ザッカーバーグ氏、メタバースにまだ「長期的に楽観的」

ザッカーバーグ氏、メタバースにまだ「長期的に楽観的」

メタ・プラットフォームズ(旧フェイスブック)のマーク・ザッカーバーグCEOは11月30日、ニューヨーク・タイムズのDealBook Summitで、長期的な「5年から10年の視点」で見れば、メタバースについては楽観的だと述べた。

「我々のコミュニケーション方法は、よりリッチで没入感のあるものになる」と同氏はバーチャル・インタビューで述べ、VR(仮想現実)とAR(拡張現実)が支配する未来に賭けていることを改めて強調した。同社は、メタバースを構築する過程で数十億ドルもの損失を出したと批判を浴びている。

ザッカーバーグ氏はまた、マクロ経済の悪化により支出を縮小せざるを得なくなったため、当面は「より効率的で規律ある」経営をする必要があると認めた。

メタはインスタグラム、フェイスブック、ワッツアップ(WhatsApp)などをはじめとする従来のSNSアプリに80%の時間を費やし、残りの時間をメタバース関連のハードウェアとソフトウェアの開発に費やしているという。

メタではReality LabsがVR、AR、ソーシャルプラットフォームという3つの大きな要素を含むメタバース関連プロジェクトの研究開発に注力している。

メタバースに賭ける自社への批判は気にしないとザッカーバーグ氏は述べ、反発がないことは通常、アイデアが十分に野心的でないからだとした。

「懐疑的な意見はあまり気にならない。我々に疑いを持つ人は常に存在した」と語った。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:井上俊彦
|画像:CoinDesk
|原文:Meta CEO Mark Zuckerberg Still ‘Long-Term Optimistic’ on Metaverse

おすすめ記事: