フォビ、投資会社が買収

フォビ、投資会社が買収

アジアの大手暗号資産(仮想通貨)取引所の1つ、フォビ・グローバル(Huobi Global)は10月7日遅く、香港の投資会社About Capital ManagementのM&Aファンドによる買収に合意したと発表した。

取引が完了すれば、About Capitalはフォビの「株式の大部分を所有する」とフォビはブログに記した。所有権の移転が取引業務に影響を与えることはないという。

数カ月前から、創業者のレオン・リー(Leon Li)氏が同社の売却先を探しており、少なくとも10億ドルを要求していると伝えられていた。取引条件は明らかにされていない。

新たなオーナーのもと、フォビは国際的な拡大を計画しており、「十分な資本投下」を受けることになるという。

2013年に中国でフォビを設立したリー氏は、2021年後半の中国本土からの撤退はグローバル化推進のきっかけとなり、About Capitalのもとで加速していくと声明で述べた。

フォビのネイティブトークンHTは、このニュースで大きく上昇した。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:Shutterstock
|原文:Crypto Exchange Huobi Global to be Acquired by About Capital

おすすめ記事: