FRB、デジタル通貨のホワイトペーパーを発表

FRB、デジタル通貨のホワイトペーパーを発表

米連邦準備制度理事会(FRB)は、中央銀行デジタル通貨(CBDC)が、現行の金融システムを強化できる可能性があると考えている。しかしそれは、FRBが直接国民宛てに発行するCBDCではなく、現行の民間銀行ネットワーク内で機能するものだ。

疑問点の呈示と意見の公募

FRBは1月20日、待望のCBDCに関するホワイトペーパーを発表。デジタルドルを作ること(あるいは作らないこと)を明確に約束してはいないが、この問題に取り組む上でのアプローチに関する疑問点を説明し、プライバシー、金融安定性、デジタルドルの使い道について、広く一般からの意見を募った。

パウエルFRB議長は先日、上院銀行委員会における任命公聴会の中で、ホワイトペーパーは何度かの発表先延ばしを経て、「発表の準備が整っている」と語っていた。

その時議長は、「様々な問題について多くの立場を表明するというよりは、疑問を呈示し、一般からの意見を募るというものになるだろう。いくつかの立場を表明することになる」と述べていた。

FRBはいまだに、デジタルドルの開発、ましてや発行を約束してはおらず、そのような決断がまだどれほど先になるかが、今回の発表で浮き彫りとなった。それでも、アメリカにとってCBDCを成功させるために何が必要かについて、かなり明らかになったのは確かだ。

「FRBの初期分析では、アメリカのCBDCは、もし作られるとしたら、プライバシーが保護され、仲介業者が間に入り、幅広く譲渡可能で、身元を検証したものになることによって、アメリカのニーズに最も合うものとなるだろう」と、ホワイトペーパーには記されている。

ここでの仲介業者とは、民間銀行や、その他のノンバンク系決済組織となり得る。つまり、国民がCBDCにアクセスするためにFRBで個人口座を開設するのではなく、既存の銀行や金融機関がその役割を維持してくれることを、FRBは望んでいるのだ。

サイバーセキュリティ、金融犯罪の防止、将来的ニーズの充足も、CBDCの発行前にFRBが検討しなければならない点だ。

「いかなるCBDCであっても、消費者のプライバシー権保護と、犯罪行為を抑止するのに必要な透明性の確保の間で適切なバランスを取る必要がある」と、ホワイトペーパーには記されている。

さらにFRBは、CBDCを発行する前に、連邦政府の行政政府と議会から「理想的には具体的に承認するような法律という形」での「明確な支持」も望んでいる。

米ドルの覇権的地位の維持

ホワイトペーパーによれば、ドルの覇権を維持することは、アメリカのCBDCのメリットの1つとなり得る。とりわけ将来的に、より多くの国々が自国のデジタルキャッシュを発行するようになった場合には。

ドルは現在、世界で最も幅広く使われている支払い、投資のためのツールであると同時に、国際的な準備通貨でもあると、ホワイトペーパーは指摘。このような高い普及率が、「国際的な通貨システムの基準」に影響を与える力をアメリカに与えているとされる。

「しかし、多くの諸外国や通貨連合がCBDCを導入した場合の未来を検討することも重要である。新しいCBDCが既存形態の米ドルよりも魅力的ならば、ドルの国際的な利用は減少すると、示唆する声もある。アメリカのCDBCは、ドルの国際的役割を維持する役に立つかもしれない」と、ホワイトペーパーには記されている。

一般からの意見の受付は、これから120日間にわたって行われる。

今回のホワイトペーパー発表を受けた声明の中で、上院銀行委員会委員長を務める、民主党のシェロッド・ブラウン(Shrrod Brown)上院議員(オハイオ州)は、「労働者、小規模企業、コミュニティ銀行やクレジットユニオンが、アメリカのデジタルエコノミーに参加し続けられることを確実にするような」CBDCのために、FRBや行政政府と連携することを楽しみにしていると語った。

「FRBの今回のレポートは、より多くのアメリカ国民を銀行システムの一員とし、グローバル経済におけるアメリカのリーダーシップを維持するのを助けるような中央銀行デジタル通貨設計のための、優れた最初の一歩だ」と、ブラウン議員は語った。

銀行委員会で少数党筆頭委員を務める、共和党のパット・トゥーミー(Pat Toomey)上院議員(ペンシルベニア州)は、今回のレポートが、CBDCを発行する前にFRBが議会からの支持を必要とすること、そしてFRBが個人口座を直接提供しないとしている点に「希望を感じた」と述べた。

「レポートはCBDCのプライバシーの重要性に言及しているが、私としては、どのように消費者の取引データを保護するのかをFRBが明確に説明していない点に懸念を感じた。さらにFRBの今回のレポートは、CBDCによって直接的なピアツーピアの取引が可能とならないことを示唆しているのか、という疑問も生じた。そのような特徴は、基本的なものだ」と、トゥーミー議員は指摘した。

|翻訳・編集:山口晶子、佐藤茂
|画像:Shutterstock
|原文:In Long-Awaited CBDC White Paper, Fed Flags Privacy, Financial Stability Risks

おすすめ記事: