「ほぼ無制限の決済を処理可能」エストニア中銀、デジタルユーロ実験結果を発表

「ほぼ無制限の決済を処理可能」エストニア中銀、デジタルユーロ実験結果を発表

エストニア銀行(中央銀行)は26日、デジタルユーロの実験結果を発表、「ブロックチェーンを使った新しいソリューションは理論的には、同時にほぼ無制限の決済を処理可能」と発表した。

実験は、欧州中央銀行(ECB)およびスペイン、ドイツ、イタリア、ギリシャ、アイルランド、ラトビア、オランダの中央銀行と協力して行われ、市民生活に必要なすべてのやり取りをデジタル化する「e-エストニア・デジタル・ソサエティ」を構築しているものと同じブロックチェーン技術が使われた。

実験では、エストニア、ラトビア、リトアニア、スペインの間でデジタルマネーによる決済を行った。このシステムでは1秒間に30万件以上の決済が処理され、お金は2秒以内に送信された。

「この技術はマネーサプライの規模に根本的な制限を設けるものではない。このシステムは流通しているユーロの全供給量以上を処理することができる」

ECBは今月はじめ、2年の予定でデジタルユーロ開発のための調査を開始すると発表している。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:Shutterstock
|原文:Bank of Estonia Finds ‘Unlimited’ Potential in Digital Euro Test

おすすめ記事: