金は再開され、ユーザーは再び暗号資産を購入できるようになっている。

シンガポールは世界でも有数の厳しい暗号資産規制を行っている。2019年に「決済サービス法(Payment Services Act)を制定、暗号資産サービスプロバイダーはライセンスを取得しなければならない。

ブルームバーグによると、MASは審査プロセスにおいては申請者のマネーロンダリング対策の実行能力などさまざまな要件を検討しつつ、「強固な基準」を適用しているという。また株主や重要な役職者の適性や妥当性も評価している。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:バイナンスのチャンポン・ジャオCEO
|原文:Singapore’s Financial Watchdog to ‘Follow Up’ on Global Binance Concerns

おすすめ記事: