“ソフト”ラグプルとは?──開発者が6億円以上のトークン売却

“ソフト”ラグプルとは?──開発者が6億円以上のトークン売却

BNBチェーン基盤の暗号資産Teddy Doge(TEDDY)の開発者ウォレットが週末、450万ドル(約6億1400万円)以上のTEDDYを売却、投資家の間に懸念が生まれている。

問題のウォレットは週末、複数のアカウントを使ってTEDDYを数千のラップドBNBに変えたと、セキュリティ企業PeckShieldが25日に述べた。

「大量のTEDDYを特定のアカウントに送り、TEDDY価格を操作した」(PeckShield)。同社はこうした行為を「ソフト・ラグプル(Soft Rug Pull)」と呼んでいる。

韓国のブロックチェーンセキュリティ企業Soohoも、このプロジェクトを「ソフト」ラグプルと位置づけた。「プログラムの不正というよりも、マネージャーのアカウントに割り当てられた分配金を一括で売却したようだ」とSoohoのジス・パーク(Jisu Park)CEOは述べた。

「ハッキングではなく、ラグ(資金の持ち逃げ)。だが、プロジェクトを放棄したのか否かは不明なので、『ソフト・ラグ』かもしれない」

PeckShieldによると、ラップドBNBはその後、1万以上のバイナンスコイン(BNB)と、200万バイナンスUSD(BUSD)に交換され、暗号資産取引所バイナンスに送られたという。これらは、悪意をもった開発者らがプロジェクトの資金をコントロールしていたことが原因だ。

詐欺か、売り抜けか

DeFi(分散型金融)では、「ラグプル」は一般的に開発者がブロックチェーン上で正規の作業を行ったあと、プロジェクトの資金を持ち逃げする詐欺をいう。出口詐欺ともいわれる。

一方、ソフト・ラグプルは開発者に割り当てられた資金を現金化する。つまり、自分たちだけ高値で「売り抜ける」ような行為をいう。いずれにせよ、投資家は裏切られ、関連トークンは急落する。

Teddy Dogeのアドミン(管理者)たちは「クロスチェーンブリッジのバグなのか、開発者ウォレットからの流出なのかわからない」とテレグラムチャンネルで述べた。

「今はトークンを買わないでほしい。我々はクロスチェーンブリッジを閉め、修復している」とアドミンは述べた。さらにTEDDY保有者にはまもなく新しいトークンDRACが与えられ、プロジェクトはDrac Networkにリブランディング中と付け加えた。

Teddy Dogeは、NFTやクロスチェーンプロダクトなどを含むプロジェクトで、ICO(新規コイン公開)で数十万ドルを調達していた。TEDDYの価格は、CoinGeckoによると、24時間で99.7%下落している。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:Shutterstock
|原文:Meme Coin Teddy Doge ‘Soft’ Rug Pulls $4.5M Worth of Tokens, PeckShield Says

おすすめ記事: