アメリカ、ビットコイン・マイニングのリーダーに

アメリカ、ビットコイン・マイニングのリーダーに

アメリカはビットコイン・マイニングで世界のリーダーとなっている──ケンブリッジ大学オルタナティブ・ファイナンス・センター(CCAF:Cambridge Centre for Alternative Finance)はそう述べた。中国がビットコイン・マイニングの規制を強化したことが要因だ。

ケンブリッジ大学ジャッジ・ビジネススクールに属するCCAFの最新データを見ると、アメリカは8月末時点で世界のハッシュレート(ビットコイン・マイニングに使用される計算能力)の35.4%を占め、4月末時点の16.8%から2倍以上となった。

以下、カザフスタンが18.1%、ロシアが11%と、それぞれ4月の8.2%、6.8%から2倍前後となり、アメリカに続いている。一方、中国のシェアは、政府が暗号資産マイニングを禁止したことで「事実上ゼロになった」という。

中国での規制によって、6月にはハッシュレートが38%減少するという直接的な影響があったが、7月と8月には20%の回復が見られた。中国のビットコイン・マイナー(マイニング事業者)はマイニング機器の海外での再展開に成功したようだ。

ビットコイン・マイニングにおける中国のシェアは2019年9月には75%を超え、ピークに達していた。現状の数字を見ると明確な勝者はいないと言える。マイニング事業者はビジネスを一箇所に集中させるのではなく、分散させる必要性を痛感している。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:Shutterstock
|原文:US Claims Bitcoin Mining Crown Following China Crackdown

おすすめ記事: