マスターカード、金融機関の暗号資産取引サービス提供を支援

マスターカード、金融機関の暗号資産取引サービス提供を支援

マスダーカードは暗号資産(仮想通貨)取引プラットフォームのPaxosと提携し、金融機関の暗号資産取引サービス提供を支援する「Crypto Source」プログラムを開始する。同社が10月17日に発表した。

マスターカードは、コンプライアンスルールの遵守、取引の検証、アンチマネーロンダリングとアイデンティティ監視サービスの提供を支援する。

CNBCもこのニュースを伝えており、マスターカードの最高デジタル責任者、ジョーン・ランバード(Jorn Lambert)氏は「暗号資産に興味を持っているが、いつも使っている金融機関がサービスを提供してくれれば、もっと安心できるという消費者は大勢いる。少し怖いという人もまだいる」と語った。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:Shutterstock
|原文:Mastercard Joins With Paxos to Help Banks Offer Crypto Trading

おすすめ記事: